東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

介護事業所訪問(1)宅老所

2008-05-30 12:08:47 | 福祉・医療
 5月に入り、来年度の介護保険の見直しに向けて提言ができるように、介護事業所を時間がある時に、訪問させていただいています。
 これまでに、5月14日のしばざくら荘をスタートに、19日宅老所「ディホーム健々」、19日西脇福祉サービス公社、20日特別養護老人ホーム「楽寿園」、21日宅老所「里の家」、21日「ときの郷」、21日宅老所「ひだまり」、27日宅老所「ろまん」、29日養護老人ホーム「楽久園」、30日「もくれん」を訪問させていただきました。今後、ブログで紹介したいと考えています。
 今日は、宅老所「ディホーム健々」「里の家」「ひだまり」についてです。宅老所は、既存の民家を改修して、自分の家で暮らすような温かさで、一日を過ごしていただくディサービスを提供する施設です。北播磨地域で宅老所が始まったのは、黒田庄町大門にある「ひだまり」が最初です。「ポストの数ほど宅老所を!」を合言葉に、その後、宅老所が各地に生まれてきています。
 「ディホーム健々」の代表は、「ひだまり」で学ばれた清水さんが、平成14年9月に西脇市大垣内の民家で始められました。定員は13名で、一日平均6・7名の方が通所ディサービスを受けられています。NPO法人として、運営されていますが、社会福祉法人だと無税なのにNPO法人だと税金がかかるのは不公平だと言われていました。介護保険の見直しに対しては、在宅介護に力を入れて欲しいこと、小規模の施設が運営していけるように税を含めて支援して欲しいと話されました。



 「里の家」の岡井代表も、以前「ひだまり」のスタッフとして活動されていました。平成16年1月に、黒田庄町石原で開所され、現在黒田の民家を改修し、移転されました。「里の家」は、有限会社として経営されています。NPO法人に比べると、出資金は要りますが、提出書類が少なくすむようです。高齢者介護に当たっていると、事務的なことに煩わされたくないと岡井代表は話されます。行政は、書類で判断することが多いという指摘もいただきました。私の母も、脳梗塞で倒れてから、「里の家」で週1回ディサービスに通っています。「里の家」で多くの方に出会うこと、織機でテーブルクロス的なものを織る事を楽しみに通っています。
 宅老所の良さは、地域に密着し、自分の家と変わらない状態で一日を楽しく過ごすことができるところにあると思います。
コメント

救急救命講習会

2008-05-30 09:15:29 | 福祉・医療
 昨晩(28日)、西脇医師会館で行われた「地域医療を考える会」に出席しました。冨原先生・藤田先生の呼びかけで始まった会ですが、「医療崩壊から再生へ」と題しての藤田先生からの問題提起の後、自己紹介をかねてそれぞれの問題意識を出し合いました。今後、継続的に毎月第2水曜日に行うことになりました。私も時間の許す限り、今後も参加していこうと考えています。
その席で、冨原先生から「明日、西脇南中で心肺蘇生の講習会があるから来ませんか?」との誘いがあり、参加してきました。西脇南中学校では、毎年、救急救命(心肺蘇生)の講習会を行われているようで、全校生で説明を聞いた後、2年生が実技指導を受けました。実技で一度経験していると、いざという時に役立ちます。現在、公的な施設には必ずと言っていいほど「AED」が備え付けられていますので、その操作を一度経験することは全ての市民にも必要だと思います。
冨原先生が、バレーボールのダイエー対日立の試合中、ベンチの選手が意識を失って倒れているのに試合は続いているというビデオを見せながら「人権には色々あるけれど、一番大切な人権は生命だ。生きているからこそ、可能性が広がってくる。死んでしまえば、何も残らない。」と言われたことに胸が打たれました。



今日の講習会の指導は、北播磨ビジョン会議のメンバーの方々とにしたか消防署が協力して行ってくれています。今後、市内の各中学校、高校でも行われるようです。西脇南中学の生徒の聞く姿勢のよさには、感心させられました。日頃の先生方の指導が行き届いていると感じました。
 
