東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

桜丘幼稚園での絵本読み聞かせ会

2016-11-30 03:20:16 | 企業訪問
 桜丘幼稚園では、行事がない日の降園前の午後1時45分~2時過ぎに絵本読み聞かせ会を行っています。読み聞かせされる方は、幼稚園からの呼びかけに答えられた園児の保護者や祖父母、園長先生や地域の方です。



 私たち夫婦も、知人から誘われて応募しました。園児の多くは、私の黒田庄中学校時代の教え子の子ども達です。桜丘幼稚園が、来年3月末で閉園になるため、自分にできることならと思って、絵本読み聞かせに応募しました。
 どの絵本を読もうと色々悩んだのですが、読み聞かせボランティアで活動している妻のアドバイスを受け、『三びきのやぎのがらがらどん』と『さるとかに』の2冊にしました。



 『三びきのやぎのがらがらどん』は、北欧民話です。小さいやぎと中くらいのやぎと大きいやぎの3匹が太ろうと山の草場へ行く途中、大きなトロルがいます。大丈夫だろうかと心配していましたが、小さいやぎが渡り、中くらいのやぎが渡り、大きいやぎが見事にトロルをやっつけます。『さるとかに』は、皆さんもよく知っていると思います。親の仇討ちに、子がに達が猿の番場へ出かけ、見事猿をやっつけます。2冊とも、最後はハッピーエンドで終わり、ああー良かったと子ども達に思ってもらえる内容です。
 自宅で何度か練習した後、本番の11月28日(月)を迎えました。少し緊張して桜丘幼稚園の門をくぐったのですが、笹倉園長、藤原先生、森岡先生、岸本先生と一緒に、子ども達が温かく迎えてくれました。



 私の前に子ども達が座って聞いてくれるのですが、一番前に座るれる列が日によって変わるようでした。みんな真剣な眼差しで、話を聞いてくれました。読み終わって、私の心も充実感に包まれました。
 読み終わった後、子ども達がお礼の言葉を言ってくれました。そして、帰るとき、自分のお父さんお母さんの名前を言って握手をしてくれました。私が、クラスや部活動、生徒会で担当した教え子の子ども達がほとんどでした。『お父さんから、おっちゃんのこと聞いてきたで。』でと話してくれた子どももいました。 
 私の絵本読み聞かせは、まだまだ未熟ですが、楽しい充実した時間を過ごさせてもらいました。また、機会があれば、楠丘幼稚園でもしたいと思っています。
コメント

西脇図書館まつり『ありがとう図書館!』

2015-08-30 05:51:31 | 企業訪問
 8月29日、西脇図書館では、現在の図書館としては最後となる図書館まつり『ありがとう図書館』が盛大に開催されました。



 図書館まつりには、9時オープン時から読み聞かせグループの皆さんや本好きの方など、本当にたくさんの市民の方々が集われました。特に、子ども達がたくさん参加してくれていたのが、とてもうれしかったです。図書館奥のロビーでは、絵本の読み聞かせやストーリーテーリング、朗読劇などが継続して行われました。点字室では、一日中点字教室が開催され、点字を多くの方が体験されていました。視聴覚室では本のリサイクル市が行われ、無料で多くの図書を持ち帰られていました。



 子ども読み聞かせ室ではバルーンアートが行われ、風船でつくられた剣や犬、花などを子ども達が熱心に見学して、出来上がったバルーンアートをもらっていました。私も、剣と犬の作り方を教えてもらいました。不器用ですが、どうにかできるようになり、子ども達の注文に応じて剣を作ってあげることができました。



 図書館前の広場では、ポン菓子やフライドポテトが振舞われました。杉本元市議会議長も、汗びっしょりかきながらポン菓子を作っておられました。西脇北高校ボランティア部の生徒達は、ボールすくいコーナーを担当してくれていました。



