中爺通信

酒と音楽をこよなく愛します。

楯野川「雪女神」

2019-08-23 20:37:30 | 雑記


 これこれ。これが欲しくて、「山形の生酒・限定頒布会」に申し込んだのでした。

 頒布会についてあらためて説明すると、山形の酒屋さんで申し込み用紙を書くと、毎月、300ml×6種類が3000円で買える。それだけでもかなりお得なのですが、その質が、信じられないほどのクオリティ。

 基本は5月からの3回なのですが、「プレミアムコース」だと、「8月のお届け」がある。これがたまらない。

 雅山流「雪女神」と、くどき上手「短桿渡船」、そして楯野川「雪女神」。どれも純大吟720ml。…日本酒など、どうでもいい人にとっては、とことんどうでもいいところですが、私のような者には「垂涎もの」とはこういうこと。プレミアがついて当然の激レアが、道端でポロッと定価で売ってる感じ。この3本で4500円。

 その他の2本も筆舌に尽くしがたいほどの逸品でしたが、「日本酒レビュー」がお好きでない人も多いようなので割愛。それでも、やはりこの「楯野川」は避けて通れない。我らが楯の川酒造が、山形の新しい高級酒米の雪女神を使うとどうなるのかが、どうしても知りたかったので。


 …結論。「雪女神」という酒米は、本当に素晴らしい。どんな酒でも「雪女神」が使用されていれば、間違いなく「買い」ですね。

 そもそも「山田錦」が、「酒米の王様」と呼ばれるのはその「芯白」の大きさと糖度です。これ以上専門的なことはわかりませんが、糖度が圧倒的に高いことはわかります。できた酒が、全て芳醇で美しい。そこに関しては、山田錦を超えているのではないでしょうか。


 さて、この「楯野川」。…うまい。そして甘い。またこの甘さが、実にいいのです。ぼんやりしていると、すぐに消えてしまう甘さ。…青春のようですね。

 楯野川の雪女神の活かし方は、ストレートで、真っ正直。楯野川らしい爽やかさと、この甘みがよく合う。儚いので、いつまでも口に含んでいたい。


「このお酒、どこかでどうにかしてもっと買えないんですか?」
「え…だから限定頒布会なんだけど」

 失礼しました。貴重なものを堪能しました。
コメント

金効果

2019-08-22 22:05:47 | 雑記
 「あおり運転」の問題が叫ばれる昨今。

 プロのドライバーの次に運転する機会の多い私たちですが、ああいうマナー違反および犯罪行為は許せません。

 後ろからやや近づいて「すみません、急いでいるのですが、もしよかったら左によけていただけないでしょうか」という意思表示をすることはありますが、前に割り込んで減速し、止めさせて暴行するなどもってのほか。…厳罰が必要ですね。


 しかし、私のような者に、はたして、そのように偉そうなことを言う資格があるのか?

 …あります‼︎(声高らかに)


 さて、私の誕生日まであとひと月。ということで、運転免許の更新のハガキが送られて来ました。

 ハガキをぺりぺりと剥がしてみると…

…ついに来た!「優良運転者講習」!

 免許種時以来、苦節30年。夢にまで見た「ゴールド」が、つ、ついに!


 宝くじのように、手にするまでは信じられない。ハガキが届いて以来、思わず、慎重に運転してしまう自分が情けない。この5年も、慎重に運転したことなどなかったので、「運だけによる金」だということがわかっているのに。

 初めての「優良講習」を楽しみに、今後も(今後は)安全運転を心がけたいと思います。
コメント

お盆明け

2019-08-19 21:36:50 | 山形交響楽団
 例年だと、お盆が過ぎると夜に朝に「秋の風」が吹き始める山形なのですが…。

 まだまだキンキンに冷えたビールが欠かせない毎日です。真夏だけは自宅でもビールを飲む私ですが、まだ続きそうですね。


 ということで、お盆休み明けの山響は、水曜日の「ユアタウン・コンサート」米沢公演のリハーサルが始まっています。指揮は初登場の三ツ橋敬子氏。

 メインはモーツァルトの「25番」。コンサートで取り上げるのはおそらく、飯森監督以来のことになると思いますが、オーソドックスでありながら若々しくキビキビした音楽づくりは、新鮮に感じます。


