東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

院内保育所『あおぞら保育園』

2014-02-28 05:37:38 | 教育・子育て
 西脇病院では、医師、看護師、医療技術者等の離職防止と復職支援のため、また職員の福利厚生施設の延長として、病院敷地内に保育所「あおぞら保育園」を平成23年4月に開設されました。



 あおぞら保育園は、1月4日~12月28日までの毎日開設され、保育時間は原則午前7時~午後7時です。希望の場合、午後10時まで延長が可能です。介護士の勤務実態にあわせた措置だと言えます。また、生後57日目から預かってもらうことができます。保育料は、3歳未満の場合月3万円、3歳~就学前までの場合月2万円です。病院からの持ち出しが多いですが、医師・看護師等確保に大きな効果が上がっているようです。
 また、定数に余裕がある場合、月5回までの一時保育も行っています。同じ世帯から2人目以降の保育料は規定保育料の半額とし、3人目以降は規定保育料の25%にしています。
 あおぞら保育園は、定員25名です。開設当初、利用が少ないだろうと予想していましたが、現在20名の子ども達が利用しています。西脇病院に勤務する医師・看護士の年齢層を考えると、園児はこれからも増えるだろうとのことでした。事実、現在20数名の職員が育児休業中だそうです。



 あおぞら保育園は、運営を西脇保育所に委託しています。西脇保育園から派遣された保育士の皆さんが、一生懸命子ども達に接知られているため保育園の評判がよく安心して利用されているとのことでした。
 私が訪問した時は、午後3時ごろで、ちょうどおやつの時間でした。人懐っこい子ども達が、元気よく挨拶をしてくれました。私を案内していただいた岸本さんを見て、「あっ!岸本のオッチャンや。」と近寄ってきました。岸本さんが度々保育園を訪れ、子ども達から慕われているのがよく分かりました。
 ただ、あおぞら保育園は、院内保育園ということもあるのかもしれませんが、子ども達が動き回るうえで園舎の中が狭いなと感じました。運動場にしても、子ども達が定員通り25名が来ると狭いだろうなと感じました。保育士の方々は、施設を利用しやすいものしようと創意工夫されています。



 西脇市には、福祉法人が運営する認可保育園が8園、無認可保育園が1園、事業所内保育園が3園あります。また、保育園に通わせず、自分の手で育児をしたいと頑張っておられる保護者の方が集う子育て学習センターの活動も活発に行われています。西脇市は、保護者の方々の考え方、勤務の仕方によって保育園等が選択できるようになっているとも言えます。その際、市行政としては、どの選択をしても『西脇市の宝』として子育て支援をしっかり行うことが必要だと考えます。
コメント

東京都庁

2014-02-27 05:57:26 | プライベート
 先日行われた東京都知事選挙で、舛添要一氏が当選されました。脱原発問題が大きな争点になりましたが、選挙を通じて東京都知事の持つ権限の大きさ、東京の大きさを、改めて全国民に印象付けました。そして、東京都庁の巨大な建物を見ると、なるほどと頷かざるを得ません。


 都庁は、副都心と言われる新宿の中心にあります。周辺には、民間企業の本社がある高層ビルが並んでいます。それでも、都庁が南北2つの頭を持つ45階の超高層ビルであるため、遠くからでも都庁がよく見えます。



 都庁は、南北の45階の展望台を一般開放しています。私は、都庁に入るのは初めてですが、その規模の大きさに圧倒されました。45階の展望台にエレベーターで一気に登ります。展望台からは、遠くにある富士山も見ることができます。土曜日ということもあり、家族連れの方や中国人の方々もたくさん来られていました。展望台では、食事もでき、東京の土産物も買うことができました。



 エレベーター入口の都庁2階には、全国の観光コーナーが設置されており、全国の観光地の案内書が置かれています。また、特設コーナーでは、山形県天童市が市役所職員も来てPRしていました。このコーナーは、全国の自治体が希望順で自分のまちを東京都の人々にPRしているそうです。
 都庁入り口には、2020年東京オリンピックの大きな看板が2枚掲示されています。東京オリンピックに向けて、益々東京に建設ラッシュが続き、多くの人々や資本が集まるだろうと予想されます。
 東京に人と資本が集まる1極集中になることが、日本の将来にとって良いことなのかどうか、私には疑問に思えてなりません。
コメント

『播州織総合素材展2014』

2014-02-26 05:22:45 | 産業・労働・雇用
 『播州織総合素材展2014』が、2月25日・26日の2日間、神戸ポートピアホテルで開催されました。