 13時から、図書館前で閉館式典が行われました。市内の小学生から片山市長に、新しい『みらいえ』の図書館への期待した作文が手渡されました。その後、西脇図書館に読み聞かせ等でボランティアを行ってくれたグループ、個人に笹倉教育長から感謝状が手渡されました。



 私も所属している西脇図書館ボランティアグループ『テントウズ』の皆さんは、図書館まつりの様々な分野で活躍されていました。そして、個人としても、素晴らしい朗読や落語を披露されました。大垣さんの朗読『金縛りのカナちゃん』、藤本さんの朗読『ひがんばな』、藤原さんの『月へ』、湯浅さんの落語『皿屋敷』、藤本さんの朗読『天の町』、個々の能力の高さとこれまでの努力の成果を見る思いがしました。私は、『原爆の子』の中の小学6年生の作文と詩『にんげんをかえせ』の朗読を行いました。マイクなしで朗読しましたが、後ろの方まで聞こえたかどうか疑問です。



 テントウズのグループとして行った朗読劇は、絵本『虫の音楽学校』、創作劇の『図書館のおひっこし』でした。私自身、やっていて楽しかったです。観客の方も喜ばれていたように思います。



 西脇図書館まつり『ありがとう図書館!』は、現在の図書館から新しい図書館へつなぐ価値あるイベントになったように感じました。
コメント

NPO法人NEXT(ネクスト)西脇工場

2014-04-19 05:46:14 | 企業訪問
 4月18日、西脇市蒲江に今年1月にオープンしたNPO法人NEXT(ネクスト)西脇工場を見学させてもらいました。急なお願いをしたのですが、坂口理事長さんや篠原工場長さんが、快く案内してくださいました。



 西脇工場では、5種類のクッション(円座、シート、リビング、ロング、ペット用)の中材(テングスを熱して作る高反発クッション)をカットし、カバーを付け、ラバーに入れた後、外袋に入れ、出荷します。




 このクッションは、お尻や腰をバランスよくサポートし、両面が使え、丸洗いが可能であるため、大変人気商品として販売されています。ネクスト西脇工場では、(株)アイリスオーヤマに出荷している(株)田村駒より注文を受けているそうです。


 NPO法人NEXT(ネクスト)は、障がい者総合支援法に基づく就労継続支援A型事業所です。障がい者の方と雇用契約を結び、原則、最低賃金を保障しています。「気づき、考え、行動する。」を合言葉に、頑張っておられます。



 多可町八千代区に本所があり、中区に中工場、西脇市和布町にリフレッシュセンターがあります。ネクストが取り組んでいる仕事は、不要になった布団を回収し座布団やクッション等の新しい商品に作り変えます。また、織物工場から不要になった糸を譲り受け色とりどりの軍手をつくっています。



 西脇工場では、クッションづくりを障がい者雇用に役立てているとともに、黒田庄町の虹の会工房や八千代区のあすなろ、小野市のひまわり園等の障がい者小規模作業所に外注しています。加西市のワークランドたんぽぽから、毎日8名~9名の方が10時~15時前まで働きに来られています。
 NPO法人NEXT(ネクスト)は、地球にやさしいモノづくりをリサイクルを通じて行い、西脇市だけでなく北播磨地域の障がい者雇用に、大きな成果を上げています。
コメント

高齢者専門宅配弁当宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店

2014-02-25 07:23:41 | 企業訪問
 先日、西脇市高松町にある高齢者専門宅配弁当宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店を訪問してきました。



