よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

しまんと新聞ばっぐコンクール in 東北。

2018年12月11日 | 復興プロジェクト

今年の初雪が降り、雪景色の鳴子で先日無事に「しまんと新聞ばっぐコンクールin東北」終了しました!



鳴子の弁天閣を貸し切り、全国から集まった新聞ばっぐを展示して、新聞と糊と豊かな発想を見ていただきながら、

最後はデザイナー梅原さん、㈱四万十ドラマの畦地さん、CMディレクターの今村さんを中心に公開審査会。

思えば震災の年に「仕事を作ろう!」と海の手山の手ネットワークを立ち上げ、初めてこのHPを見てお電話したのがご縁。

その時しまんとで電話を受け取ったのが今やこっちに移住して一緒に海山活動している黒田さん。縁とは不思議なものです。



地域から商品を生み出し発信する畦地さん。

生産者ではないですが、地域をなんとかせにゃ〜!という話にとっても共感した初対面から7年。やっぱりすごい方です。




私達自身も、仕事づくりとして必死で回してきたものの、今回いざコンクールという段になり内部の側にたって初めて、

もともと梅原さんが発想する「新聞ばっぐ」の奥深さを改めて感じさせてもらった気がします。

こっから「どう楽しめるのか」という第二幕が本当の意味で始まるのかもしれません。

そう思うとなんだか楽しくなってきました。




今回の特別審査員今村さんとも久しぶりにゆっくりお話できました。ほっかぶりムービーでテレビ取材頂いて以来。

帰りしな「高橋さん、もんぺ履いてるけどもしかして?」と、うなぎの寝床ファンである共通項も見つかりうれしいです。

私にとっては一張羅ですが、今村さんはパジャマで愛用してるみたい。


仕切りで大活躍してくれた智子ねーさんも始まりからのお付き合い。

今回も楽しく場を盛り上げて頂きました。

宴会の後の二次会でもゆっくり話しましたが、しまんとから始まった新聞ばっぐと復興への仕事で始まった海山ばっぐ、

形は同じでもなかなか考えが違ったりした部分もありました。

おんなじ海山の中でもすったもんだもたくさんあっての今。それがまた新聞ばっぐを通し場を共有して呑めたのは、

なんだかとってもうれしかったです。めずらしく26時まで。それでも疲れを感じない時間でした。





そして全国からもお手伝いにとインストラクターの方々も集まって頂きました。

展示準備からなにから本当に助けられました。

翌日のワークショップまで開催頂いて好評のうちにイベントを終えられ、大いに感謝です。


そして、



松井稼頭央選手が楽天時代、ご家族で訪れた松島でうちの商品を扱ってくれているM pantryで新聞ばっぐと出会い、ご縁が出来た

モデルの松井美緒さんも忙しい中日帰りで駆けつけて下さったのにはびっくり!

宴会の乾杯発声まで大いに盛り上げて頂きました!







総数400点の新聞ばっぐが館内に展示。

賞をとったのもとれなかったものも、どれもすばらしいものでした。

さあ展示しよーか、と前日に箱を開けた時の驚きはこれまでの「展示されたものを”見る側”」とは違って、別の感動がありました。

そういう意味でもたくさんの発見。



今回駆けずり回ってばっかりでまったく写真が撮れてないのですが、ぜひしまんと新聞ばっぐHPで掲載されると思いますので後日じっくり見ていただきたいです!
















審査会の後の大交流会はもちろん「農ドブル」。

今回は海の手、ずっと折手として関わってくれた三陸の産物、われわれ地元の山のものをふんだんに「海の手山の手農ドブル」でした。

そして地酒もたっぷりと味わっていただきました!




宴の最後は海の手山の手メンバー、でご挨拶。海メンバーが雪の中来てくれたのも本当にうれしかった。

ほんとにこのメンバーも、つながった高知も、そして会場に集まってくれた一人一人のご縁が紡いで出来た機会。みんなでジーンと来ました。






お世話になった会場の片付けまで終わったあとの最後の一枚。

また、ちょこっとずつ継続していきます!

