東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

西脇市老人クラブ芸能発表会

2014-01-31 05:25:36 | 土木事業
 1月24日の午後、黒っこプラザで、昨年度から始まった「西脇市老人クラブ芸能発表会」が会場に入りきらないほどいっぱいの老人クラブの会員さんの参加で盛大に行われました。私が到着した時には、車を止めるところがありませんでした。立ち見の方は、しっかり見ようと背伸びをして見ておられました。



 午後1時に開演した芸能発表会は、司会者の真鍋さんが流暢な言葉で進めておられました。西脇市内8地区からの代表37組の皆さんが、自分の特技を生かし、観客の方々を喜ばされていました。部門では、カラオケ、新舞踊、日本舞踊、舞踊、マジック、フォークダンス、詩吟、民謡と多岐にわたっていました。
 私が到着した時は、プログラムの後半に入ったところでした。芳田地区の小林さん、古家さん、脇坂さんが、東北の民謡『斉太郎節』を披露してくれました。東日本大震災からの復興を願って歌いますと話され、三味線の伴奏と謡いという民謡そのものの素晴らしさを聞かせてくれました。



 黒田庄地区の岡井さんご夫妻は、夫婦ならではの息の合った舞踊『玄海舟唄』を披露してくれました。


 比延地区の森田さんは、楽しいマジックを披露してくれました。森田さんは2度登場され、芸能発表会の締めもしてくれました。



 黒田庄地区の門上さんは、青年団の頃から美声で知られている方ですが、田端義雄の『ふるさと灯台』を見事に歌われていました。
 大ホール入り口では、コーヒーサービスや花苗の販売も行われていました。西脇市内で最も元気な団体である老人クラブ連合会の力強さを見せていただいた芸能発表会でした。
コメント

『駅舎工房モン・ファボリ』

2014-01-30 06:35:36 | 地域行事
1月29日、北条鉄道法華山口駅の『駅舎工房モン・ファボリ』に行ってきました。久しぶりに、ボランティア駅長の北垣美也子さんにも出会うことができました。北垣さんは、私を見ると笑顔いっぱいで迎えてくれました。



駅舎に入ると、パンの香りがぷーんと漂ってきました。ちょうどお昼過ぎだったので、昼食用のパンを買おうとパンを眺めていると、スタッフの若い女性の方が応対してくれました。近所の子ども連れの女性もパンを求めに来られていました。おなじみのお客さんだそうです。



『駅舎工房モン・ファボリ』は、北垣さんがこだわりの米粉で製造された各種パンが売りです。駅舎の中がパン工房になっており、焼きたてのパンを食べられるという利点があります。ピザパンなどの調理パンやアンパンなどの菓子パン、ウメジャムパンなどの創作パン、播磨農業高校の生徒が作ったパンも置いてありました。、
私も、昼食用に5種類のパンを買いました。早速、3個を食べましたが、米粉パン特有のモチモチ感があり、お腹にずっしりと納まります。美味しかったです。



駅前には、昨年地元の方々から寄贈された立派な法華三重塔がそびえ立っています。法華口駅の名物になっているようです。北条鉄道は第三セクター運営ですが、多くの方がボランティアとしてかかわられ、なんとか業績を伸ばそうと工夫されています。地域にしっかりと支えられる鉄道として頑張られています。
 『駅舎工房モン・ファボリ』は、順調に業績を伸ばされているようです。若いスタッフの方も二人もおられました。北垣さんの笑顔と米粉パンの美味しさが、口コミで広がっています。これからも、時々伺いたいと思っています。
コメント

議員政策研修会

2014-01-29 05:30:15 | 市議会活動
 昨年11月、西脇市議会議員に就任した時から、議員のレベルアップを図るために会派を超えて研修会(勉強会)ができればと願っていました。
 11月の臨時議会や12月定例会前に自主的に議案についての勉強会が行われました。そのことが契機となり、無所属控室の先輩議員の提案で、1月から月2回のペースで行うことになりました。
 1回目は、1月20日に行われました。テーマは、自治体財政分析(その1)でした。参加者は、無所属議員7名と公明党議員、共産党議員も参加され、議長がオブザーバーで参加されました。
 村井正信議員が、しっかりとした資料を作っていただき、資料に基づき詳しく説明をしてくれました。決算カードにより、①自治体の位置、②歳入の状況、③市税の状況、④性質別歳出の状況、⑤目的別歳出の状況、⑥収支状況、⑦財政指標についてでした。
 2回目は、1月27日に行われました。テーマは、地方交付税制度の概要でした。①交付税とは、②地方財政計画と地方交付税、③合併特例債、④臨時財政対策債、⑤地方債について、今回も村井正信議員が資料に基づく説明してくれました。参加者も前回同様、10名でした。
 多くの議員さんから、積極的な質問も飛び出し、活発な意見交換ができたように思います。
 2月は、10日と24日に行います。テーマは、引き続き「地方財政」をテーマとします。3月は、定例会が開かれるため、お休みです。4月よりまた違ったテーマで引き続きする予定です。
 会派を超えて、議員が研修会で議論を交わす中で、レベルアップを図ることで、議会の活性化ができ、市民の負託に応えることができるようになると確信しています。
コメント