 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店は、播州織産元会社である内外織物㈱が織物業と共に今後の高齢社会を見据えた新しい発想で昨年5月より立ち上げられました。宅配クックワン・ツウ・スリーは、ファミリーマートが全国展開しているチェーン店ですが、ファミリーマートの親会社が伊藤忠であることから、繊維業を通じて人脈等の信頼関係もあり、西脇店を引き受けられたそうです。
 一人暮らしやご夫婦だけの高齢者世帯が多くなる中、買い物に行きたくても買い物に行けない方が多くなっています。毎日食べる大切な食事であっても、冷たい食事やインスタントを食べられている方が多くなってきています。美味しく栄養バランスの取れた食事を食べたいと思われる高齢者の方の要望に応えるために始められたのが、宅配配食サービスです。
 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店は、設立されて9ヶ月しか立っていませんが、昼食約60食、夕食約70食を西脇市・多可町・加東市・丹波市を範囲に4ルートで配送されているそうです。正月3ヵ日を除き、毎日昼・夕食を配送されていますから、13名の職員がシフトで働かれています。今後、朝食も夕食と一緒に配送できるように考えておられます。現在、まだまだ認知されていないため配食数が少なく経営的には厳しいですが、今後間違いなく需要が増えるだろうと予想されます。
 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店が、配食しているお弁当は『普通食』(ご飯+おかずで577円)、とは別に、介護食・食事療法用食として『やわらか食』『塩分控えめ・低タンパク食』『カロリー・塩分調整食』『透析食』(ご飯+おかずで798円)を提供しています。
 弁当宅配を希望される方は、毎月出される「健康読本」の献立表を見て、希望を伝えます。1食だけの注文でもよいそうです。



 私が西脇店を訪問した9時半頃は、職員の方が弁当づめに忙しく働かれていました。弁当づめされたパックの表に貼られた顧客名を見て、配送コースに分けていきます。やがて、配送担当の職員が出社してこられ、昼食の配送が10時過ぎから始まります。



 私達を案内していただいた高瀬代表は、ご自身も弁当を注文され食べることで味の確認を行い、改善に役立てられているそうです。大変お忙しい中、停年に説明していただきました。ありがとうございました。
コメント (2)

デリキッチンにしわき

2014-02-18 05:21:17 | 企業訪問
 先日、西脇市黒田庄町岡にある「デリキッチンにしわき」を見学させていただきました。



 「デリキッチンにしわき」は、大山病院を中心とする正峰会グループの給食部門の担当する施設として平成18年10月に創立されました。
 グループ内の施設に、1日約4000食を配送し、約140食弁当も配送しています。これだけ多くを仕込み食数であるにもかかわらず、職員は常勤調理師4名とパート約2名の6名というのですから驚きです。さらに、毎日同じものを提供するのではなく、季節に合わせ、約6週間分のメニューを現在でも作られているそうです。



 少人数の職員でも多くの調理を可能にしているのは、「セントラルキッチン方式」です。「セントラルキッチン方式」は、複数の病院や施設など、常に大量調理の料理を提供する必要がある施設の調理を一手に引き受けることで、規模のメリットを追求します。大量調理用の厨房機器による効率化や調理手順による効率的な作業により、人員の効率的配置を行うことができます。



 また、「デリキッチンにしわき」は、真空低温調理(略・真空調理)を採用しています。真空調理は、食材を真空パックに詰め、そこに調味液を入れたものを真空にして低温で加熱する調理方法のことです。真空調理は、人の手に触れる作業がほとんどなく、調理してから2週間保存が可能です。少人数で大量調理が可能で、調味料のコストも削減できるそうです。



 「デリキッチンにしわき」内は、温湿度管理システムがとられ、職員が中に入る場合にエアー洗浄を行わないと入れないなど、衛生管理もしっかりと行われています。また、食材の納品から配送の出荷までの動線がスムーズに行くように建設されています。
 忙しい中、藤原部長さんや善積係長さんが、施設内を丁寧に案内し説明してくださいました。真空低温調理のパック作りも実演してくださり、大変よく分かりました。
 現在1日4000食を将来的には、1日6000食に増やしたいそうです。そして、職員教育に力をいれ、人を育てることを重視したいとのことでした。
コメント