コメント

黒田庄町商工会解散総会

2008-05-28 18:05:50 | 地域行事
 今日、平成20年度黒田庄町商工会総会が開かれ、本年6月末に解散し、西脇商工会議所に統合することになりました。解散総会ということもあり、180名余りの方の参加で、会場がいっぱいでした。
 黒田庄町商工会は、昭和51年12月に設立され、黒田庄地域の商工業者の団体として経営改善普及事業をはじめ、黒田庄町活性化の取り組みを率先して行っていただきました。「村おこし瓦版」の発行や特産品として「かりん」の育成・加工活動、「かりん通り」の街灯整備、町文化祭でのファッションショーやバザー、町夏祭りでの提灯設営、水田での楽しいイベント・まっ泥イン黒田庄の開催など、上げればきりがありません。定期的なパソコン教室も商工会の重要な活動でしたし、県内商工会のモデル的にインターネットを使って黒田庄町の商店の宣伝を行ってくれました。
 私が黒田庄町長時代の8年間、森脇賢治前商工会長に大変仲良くしていただき、町行政と商工会がともに連携しながらまちづくりを進めてきました。今日の総会で「黒田庄町商工会の解散について」の議案が審議されている時、これまでの様々な出来事が脳裏をよぎりました。参加者の方々も同じ思いではなかったかと思います。
 これまで黒田庄町商工会に関わっていただいた歴代の役員の皆さん、また事務局の皆さんに心より感謝申し上げます。本当に、ありがとうございました。今後、西脇商工会議所において、頑張っていただきたいと願っています。
コメント (3)

加古川改修促進期成同盟会

2008-05-27 18:08:33 | 県議会
今日は、西脇市に関係する広域の会議が2つ小野市で開催されました。一つは「加古川改修促進期成同盟会」で、西脇市・加東市・小野市・三木市・加古川市・高砂市の6市で構成されています。もう一つは「加古川上流区域流域下水道促進協議会」で、西脇市・加東市・小野市・三木市・加西市・神戸市で構成されています。どちらも会長は、小野市長がされています。
 現在、様々な分野で市町の枠を超え、広域で行政運営を行うことがますます重要になってきています。加古川については、台風23号の水害を受け、改修工事を全体的な見地から計画的に行うことが重要です。同じ加古川でも、西脇市板波町から上流は県管理、加東市滝野町から下流は国管理という違いがありますから、関係市が協力して行うことがより重要になっています。
 流域下水道についても、6市が共同して下水道の終末処理を行う施設「加古川上流浄化センター」を小野市に作っています。1市で行うと、建設費用も維持管理費も相当かかります。そのため、6市が共同設置することで、コストが下げられるのです。私にとっては、初めての参加でしたが、広域行政の大切さを改めて認識しました。
 会長である蓬莱小野市長さんは、加古川の改修について、「河川改修は、災害が起こる前に手を打つことが重要であり、スピード感ある取り組みで予防保全を行うべきだ」と述べられたことには、なるほどと納得しました。
コメント

環境フェアinKOBE

2008-05-26 17:45:18 | 県の行事
 洞爺湖サミットに先立って、現在環境大臣会合が、神戸で行われています。環境大臣会合に併せ、5月23日から26日まで、神戸中央体育館で、「環境フェア」が行われています。私もぜひ参加したいと思い、最終日の26日に見学に行ってきました。
 「環境フェア」は、環境省、農林水産省をはじめ日本政府のブース、80余りの企業・団体の最先端の環境技術や取り組みの紹介ブース、屋外では水素自動車や電気自動車の展示も行われていました。環境学習もでき、一つ一つのブースの説明を聞いていると、時間がいくらあっても足りないくらいです。
 80余りの企業ブースのひとつに、多可町加美区の「木原木材店」が㈱ザイエンスと共同で出展されていました。「間伐材の有効活用策」や「木材保存処理技術の必要性」について、展示されていました。



木原木材店は、約50年にわたり、間伐材を利用し、土木用資材(杭・足場丸太)や公園用資材の生産を行われています。特に、自動丸棒加工機を使い、丸棒による資材を作られています。現在、日本の山や木材を取り巻く環境が悪い中、間伐材を有効活用することで、元気な森林を守ろうとされています。木原木材店のように、地元の森林を守ろうとする企業があることを、大変心強く思いました。木原社長さんから色々と取り組みを聞かせていただきましたが、他の来客者も居られる関係で、中途半端になってしまいました。また、お話を聞かせていただける機会を楽しみにしています。
コメント

