よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

梅雨。

2019年06月29日 | 農家の風景。

 

毎日のように密度の濃い雨。

梅雨とはいえ毎年「今年はどこ?」というくらいの災害をもたらすここ数年。

すんなりとした梅雨で終わってほしい。


草刈りも、 裏山へ移動したところで中断中。

山椒の木がたくさんあるが、実をつけるのが2本になりちょっと嬉しい。

実山椒の辛味はあんまり得意ではないけれど、なんかやってみたい。


来客ある時は幸いにして晴れてくれました。

先日は林業行政な方々とゆったりと竹林整備について打合せ。

整備林と未整備林を見比べて「凄い差ですねーーーーー!」と驚かれました。

借りれる力は大いに借りようと思います。



GWに定植したズッキーニがようやく採れ始めてきました。

定番の「ココゼリ」という品種。イタリア原産の固定種。

19世紀から作り継がれているものらしく、我が家でもお気に入りです。


先日のお弁当では春巻きにしました。

ズッキーニと、よっちゃんなんばん塗った油揚げ、チーズを一緒に皮で巻いて。

美味かったです。

大量消費はラタトゥイユかなぁ。

今年は大量に植えたのでたくさん食べます。



コメント

GW助っ人来訪。

2019年05月04日 | 農家の風景。
 
 
庭のシャクナゲも満開。きれいです。長年暮らして初めて覚えました。
 
 
GWもあとわずか。休みたいというよりも、道の駅で嬉しいスパーク中なのでもうちょっと続いてほしいくらい。
 
 
第一弾の疲労もピークのところ、農ドブルもよっちゃん農場もお世話になってる遠藤さんが娘さん2人連れて、鳴子バカンス方々助っ人に来てくれました。
 
 
 
 
この季節にしては暑い中、午前中は時間なく遅れに遅れていたズッキーニの定植。
 
 
畝作りから植え付け、藁敷きまで。
 
 
 
 
続いてはナスとトマトの鉢上げ作業。
 
 
旬の筍を中心にした簡単農ドブルもどきの賄いを作り、ちょっと休憩。
 
 
 
 
 
 
午後は筍掘りも付き合ってもらいました。
 
 
娘さん達2人は初めての農作業で疲れ気味でしたがパパエンドゥーは最後までパワフルでした。
 
 
これから、の若い世代と色々喋りながらの時間はいい時間でした。
 
 
喫緊での作業も捗ってとてもタイミングのいい助っ人参戦、大助かりでした。
 
 
あと一息頑張ります。
 
 
 
 
夕方、筍水煮、初製造。通常340本作るところ、わずか7本、という寂しさ・・・。
 
 
裏年、渋く出続けて欲しい・・・。
コメント

山桜開花。

2019年05月01日 | 農家の風景。

 

 

 

田んぼ仕事も進んでいます。一度耕転し、水を入れての代掻き1回目進行中。

数日置いて、仕上げの代掻きをします。 

ようやく山桜が開花。昨年よりも10日ほど遅いけれど、昨年が早すぎたのかもしれない。


サムの居る裏も開花。



毎日見回っているものの、タケノコの出は、少しずつ芽は出しているのものの、やはり裏年だなぁ〜という感じです。

なんというのか「雰囲気」が今ひとつな感じ。

せめて常連さんにお届け出来るくらいは出て欲しいと期待は大きい。



家で楽しむ分にはなんとかなっているので、毎日食べています。

麻婆タケノコ。仕上げによっちゃん生ラー油をたらりとひと回しすると最高です。

そして堀立てでしか出来ない「炭火で丸焼き」。甘味が滲み出て来ます。

3年ものの山椒醤油で頂きました。


今日のお供はサム副隊長。

私の苦手なヘビもウロウロし始めたので頼もしいお供です。

コメント

お弁当。

2019年04月19日 | 農家の風景。

本日もお弁当。



岩出山名産「凍みっぱなし」のカツもやれるのはもう少しかなぁ。


今日は菜花のお浸しに、エゴマを擦りました。

古川に近いとこに住む直売所仲間のヨーコさんが栽培していて、

「私使わないから焙烙(ホウロク)の代わりに使いな〜」

と焙煎器?を頂いたので、煎りたて擦りたてタップリと。


今日は直売所の当番の日でもあったので、余りオカズでわっぱ弁当抱え、半日遅刻して出勤。

わっぱ美味いな〜。


イノシシスモークも最近上手になって作ってもすぐ無くなる。

うまく出来るとお裾分けしたくなってしまう。

今日も「今朝獲ったばかりのイノシシいらないっすか!?」と若手ハンター・ユージくんが直売所に捌きたてのスペアリブのデカい塊持って来てくれた。

お返しに先日もらった肉のスモークを渡しながら、しばしイノシシ談義。

道の駅納品で顔合わせても挨拶程度で話すことも無かったけれど、

イノシシハンターとスモーカー大佐  の関係で随分距離が縮まった気がする。

そういうのが嬉しいな。
コメント

種まき。

2019年04月08日 | 農家の風景。
 
ようやく暖かい日がつづき梅もようやく満開近し。
 
週末2週連続で水稲の種まき作業でした。毎年恒例、隣家のシゲルさんちと共同作業。
 
昨年シゲルさんが長年悩んできた首痛で手術し左腕がまだ動かせないので、苗箱に床土を入れる「土入れ」が1週目、2週目に「種まき」という流れでした。
 
2つ年上の息子さん、同級生のその妹さんも勤め人なので年に一度、この機会くらいしかゆっくりと話せない貴重な時間。
 
それぞれの家で単独でもできる仕事ではあるけれど、そんな結いっこのような時間もいいものです。
 
終わりの打上げでは、先日の山火事の話題から「報道された地名で言われても住んでる自分たちはどこだかわかない。ピンとこなかった」と、住所、集落の細かい呼び名の由来のはどっから来てるのかと盛り上がりました。
 
やはり水稲作業が始まるとまた新しい農業の暦スタートな気持ちになります。
 
 
 
 
 
今日は午後遅くから竹林の片付け。順番でチョビ隊長が付き添い。
 
先週末は粉砕機が作業中にひっくり返って横倒しになり危うく下敷きになるとこだった。。
 
道具運びに山を何度も往復し、起こすのがまた大変で腰が粉砕されるかと思うほど重かった。
 
その帰りは運搬機がまた故障。
 
今年は本当に機械に付かず実は種まき機械も途中ゴム切れで作業が危ぶまれた。
 
ここまで来ると(俺のせい?)と思うくらいだ。
 
今日は運搬機も盤石に修理し終えて絶好調になり、気分良く1日がシメれた。
 
今週は晴れが続いてほしい。
コメント