よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

出来たか?至高の味「炭焼なんばん・しょうゆ』

2006年08月31日 | 自営業

ウチは基本が農家。
最近は直売所も出来たおかげで沢山のお母さん達が
漬けた漬け物など手作りの味が楽しめる。
私の所属する店でも季節の旬の素材を様々に味付け
した商品が売られている。

うちでも母が居た頃は唐辛子の他にも色々と素材を
替えて旬の漬け物を出していた頃があった。

が、私が継ぐ事になりそれは一切辞めた。
理由としては「よっちゃん農場と言えばこれ!」と
いう特徴付けをしたかったのが一番。
大メーカーでも無い限り、また、直売所のお母さんと
違い腕も知識もない以上に「お小遣い稼ぎ」をする
商売は出来ない。なので、唐辛子のみに的を絞る事に。

その分、トコトン極めてやるぞ~~という意欲だけは
絶対に失わないし、ヒントになるものは無いかとアン
テナは常に空高く上げているつもり・・・


ようやく本題です。
冒頭の写真「炭焼なんばん・醤油まぶし」です。
醤油ダレの味は、今までと同じものを使ってますが、
先日の収穫の際にキラリと閃いた漬け方で全く違う
風味になり、俄然ウマくなりました!


ず~~~っと考えていた事。
それはウチの特徴である炭火焼の風味をちゃんと出す方法。
そしてそれをずっと残す方法。。
まだ実験段階だけれども、上手く行きそうな気配。

どうしても手作業が多いため「効率」重視になりがち
だったけれど、基本に戻ってのちょっともうひと手間
で、これだけ味が変わるとは・・・。

恐らく今後「炭焼なんばん・醤油まぶし」に関しては
この方法で作ったビン詰での販売になる。そしてこの
方法は、かなりの手数とスピードがいる商品の為に、
数量限定でしか作れない事必死です。

ホントに美味しいです!

お楽しみに。。



明日から三日間。
「フードマーケット寺岡店」へ出張です。
コメント (2)

家庭菜園の野菜・・・

2006年08月26日 | 自営業
(今年、我が家では全部で6種の唐辛子を栽培中
  写真は世界一辛いという「赤ハバネロ」と二番目に
   辛いという「オレンジハバネロ」)



実際、スーパーなどで買い物。
野菜って結構な額になるな~、と出来るだけ野菜を作ろう!と、
唐辛子の傍らに。。

母が居た頃は何かしら畑に植えてあって、当たり前にそれを食うだけ
だったけども、いざ作るとなると難しい。。
農家とはいえ今の仕事をやるまで畑は「手伝い」しかした事がない。
                    (情けない・・)
ここ数年植えてはいるもののいざ収穫期になると、すっかり忙しさに
追われて意識の外に行ってしまい一回も食べず・・という事が多かった。

今年は「夏秋きゅうり」「オクラ」「真仙中長ナス」「米ナス」
   「セロリ」「ズッキーニ」「人参」「枝豆」「地這キュウリ」
を作ってみた。(書き出すと凄い種類だ!・・でも各種5株くらい)



その中で幾つか紹介!

何年か前にも作ったオクラ。
花がとても奇麗。。



今年は散々食べた米ナス。
売ってるヤツはせいぜい拳骨くらいだが、我が家では長さで
20センチくらいまでビックになってから豪快に食う!
せっかく大きいんだから大きく味わいたいものねぇ~。



最近、家庭菜園で色々作ったりしてる人が増えたり、
畑が趣味という話も聞くが、もの凄くわかる。
唐辛子はどうしても「仕事」の部類に入るので、その意識
で接するが、自分が食う為の野菜づくり(草むしりや手入れ)
に没頭する時間はとても夢中になるし、いい気分転換。
さて、秋に向けて何を植えようか・・・
コメント