『リアンズ福祉工場』

2014-02-11 06:58:07 | 企業訪問
 先日、ご無理を言って小野市古川町にある『リアンズ福祉工場』を見学させていただきました。頴川(えがわ)福祉工場長が、お忙しい中、リアンズ福祉工場の取り組みの説明と工場内を案内してくださいました。



 リアンズ福祉工場は、㈱アディアのリネン事業部が運営しています。㈱アディアは、土井病院、西江井ヶ島病院を中心とするリアンズグループの一員です。リアンズグループには、病院経営と共に高齢者介護施設を数多く運営しています。また、職員が働き続けられるように、保育所や学童保育も運営しています。さらに、障がい者の就労支援にも力をいれており、ワークセンターすみれも運営しています。
 病院や高齢者介護施設は、シーツや枕カバー等の寝具、タオル、病衣、職員の制服等のリネンが必要です。寝具や・病衣・制服は、ほぼ毎週交換されますし、下用タオルは毎日莫大な数量が出ます。そのため、リネンに係る費用も毎年多額の支出がなされています。



 リネン業は、病院や施設から使用されたシーツ、タオル等を収集しに行き、リネン工場内で洗濯・乾燥・アイロンによるプレス・配送しやすいように何枚かをセットにしておく・リネンされたシーツ、タオル等を病院・施設に運ぶという仕事です。広い工場内に、大きなクリーニング機、乾燥機、プレス機、結束機、リネンされた品物を管理できる大きな棚が必要です。そのため、機械・棚等を購入するために、初期投資に大きな費用がかかります。
 リアンズグループは、グループ内の病院・介護施設から出されるリネンを外注から組織内で行うため、リアンズ福祉工場を建設しました。福祉工場内には、正規社員4名、パート3名、そして、障害者の方々が数多く雇用されています。㈱アディアの直接雇用している就労支援の障がい者の方が4名、ワークセンターすみれから派遣されているA型雇用の障がい者の方が毎日3名、B型作業所のワークランド加西から来ておられる障害者の方が1日3名おられるそうです。私が、工場内を案内していただいている時、指導員の方と一緒に一生懸命働かれていました。有能な若い職員と障がい者の方が生き生きと働かれている姿に感銘を受けました。



 頴川福祉工場長は、今後の課題として次の3点を挙げられました。①クリーニングの知識をしっかりと身に付けること、②感染物処理等の職員のレベルアップ、③障がい者の方の指導方法(接し方)のレベルアップ。話を聞きながら、リアンズ福祉工場がさらにレベルアップし、大きな成果を上げるだろうと感じました。
 リアンズグループが取り組んでいる福祉工場は、自分たちのグループ内に必要な仕事をグループ内で行うことで、必要なお金をグループ内で回し、雇用をしっかりと生み出す仕組みだと言えます。



 西脇市においても、西脇病院、しばざくら荘でのリネンは、外注です。大山病院においても、同じです。リアンズグループ以上の巨額な費用がリネンに使われています。西脇市内に福祉工場ができれば、現在使われている費用で、大きな雇用を生み出すことができることを確信しました。
コメント (3)

西脇ライナー株式会社

2014-02-04 05:49:44 | 企業訪問
 先日、西脇市野村町にある西脇ライナー株式会社を企業訪問してきました。



 西脇ライナー株式会社は、マテハン物流のパイオニアとして伸び盛りの企業だという話を聞いて、ご無理を言って廣田社長に会社内を案内していただきました。マテハン物流とは、入荷した商品を検品・値付け・梱包といった物流業務の中でも、非常に煩雑な作業のことです。



 西脇ライナーは、国道175号沿いに位置し、建坪1600坪(3階建て)の広い倉庫スペースの利点を生かした企業努力を続けてこられました。その一環として、西脇ライナーは、物流で悩んでいる商社や企業に対し、在庫管理・検品、梱包・出荷の仕事を一手に引き受けていきました。具体的には、大阪方面の商社から衣料品や雑貨等預かり、倉庫に保管し検品し袋の入れ替え等の作業を行ってきました。さらに、現在、楽天市場等と契約を結び、インターネット物流にも参入されるようになりました。