コメント

四万十新聞ばっぐコンクールin 東北。

2018年11月17日 | 復興プロジェクト

先日久しぶりに南三陸へ。




道の駅・三滝堂が出来た、というのは聞いてはいたけど、志津川あたりはまったく景色が変わっていてビックリ。




震災がキッカケでご縁が出来て始めた新聞ばっぐプロジェクト・海の手山の手ネットワーク。

1番最初は佐藤農場やうちでもなんばんの仕事から始まり、新聞ばっぐが始まってからは

折り手としてきっと、1番枚数を折ってるのが南三陸、歌津でワカメやホタテをやってるけい子さん。



行った時はワカメのタネ挟みが忙しい時期。

今年は秋になっても海水温度が下がらずタネをつけてもダメになってしまう漁師が多いみたいです。

おばあちゃんは家の庭で日向ぼっこしながらホタテの稚貝を付けるロープの準備をしてました。

何度か訪ねるたびに感心する手仕事の積み重ね。

けい子さん時間があってもぼーっとすることは少なく常に手を動かしてるマメな人。

そんな方に支えてもらって海山ネットの活動も続けてこられました。



震災後に仮設住宅でも出来る仕事はないだろうか。

そこから一本の電話で繋がったのが高知・四万十の畦地さん。デザイナー梅原さん。

四万十川に代表される地域発信のシンボルとして始まったのが、しまんと新聞ばっぐ。

それを手仕事にして、自分たちで復興の手助けにしようとしたのが、海山新聞ばっぐ。

四万十では毎年秋にコンクールをやり、全国から色んな発想が詰まった新聞ばっぐが集います。

今年はそのコンクールを東北、宮城、鳴子温泉を会場に開催します。





もちろん我々東北メンバーではやりきれないので会場でのおもてなしがメインですが、

四万十の中心メンバー、全国からインストラクターもやってきます。

けい子さんのような海山ばっぐを支えたこちらのメンバーも集います。

特別審査員には「大ほっかぶり市」でとても素敵なムービーを撮って下さったCMディレクター今村さんも来ます。
そして今回は昨年から大崎市に移住して鳴子の源泉を使って温泉卵を作る野田くんがご当地隊長として仕切ります。

彼は彼なりの想いがあり、私たちと同じ地域を想う気持ちも感じ、また当地だからこそ地域に埋没してしまいそうな価値に「もったいない」と感じる第三者の目線も持っています。

だからこそ私らに関わり、地元の人に「感じてもらう機会」にしたいとがんばっています。



ぜひ、お時間を作って見てほしいと思います。



コメント

ロミスウェディッシュ。と 新聞ばっぐ と。

2018年07月14日 | 復興プロジェクト

色々あった1週間もあっという間に週末に。梅雨もあけたらしくとにかく凄い暑さ。



オール手仕事・無農薬栽培の大粒大豆、くるみちゃんも絶好調。



このところ、草刈り二回めと並行し、なんばんの草取りと誘引と芽欠きが続く毎日。こっちも無農薬。

手をかけられるところは存分に手をかける。それで虫や病気の苗は仕方ない、という無農薬栽培。

農産加工だから構えていられる方法かもしれないけれど、ここに竹林のエッセンスも加えていきたい。



こう暑いと長靴も嫌なので、地下足袋。動きやすいしとにかく楽。





今週、ロミスウェディッシュというオイルマッサージを初体験。







鳴子の遊佐さんがやっていて、何度かカミさんが体験してるものの、

パンツ一丁になる

というのが恥ずかしくて遠慮してたけれど一回やってみようと行ったらこれがとてもいい!