ギャラリー「ポポニ」

2008-05-26 04:29:32 | 地域行事
 今日(5月24日)は、昨日の大雨が上がり、市内3ヶ所で消防ポンプ操法大会が行われました。第7・8・9分団合同(黒田庄地区)、第2分団(津万地区)、第6分団(芳田地区)と、順次参加させていただきました。これで、西脇市消防団9分団の操法大会(予選)が終了し、各分団の代表が来る6月15日に行われる西脇市消防団操法大会に出場します。雨上がりで足元がぬかるんでいる中での今日の大会でしたから、選手の皆さんは練習の成果が発揮しにくかったと思います。
 午後からは、妻と一緒に野村町にあるギャラリー「ポポニ」で開かれている大西洋子先生の絵画展に行って来ました。大西先生は、妻と北はりま特別支援学校で同僚でした。長らくお母さんの介護をされていましたが、お母さんを見送られた後、余暇を利用して、静物画や風景画、写真にと取り組まれています。大変温厚な方で、大西先生の絵画や写真を見ていると、ホッとした気持ちになります。
 ギャラリー「ポポニ」は、来住額縁さんが、お店の隣に作られた地域の芸術をたしなまれている方々に開放された「画廊」です。多くの方がこのギャラリーを利用され、自分の作品を発表されています。私も時々訪ねるのですが、気持ちが和やかにホッとする空間を創り出されています。西脇市の市民文化を支えていただいている場所でもあるように思います。皆さんも、ぜひ立ち寄っていただきたいところです。
コメント

童峰会総会

2008-05-24 17:44:35 | プライベート
今日は、午前中、神戸で行われた教え子の結婚式に出席しました。温厚な性格で、仕事も熱心にする彼に、いい彼女が見つかればなと思っていたのですが、自分のことより友達を立てようとするタイプでしたから、なかなかいい人に巡り会わなかったようです。でも、今日はじめて見る相手の女性は、大変素晴らしく、彼が待っていた理由が分かったような気がしました。
披露宴を中座して、午後から西脇高校童峰会総会に出席しました。それぞれ高校には、卒業生の会があります。西脇工業高校の緑窓会、小野高校の蜻蛉会というように、西脇高校は童峰会と呼ばれています。私は、24期生の理事に選ばれている関係で参加しました。県行革の関係で、県立高校を含め県の施設は、経常経費の3割削減を求められており、図書費も少なく、童峰会から補助をもっとすべきではとの意見には、大変申し訳ない思いになりました。校舎の耐震化工事もまだだとの話も聞き、早速調査したいと考えています。
来年、西脇高校は、創立70周年を迎えます。70周年記念事業をどのように行うのかが、今日の総会の主な議題でした。記念式典は、来年10月31日(土)に行いたいと報告がありました。今後、来住童峰会会長のもとに、企画委員会を作って、検討することになりました。
総会後、教頭先生から西脇高校の現状について報告がありました。校長・教頭先生とも、今年4月からの赴任ですが、先生方といい連携をとり、生徒達も勉学に、部活動に頑張っている様子を分かりやすく説明してくれました。
コメント

