よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

大崎ふれあい市開幕・・・

2010年05月25日 | Weblog

春、秋と年に二回、計四日間の大崎の看板イベント。
400年続く朝市「古川八百屋市」とのコラボも2回目。

色々と事情があり今回実行委員長になってしまって、
大した事はやってないものの、やっぱり最後は天気が
気になってしょうがなかった。

が、前日の豪雨から一転、真夏日の一日目となる。
とりあえず「雨男」の烙印からは逃れる




朝からテレビの取材も入り、昼過ぎからお客さんの出足も
順調で、毎回好評の、お買い物頂いてからの「抽選会」は
長蛇の列。

けれども、ちょっと暑すぎたのかなんだか今ひとつな盛り上がりと人出。

昨年秋から感じているけれども、やっぱり不景気なのかなぁ~。
と思わない事もない。

ウチが売れないだけなら、我が家の努力が足んないと言えるけれど、
聞いてまわるとみんなイマイチ。そんな感じ。

もうちょっと今後はやり方を考えないとダメっすね~

「産直」
我々の先輩達がなんとか苦しい農業を楽しいものにと変えようと
仙台を商圏に!と切り開いてきて、
けれども今や「産直」はあふれてしまって、そこに「新鮮味」は
薄れてしまってる感がある。
もうちょっと、「中身」を考えないと「美味しい思い」は出来ませんな。


とはいえあと一日あります!
雨で少ないけれど、我が家の「たけのこ水煮」絶好調です。
今年はもうひと手間加えて「真空包装」したので買いだめも出来ます!

天気は崩れそうだけれども、
皆さんのお越しを一同お待ちしております。
コメント

まるで眠るように・・・(泣)

2010年05月21日 | Weblog

愛犬ベンが亡くなりました。

ここ最近、老いのため、明らかに元気はなかった。
けども、毎朝私がカゴとト鍬を持つと元気よく吠え、

「さあ、今日もタップリ掘るべ~」

と先頭を切って歩き出していたベン。

昨年までは、山と車を往復するうちに飽きてしまい、
途中で帰って犬小屋で寝ている、というパターンだったのに、
今年は一昨日だったか、10往復してもへこたれず、私を鼓舞
するように最後までついてきていた。

今日もいつも通りに過ごしていて、
午前中、私が用足しから戻ると日陰のコンクリで寝そべっていた。

「ベン元気!?」

と声をかけると振り向いて、今日は暑いからへばっているなぁ~
とは思っていたが。。。

明後日、友達がタケノコ掘りに来る事になり、
(ベンが吠えなければいいなぁ)
と気になりながら電話を切り、ベンに声をかけると、返事もなく、
顔を上げる事もあげない。

「ベン!? ベン!?」

と何度声をかけても応える事はなかった。。。


本当に、今にも起き上がりそうな顔をしながら、眠るように
亡くなってました。

ここ数日、犬小屋につなごうとしても、いつもは素直に
従うのに拒否し、休んでれば良いのに、いつもあちこち歩き回り、
今思えば、まるで、自分が暮らしてきた景色を目に焼き付けとこう
と必死だったようにも思えます。

カミさんと二人、亡骸を撫でながら泣きました。
これを書いてても涙が出ます。

本当に、今までありがとう!
そんな気持ちです。

残念です。
コメント

田植え終了・・・

2010年05月16日 | Weblog
日曜日。

とはいえ春の田んぼの集大成の日にすべく、朝からスパート。



裏山はピークを迎え、2時間かけて、写真の背負いカゴで
採るも採ったり7往復!でさすがに時間切れで止め。

車までが遠く、かみさん「掘り」専門で、私はひたすら「運搬」担当。



作業場にて、
私は根の部分をナタで奇麗に整えながら選別。
太くて形の良いのを、生出荷用にカミサンが袋詰め。
形の悪いもの、伸びすぎたのは「茹で部門」に廻し、出荷へ。