 「女だてらに」という言葉は完全に死語になりましたね。

…いやいや、口にしただけで罰せられる用語に、すでになっているのかもしれません。


 良い演奏会になるよう頑張ります。
コメント

最終日

2019-08-17 22:51:34 | 危機管理
 山響の夏休み最終日の今日は、レッスンなどを済ませてから、米沢の「伝国の杜」ホールへ。

 来週水曜日の山響「ユアタウン・コンサート」の下見…

…のわけはなく、明日の娘のバレエ公演のリハーサルの送り迎えを兼ねて、通し稽古を見るためです。明日は山響のリハーサルが村山であるので。


 明日の公演は、山形県の団体が毎年、合同で開催する催しです。バレエだけではなく、ダンススタジオとか、フラダンス教室など、「日舞」以外の教室すべてです。


 ところで、いつもよく行くホールに、楽器を持たず、しかも客席に入るというのは、非日常な感じがなかなか楽しいものです。

 昔あった映画で、タクシー運転手が休日に他のタクシーに一日中乗りまくって、わがままな客として運転手に文句を言うのを楽しみにしているシーンを思い出しましたが、それとは違います。…たぶん。


 スポーツの試合などもそうかもしれませんが、自分以外の人たちが、プライドとかいろいろなものを賭けて、一生懸命に何かをしているのを観覧するのは良いものですね。すがすがしい。エネルギーをもらえる感じがする。

 見ている方としては、一生懸命であれば、実際に「上手くいってる」かどうかは、それほど問題ではない。なんとなく無難にこなすぐらいなら、「難」を怖れずに失敗した方がいい。

…そのあたりが、よくわかりました。


 練習も大切ですが、他の公演に足を運ぶのも、なかなか収穫の大きいものです。良い休暇になりました。
コメント

モモ

2019-08-16 22:27:03 | 読書
 終戦記念日を過ぎると、そろそろ夏休みの宿題に取り掛からねばと、あせりが入るのが世の中の小・中学生だと思っていましたが、東北の子供は違います。新学期は20日から。夏の暑さはそう変わらないし、冬休みも東京と変わらない。…東北は何かと過酷なのです。

 ということで、娘の宿題を手伝っております。とくに監修しているのは、読書感想文。得意分野なので。理科の自由研究などは「自分でやりなさい」と言っておきながら、読書感想文となるとそうはいかない。せっかくの機会ですから、意味のあるものを読んで、意味のあるものを書いて欲しい。

…自分の苦手分野は放置するくせに、好きな分野は黙っていられない。これこそが、「親の影響」の実態です。

 
 そこで、今年選んだのは、ミヒャエル・エンデの「モモ」。…誰もがご存知の名作ですね。思春期前に絶対に読むべき作品のひとつでしょう。

 「時間がない時間がない…ああ忙しい」というのが口癖になりやすい現代の私たちですが、時間は誰にも等しく「ある」。それなのに、自分ばかりが「時間がない」ように感じるのは、何かを失くしている証拠なのではないでしょうか。その「何か」こそが、実は人の命そのものかもしれません。

 テーマを大人風に要約するとこんな感じでしょうか。


 面白いのは、のんびり暮らしていた人々が「忙しく」なってしまうのが「時間泥棒」の仕業だということ。泥棒とは言っても、勝手に盗むわけではない。人々を説得して回るのです。

「時間を節約すると、将来のためになるよ」
「お前が今日つかった時間は、いったいいくらになっているというのか」
「一銭にもならない時間は無駄だ」

 これがまた、保険の勧誘や資産運用の勧めのように巧妙で、リアルに嫌な感じになる。

 人々はギスギスと時間を節約するようになり、笑顔をなくしてゆきます。


 それをひとりの浮浪児の女の子「モモ」が冒険の果てに、みんなを救う話です。寓話としても完璧で、現代の大人が身につまされることばかりです。


 「忙しい」という言葉に、「心を亡くす」という意味を当てて漢字を創った東洋人は本当にすごいと、あらためて思います。そんなことを噛みしめるにふさわしい一冊。もし未読なら大人でもぜひ。

