よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

明日から石巻で「よっちゃんスペアリブ」

2018年07月30日 | イベント企画・出展


快晴!






そんな日はなんばん焼き。

うちも含め三件のなんばんが収穫盛り上がってきました。昨年は雨の夏で不作だったので今年は貯める!



加工とはいえ鮮度に対する敏感さは一次農産物生産者と変わらない意識でのぞんでいます。

採りたての鮮度のなんばんを炭火で炙ると、なんともいえない夏の匂いが漂い食欲を刺激されます。

そして、なんばんからも脂が、旨味が滲みでます。これを味噌、醤油だれに漬け込んでいきます。

太陽に炙られ備長炭の遠赤外線にさらされますが負けずに夏を乗り切ります。









昨日は鳴子の知り合いの方から夏休みの子供達へのワークショップを依頼頂いて、久々に新聞ばっぐ。

助手として働きました。

終わってからのご褒美。アイスに行列の子供達はめんこがった!



明日からは泊りがけ二日間のイベント出店。昨年に引き続きご縁頂い石巻・川開きへ出ます



一年ぶりの登場! 岩出山の逸品ハム屋さん ジャンボン・メゾンとのコラボ、

よっちゃんスペアリブ

備長炭で焼きます! ぜひお越しを!昨年は品切れしたので今年はタップリ持ち込みます!

昨年初めて参加させてもらって祭りを見ましたがちっちゃい子供からお年寄りまで出番があって、

とてもいいお祭りでした。今年も商売も頑張りつつ楽しみます。

ねの吉にーさんと真っ赤な顔してテント張ってますのでぜひ見つけてください!

商工会付近にいます。




コメント

第ゼロ回 竹やぶ会議。

2018年05月10日 | イベント企画・出展



(チラシは"一回"ですが正式には"ゼロ")

8、9日と2日がかりで「第ゼロ回 竹やぶ会議」無事に終了。

疲れがMAXに達し前日から身体が悲鳴で当日早朝も38度近くで「あ、ダメかな」と一瞬思いましたが

そっから2時間眠って限界まで汗かいて放熱し、みんなが到着の頃にはなんとか熱は下がり起きれました。



平日で予報もずれていき10人来たら御の字かと思ってましたが集合時間には20人近くになり、

焙煎小屋 風舎 千葉さんに美味しいコーヒーを入れて頂いて自己紹介から。

もとは、

これだけ生命力に優れる竹の可能性をという思いから

間伐材を粉砕してみたり

福祉施設の仕事づくりの材料に使ってもらったり、

農ドブルの器にしてみたり・・・

と「竹竹竹!」と気の合う人と竹談義してるところからが始まり。

なんばんの次のアイテムがタケノコという考え方ではなく自分の中では、

よっちゃん農場の象徴であり、発酵させるなどの工夫で畑にも使いたいし、

なんばんも含めてのよっちゃん農業全体の底上げという位置付けの取り組みだと考えています。

そんなところに友人のプランナー・松村くんがビビッときて

「竹を備える 竹で備える」

というコピーとともに「竹やぶで想う・感じる」ところから始めましょうよ、と副議長として名乗りをあげてくれました。



(真ん中 松村く、右が神澤さん)

そこへ縁あって大沼旅館の大沼社長に紹介頂いたのが竹マスター・トージバの神澤さん。

今回「アースオーブンを持っていきます」と連絡頂いていたのですが、

なんと!消防車を改造したスペシャルカーで登場。とてもかっこええです。

竹でなんかやりましょう!と2月にお話していて、南三陸に移住して地元を盛り上げようと奮闘する中島さんたちが



「竹のジャングルジム」を作るワークショップの舞台にうちの山をということでキッカケをもらいました。

今回はいつもうちの商品でパンコラボしてるパン工房・青い虹井上さん親子もうまいサンドイッチを差し入れしてくれ、それを食べて初日スタート。









天気をみながらでしたが、建設予定地を片付けて使う材料の切り出しをしつつ、

せっかくミサイルのように筍最盛期を迎えつつあるので



タケノコ掘り体験、美味しいたけのこの見分け方講座も。私は動けなかったので主にこっち。

仙台・こうめの佐々木夫妻は2日間でだいぶ上手になりました。



夜は備竹(びちく)会議という名の懇親会。












アースオーブンで神澤さんピザをたらふく堪能。全粒粉で酒粕発酵させた生地がおいしかった。

タケノコも丸焼きして食べました。

竹のおちょこで酒を酌み交わし寒かったですが火を囲み遅くまでしゃべりました。

茨城で造園業とタケノコ農家の鈴木さんとは使う道具や販売方法など、色々と情報交換も出来たのは大きい。

別地域のたけのこ農家と話すのは初めてで新鮮でした。



2日目は朝からあいにくの雨。



雨の竹林は滑るし竹そのものもツルツルで危険ということで、昼すぎまで竹の結び方を習ったり、竹談義。

昔は「竹縄」といって竹を薄く剥いで縄をなっていたそうでその映像を見たり、

その昔ブルーノ タウトというドイツの建築家が日本の竹の美しさに惹かれ下駄をデザインしたものが今でも作り継がれているという話だったり。

原材料としての竹、を活かすにはデザインも大事だという話など、大いに竹を語る時間。



そして最期のメインディッシュ、いよいよ組み立て。

























平日なのと雨で遅れたために最後までみんなで出来なかったのは残念でしたが3時間かかって完成。

巨大ジャングルジム、ブランコ付き。

見た目以上にすごいスケール!







