山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

山形Q 練習日誌69-vol.4(倉田記)

2018-08-28 23:50:25 | 練習日誌
 雨が続き、少しだけ暑さがやわらぎました。

 気づいたら10/7の本番まで、1ヶ月ちょっと・・・・。

 弦楽四重奏曲の2曲〜ブリッジ・プッチーニを終えて、紅一点が退場。彼女はもう本番前数回しかリハーサルが入っていないので、一人だけ既に佳境に。

 その後、メンズメンバーだけでW.A.モーツァルトのリハーサル。W.A.モーツァルトは、これからピアニストとの合わせが始まるので、弦楽部だけで本日はじっくり音楽つくり。

 K.493の変ホ長調の荘厳かつ重厚な響き。しかし、軽さも伴うので、加減が非常に難しいところです。

 K.478のト短調は、Mozartの名曲の宝庫。もの悲しい疾走するイメージの曲では無くて、この曲だけが持つ響きが上手く表現できれば!!最後の楽章なぞト長調なんだから!

 まったくMozartは!

 まだまだ研究の余地あり。頑張ります!

 チラシを貼らせていただいたり、置かせてもらう活動をしています。
 ただいま19箇所
コメント

山形Q 練習日誌69-vol.3(倉田記)

2018-08-23 23:54:49 | 練習日誌
 西日本では台風20号のために、驚異的な大雨になっていますが、ここ山形では、脱水状態の猛暑が続いています。(特に置賜地方)。

 フェーン現象とやらで、40度近くになったとか・・・・。冷房をいくら強くしても30度前後までしか下がりませんしね。

 どうなってんの今年の気象は・・・・。

 と愚痴っている暇も無く、本日も元気に練習でした。

 プッチーニやブリッジの練習後、紅一点は退場。

 その後、W.A.モーツアルトのピアノ四重奏曲を練習しました。

 ピアニストのスケジュールの関係で、10月定期演奏会までの練習日を大幅に変更し、ピアニストとの合わせを増やしました。

 4人全員であわせる前に、弦楽部隊で、共通認識は作っておかないとねぇ。ピアニストという方々は、こういう音楽をしたいというのを強固に作ってから練習に参加して来ますから。

 こちらでも頑張っておかないと。

 次に続く。

 チラシを貼らせていただいたり、置かせてもらう活動をしています。
 ただいま6箇所
コメント

山形Q 練習日誌69-vol.2(倉田記)

2018-08-17 23:59:59 | 練習日誌
 昨日あたりから、急に秋めいてきた山形。(残暑ぶり返しが怖い)。

 10/7に行われる第69回定期演奏会の練習が始まりました。

 演奏するプログラムの曲については、メンバーの中島のブログで記事になっていますので、そちらに譲ります。

中爺通信
69回に向けて

 ここでは、少しでも違うことを書かないと・・・。

 山形Qがゲストピアニストと共演したのは、2005年10月の第17回定期演奏会以来ですので、本当に久しぶりです。その頃の山形Qは、バロックボウなどを使って、似非ピリオド奏法にこっていました。(暗黒やね)。今のアンサンブルでどう響くか楽しみです。個人的にはピアノを含む室内楽は大好きで、VnかVc奏者だったらピアノ三重奏団を組んでいたかもしれません。弦楽四重奏というジャンルと同じくらい好きなジャンルなのです。その他ピアノ四重奏曲、五重奏曲など魅力的な曲はたくさんあります。

 プログラミング担当者として、今までなぜ?10年以上もピアノを含む曲を選んでこなかったかというと、ピアニストの知り合いが少ないこと。そして、練習場所の確保、ホールでピアノを借りる別料金、そして演奏会の前の調律料など経費がかかること(なにせ貧乏所帯なのでwww)。そしてなんと言っても準備や片付けに伴うメンバーの負担を考えて、なかなか選曲できなかったのです。

 今回は、いつも使用している文翔館が私達のスケジュールと合わなかったことで、別の会場になったことと、数年前から発表会等でお世話になっている小林路子さんと共演してみようと思ったことがきっかけでした。

 本日は、ほぼ初見あわせのような状態の練習でしたから、(もちろん初見ではありませんよ。みんなで合わせる初日と言うことです)一通り通して、曲の感じをつかむだけで終了。

 ある程度、弦楽の方だけで合わせてから、小林さんとのリハーサルに入ります。今から楽しみ。

チラシを貼らせていただいたり、置かせてもらう活動をしています。
 ただいま5箇所
コメント

YBC news every

2018-08-15 08:28:45 | Topics
 本日8/15 18:15〜YBC news every のシリーズ「戦争の語りべたち」に山形Qメンバーが少し出演します。
コメント