 これから始まる「芸術の秋」に忘れないようにしたい心です。
コメント

語り部

2019-08-15 23:59:51 | 山形弦楽四重奏団
 終戦記念日。

 もはや東京に「実家」と呼べるもののなくなった私は、久しぶりに山形で過ごしました。


 無駄にゴロゴロと過ごしていた…時間もたしかにありましたが、それだけではありません。

 戦争によって散ってしまった尊い命について想いを馳せながら、二度とそのような悲劇を繰り返してはならないと誓いをたてる代わりに…紺野陽吉の曲を練習しておりました。


 先日12日、山形テレビの夕方報道番組の中のコーナー「戦争の語り部たち」で、あらためて特集が放送されました。

 9月15日ちの白鷹町での紺野陽吉コンサートのPRを兼ねて、去年発見された彼のヴァイオリンの修復が終わったことを中心にまとめられたものです。

 その中に、修復が終わったヴァイオリンを演奏するシーンが必要ということで、かりだされました。先だっての「カルメン」のリハーサル中に、収録がありました。

 「二重奏曲」の一部分を、角度を変えて何度も弾き、コメントを含めて1時間近くの収録。そして、実際に使われているのは2〜3分でしょうか…そういうものですね。


 意義のあるコンサートですから、少しでもたくさんの方に注目してもらいたい。私としては負担の大きい演奏会ですが、お役に立てればと思います。

 当日は、陽吉を偲ぶトークのコーナーの中で、少しだけその楽器の音色を聴いていただきます。
コメント (2)

大洋盛「紫雲」

2019-08-12 09:41:37 | お酒の話(県外)
 今日から山響は、しばしの夏休み。「怒涛の秋」に備えて、いや、秋のことは考えないようにして、鋭気を養うことにします。


 ということで、まずはお中元で頂いた銘酒の第二弾。

 新潟の村上の酒、大洋盛(たいようざかり)の「紫雲」純米吟醸です。

 「紫雲」とは、仏様が乗るとされる、ありがたい雲のこと。私たち現代の一般人の感覚からすると、雲とはいえ紫色の乗物を好む人には、ややアンタッチャブルな印象を受けますが、仏教で紫は高貴な色のようです。


 さて味は…軽やか。

 新潟らしい、澄んだ淡麗系。あっさりした中に、酒米「越淡麗」の柔らかな甘みがフワッと来ます。最近の暑さにぴったり。枝豆とか「だし」に合う感じですね。


 雲のような軽やかさを堪能しました。心も軽く、夏休みに入ります。

コメント

ご用心

2019-08-09 21:19:01 | 山形交響楽団
 昔、「火の用心」の夜回りがよくありましたね。

 私は幼少の頃とくに、起こるとも知れないことをあれこれ心配するのを他人に強制されるのが嫌いだったので、「火の用心」にも嫌悪感を感じていました。…ひねた子ですね。


 ところで、今週の山響は日曜日の「カルメン」。天童市民会館にて、山形オペラ協会との共演です。

 多少のカットはありますが、山形でこの名作オペラが全曲上演されることは少ない。貴重な機会です。曲の良さはもちろん、ストーリーと脚本は、まさに歴史に残るべきものです。シンプルな原作をここまで膨らます脚本家は本当にすごい。例えば、エスカミーリョなど、原作には登場しませんからね。


 そういったこともあり、今回はわかりやすく、日本語での上演です。

 いろいろなご意見のある日本語上演ですが、私は賛成です。みんながストーリーを知っているわけではないし、字幕を用意するのもお金がかかりすぎる。良いことだと思います。

 …ただ。

 どうしても気になるのは、妖艶な魅力を放つカルメンの、あの名曲「ハバネラ」です。

 「恋は野の鳥」。日本語の歌詞も悪くないとは思いますが、「ご用心っ!」と言われてしまうのが、どうしてもムズムズしてしまう。

 恋は計算通りにならぬもの。求めれば離れ、そうでなければよってくる野鳥のようなものだと。あなたにその気があっても私の気が向かなければそれまでだし、逆にその気がなくても私に好かれたら…「ご用心!」。

 自由奔放な「野の鳥」が、用心を呼びかけるとは…。

 その矛盾もまた、奔放ゆえなのか?…自由を愛し用心を嫌うあまり、刺されてしまったカルメンによって呼びかけられる「ご用心!」には、逆に、重い意味を感じるべきなのか。


 さて、それはともかく、キャストの皆さんも非常に頑張っています。今日はリハーサルの三日目ですが、良い公演になる予感がします。お時間のある方は是非!
コメント

黒龍「吟風」

2019-08-08 22:32:12 | お酒の話(県外)
 アメリカから帰ってきたときに、久しぶりに(と言ってもわずか一週間ですが)日本酒を飲んで、その旨さにめまいがしました。

 向こうでは、てきとーに造られた、どこ産とも言えない白ワインばかりでしたから、その違いの大きさは計り知れない。あらためて言いましょう。造り込まれた日本酒は「芸術」です。熟練した匠の技によって、人の心を満たすもの。

