山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

ラヂオに出演します。2

2013-12-26 23:57:58 | Topics
 FM山形(山形 80.4 MHz・鶴岡 76.9 MHz・新庄 78.2 MHz・米沢 77.3 MHz)日曜、朝7:00からの「Sunday Prism」という番組。放送は2014年1月5日(日)。

 パーソナリティの佐藤さん(元山形響Tp奏者)のスムーズな進行で今日収録してきました。

 当団、倉田と茂木が出演しています。お聞き逃し無く!!!
コメント

山形Q 練習50-Vol.9(倉田記)

2013-12-25 23:52:12 | 練習日誌
 あ~~眠い。布団から出たくなくなる季節が来ました。
 
 昨日は今井氏の納車の日で、こわ~いいを連発しながら無事運転して来ました。常人では考えられないほどの超安全運転、時間もたっぷりかけての到着。ちゃかすのはこのへんで。

 少々遅れての練習開始。

 L.v.ベートヴェン Op.130の第1楽章・第6楽章、F.J.ハイドン op.54-1の第1楽章、第4楽章と練習をすすめました。

 だいぶ音楽がメンバーの体の中に入りつつあり、細部の打ち合わせもスムーズに進みます。

 あとは、年末年始どれだけ自分のパートに責任が持てるか??

 年始の練習まで個人練習期間に入ります!

 チラシを置いてもらったり、貼ってもらう運動をしています。
 現在20箇所。プラス山形市内公民館等。
コメント

Merry Christmas

2013-12-24 23:59:03 | 雑記
 

  A Merry Christmas to you!

                     
                       Yamagata Q 
コメント (2)

ラヂオに出演します。

2013-12-17 23:59:47 | Topics
 YBCラジオ(AM918KHz)日曜、夜6:10からの「山形見どころ聞きどころ」という番組。放送は次回の日曜、12/22(日)。

 当団、中島と今井が出演しています。お聞き逃し無く!!!
コメント

山形Q 練習50-Vol.8(倉田記)

2013-12-16 23:59:56 | 練習日誌
 ここ数日の大雪で、我が大江町も50cmを越える積雪量。山形響の定期演奏会などで、まったく雪かきが出来ていないので、少し天気が落ち着いた今日あたり、雪かきしなくちゃ!!

 という気持ちを抑えて、山形Qの練習へ。

 山田耕筰の作品から。だいぶメンバー各々の役割が分かってきましたが、最近はクァルテットの練習よりオーケストラの活動でしたので、オーケストラ弾きの微妙な癖を抜くところから。同じ楽器を演奏しているのにオーケストラとクァルテットでは演奏アプローチを変えないと、山形Qの目指している色が出てきません。その切り替えが最初一番難しいところかもしれませんね。

 そして、L.ベートーヴェンの第4楽章・第5楽章へ。ラヂオの収録のために第5楽章の練習を録音するので第4楽章から練習を始めました。雰囲気だけと思っていましたが第4楽章も濃密に練習することに。

 お次は第3楽章。テンポ設定など大きく舵を切り変更しました。Andanteの感じが上手く出ずに、停滞した音楽になりつつあったので・・・・・・。

 そして、第5楽章の録音と言うところで、新聞社の取材。約1時間弱取材を受けました。各メンバーの熱い思いを語ってもらったところで練習再開。

 第5楽章を2回ほど録音して練習終了。スタジオで収録したわけではないので、音楽以外の音も入ってしまった模様。まぁしょうがないか・・・・・。

 次回は第1楽章・第6楽章を中心にF.J.ハイドンに行きたいと思っています。

 チラシを置いてもらったり、貼ってもらう運動をしています。
 現在18箇所。プラス山形市内公民館等。
コメント

山形Q 練習50-Vol.7(倉田記)