あっという間の2時間でした。また行きたい。

例えるならば、、、

普通のゴリっとやる整体が、ラオウの剛の拳

ならば、

ロミスウェディッシュは、トキの柔の拳

とはいえ、しっかりと届いてゴリゴリと効く。ので気持ちがいいのです。

合間に、というよりは湯治とかリラックスするぞ!という時に行くと身も心もリフレッシュ出来ます。

鳴子にぴったり。おススメです。



そんなマッサージが欠かせないほど忙しい、高知・四万十ドラマの畦地さんが出張の途中で今週寄ってくれました。

久しぶりの再会でした。

震災後、新聞ばっぐがご縁で交流させて頂いてます。



毎年新聞ばっぐのコンクールを四万十で開催してますが、今年は初めて高知を出て東北でやってみようか。

ということで打合せを兼ねて飲みもって交流しました。

初めて会ったのが2011年7月10日。ちょうどほぼ7年。


常に頭にあるのはは「新聞ばっぐには何が入るのか」という価値観。梅原哲学です。

それを私たちなりに表現できたらと考えています。なので、新聞ばっぐをキーワードにしつつ、

【高知 ✖️ 宮城】

という地域交流の場にしたいと進めるつもりです。開催は12月。詳細は追って発信していきます。

今年は野田くんという新たなメンバーが加わったので心強い。


気づけば連休。道の駅もこのところ売り上げも上がってきてるので頑張りつつ、

農作業もがんばります。


仲良さげなチョビとメケの犬猫コンビ。

コメント

まさかの松井稼頭央選手登場。

2016年12月17日 | 復興プロジェクト


先日雑誌STORYの取材でお話しした松井美緒さんが

東京渋谷のロフトで始まる千秋さんの「ハローサーカス」という、

ハンドメイド作家さん達の作品展に作家として出品されるということで、海山曽木さんと見に行きました。





こちらは働くママさんのハンドメイド作品を応援したいというプロジェクトで今回8回目のようです。

松井さんの作品はコケシ。東北から原材料を購入し、松井流にデザインされた作品。



パッケージに先日覚えた新聞ばっぐを使って頂いてて、中には海山のパンフレットと、

好きなハンドクラフトで繋がったことへの松井さんのメッセージも入っていてとても素敵でした。


ホントに手作りが好きなようでお茶を飲みながらの苦労話や思い入れも沢山聞けました。

撮影禁止だったので写真がないのが残念ですが、一個一個手づくりの作品がドゥわ〜〜と並んでました。

どれも個性があって面白かったです。

こういう垢抜けた場は商品を育てますね〜。。企業商品と違ってほんとに面白かったです。



今回は行ってよかった〜というとんでもないサプライズがありました。

STORYのライター、編集者の方と松井さんと待合わせて、、、

そしたら松井さんが「せっかく来て頂いたんだから、主人も何かしたいと言って・・」

となんとプロ野球・楽天松井稼頭央選手ご本人が登場!ほんとにびっくりしました!




思わずみんなで記念の一枚。

そしてさらに、、松井選手仕様のバットを持ってきてくれて、しかも美緒さんお手製新聞ばっぐ入。





「良かったらサインしますよ」と、おっしゃってくれたのでもちろん速攻でお願いしました。


南三陸で取材の時間に

「松井選手が新聞ばっぐに入れてバット持って球場入りしたらかっこいいでしょうねぇ〜!」

と美緒さんと雑談したことを覚えていてくださって作ってくれたと聞いて更に感動。。。

地元球団の花形選手とまさか対面できるとは思っていなかったので、嬉しいなんてもんじゃなかったです。

また家宝が一個増えました。

来年はまた球場で応援したいと思います。



とんぼ帰りの久々東京でしたが年の瀬にいい時間をいただきました。

コメント

新聞ばっぐ on  STORY。

2016年12月02日 | 復興プロジェクト

師走に入って超暴風。

いよいよシメの月だ。



ラストスパート。

今年はやりたいこととやめたことがハッキリしてきた年。まぁ改めて年末に振り返ろう。








昨日発売の女性雑誌 STORY に先日モデル松井さんが来てくださった時の模様が載っております。ぜひとも御覧ください。



松井さんの活動はこれで終わりではなく、引き続き海山とも続いていきます。

それぞれのやれること の輪が広がっていきます。





個人的にはプレゼントでもっていった編みなんばん新聞ばっぐまで載せていただいてうれしかった。

このばっぐは私の手作りの、取っ手。 ひと工夫ほどこしております。

詳細は来年の高知新聞ばっぐコンクールまでとっておきます。

コメント