 アルコールを摂取すれば「飢え」は満たされますが、心は満たされない。そのあたりが、わかったような気がいたします。

 ということで、「心を満たす銘酒」をご紹介。…こういう高級品はもちろんお中元です。ありがとうございます。


 福井の銘酒「黒龍」の、「吟風」。

 黒龍と言えば、北陸を代表する酒と言ってもいい。新潟の酒とも、関西の酒とも違いながら、その両方の良さを併せ持つ感じ。

 面白いのは、金沢は完全に関西の味なのに対して、地理的にはより関西に近い福井が、北陸独特の風味を持っているところです。関西に通じる硬質なキレがありながら、東北の酒に近い透明度があります。

 さらに、この「吟風」の特徴は、北海道産の米を使っているところ。黒龍にしては柔らかい。

 喩えとしてはどうかと思いますが、「硬いな」と思ったら実は低反発で素晴らしい寝心地のベッドみたいな…。香りや味よりも、「体感」的に絶妙な飲み心地の酒です。


 この秋の演奏旅行は、福井もあるようです。楽しみに行きたいと思います。日本の匠の技を堪能しました。
コメント

花笠

2019-08-07 22:38:50 | 山形
 相変わらず写真が下手なのですが、暑い夏、山形は「花笠祭り」で盛り上がっております。

 それにしても今年は暑いですね。踊っている人たちも汗だくだく。傍観しているぶんには、高校生が汗を光らせながら元気よく舞っているのは、「青春」らしい感じがするななどと他人事ですが、大変だと思います。「やらされてる感」漂う会社員のチームなどは、そのままストレートに辛そうでした。

 文翔館の前が踊りの終点なので、私たちが見ているのは、だいたい疲れ切っているところ。山車の上で手を振っている、山形出身の有名芸能人も、リアルに疲れた顔を見せていましたね。


 ということで、今年も元気な山形花笠祭りでした。

 「花笠」が終わると、朝晩涼しくなるのが例年ですが、今年の猛暑はまだ続きそうです。夏休みまでもう少し。体調管理に気をつけて頑張ります。
コメント

北部夏☆コンサート2019

2019-08-06 21:26:02 | 山形弦楽四重奏団
 暑いですね…。

 フロリダに行った時に、立ち並ぶヤシの木を見て「やっぱりこっちは日本より暑いな」と思いましたが、前言撤回。今の山形より全然暑くなかった。


 ということで山形市の、暑い夏の風物詩になりつつある(のかどうかわからない)恒例の、北部公民館での山形Qのコンサートが今日、終わりました。たくさんのお客様、ありがとうございました。

 今回は山響のフルート、小松崎さんをゲストに迎えて、フルート四重奏と弦楽三重奏で、真夏の昼下がりを、涼しい公民館で楽しんでいただきました。


 せっかくの機会なので、中途半端な編曲ものではなく、モーツァルトをじっくり聴いていただきました。いかがだったでしょうか。


「今日は小松崎さんが入って、花が咲いたようでしたね!」

 終演後に館長さんに言われました。

…はい、そうでしょう。猛暑の時期、おやぢ三匹ではヴィジュアル的に、不快指数が最大化してしまいますものね。


 それはともかく、今年も、企画・運営してくださった公民館の方々に深く感謝します。ありがとうございました。
コメント

しばた

2019-08-03 21:53:00 | 山形交響楽団
 長旅の余韻に浸っている暇もなく、余裕もなく。スケジュールに追われている方が、時差ボケは感じないのかも知れません。


 さて今週の山響は明日の、新潟県、新発田市の公演です。

 ダジャレではありませんが、山響の首席オーボエ奏者の柴田氏によるモーツァルトの協奏曲と、メインはベートーヴェンの交響曲「第8番」など。指揮は秋田出身の俊英、阿部未来氏です。

 柴田君は、前々回の山形Qにもゲストで出てもらってますが、今回もリハーサルから素晴らしい演奏をしています。ぜひ、たくさんの人に聴いていただきたい。


 ところで、新発田は新潟の中でも、山形県の近く。ということで残念ながら、宿泊して新潟の地酒を思う存分…というわけにもいかず、涙の日帰り。


 良い演奏会になるよう頑張ります。

 
コメント

オペラハウスにて

2019-07-31 20:26:12 | 家族の思い出
 アメリカだけあって、オペラハウスもカジュアルな感じがしますね。


 ということで、先週の土曜日。娘が参加したバレエスクールのサマーセミナーの修了公演を見に行きました。

 日本からの参加者は4人。あとは近いところからマイアミ、コスタリカ、プエルトリコ、遠くはスペイン、ロシアなど。


 プログラムは「ガラ・コンサート」。ホールのキャパは1000弱ぐらいと見ましたが、満席に近い入り。ここのバレエスクールを出て、世界的なバレエ団で活躍している「卒業生」も出演するということもあるようです。今回のローザンヌに出た人もいるとか。

