山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

山形Q練習49-vol.3(今井記)

2013-07-29 22:09:34 | 練習日誌
 7月の練習も今日が最後。本日はジョンダーノホール、庄内定期でのブラームスクラリネット五重奏とベートーヴェンの大フーガ。たった二曲ですが、中身が濃過ぎて時間は瞬く間に過ぎていってしまいます。
 次回はいよいよクラリネットの川上氏が練習に参加、ヴィルトゥオーゾという言葉にふさわしい歌いっぷりの川上氏のことですから、カルテットの段階できっちり絡みを理解していないと、クラリネットの歌についていけない可能性が。(もっともその心配は、ほとんど私に集中しますが。。。)気合いを入れて下準備をしておかなければなりません。
 うかうかしていると、怒濤の9月本番ラッシュはすぐそこ。健康第一で頑張ります。
コメント

山形Q練習49-vol.2(今井記)

2013-07-26 23:17:11 | 練習日誌
 今日の山形Qの活動には、重大なミッションが。即ち、以前定期演奏会でとりあげた壺井一歩氏の「弦楽四重奏曲第3番」の録音です。
 前回久しぶりに合わせ直したのですが、やはり難しいところは難しい。それでもあれやこれやと手を入れ、なんとか「前回より良い」と言える状態に仕上げて録音を終了しました。

 しかし録音というのは嫌な作業ですね。。。。私の師匠もレコーディングはお好きではなく、近年のCDは全てコンサートのライブ録音、切り貼りは一切入っていません。それでも傷というような傷もなく、ライブならではの緊張感と迫力が満載なのですから恐れ入ってしまいます。
 
 やはり音楽はライブが一番!残りの時間は全て、近々の演奏会のための練習に費やしました。まずは8月6日の北部公民館でのサマーコンサート、そして9月1日の酒田美術館でのミュージアムコンサート、そして9月14日のジョンダーノホールでの庄内定期。沢山のご来場お待ちしています☆
コメント

山形Q練習49-vol.1(今井記)

2013-07-22 23:35:02 | 練習日誌
 定期終了。本日からブログは今井が担当致しますので、どうぞよろしくお付き合い下さい。 
 
 さて、山響定期が明けた貴重な休日。そんなときでも、我らが山形Qはまめまめしく公民館に集って練習でございます。
 
 なんと涙ぐましくも勤勉な、、、と言っている場合ではありません。これから秋に向けて、怒濤のように押し寄せてくる本番の波に備えなければならないのです。きっちり準備をしておかないと、大撃沈ということになってしまいます。
 
 というわけで、まず最初にとりかかったのは、、、、トークの担当者決めです。「どうぞあなたが」「いやいや、ここは是非そちらで」という美しき譲り合いの精神が大いに発揮されることになりますが、一応公平に、落ち着くところに落ち着きます。最近話す機会が増えたとはいえ、まだまだ苦手意識を払拭するには時間がかかりそうです。。。
 
 その後は、本番の近いところから、ご無沙汰のものやなれていないもの、そして録音が延び延びになっていた壺井一歩氏の弦楽四重奏曲第3番を練習。最後に最難関の一つ、「大フーガ」を合わせて終了となりました。

 何度か演奏することになる通称「アイネク」(アイネクライネナハトムジーク、言わずとしれたモーツァルトの名曲)は、このメンバーでは初めてでしたが、様々なアプローチが展開され新鮮な響きができつつあります。本番が楽しみです。そして大フーガ。千里の道も一歩から、倦まず弛まずいざ行かん!
コメント

第48回定期演奏会終了

2013-07-16 22:24:07 | 演奏活動
 今回の第48回定期が、無事に終了いたしました。ご来場下さいましたお客様には、心から感謝しています。いかがでしたでしょうか?

 繰り返すようですが、今回はやはり曲の力に助けられたところが多かったように思います。ハイドンはいつも通りですが、清瀬やメンデルスゾーンは「良い曲だった」と、いろいろな方から終演後に声をかけていただきました。「良い曲」だと思ってもらえたということは、演奏の方も成功だったはず・・・ということにしておきましょう。個人的には、気持ちよく演奏しておりました。

 
 さて、私の担当もこれで終了。次回第49回定期のある10月19日までは、自動車教習所を晴れて卒業し、ただいまノリにノッている「旬の女」、2ndVnの今井東子嬢にバトンタッチします。
コメント

山形Q練習48-vol.13最終(中島記)

2013-07-14 18:33:06 | 練習日誌
 いよいよ涙と感動の最終回!

 ・・・美しき友情と強い絆のもと、困難を乗り越えてたどりつく大団円。

 
 山形Qの練習日誌にそんなものを期待する人はいないと思いますが、いつも以上に淡々と、粛々と、練習を終えました。

 しかしそこにあるのは、シラけた「なあなあムード」ではなく、静かで確かな手応えです。

 ・・・余裕?余裕はありませんが、それなりに納得できる仕上がりではないかと。名曲ぞろいのプログラムのおかげもありますが、もう第48回。やはり年輪が確実に刻まれているという実感はあります。


 さあ後は、野となれ山となれ。気持ちよく演奏したいと思います。

  
コメント

演奏会に向けて!!(倉田記)

2013-07-09 23:59:14 | スナップ
 今週、新潟へ演奏旅行に来ています。

 毎年のようにお世話になっている宿で、7月15日に行われる山形Q 第48回定期演奏会に向けて英気を養っています。

 新潟の名酒の数々を堪能し、万全な状態の中島リーダーでした。
コメント

山形Q練習48-vol.12(中島記)

2013-07-07 09:15:49 | 練習日誌
 いよいよ大詰め。48回定期への道も、今日と本番前日を残すのみです。

 ということで今回は、一番不安な清瀬保二を中心に。正直言って、いまだに「本当にこの音で合ってんの?」と思うような意外性のある和音に行き当たったりするので、本番で動揺しないためにも四人での練習が必要なのです。

 フレーズ感とバランス・・・他のパートの動きをどこまで把握しながら弾けるか・・・どんな曲にもあてはまる基本です。


 さあ、あと一週間。楽しみに頑張ります。
コメント