梅吉亭での昼食

2014-01-28 05:17:50 | 地域行事
 先日、旧來住家住宅の梅吉亭で、久しぶりに昼食を食べました。



 梅吉亭は日替わりシェフが売りですが、私が行った日は『モコとラブ』の皆さんが担当されていました。『モコとラブ』の皆さんは、私もよく知っている來住さんや中川さん、時本さん等が忙しい中でも楽しそうに働かれていました。



 メニューは、海鮮丼、茶わん蒸し、小鉢3品、肉吸い、フルーツと豪華内容でした。久しぶりに食べる海鮮丼は、美味しかったです。卵入りのお汁も、飲みやすかったです。これで800円ですから、とても安く感じます。
 


 食後のコーヒーは、100円プラスで飲むことができますし、食後のシフォンケーキも、安く食べることができます。
 ただ、先着約30人分余りしか用意されませんから、梅吉亭に遅く行くと品切れということもよく起こっています。
 1月の「おしながきスケジュール一覧表」によると、1月の日替わりシェフのグループ名は、『凛』、『きさらぎ』、『りょう』、『with you』、『モアハッピー』、『そらまめ』、『なかがわ』、『かじ川』、『さくらんぼ亭』、『こらぼ屋』、『モコとラブ』、『笑む笑む』、『まんま亭』、『県立西脇高校生活情報科』の皆さんです。高校生も頑張ってくれていることを頼もしく思います。
コメント

第14回「ONO・RUN・ラン・WALK」

2014-01-27 07:38:29 | プライベート
 1月26日、第14回ONO・RUN・ラン・WALKに参加してきました。



 私が参加したのは、マラソンの部(一般男子)5.2㎞の部でした。昨年とスタート・ゴール地点が変わり、距離も5㎞から5.2㎞に増えていました。結果は、23分29秒、50歳以上49名中5位でした。順位の5位は、兵庫県を代表する選手である長谷川和正さんもおられる中でしたから、よく走ったと思います。ただ、タイムはもう少し良いと思っていました。ちなみに昨年は、21分50秒でした。
 コースは、スタートから少し登った後、下りきります。そして中継地(ゴール)まで登り続けるコースを2周走ります。スタートした時は先頭集団のスピードについていこうと、1キロ3分40秒でした。これでは、最後まで持たないと1キロ4分10秒前後で走りました。自分なりには、よく走ったつもりでしたが、タイムに納得がいっていません。



 ONO・RUN・ラン・WALKは、エキデン(駅伝)の部、マラソンの部、ウオーキングの部に分かれています。エキデンやマラソンの部には、スポーツ少年団や小学生の男女、中学生男女など、子ども達がたくさん参加していました。子ども達の応援に、お父さんやお母さん、お爺ちゃんやお婆ちゃんも来られていたので、にぎわった大会になっていました。



 また、ウオーキングの部が設けられており、10㎞コース、7kmコースに中高年の方々がたくさん参加されていました。ピンク色のユニホームのスタッフの方々が、誘導されていました。
 偶然、ある部門の責任者の方が厳しくスタッフを指導されている姿を目にしました。大会競技役員の皆さんは、長谷川委員長を先頭に、機敏に責任感持って行動されていたことが印象的でした、
 ONO・RUN・ラン・WALKは、来年度発展的に解消され、仮称「小野市ハーフマラソン大会」が開催されることになったと聞いています。規模の大きな大会になることが予想されます。ただ、その大会日が、西脇市のへそマラソン大会と同じ日だと聞き、残念に思いました。開催日が異なれば、参加したいと思っていました。
 私の次の大会は、3月2日に行われる篠山ABCマラソンです。42.195キロを走れる練習を積まなければいけないと考えています。
コメント

