よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

イブ。それでも竹に囲まれて・・・

2005年12月24日 | 農家ブランド
~~~~~~~~~
今年最後の予定表
最後の最後!! 干柿!、正月用品もあるよ!!

 ・12/26(月)~29(木)or 30(金) AM10:00~PM8:00 @藤崎前
     歳の市
~~~~~~~~~





今日は直売所の当番レジの日。
私の予定だったけれど、カミさんが行ってくれる事になり、
イブ特集のラジオをBGMに、竹の加工。

予定では炭と竹を使った正月飾りまで行くはずが、
途中面白くなって、色々と切ったり削ったりして寄り道して
いたら、時間が無くなってしまった。。残念。。。
アイデアが溢れるのは良い事だ、と前向きに捉えよう。。。

夜、家族三人、寿司とチキンを腹一杯の、イブでした。


コメント

続・竹に囲まれて・・・

2005年12月23日 | 農家ブランド
準備も佳境。
今日は一日、二人して一歩も外出せず。
カミさんは加工場へこもり、私は外で竹加工。
寒風吹きすさぶ中、削った竹を洗うときには流石に参った。。。
足に降り掛かる水飛沫が、すぐに凍り始める程の冷たさ。
・・なぜ俺はこんな事を・・と思わなくもない。。
けれども、自分の作る品物に足を止める人々を想像すると、苦しみも吹き飛ぶ。

一年の総決算まであと少し。
コメント

ひたすら竹に囲まれて・・・

2005年12月22日 | 農家ブランド
一年で一番日照時間が短い・・今日は冬至。
という事で。
今日は今年最後、古川の合同庁舎への加工連催亊へ、
保存しておいたカボチャでカミさんがサラダを作り出品。

そういう全てをカミさんに託し、私はひたすら竹の加工。
昨年評判が良かったお猪口制作。
昨年はそんなに売れるとは思わず・・という量の準備で、
後から追われる形になってしまい、行程的に機械工具での
仕上げになってしまったが、今年はしっかり手作業で。
やはり機械は楽だけれど、慣れて来ると手の方が早く、
仕上がりも納得のいくものになる気がする。

近所のおじいちゃんの嘆きを思い出す。。。
「田んぼ作業でも土木でも、今は機械作業がほとんどだ。
 機械は確かに一定の作業が簡単に出来る。けれど<持ち>
 が悪い為に、繰り返しの回数がかかる。
 その点手作業は、今の時代効率が悪い悪いって云われる
 けれども一度キチンと作業すれば、持ちの良い仕事になる。
 トータルではどっちが効率的か、皆もう一回考えだほういいな・・・」


夜8時過ぎまでず~~~っと同じ姿勢で同じ作業だったので
両腕が腱鞘炎のように痛苦しい・・・震えが・・・・
おやすみなさい。
コメント

取材の一日・・・

2005年12月20日 | 農家ブランド
本日の取材風景。
(何とも恥ずかしい・・よっちゃん農場の・・・執務室(笑)
   ここで色々とデスクワークをしたりしております)
 あ、カメラマンさん映って問題無かったでしょうか!?




晴れ晴れとした朝からスタート。
何だか太陽がとてもありがたく感じる。

早朝、人気の無い開店前の直売所へ忍び込み、会計業務。
帰って雑務やら雪はきをする。

そして昼間、K北新報の取材の方々来訪。
前回に引き続きY崎さん、そしてカメラマンのS木さん。
危険な雪道をわざわざ来てくれたのは、年始の特集の記事で使う
実際の風景を撮影のため。

先日焼いた炭の窯出しから、加工場、ブログ執筆(?)風景等々撮影。
合間に率直なY崎さんから質問が次々に飛び出し、何とも丸裸にされて
いくようでタジタジになる。

取材というと、表面をなぞって、写真をパチパチと取って終わり、という
ものが多かったんだけれど、夕方まで半日がかり、こんなに時間を費やし
て、というのは初めてで緊張もしたけれど、雰囲気まで汲み取ろうという
取材側の意思が伝わってきた。受ける側としても、なかなか普段は伝えき
れない行間まで読み解いてくれるようで、期待感・安心感のある取材。

逆に、我が家ごときで一日費やしてしまって・・・とプレッシャーも感じつつ。
それがあるがままの現状なので、開き直ってしまおう(笑)

未完成でありつつ、こういう機会を良い刺激に変えて、明日からはお仕事一色。




コメント

自分のゲレンデ・・・

2005年12月19日 | 休息・・
よっちゃん農場は月曜休み(とは中々いかないが・・)と言っても
いられないのだけれど、どうしても滑りたくなりオニコウベスキー場へ向かう。
昨日までの雪による障害を考慮し、催事以外ではありえないほど早起き、
テキパキと準備を終え、出発。
昨年はお気に入りのランクルプラドだったものの、今年は営業車兼自家用
の何でもカー、ボンゴ。後輪駆動の為、大いなる不安を抱えての出発。
途中のUターンも覚悟。

出発してみると、スキー場近辺よりも、この辺の方が風雪が酷く、
鳴子へ近づくにつれ大丈夫な気がしてくる。。
途中、山から木材を運び出す10tオーバーのトラックが路肩に斜め落ちしてい
た以外、問題なく到着。

現場につくと人1人居な~い!!・・・
営業はもうしている時間・・あれ・・もしかして休み?・・・・
チケット販売所へ向かい確認すると「やってますよ~」との返事。
なんと一番乗り!
テンションも急上昇!
さっそく準備し、あとは無人のリフトとゲレンデを二人占め

まだまだ初心者の域を出ない私としては、人にぶつかるプレッシャーも無く、
大胆に転びまくる事が出来る絶好の機会。

そんな訳で午前中いっぱい滑りに滑りまくる。。
残念ながら天候不順で頂上付近のリフトは運航中止だったものの、初回として
満足な滑り出し。
昼飯食ったら、どっと疲れてしまい、無理をせずに退散。。。



帰って一休みの後、切り出した竹の加工に没頭。こちらも順調。
今日は眠くて眠くてしかたないが、早くも筋肉痛の気配。まだ若い証拠かなぁ。
コメント