 西脇市議会議員16名全員が揃って、オープニングイベントに参加しました。播州織総合素材展は、昨年までの3年間は、地元西脇市で開催されていましたし、それ以前は東京で開催されていました。神戸で開催されるのは初めてですが、ファッションの最先端を行く神戸市で行うことで、播州織の素材の良さをアピールしたいとの思いからだと思います。



 『播州織総合素材展2014』は、播州織の特色である先染め織物をヒントに「咲き初め模様」をテーマにしています。春らしい軽やかで爽やかな色彩の製品が、21企業から提案方式で出展されています。会場が狭く感じるほど、各社自慢の製品が展示されていました。私も懇意にしてもらっている遠孫織布や大城戸織布も1ブース出されていました。



 多くのバイヤーの皆さんに見ていただき、1件でも多くの商談がまとまればと願っています。
 また、FBを通じて教えていただいている長谷川隆博さんも、駆けつけてくれていました。播州織の関係者の皆さんの懇意にされている様子で、心強く思いました。今後の播州織について、アドバイスをいただければと願っています。
コメント

高齢者専門宅配弁当宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店

2014-02-25 07:23:41 | 企業訪問
 先日、西脇市高松町にある高齢者専門宅配弁当宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店を訪問してきました。



 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店は、播州織産元会社である内外織物㈱が織物業と共に今後の高齢社会を見据えた新しい発想で昨年5月より立ち上げられました。宅配クックワン・ツウ・スリーは、ファミリーマートが全国展開しているチェーン店ですが、ファミリーマートの親会社が伊藤忠であることから、繊維業を通じて人脈等の信頼関係もあり、西脇店を引き受けられたそうです。
 一人暮らしやご夫婦だけの高齢者世帯が多くなる中、買い物に行きたくても買い物に行けない方が多くなっています。毎日食べる大切な食事であっても、冷たい食事やインスタントを食べられている方が多くなってきています。美味しく栄養バランスの取れた食事を食べたいと思われる高齢者の方の要望に応えるために始められたのが、宅配配食サービスです。
 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店は、設立されて9ヶ月しか立っていませんが、昼食約60食、夕食約70食を西脇市・多可町・加東市・丹波市を範囲に4ルートで配送されているそうです。正月3ヵ日を除き、毎日昼・夕食を配送されていますから、13名の職員がシフトで働かれています。今後、朝食も夕食と一緒に配送できるように考えておられます。現在、まだまだ認知されていないため配食数が少なく経営的には厳しいですが、今後間違いなく需要が増えるだろうと予想されます。
 宅配クックワン・ツウ・スリー西脇店が、配食しているお弁当は『普通食』(ご飯+おかずで577円)、とは別に、介護食・食事療法用食として『やわらか食』『塩分控えめ・低タンパク食』『カロリー・塩分調整食』『透析食』(ご飯+おかずで798円)を提供しています。
 弁当宅配を希望される方は、毎月出される「健康読本」の献立表を見て、希望を伝えます。1食だけの注文でもよいそうです。



 私が西脇店を訪問した9時半頃は、職員の方が弁当づめに忙しく働かれていました。弁当づめされたパックの表に貼られた顧客名を見て、配送コースに分けていきます。やがて、配送担当の職員が出社してこられ、昼食の配送が10時過ぎから始まります。



 私達を案内していただいた高瀬代表は、ご自身も弁当を注文され食べることで味の確認を行い、改善に役立てられているそうです。大変お忙しい中、停年に説明していただきました。ありがとうございました。
コメント (2)

東京マラソン

2014-02-24 05:18:03 | プライベート
 2月22日、23日の2日間、東京へ行ってきました。
 孫(次女の長男)の1歳の誕生祝いに、主人の両親も長崎から来られるということで、妻と行ってきました。
 また、息子が東京マラソンに走る予定だったことや私達も東京マラソンに申し込みをしたため、半年も前からホテルを予約していました。残念ながら息子は故障で出場できず、私達も抽選に外れてしまいました。



 スタート地点の東京都庁前にホテルを予約していたため、ホテルは、東京マラソンに参加する選手でいっぱいでした。海外から参加される選手も多くいました。3万人を超える選手や黄色いジャンバーを着たスタッフの方で大変な混雑ぶりでした。スタート地点と35キロ地点の銀座で応援しました。



 優勝を狙う実業団の選手の駆け引きや必死の形相での走りっぷりを、身近で見ることができました。また、自分のペースで楽しんで走っている市民ランナーの方々が列を作るような大集団でした。東京のど真ん中を、切れ目のない多くの方々の声援を受けて走る楽しさを、いつか私も経験したいと思いました。