 遠くから来たということもあっての配慮でしょうが、娘も一人で踊るヴァリエーションがある。遠くから出てきた親としては、「こ…こんな大舞台で大丈夫なのか」と、客席で緊張することしきりです。

 さすがはアメリカ。拍手の際の声援がすごい。良い演技に対しては大リーグなどを思わせる、特有の歓声や指笛の嵐が起きます。このノリに慣れないと、むしろ緊張があおられますね。

 手に汗握りましたが、無事に終わりました。すでにこの環境で6週間暮らしている受講生には、「田舎の両親」の心配は無用なんですね。


 終演後、外で待てども待てども出てこない。一時間近く待って、しびれを切らし、楽屋をのぞいてみると、「お別れパーティー」がまだ続いていました。色々な年齢・国籍・人種の仲間と記念写真を撮っています。わずかな期間、一緒に生活を共にして、公演をつくり、再会を約束して、翌日には世界中にバラバラになる…ジーンときますね。


 ずいぶんと遠くまで来ましたが、来ただけのことはあったようです。

…そして、そのわずか四時間後には日本へ向けて出発したのでした。
コメント

サラソタ

2019-07-30 21:49:24 | 旅の空
 フロリダの夜明けです。ホテルの窓から。

 「夜明け」と言っても、朝7時ぐらい。それで日の入りは夜9時近くなので、そういう意味でも時差ボケします。


 さて、フロリダと一言でいっても、有名なのはディズニーランドかマイアミです。ここは「サラソタ」なので、有名どころは一切なし。だから観光客はほとんどいません。滞在中も、東洋人はほとんど見かけませんでした。最近の山形よりもむしろ中国人や韓国人が少ない。

 とはいえ、フロリダの芸術大学があったりして、文化的には進んだ街です。バレエ団が2つもあるぐらいですし。


 もともと英語力の無い私ですが、このあたりはスペイン語を話す人も多くて、訛りがきつい。そのせいにするわけですが、全く聞き取れません。うちの奥さんがいなければ、何もできないし、どこにも行けない。…情けないことです。

 適当に「オー、イエス」「とか「オーケー」で済ました後に、「今の人なに言ってたの?」と教えてもらう始末。
「どこに住んでるんだ?なに観光だと。まじか!」
みたいなことを言われてたらしい。


 ということで、観光地でない分、落ち着いた良い街でした。アメリカでも田舎の人は、気が利かないけど親身で優しい。これは世界共通なのかも知れませんね。

 気候は南国のようです。たくさんあるヤシの木に見合うだけの強すぎる日差し。…暑い暑いと思っていましたが、今の山形ほどではなかった。

 食事は…。まあ、こんなものでしょう。日本の「ワンカップ大関」みたいな、ワンカップのカリフォルニア・ワインがどこでも買えたので、揚げた芋でもつまみながらしのぎました。そういうものが無駄にメガ盛りなのには、ちょっとウンザリすることもありましたが…。でも、一度だけ食べた、ちゃんとしたハンバーガーは、本当に美味しかった。やはり本場ですね。


 …バレエの公演と無関係なことばかり書いてしまいました。それはまた明日にでも。
コメント

帰国

2019-07-29 19:16:13 | 旅の空
 妻娘とともに、無事に山形に戻ってきました。

 フロリダのサラソタ空港を日曜の7時に離陸して、現在、月曜の午後7時に新幹線がそろそろ山形市に入るところです。

 13時間の時差があるのでややこしいところですが、行程トータルで25時間くらい。

…アメリカのしかも右側は、やはり遠いです。飛行機の乗り継ぎはハードです。


 とにかく、ハリケーンとか、政治的な混乱とか、外国によくあるただの遅延とかに巻き込まれることもなく、予定通り無事に帰れたことに感謝すべきでしょう。ギリギリのスケジュールで休みを取っているので、何かあると穴をあけてしまうのが心配でした。


 飛行機を除けば5泊のアメリカ滞在でしたが、もう芋とパンと加工肉はしばらく見なくていい感じ。6週間だった娘はなおのことでしょう。

 今夜は我が家で久しぶりに「ヤマザワ」(山形のスーパー。みんなの台所です)のお惣菜などを、心から美味しく頂いて、ゆっくり休みます。
コメント