みんな順番で試し乗りしましたがサイコーです。全くビクともしないので怖くはない!

これからタケノコに疲れたらこれ乗って発散します。









最後に記念撮影。

この模様はソトコトライターの浅野さんも取材に来てくれまして、載るそうです。

機会があればご覧ください。



これまでとはまた違った竹の拡がりを感じた2日間でした。

いろいろと身の回りのものも作ってみようと思います。

まず一回やってみっぺ!とやった会議ですが、これは続きそうです。

また竹林で会いましょう!



コメント

第一回竹やぶ会議のご案内。

2018年05月03日 | イベント企画・出展


なんばんに続いてタケノコを看板に、というのみではなく竹を素材に、間伐材を肥料に、などなど、、

いろんな可能性がこの竹林にありそれを活かしたい、ということで竹やぶ会議をやります。


内容としては2日間通して千葉からNPOトージバの神澤さんたちを中心に竹林センターコートに

バンブージャングルジム


(こんな感じ)

を作るワークショップがメインです。

初日は建設予定地の片付けなども行います。参加協力してくれた方には掘りたてのタケノコをプレゼントします。

希望の方は汚れてもいい服装で来てください。


大まかな流れは、

◆初日 14時くらい〜

 竹林を感じ、ジャングルジム予定地の枯れ竹などの片付け、材料の切り出し等。
 
 タケノコなどの食材の確保。たけのこ掘りなど。

 鳴子温泉へ。

 夕方18時位からみんなで食事準備し本題の竹やぶ会議という名の懇親会をします。

 神澤さん アースオーブン持ってくる予定でピザをたらふく食べれます。

 たけのこを思うままに食べましょー!

◆二日目 9時くらい〜

 ジャングルジム、建て方

 昼、歓喜の昼メシ を食べて解散!

 (調整中ですが、三本木青い虹の純子さんのバンブークーヘン、仙台こうめ店主さやかさんの料理が食べれるかも!?)

 

参加費ですが、初日会議、二日目ランチの方500円ください。但し、差し入れ持ってきてくれたら無料でいいです。




ゆる~くやりますので、ゆる〜くご参加いただければと思います。

一緒に「竹やぶ」語りましょう!
コメント

イベントの案内でございます「菜の花マルシェ」&「第0回竹やぶ会議」

2018年04月24日 | イベント企画・出展

昨日の急激な寒さで、、、ちょっと風邪をもらい絶不調。

寝込むほどではないけれど、今日はゆったりと脱力しつつ仕事。



イベントのご案内です。



4/30に川渡の菜の花マルシェに行きます。

河川敷で何度か出店させて頂きましたが、川渡の街中でも盛り上げたい!

という準喫茶・カガモクさんに共感してカガモク敷地内でゆったりと出る予定です。



それともう一個。

今年、たけのこ祭りをやりたい!とずっと思ってましたが初体験のイノシシ襲来で予定を立てあぐねてました。

なので、おっきくやるのは追々として「第0回 竹やぶ会議」と称して今年はやります。

たけのこをなんばんに次ぐ看板にしたいと考えていますが、竹という素材の面白さ、豊かさ、

竹林の空気、 活用法、もちろん筍を味わう楽しみ。

プランナー松村くんも竹を活用した「備竹」(びちく)と称して何が作れるのか可能性を探りたい、という変な興味を持ってみたりもする中、

んで、まずやってみっぺっちゃ!ということで、平日ですが

5/8(火)、9(水)にやります。

今回鳴子でご縁を頂いて、千葉から竹のスペシャリスト・トージバの神澤さん達がやってきて、



これを作ります!バンブージャングルジム。

竹の片付けも少しお手伝い頂きながらのワークショップになります。

興味あるかたどうぞお越しください!

神澤さんがアースオーブンを持って来てくれるので8日の夜は筍たっぷりピザパーティやろうと思います。


ちょっと詳細がまだですが時間もないですがとりあえず告知です。



販売用に整形した切り落とし根っこの煮物がうまい。
コメント

明日は今年初の朝夕ネットの定期市。

2018年01月17日 | イベント企画・出展


雨・雨・雨。その分ちょっとあったかい。

今日は地元農協女性部からお弁当のご注文。



地元食という意味では大先輩方なので、いつにもまして緊張感いっぱいで作りました。



こちらで。

地元で興味を持って頂いての注文というのは素直に嬉しいです。

ありがとうございました。




明日は今年初めての朝市夕市ネットの定期市@仙台勾当台公園市民広場 でございます。

ちょっと余裕なくって色々手が回りませんが、プチお年賀も用意完了。

青い虹ジュンコさんが作ってくれるコラボパンもあります。

雨は朝までで上がりそうなのでお越しをお待ちしております!
コメント