戻ってすぐ、加工場作業をカミサンに託し、田んぼへ。


例年通り、親父を機械に乗せ、私は下回り作業で駆け回る。
まだまだ仕事は山積みで、昼飯もかっこむように食べ、なんとか夕方までに
すべての田んぼを植え終える。

ツツジがようやく咲き出した。
この時期の田植えがベストと、機を見ていたが、豊作になりますように。。。


ひどい疲労と頭痛を抱えながら、夜は今年初の「タケノコ大釜茹で」作業。

200キロほどを薪ゆでです。

うちでは米ぬかも唐辛子も入れません。
何度か実験した結果、鮮度がいいせいか、何も入れない方が香りよく、
甘みもドド~ンと出てうまい事が判明したのでやめました。

あ~龍馬伝見逃しちゃった。。。

ホント疲れましたが、充実の1日。

爆睡します。。
コメント

お楽しみの山菜ツアーが・・・

2010年05月15日 | Weblog

ばあちゃん孝行で昨年から行ってる秋田山菜採り。
昨年もちょうど今の時期に行って、ちょっと遅めだったが
今年は天候不順でちょうどいい頃合いかもと思って計画。

このところ、布団イン、即爆睡!なほど忙しいが、母亡き今
年一度くらい孝行孫に!と日にちを決めて準備。

加えて、意を決し親戚の縁を通じて何年か前にご一緒した事が
ある地元の山菜神Yさん(77才!)を訪ね、タケノコをお土産に良い場所を
聞きに伺ったら
「よし、俺も一緒に行ってやる!俺が行けば空手で帰る事は無し。
 一人カゴひと担ぎ保証してやる!」
という頼もしい助っ人も参戦し、総勢5名で出発。

4時に家を出て、秋田の現場に7時過ぎに到着。
山菜神Yさん曰く、
「とりあえず、こごみ、ウド、いわだら、しどけ…
 出る場所はあるから一つづつ廻っていぐべ~。」
と、一カ所目。
一度連れてきてもらって こごみ、ウドを大量に採ったとある山へ。
もう今日は大量収穫間違い無しで、一同テンションもマックス。


が、ここで最大の大トラブルが!!

山道を登っていくと、途中が地滑りしていて工事中になっており、
とりあえずの仮道路っぽいのがあったけれど、ぬかるんでいて
ボコボコ、留める予定地まであと200メートルの地点。

今回は5人だし、荷物を考えるとと仕事用の愛車スーパーボンゴで
行ったのだが2輪駆動。しかも天気は雨。

ちょっとやばいよなぁ~と、一旦停止すると
「大丈夫、登れっから行がいん!!大丈夫大ジョブ!」
と、山菜神Yさんが助手席で叫ぶ。

んでは!と意を決してアクセルを踏むと…
10メートルを過ぎたあたりで怪しくなり…
ごらんの通り…


一気にテンションダウンです。。
ウワ~と、30代2人、70代後半3人でその後、1時間以上
持てる知恵と、体力の限りを尽くしてなんとかぬかるみ脱出を計るも
力及ばず。。

(くそジジィ!!テメエのせいで!!)
と、ホンのちょっぴり「イケナイスーパーサイヤ人」パワーを出すも
写真前方の、砕石敷いた地帯まで行けばなんとかなる!と気力ふり絞る
もとうとう断念。


朝一でこんな事態は想像外で、みんなお葬式のような雰囲気。。。

が、せっかく来たのだからと、
「俺、手配で電話かけしながら車番すっから、みんなで採ってございん!
 ま~、これも良い思い出だっちゃ! 大丈夫大丈夫!」

と満面の笑みでみんなを山へ送り出す。


一人残り、はじめに車の保険のロードサービスへ電話。
あれやこれやと状況を説明するも、無料の対象外、有料でも来れる業者が
居ないと一時間以上やりとりして、怒り沸騰で電話を切る。
やっぱりJAFかと、こっちも1時間以上やりとりしてようやく来てくれるメドが
たち一息ついたものの、あとそっから更に1時間、山ん中で一人、雨の音を聞きながら寂しい時間を過ごす。

( あ~… これで山へ入った部隊も不作だったらがっかりだー…
  時間的に他には行げねべなー…)

と思いつつ、不安と共にど~っと疲れが来てぐったり。

…が、悪いことばっかりではなくってこっから事態は好転へ。


皆と別れてから2時間をすぎた頃、一台のライトバンが来る。
この道路工事の業者で、雪がやっと融けたので、再開するのに下見に
来たという中年2人組。
工事は何社かの共同なので、向こうも私を工事関係者だと思ったらしい。

んでこれこれと事情を話すと

「あいやぁ~、なんだや~あんちゃん、無謀すぎるべやぁ~」

と笑われてしまうも、この二人がとても良いおんちゃんで、

「よすっ!!どれ、JAFは高けぇ~べ、俺らで上げられっかも!
 やってみるべ!」

と作業着に着替えスコップを持ち出して、本職のありとあらゆる
技を駆使してもらって1時間近く。
が、やっぱりぬかるみがキツく断念。
雨さえなければ、現場に重機の一つもあればと悔やむもしょうがない。。。

んでもこの二人、

「いやぁ~こいずはJAFのおぼっちゃん作業では上げられね~がも知んねぇ~。
 俺ら工事現場の下見してっからJAF来たら手伝ってやっから!」

と残ってくれることに。

ほどなくJAFの若い兄ちゃんが来るも、やっぱり想定外の作業に苦闘。
そこにさっきの土木プロのおんちゃん達の助けも多いに活きて、30分
以上かかってや~~っと脱出出来ました。

ほんとに、このおんちゃん達がいなかったら多分車は上がらなかった。
おそらくJAFの兄ちゃんは「応援呼びますから~」と、さらに長時間の
待機を余儀なくされたと思う。

車が脱出した時にはホロリと来そうなくらい、うれしくもあり、
秋田県人のあったかさに感動しました!