 インターネットで午後6時までに注文されると、梱包づめされ即日発送され、翌日にはお客様に届けられるシステムを作り上げられました。その結果、現在、1日に1000件から1500件の注文があり、月3万件~4万件の業績を挙げられています。従業員数も20名余りから倍の50人にまで増えてきました。人件費がかかりますが、手作業を主とするために良い人材の方を大切にされています。パートタイマーの方が多いのですが、20代から40代の子育て世代の女性の方も自分の都合に合わせて勤務されているそうです。



 ただ、インターネット物流には、1年365日休みがありません。社員の方にも大きな負担をかけます。シフト制の勤務体制を取る必要があると話されていました。
 西脇ライナーは、国道175号沿いに位置し、建坪1600坪(3階建て)の広い倉庫スペースの利点を生かした企業努力を続けてこられました。



 会社(倉庫)の中は、自動車部品や植木鉢、衣服等の大きなものから、スマートフォンのカバーや靴下、手ぶくろ、靴などの小物の品物等、各スペースや棚に並べられています。棚には番号が打たれ、どんな商品が置かれているかがすぐに分かるようにしています。また、商社から運ばれてきた商品の検品も行いバーコードも取り付けます。そして、インターネットで注文が来ると、赤色と青色のかごを持って職員の方が動かれます。この作業を、『ピッキング』と呼ばれます。次に、かごから袋や箱に詰められ、郵送先のシートが張られます。そして、倉庫前に待機している、運送会社のトラックに積み込まれるという工程です。



 西脇ライナーは、これまでダイエーやジャスコ等のスーパーへ商品を卸していました。廣田社長は、7年ほど前から仕事の範囲を広げる取り組みをはじめられ、5年前から商社と連携してインターネット物流を参入されました。
 廣田社長のお話を伺いながら、先を見通して仕事を考える事の重要性を認識しました。
コメント

スクールバスの運行(兵庫中央バス(株))

2013-12-03 05:29:14 | 企業訪問
 先日、兵庫中央バス株式会社の宇高社長を訪問し、スクールバスの運行状況についてお話を伺いました。



 兵庫中央バスは、三田市や市川町、姫路市にある私立高校のスクールバスやレンタルバスの運行等を行ってこられています。西脇市との合併後、黒田庄町内を走る「つくしバス」運行の委託受けられた時期もありました。



 宇高社長は、多可高校へのスクールバスの運行について、多可高校PTAから強い要望を4年越しに渡り受けてこられました。採算はなかなか取れないだろうが頑張ってみようと、平成23年9月に、多可高校行きのスクールバスの運行が始まりました。ルートは、神姫バスやコミバス路線と競合せず、最も要望が強い西脇東中学校・黒田庄中学校方面から多可高校に行くルートを考えられました。へその湯→東中→へそ公園→田空→兵主神社→黒っこプラザ→本黒田駅→桜丘小学校→石原→多可高校
 23年9月~24年3月の7ヶ月間の運航日数は118日、延べ乗車人数1,048人、一日平均8.9人でした。24年4月~25年3月の運航日数は193日、延べ乗車人数1,449人、1日平均7.5人でした。25年4月~11月13日の運航日数は131日、延べ乗車人数1,142人、1日平均8.7人です。
 当初想定していた乗車人数の半分以下の利用だそうです。そのため、小型バスでの運行から10人乗りワゴン車へ変更されました。1回の乗車料金は、600円で、21枚つづりの乗車券販売を行っているそうですが、赤字続きだそうです。



 加西市のPTAの要望を受け、西脇高校・西脇工業高校へのスクールバスの運行も行っておられます。さらに、社高校へのスクールバス運行の要望も受けていますが、経営的に大変厳しいと話されています。
 西脇市や多可町のコミバスとの関係、神姫バスとの関係等を整理し、PTAや市町行政との話し合いが必要だと感じました。
コメント (2)

