よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

メチャメチャ激務の大工仕事・・・

2006年06月30日 | 和宝窯
今日も相変わらず加工場が忙しい。
それ以上にあちこちの納品、仕込み、ビン詰め他
とにかくバタバタ。
が、今日で晴れ間が最後となればある程度小屋を終えなければ、
なので今日はカミさん加工場、私は外へ。


何とか柄を立てたものの、今更ながら欲張って高さを出した為、
とても作業がしづらく脚立一本で冷や冷やしながらの作業となる。




屋根材の作業に移行し、トタンを張る垂木を留める段になって
とうとう怖くなり軽トラを無理やりねじ込み、その上に脚立を載せ作業。

この時点で既に暗くなり始め、ポツリポツリと雨が落ちて来て
いよいよ焦り始める。
「何とか窯の口が隠れるくらいまでは屋根を!」
の一心で没頭し、以後の撮影は忘れてしまう。。。。

この後7時過ぎまで掛かって何とか半分ほどの屋根を張り
ほっと一息。
途中、窯をよく見ると三ヶ月ほど火が入っていないし、空の状態が
影響し湿気が酷いことに気づき、乾燥の為、中に炭を起こす。

その後電話を握りしめ翌日の打ち合わせ(明日参照)を終え、
終日加工場籠りで限界状態のカミさんとようやく合流し、仕込み等を。

晩飯が10時・・・ここ数ヶ月で一番疲れた日が終わった。

コメント (2)

続・大工仕事・・・

2006年06月29日 | 和宝窯
引き続き・・・
とはいえ、折角の晴天も、加工場の仕事が忙しくなり
カミさんと手分けするも捗らず、結局小屋を後回しに
して奮闘。

そんな訳で大して進展なく一日があっという間に過ぎる。
コメント

大工仕事・・・

2006年06月28日 | 和宝窯
今日から炭小屋の改装開始。
これでもか!といわんばかりの猛暑の中、始まる。。。



解体前はこんな感じ。
親父の片手間で作ったものだけれど、ご覧の通り屋根が平らなので
冬には雪が残って当然痛むし、雨が降れば雨漏りがすごい。




解体中は、炭を焼く際の煙が各所にしみ込み、また高温でプラの
波板は柱などに引っ付いていてとにかく困難を極める・・・



そんな中、小屋の片隅に新しい柱を立てる為に穴を掘っていると、
くわがたが・・・ノコギリくわがただが何年ぶりに見ただろう・・・




今日はここまで解体して終了。。
途中、畑に出ていたカミさんの手を借りて水平を取ったり、
「さ、これからどうしよう・・・」と途方に暮れる時間が
あったりで振り返るとあまり進んでいない。。。

晴れの日が明日くらいまで、というプレッシャーの中、明日は
大事な工程に突入。
・梁を乗せ、柄を立てる
これが「山」の様な気がする・・それさえクリアすれば後は
屋根を張るのも壁を張るのも慣れたもの。

どうすればいいのかわからないが、とりあえずやってみよう。
コメント

肉体労働・・・

2006年06月26日 | Weblog
もう待った無し!
急ぎ!

という事で、梅雨の間にもドンドン成長するトウガラシを横目に、
炭もまだまだ焼いとかないと・・・
が、肝心の炭小屋が焚き口空間の屋根もボロボロで雨漏りが酷い!
と、わかってはいても中々手が付けられずにいた。

いよいよ今日からその修復作業に着手。
今日の作業は冬に切っておいた杉を運んで来て、チェーンソーでの
皮むき作業。
久しぶりにエンジンをかけたが絶好調で、不調なのは自分の身体。
ずっと中腰のままでの仕事なので、キツイ┐( -"-)┌

明日からは現在の小屋の屋根をぶっ壊し、折れた梁などを交換までの
予定。
何ぶん素人だけれど気持ちは一端の大工!こういう仕事は面白い。

うまくいくか。
晴れるといいな。
コメント

初ホタル・・・

2006年06月24日 | 休息・・
今日も夏さながらのような暑さ。
加工場仕事はサウナのようで堪える。。。

夜、ふと外に出ると光るモノが・・・
なんだろう?と近づくと、なんとホタル。。。

慌ててカミさんを呼び、田んぼの方まで歩いて行くと
ほ~らあっちにもこっちにも!

仙台某所では今夜キャンドルナイトが開催されている。

行けずにいたけれどそのかわりに、そんじょそこらでは見る事の出来ない
自然の中をに自由に舞うキャンドルが沢山見れましたとさヾ(@⌒▽⌒@)ノ

そんな夜。
コメント (1)