大海へ・・・揺れる視界・・・

2006年08月23日 | 休息・・
慌しく過ぎたお盆。
今頃だが、仕事に見切りをつけ昨日カミさん実家へ。

カミさん実家の男連中は釣り好き。
以前から義父にも誘われていたのだが、今日ようやく実現。
早朝2時に家を出て志津川へ。


5時に到着。
綱がれる船を横目に期待に胸が膨らむ。。
義兄に借りたサオを準備し、いざ出発。




出発してまもなく朝日が。
定員5人の小さな船で、そんなに遠くまで出るわけではないが、予報と違い、
結構波が高く、早くも不安がよぎる。。。




メンバーは義父の友人を含め、四人。
船頭さんも竿を垂れて、場所を転々としながら一匹、また一匹とかかる。
最初のヒットは私。小さいカレイだったが、記念すべき海釣り一号。

調子が良かったのはカミさん。
義父友人、船頭さんにつぐ7匹ほど吊り上げ、カレイに至っては
メンバー中でも1,2の大きさだった。

肝心の釣った魚の写真が無いが、、、
それは「船酔い」でそれどころではなくなってしまったから。。。
船に乗って30分もするともう酔いが来てしまい、すべての気力が
萎え萎えに。
誰かが釣るとそっちに気を取られ一瞬まぎれるのだが、潮が引き、
当たりがパタッと止まると、もう酔いとの戦い。。。。
「遠くを見れば」という誰かのアドバイスを思い出しても効かず、
義父から「酒で麻痺させろ!」との言葉も少しの効き目。
あとはひたすら「耐える時間」。
何しろハリに餌を付けようと下を向いた途端にグワ~~~っと目が
回り吐く。餌を付けるのさえ一大作業という有様。
途中船頭さんが、我々にと養殖している「ホヤ」を上げてくれたん
だけど(上写真)、あの粒粒が目に入るだけで吐いてしまった。。。

振り返るとよく「耐えた」と自分を褒める(カミさんも褒めてくれた(泣))。。
まさか義父の手前「ごめんなさい、僕だけ岸に送ってちょ」とは
口が裂けても言えず、ひたすら我慢してました。。
酔い止めも飲んだんだが、前の晩期待に胸を膨らます小学生のように
一時間しか寝れなかったのが響いたらしい。。。

いやいや酒の酔いもキツイが、それどころではない船酔いの旅、いやいや
船釣り初体験でした。
次回は来月下旬、リベンジだ!
コメント

06'本格的収穫作業開始・・・

2006年08月21日 | 自営業
ここまでちょこちょことは唐辛子の収穫をしたけれど、
ようやく今日から本番!
人を手配し、総勢7人で作業。
午前中はカミさんと加工場へ入り、畑は創業以来手伝いをして
貰っている近所のS氏に任せてひたすらビン詰め作業。

午後、シルバー人材に収穫を任せてS氏と私、カミさんで加工する
為に「炭焼き」。
収穫後、すぐに水洗いして火を通す事が我家流。その後加工に回す。
これにより唐辛子の青臭さを消え、風味が出るのだ!
昨年、焼き台が一台の為に、最盛期になると「焼き」が追いつかずに
夜中まで作業する事がしばしばだったので、今年は2台追加。
ずっと炭の熱さで汗は止まらないが、効率的には大満足。

収穫初日としてはまあまあ総量100キロを収穫。
「炭焼なんばん」本格出荷、間近です。
コメント

また梅雨なの??・・・

2006年08月18日 | Weblog
これまでちょくちょくと収穫開始していた唐辛子。
今日は人を6人手配し、今年も本格的な作業開始を予定していたものの、
天候不順で朝の段階で断念。来週月曜に延期。

予定では「炭焼なんばん」も先月下旬販売開始予定だったのに、
本格出荷は来週に持ち越しか。
ホントに天気には参った┐( -"-)┌
今日は梅雨に逆戻りしたかのようなジメジメマックス。。
ちょっと家で休息しようにもこれでは不快指数が増すばかり。

何だか空回りのよっちゃん農場でした。。。
コメント