企業訪問㈱酒井精工

2008-05-23 08:32:55 | 企業訪問
 今日は、中区曽我井にある㈱酒井精工を訪問させていただきました。国道427号線を通る際、会社の建物を見て何を製造されている会社なのかと興味を持っていました。八馬専務と藤本部長がお忙しい中、対応していただきました。㈱酒井精工は、昭和14年尼崎市で、酒井鉄工所の精密機械工具製造部門として操業され、昭和20年に現在の中区曽我井に戦時疎開をされています。本社は大阪市にあり、名古屋営業所と製造部門の工場が中区曽我井にあります。
 ㈱酒井精工は、創業当初から雌ネジ(ナット)加工工具であるタップの研究開発と製造販売を一筋に行われています。私も、こんなにも様々な種類のタップ見せていただいて驚きました。主に、自動車業界から受注を受け、生産を行っています。新しい製品の開発が出来るように、技術部に力を入れ、業界からの様々な要望に応えられるようにされているとのことでした。他社が参入できない自社ブランドとして、特殊な物を生産することにより、安定的に経営を行われているようです。事実、タップについては、様々な特許をとられています。そして、タップ技術の延長として、手術用の医療器具の開発も行うようになっています。
 工場内も見学させていただいたのですが、一つ一つの製品を大切に扱っている社員の方の姿を見せていただきました。根気強く正確に仕事をしてくれる人を社員として迎えたいと言われていた専務の言葉が、よく分かりました。偶然、黒田庄中学校のバレー部の教え子に出会いました。彼は、身長は低かったけれど、レシーバーとして真面目に練習に取り組み、レギュラーの座を勝ち取りました。身長の高い下級生にも、自分の練習態度で指導をしてくれていました。そんな彼が、良い会社で働いていることに嬉しくなりました。
 部品を研磨する特殊な機械は高額ですが、数多く設置されています。ただし、日本製よりヨーロッパ製の方が良いとのことでした。現在、様々な原材料費が高騰し生産費用がかかっていますが、製品に付加させられないこと、むしろ受注会社からは値下げを迫られることもあり、経営上大変だとの話も聞きました。
 今回の㈱酒井精工訪問で、あらためて日本の技術の素晴らしさを感じさせていただきました。そして、その技術を支えているのは、やはり人であることも再認識をしました。そのため、根気強く仕事ができ、自分で考えることのできる人材の育成が大切だと感じました。
コメント

NPO法人「北はりま田園空間博物館」通常総会

2008-05-22 15:57:08 | 地域行事
 5月21日の夜、「北はりま田園空間博物館」(略称 田空)の第7回総会が行われました。私も、会員であり、監事を引き受けていますので、参加しました。田空は、開館7年目を迎えましたが、北播磨地域の自然、歴史、文化、産業そして人々の生活を展示物として紹介し、都市と農山村との交流を図る中で地域の活性化に寄与しようとして設立されました。設立後、NPO法人が立ち上げられ、住民主体で運営が行われています。
田空の特産品コーナーの売り上げは、昨年度1億1千万円を超え、登録サテライトも206を数えています。また、昨年度から神戸水道筋商店街と特産品定期便が、設置されました。住民主体の運営で、全国に誇れる成果を上げています。全国からの数多くの視察も来られています。兵庫県も北播磨県民局が、設立段階から関わっており、運営や各種イベントで支援をしてもらっています。住民団体と県・市町との連携も上手くいっています。
今日の総会も、各部の部長がパワーポイントを使い分かりやすく、手際よく報告されました。田空の新しいマスコットキャラクター「デンクル」君と田空ソングも紹介されました。総会後、サテライト紹介が毎回行われるのですが、今年は黒田庄町にある宅老所「ひだまり」の笹倉理事長が「高齢者文化の花を咲かせましょう」と題して話されました。
コメント

加古川漁業協同組合

2008-05-21 15:22:32 | 企業訪問
 今日は、企業訪問の一環で、加古川漁業協同組合(加古川漁協)を訪問しました。加古川漁協の事務所は野村町にありますが、加古川市在住の池嶋組合長さんにご無理を言い、対応していただきました。
加古川漁協は、昭和50年に4漁協が合併してできました。加古川本流はもちろん、加古川に注ぐすべての支流も対象になっています。篠山川、佐治川も含まれるそうです。現在、組合員数は約1500名ほどで、毎年100名程度脱退されているようです。多いときには、3000名もおられたようです。漁協には、漁業権が認められていますが、反対に魚の放流が義務づけられています。平成18年度に実施した放流は、アユ8,000キロ、フナ10,000尾、ウナギ340キロ、アマゴ25,500尾、ニジマス4,500尾、ワカサギ300万粒、モクズガニ18,000尾、モロコ1,000尾で、約2740万円余を費用として使っています。
魚のすみやすい加古川の清流化を目指されており、年1回は組合員総出で清掃活動を行っているようです。現在行われている加古川の河川改修工事については、工事業者に川をむやみに濁らせないように指導をして欲しいとの要望もいただきました。釣り人口は減少気味で、全体としてマナーはよくなってきているが、一部ゴミを放ったままにしてあったり、ブラックバスやブルーギルなどの外来魚を放流している場合があるとのことでした。
川の水は、下流部の方にとっては大切な飲料水であるとの認識を持って欲しいことを強く言われました。
コメント (7)