 孫の1歳のお祝いは、長崎の風習で、月形・日形の紅白の鏡餅と1升マスに入れられた紅白の餅を、手作りの草履をはかせて踏ませるというものでした。 


 
 孫は、何事だろうとキロキョロしていましたが、その様子を見て大人たちが喜んでいました。元気に育ってほしいと、強く思いました。
コメント

篠田いちご園

2014-02-23 05:10:39 | 農業・林業
 2月21日は、東京にいる孫の新大の1歳の誕生日です。長崎のご両親も東京に行かれるというので、22日・23日に私たち夫婦も東京へ行くことにしました。



 先日、義兄からいただいた篠田いちごは大粒で、とても美味しかったです。そのため、お土産に、『篠田いちご園』の採れたていちごを持っていくことにしました。



 西脇市落方町にある『篠田いちご園』は、「美味しい」という評判が評判を呼び、年々来客が増えていっています。脱サラをしていちご園を始められた篠田さんご夫妻は、大変忙しい中でも充実した日々を送っておられます。私が時々訪問した際も、コーヒーを入れていただき篠田さんの想いをよく聞かせてもらいます。いちご園に対する想い、芳田地区の地域に対する想い、西脇の農業に対する想いなどなど。芳田保育園や幼稚園の子どもたちをイチゴ狩りに招待しているのも、地域に対する熱い想いからだと思います。



 久しぶりに、ビニールハウスのいちご園に入らせてもらいました。甘酸っぱいいちごの香りが、気持ちよく鼻に入ってきます。毎朝、1番実っているイチゴを収穫されていますが、私が訪れた夕方には翌朝に収穫されるいちごが、赤く実ってきだしていました。
 篠田さんの話によると、今年はこれまでの所、昨年に比べ収穫がよくないとのことです。でもこれから春にかけて、収穫量が増えてくるだろうと話されていました。



 篠田いちご園は、ビニールハウス内で高設栽培されています。バリアフリーがされているため、高齢者介護施設の方々も、よくイチゴ狩りに来られるそうです。また、いちご園に取り組みたい地域の方が、よく視察に来られるそうです。
 篠田さんご夫妻が、苦労し汗を流し努力した成果が、いちごと同様に着実に実って行っているように感じました。
コメント

北播磨こども発達支援センター『わかあゆ園』

2014-02-22 05:24:48 | 市議会活動
 2月21日、北播磨こども発達支援センター事務組合『わかあゆ園』の第113回定例議会が、開催されました。



 わかあゆ園は、発達の遅れや障がいを持つ0歳~18歳までの子どもを対象に、保護者とともに通園し、リハビリテーションや保育の療育を行い、地域で豊かに楽しく主体的に過ごせるよう子どもとその家族を支援する施設として、加東市・西脇市・小野市・加西市・多可町の5市1町が広域で設立しました。40名定員ですが、現在、39名が通園しています。西脇市からは、最も多い14名が通園しています。
 わかあゆ園では、一人ひとりの発達に配慮しながら、集団及び個別の保育を行っています。また、訓練としては、寝返り、座る、歩くなどの運動発達の遅れを取り戻す理学療法(PT),見る、聴く、触る、身体への感じ方など感覚統合訓練を行う作業療法(OT)、言葉の遅れやコミュニケーションの遅れを取り戻す言語療法(ST)を行います。主治医が診察や相談活動を行い、保護者との連絡を密にとっています。
 第113回定例議会は、平成26年度一般会計予算、監査委員の選任等の4議案の審議でした。
 平成26年度一般会計予算は、歳入歳出8,380万円で前年度比870万円増でした。構成市町負担金5,270万円の内、西脇市の負担は1,096万円でした。また、議会議員選出の監査委員に、私が選出されました。議案は、すべて満場一致で承認されました。
 わかあゆ園が、北播磨地域のこどもの発達を支援するセンターとして、ますます重要性を増した活動ができるように、私もしっかりと発言していきたいと考えています。
コメント (2)

『押し花絵画&水彩画展』

2014-02-21 05:24:30 | 地域行事
 西脇市民病院エントランスホールギャラリーの2月展示は、藤原三枝子さんの『押し花絵画&水彩画展』です。加東市在住の山本明美さんも、友情出展されています。



 藤原さんは、多可町加美区の方ですが、長らく保育園に勤務されるかたわら、押し花や水彩画に熱心に取り組まれてこられました。退職後、「アトリエMie押し花悠々」と名付けられた教室も自宅で開かれています。ご主人も、庭造りを趣味にされており、加美区山野辺のご自宅は、美しく静寂な庭と各種の押し花絵画や水彩画が飾られています。



 藤原さんの押し花絵画は、乾燥させた植物により、風景画、創造画であったり、ステンドガラス風であったり油絵風であったり幅広い作品群が仕上がっています。その良さは、各種の押し花と布、綿等色々な身の回りの素材を使用し、それらを組み合わせることにより自分の作画を作り出せるというよさがあるとのことです。