玉木新雌ショップ「tamaki niime in Japan」

2013-10-17 07:27:50 | 企業訪問
 西脇市上野町に新しくオープンした玉木新雌さんのお店・玉木新雌ショップ「tamaki niime in Japan」に行ってきました。



 オープンしてから半年以上過ぎているのですが、私は初めての訪問でした。ちょうど玉木さんもお店におられ、色々話を伺うことが出来ました。
 玉木さんは、新進デザイナーとして活躍途中に、播州織産地の西脇市に移り住まれました。ヴィンテージ(古い)の織機を使い、玉木さん自身の手で布を織り、研究を続けられてきました。そして、播州織が本来持つふんわりとした柔らかさ、風合いを持つショールを自身の手で創り出されました。



 玉木ショールは、色と糸の風合いによって様々なできあがりを示します。そのため、幅広い年代の方々に好まれています。玉木ショールは、徐々にブランドになっているように感じます。



 新しいお店は、広々とした空間を利用して、ショールやウェア、カバン等の品物をゆっくり見ることが出来ます。商品の配置もセンスの良さを感じました。
 お店の横には、播州織のレピアの織機等が置かれ、作業の様子も見学することが出来ます。玉木さんは、デザイナーですから自分の織り柄の生地をつくるため、「紋紙」もご自身で製作されています。



 糸を染めるのは、懇意にされている染工場にこれまで頼まれていたそうですが、ご自身でもより色彩豊かな糸を製作したいとの思いで少しずつ糸を染められているそうです。



 有限会社「玉木新雌」には、現在11名の方が働かれているそうです。西脇に来られてまだ10年も経っていないのに、11名の雇用を生み出す会社を立ち上げられた玉木さんに、感心します。播州織関係者だけでなく、私たち市民が玉木さんから学ぶことが大変多いと思います。
 私も、これからも時々伺い、玉木さんから刺激を受けたいと願っています。また、多くの知人に玉木新雌ショップのことをPRしようと思っています。
コメント

うなぎ料理専門店『橋本屋』

2013-07-23 07:29:51 | 企業訪問
 7月22日は、土用丑の日ですね。暑い日が毎日続いていると、うなぎを食べて、暑い夏を乗り切ろうという気持ちになります。
 私も、高校時代の同級生宇野君が西脇市西田町で経営するうなぎ料理専門店『橋本屋』で、久しぶりに「うな重」を食べました。本当に美味しかったです。


   
 『橋本屋』は、明治20年ごろに創業し、「橋のたもとにある料理屋」として蒲焼きを出していたそうです。以来、関西に伝わる昔ながらの製法と秘伝のタレを一子相伝で継承し、うなぎ料理の名店として播磨で広く知られる存在になりました。良質のうなぎを昔ながらの炭火焼により蒲焼き本来の美味しさを追求しています。使用するうなぎは、国内産の最上クラス(主に三河産)のみだそうです。



 私が、昼時に店に入った時、宇野君は汗だくだくになりながら炭火でうなぎを焼いていました。職人気質の宇野君が焼くうなぎは上質ということもありますが、私は濃い甘みのタレが気に入っています。いつも「うな重」の竹を注文しているのですが、うなぎの肝が入ったお汁も美味しいです。
 現在、うなぎシラスの漁獲量の激減により、国内産うなぎがなかなか手に入りにくくなっています。そのため、苦渋の決断として、『橋本屋』では、今まで1匹を1人前としていましたが、1匹の3分の2で1人前にすることにされたそうです。
 国内産うなぎが安易に手に入り、安全で安心なうなぎを食できるようになってもらいたいものです。そして、『橋本屋』が、うなぎ料理専門店としてますます繁栄されることを祈念しています。
コメント