『つばき坂書道展』

2014-01-26 06:54:27 | 地域行事
 旧來住家住宅では、1月18日~31日の会期で、『つばき坂書道展』が開催されています。



 『つばき坂書道展』は、例年、西脇高校書道部の新年の発表会として行われていますが、今年は、芳田小学校、重春小学校との合同書道展として行われました。



 小学生と高校生の書道を通じての交流を好ましく思いながら、見学させてもらいました。芳田小学校、重春小学校の作品とも、小学生とは思えないほど、しっかりと書かれていました。



 西脇高校書道部の部員は少ないようですが、少数精鋭で頑張られているようです。作品は、それぞれ見事な出来栄えで、書体も工夫された作品が多くありました。
 私が通っていた頃の西脇高校は、童子山にありました。西脇市街地から『つばき坂』を登っていくと、西脇高校に到着します。画家の横尾忠則さんの作品『Y字路』に描かれた所でもあります。
 作品展示場の入り口には、椿が生けられていました。
コメント

デイサービス『立杭(たちくい)』・サービス付高齢者住宅『ろまん』

2014-01-26 06:54:14 | 福祉・医療
 多可町中区門前にある宅老所『ろまん』を運営されている喜多和子さんが、新しく篠山市今田町下立杭に昨年4月よりデイサービス『立杭(たちくい)』を立ち上げられ、その隣にサービス付高齢者住宅『ろまん』を建設中だという話を聞き、早速見学に行ってきました。



 デイサービス『立杭』・サービス付高齢者住宅『ろまん』は、陶の郷として有名な立杭焼きの窯がたくさんある所で、近くに県立陶芸博物館があります。三田寄りの国道292号沿いの小高い丘の上にあり、見晴らし・日当たりの大変良い所です。西脇市から車で20分余りで行くことができます。



 デイサービス『立杭』は、介護が必要な地域の高齢者の方々に安心して暮らせていただける家として設立されています。午前8時半~午後4時半まで、ゆったりとした空間で、作業やレクリエーション、リハビリを行っています。



 私が伺った時は、器具を使った足首の上げ下げのリハビリ、下半身の訓練、足湯やマッサージ機を使った足の柔軟性の補強、上半身を鍛える紐を使った訓練を順番に行っておられました。また、入浴サービスを受けておられる方や介護度が重い方に対する機能訓練など、スタッフの方が優しくそれでいて手際よく運ばれていました。
 喜多さんの人柄だと思うのですが、本当にいいスタッフの方が集まっておられます。高齢の男性職員も、本当によく働かれていました。



 また、お昼の準備を女性のスタッフの方がされていました。私も、昼食をよばれたのですが、高齢者の方が好まれるように食べやすく調理されていました。美味しかったです。デイサービス『立杭(たちくい)』では、利用者の方や地域の独居老人の方に夕飯のお弁当を無料で配布されているそうです。大変喜ばれています。私は有料にしてもいいのではないですかと話したのですが、喜多さんは高齢者の方に大きな負担をかけず、喜んで貰いたいのですと毅然と話されました。



 サービス付高齢者住宅『ろまん』は、今年4月末完成予定で急ピッチで建設されていました。10人の方が利用できるユニット形式ですが、広々とした居室空間が設けられています。
 喜多さんは、約800坪を購入して建設し、隣接する約1000坪は借りておられます。資金繰りは大変だと思うのですが。少しでもいい施設を作りたいとの思いが一杯でした。施設の周囲に、散歩できる道や休憩できる東屋、畑を手作りで作っておられます。
 施設を見学させていただいていると、将来私もここで過ごしたいなと思いました。
 喜多さんは、堺市から田舎暮らしをしたいと思って多可町中区に来られました。でも、今は、地域の高齢者のために自分ができることをやりきろうと娘さん達やご主人と頑張っておられます。喜多さんと話していると、私も頑張らなくてはという気持ちになります。
コメント

第6回西脇多可高校新人駅伝競走大会の成功に向けて

2014-01-25 05:12:59 | 地域行事
 2月16日(日)、西脇多可高校新人駅伝競走大会が開催されます。今回で6回目を迎え、年々参加校が増え、新人(1・2年生)の全国大会のようになってきています。



 西脇市や多可町の皆さんは、全国から集う高校生や応援に来られる皆さんをもてなそうと、地域を挙げて様々な取り組みをしています。特に、スタート地点の西脇ロイヤルホテルから折り返し点である多可町ベルディホールまでの走るコースの沿道の町では、テントを張りのぼりを立て、まちを挙げて応援されています。私も、毎回、野中町やベルディホールで地域の方々と一緒に応援させていただいています。



 スタートとゴール地点になる西脇区の皆さんは、寒さを吹っ飛ばしていただこうと温かい豚汁を約2000食を無料で毎年振る舞ってこられました。今年は、特に寒さが厳しいため、提供してくれる野菜が集まらず私の所にも要請がありました。そのため、知り合いの農家の方に声をかけると、皆さん快く応じてくださいました。