 ギャラリーに展示されている藤原さんの作品を見ていると、創造的な自分の世界に入り温かい気持ちになります。多可町公募展入選作品の『夜のお台場』『北の海』は、さすがだと見入ってしまいました。『月の夜』『春の天滝』『窓辺から』『パリの街角』など、見応えがありました。
 また、『思いを寄せて』と題された絵手紙風の作品は、作品の良さと共に言葉にも心が引かれました。
 友情出展の山本さんは、『みなとまち風景』『故郷の山々』など、藤原さんとよく似た作風でした。
 藤原さん達の『押し花絵画&水彩画展』は、西脇市民病院に来られた多くの方が楽しまれたと思います。
コメント

西脇卓球クラブ

2014-02-20 05:40:26 | 文化・スポーツ
 最近、私は水曜日・金曜日の午前中時間が空いていれば、西脇卓球クラブ(NKK)で練習させていただいています。



 西脇卓球クラブは、週3日(水曜日、金曜日、日曜日)の午前9時~12時に西脇市民総合市民センター(カルチャーセンター)で活動されています。クラブ員は、総勢50名近くおられ、常時20名から30名の方が練習に来られています。参加者は、中高年の方が多く、女性の方も多くおられます。ベテランの方だけでなく、退職されてから卓球を始められた方も何名かおられます。若者の参加者は、中学・高校と卓球部に所属した型で、夜勤の仕事から帰った朝、練習に来ています。また、日曜日にたくさん参加しています。
 でも、共通していることは、卓球に取り組み姿勢が皆さん真剣で、練習を一生懸命して少しでも上手になろうとされている所です。そして、練習を離れると、和気あいあいとして仲良くされています。
練習時間の中頃の10時過ぎから、各自短時間休憩します。当番で、女性の方がコーヒーを準備してくださっています。コーヒーを飲みながらも、卓球談議に花を咲かされています。



 練習開始の9時前にほとんどの方が集まられ、準備をテキパキとされます。準備ができると、すぐに練習です。タイムキーパーの方がストップウオッチを持って、20分過ぎると『交替!』と大きな声で合図されます。20分で、練習パートナーが変わることを義務付けられています。一人でも多くの方と練習をし、練習相手のない方をなくす練習方法です。タイプの異なる方と練習ができるため、練習方法も自然と工夫できます。



 また、平田会長が指名で弱点克服の個人指導が行われます。篭いっぱいのピン球が無くなるまで、個人指導が続きます。指導が終われば、ピン球拾いに回ります。私も、バック(ラケットの裏面の使い方)が弱いため、個人指導を受けています。汗びっしょりになりフラフラになりますが、とても充実した練習ができます。
 平田会長は自分の練習はほとんどせず、会員の練習相手になってくれています。何時も9時前に会場に来て、準備も率先して行われています。その平田会長の姿勢が、西脇卓球クラブに浸透しているように思います。
コメント

第209回氷上多可衛生事務組合議会定例会

2014-02-19 05:56:16 | 市議会活動
 2月17日の午後、第209回氷上多可衛生事務組合議会(南桃苑)定例会が開催されました。第209回定例会は、来年度の予算を決める大切な議会でした。
 議案第2号は、手数料条例の改正でした。4月に消費税アップされることに伴い、し尿汲み取り手数料と処理施設への投入手数料が消費税分アップされます。消費税アップ分を手数料アップにつなげることに賛否活発な意見が出されました。最終的には、賛成多数で可決されました。私は、広域(丹波市・西脇市・多可町)で運営している南桃苑の財政運営を考えた際、薬品等様々なアップにより各自治体の負担金が増えることになるため、やむ得ないとの判断で賛成しました。
 また、平成21年度予算については、全員一致で可決されました。21年度予算の総額は、歳入・歳出とも1億8142万1千円です。前年度に比べ、907万2千円の増加です。増加の要因は、工業薬品、光熱費、施設修繕料が消費税アップ等の影響で950万4千円増加しています。
また、最も大きな歳入は、2市1町の負担金(1億6288万8千円)です。その内、西脇市は、1000万9千円、丹波市1億929万9千円、多可町4357万8千円の負担です。
 西脇市の負担が少ないのは、南桃苑への処理が、旧黒田庄町分だけだからです。さらに、下水道の普及により、し尿処理量が減り、今年度(平成25年)では、約31klです。一方、農業集落排水処理場からの浄化槽汚泥は、約1460klと増えてきています。
 21日(金)には、北播磨こども発達支援センター(わかあゆ園)議会が行われます。そして、西脇市議会の3月定例会が、3月4日から始まります。大切な予算議会です。しっかりと準備をし議会に臨みたいと考えています。
コメント