2013-12-09 23:59:44 | 練習日誌
 昼間少し暖かったが、夜になるとさすがに寒くなって・・・・冬だもの。

 本日も元気に練習会場へと集まる面々。

 L.v.ベートーヴェン Op.130の第4楽章から第5楽章。

 そして、第2楽章へ。

 山田耕筰にF.J.ハイドンの第2・3楽章と。

 本日も何回通したか・・・。少しの打ち合わせのみで、どんどん曲が仕上がってゆきます。悪い出来の定期演奏会の直前練習くらいには、既に全曲仕上がってきている状態まで持ってこられました。練習方法の変化もだいぶ効果を上げてきた様子。

 ここからさらに磨きをかけてゆくのは、クァルテットとしても未知の領域なので、どうのようにすすめてゆくか?考えてゆかなければなりません。忙しいスケジュールの中、仕上がりが速くなってきているのはクァルテットの成長かもしれません。

 決してメンバーの耳が悪くなったという話ではございません。

  チラシを置いてもらったり、貼ってもらう運動をしています。
 現在13箇所。
コメント

山形Q 練習50-Vol.6(倉田記)

2013-12-03 23:12:30 | 練習日誌
 昨日は久しぶりに晴れ間も出て、一時の温かさを感じる事が出来ました。

 スクールコンサート後に、山形Qは練習。今回今までと大きく違う練習方法として、木を見ず森を見るために何度も通してみることを採用しています。通し終わるたびに本当に少しだけ打ち合わせして、また通すというような練習をしています。通している間に止めることは滅多にありません。話したいことは休憩時間を延ばしてでも、話せばいいし・・・・。今はプログラムの曲達のニオイを自分達に染みこませている・・・といった感じですかね。

 L.v.ベートーヴェン Op.130の第1楽章。6楽章まであるこの大曲の中で、一番長大な構成です。ゆっくりな部分速い部分の切り替えなど、何度も通している間にだんだん合ってきます。個人の感想としては、もう少し各個人、息を入れたいところ。息を詰めて速く演奏するのでは、なかなかお互いコミュニケーションが取りづらくなってしまいます。弦楽器は息をしなくても音が鳴らせるのですが、息をしないと音楽になりづらい。一番難しいところです。

 第6楽章。大フーガと差し替えられた改訂版です。誰もが思うベートーヴェンの重い音楽とは違います。軽さがかなり命。譜面の難しさに負けて、音が大きくなってきてしまうと軽さが失われます。やはり個人練習かな。まずは自分の楽譜を熟知すること。まずは自分から。

 といったところで、本日からの山形響定期のリハーサルも予定されているし(この理由でリハーサルが短くなったことは今までありません)、風邪も流行って、最近のハードスケジュール故に集中力が途切れがちなので、早々と練習を切り上げました。しっかりメンバーは休養取れたかしら・・・・・・。

  チラシを置いてもらったり、貼ってもらう運動をしています。
 現在11箇所。
コメント

大江町立大江中学校コンサート Vol.3 終了。

2013-12-02 23:34:14 | 演奏活動
関連記事
大江町立大江中学校コンサート Vol.1 終了。
大江町立大江中学校コンサート Vol.2 終了。

 大江町立大江中学校のスクールコンサート3回目!!本日は最終回です。今年度は、大江中学校と町の教育委員会の話し合いで、体育館で全学年での演奏会ではなく、各学年で暖房の効いた音楽室で行われました。

 2年生、3年生、そして今日1年生の順番で行われましたが、反応や質問コーナーなどの対応など各学年で大きく個性があるものですね。同じ中学校の生徒なのに学年が違うだけでカラーがあるのは大きい驚きでした。

 1年生は、元気いっぱいの印象。質問コーナーでは、ストレートな質問や時間内に全ておさまらないほどの数の質問が来ました。積極的なのは超好感を持てました。

 一生の間に生で演奏を聴く事が無い人や、ヴァイオリンを見たことがない人がいるそうですが、大江中学校の生徒さん達は今回良い機会だったと思います。これからも音楽にスポーツに青春を楽しんでいって下さい。

 最後になりましたが、関係者の皆様大変お世話になりました。ここにお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 (演奏会後、練習がありましたが練習日誌はまた明日。)
コメント