 1月22日の午後、西脇区の藤原事務局長さんと一緒に、黒田庄町の方4名、西田町の方3名、富吉上町の方1名、上戸田の方1名、大野町の方1名、計10名の所を回り、軽トラック一杯集めることができました。
 2月16日が『駅伝のまち西脇』として、大きな成功を収めることを期待しています。私も、精いっぱい応援しようと思っています。
コメント

兵庫県信用保証協会西脇支所訪問

2014-01-24 05:24:45 | 産業・労働・雇用
 先日、遅くなりましたが新年のあいさつを兼ね、兵庫県信用保証協会西脇支所訪問し、三村所長から信用保証の申し込み状況等管内企業の業績を聞かせていただきました。
 三村所長からは、用意していただいた『平成25年度保証申込・承諾状況』(25年12月末現在)の表をもとに、詳しく説明していただきました。
 兵庫県全体では、4月~12月の保証申込件数は17,567件(前年度比106.3%)、申込金額は3012億19百万円(115.2%)でした。そして、承諾件数は17,360件、承諾金額は2560億84百万円でした。保証債務残高も1兆1860億27百万円(93.6%)と減少しています。
 西脇支所(6市1町)では、4月~12月の保証申込件数は909件(前年度比132.9%)、申込金額は166億88百万円(139.5%)でした。そして、承諾件数は895件、承諾金額は118億42百万円でした。保証債務残高も673億59百万円(92.7%)と減少しています。
 この数字を見ると、兵庫県全体や西脇支所管内でも、景気回復が徐々にあっても進んでいると言えそうです。
 西脇市だけに限ると、4月~12月の保証申込件数は157件(前年度比142.7%)、申込金額は31億97百万円(146.0%)でした。そして、承諾件数は153件、承諾金額は30億82百万円でした。保証債務残高も9億23百万円(97.0%)と減少しています。12月だけに限っても、保証承諾件数は27件、保証承諾金額6億21百万円と、前年度の2倍以上になっています。
 西脇市でも、数字だけを見ると景気回復が急激に進んでいるように見えますが、景気回復の指標となる設備投資資金や増加運転資金が伸びていません。中小零細企業が多く占める西脇市にあっては、景気回復しているとはまだまだ言えないとのことでした。
 播州織等の地場産業では、円高の段階で中国に進出したけれど、円安になっても国内に戻ってくる体力がありません。また、景気の良い建設業にあっては、人手不足が深刻であるとのことでした。



 また、いただいた月刊誌『保証時報』12月号に、シリーズ「ひょうごの開拓者たち」の中で、株式会社がまかつ創業者の故藤井繁克氏が紹介されています。懐かしい思いで、記事を読ませていただきました。
コメント

アトリエシリーズVOL.4『梶滋展(彫刻)』

2014-01-23 05:18:29 | 文化・スポーツ
 西脇市岡之山美術館では、アトリエシリーズの第4弾として『梶滋展(彫刻)』が、1月4日~26日の会期で開催されています。



 会場のアトリエには、5点の作品が存在感をもって、展示されています。テーマの「感じるカタチ展」そのものを感じる作品展だと思いました。
 梶滋さんは、1951年に神戸市で生まれられました。神戸工業高等専門学校を学ばれた後、仕事をしながら彫刻の製作活動に熱心に取り組まれてこられたそうです。二紀展を中心に作品を出展され、様々な賞に輝かれました。現在、二紀展の委員・幹事としても活躍されています。



 展示されている作品は、「1/fのゆらぎ、あるいは融合する二人のオーラ」、「ゆらぎのグミの枝」、「ゆらぎの棒3.2」、「ゆらぎの棒2.4」、「1/fのゆらぎ」と名付けられています。
 梶さんによると、植物・動物・人間・優れた絵画・音楽など、あらゆる中に「1/fゆらぎ」が存在すると言います。「1/fゆらぎ」とは、自然界に存在するものは時間の経過と共に変化しますが、その不規則な動き、予測からのずれのことをいうそうです。そして、梶さんの作品は、年輪からこの「1/fゆらぎ」の情報を取だし、コンピューターで彫刻し、再現したものです。ひとつひとつの違う年輪を見ること、手のひら全体で触れることで、自然が作り上げたゆらぎの心地よさを体感できると言われています。



 上手に表現できませんが、作品に触れながら、空想する時間を持つと、とても心地よく感じました。実際に作品に触れてみて、その心地よさを少し感じることができます。
コメント