そんな経緯もあってか、最大の恐怖だったJAFの作業金額も想定より
大分安くしてくれて、ひと安心。


ちょうどその頃、山へ入った山菜神Yさん一行も、まさに公約通り
一人ひと担ぎ以上のコゴミを背負って下山してきました。。




車の無事と大量収穫もあって、山菜神Yさんの即席みそ汁と、ばあちゃんの
手料理で一息。

「俺の知った風なひと言でや、すまねがった」
と山菜神Yさんが、疲れてるであろうに
せっかく山に来たのに私ばかり収穫楽しんでないからと、食後にお供して
もう一度山へ入ってくれたのもありがたかった。。。
77才なのに、本当に。。。



こごみも全部一斉というわけではなく、何段階かに分けて出てきます。
3日早かったら端からガブガブ採り放題だったろうに、ちょっと伸びてきて
ました。
が、その株にはまだまだ「採り頃」の太くて美味しそうなのが隠れてるので
その短いのを探しながら。。。
数年ぶりだったけれど、やっぱりここのコゴミはすげ~。
地元では決して採れないっす、こんな立派なのは。

もうひとつ、ウド。
こっちの方がより楽しみだったけれども、

こっちは逆で、まだちょっと早かった。。残念。

車でばあちゃん達を待たせても悪いと
ほどよく切り上げて車に戻った。。

出る時、
「あいやぁ~、ひろゆき、いっぺ採って来いなぁ。
 おらら、疲れだし、コゴミはもう沢山だがら車で寝でっからやぁ~~。」

と行ってたので、余計に体力も使ったし、
やっぱり寝てるかなぁ~と思っていたら。。。





この通り!!

「いやぁ~、ついつい。見てるともう要らねーと思うんだげっと、
  やっぱり採りがた面白くてやぁ~」

…と、今年も変らない、元気で何よりなばば様達でした。

終わりよければすべて良し。。
これはこれで良い思い出になりました。。。
あ~疲れだ。。。。


大変助けられた土木プロの人たちには、
せっかくなのでよっちゃん商品を送ろうかと思います。。


コメント

たけのこづくし・・・

2010年05月11日 | 自営業

連休があけて、一息つけるかなぁ~と思っていたら、
またもや激忙モードへ。
まったく、ありがたい。。

毎朝のたけのこ掘りから始まり、一日があっという間。
田植えの準備も佳境を迎え、あっちこっちと動き回る。

例年はたけのこ出荷、我が家は他のみんなが最盛期を迎える頃に
出始めるのが、今年は運良く一番手。
直売所でもうちだけなので、残らず売れてありがたや。
加えて予約、そして今週は学校給食にも入る予定です。

いつもはそんな出荷に追われて、
「あいやぁ~~!!肝心の我が家で食ってねーべや!」
となるところ、
今晩はカミサンが奮闘してタケノコづくしの料理でした。

●たけのこのお味噌汁。
●たけのこ入り春雨サラダ。
●昨日近所のシゲルさんに牛肉貰ったので チンジャオロース。
●そして山菜「コシアブラ」と合わせて天ぷらに。

最近春恒例で胃がとっても調子悪いんだけども、
目一杯食いつくしました


うちは一年おきでたけのこ収量に雲泥の差があるので、
「採れる」今年は目一杯山に入ります。
一昨年大好評だった「水煮の瓶詰」、今年も作ります。
それと、

昨年購入した真空包装機で「水煮真空パック」を作り、
日持ちを実験してみます。瓶より容器代も安いし、買う側も
手軽で助かるはず。
うまくいくといいんだけれど。。

今週末田植え予定。。
その前に、昨年同様、ばあちゃん達と山菜採りへいく予定。
楽しみ楽しみです。


そうそう明日12日17時半過ぎ、
OH!バンデス「おらが町 ハ~イ 出番です」
に緊急出演予定です!!

今月末のイベント告知!
一応、また、実行委員長なもんで…
夫婦仲良くがんばってきます!!
コメント (2)