東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

6月議会最終日

2007-06-29 21:48:21 | 県議会
今日は、6月県議会の最終日でした。
知事から提案のあった17議案と請願5件、意見書3件の採決がありました。
17議案(条例の改正や工事請負契約など)については、全て賛成しました。子ども医療費の無料化を求める請願、全ての国民に年金保険料の納付記録を示す請願に賛成しました。義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願については、継続審議にしました。
県議会は、それぞれの議案を関係する常任委員会で審議をするため、私が所属している建設常任委員会に関係しない議案については、特別に自分で調査する必要があります。同じ無所属であるいなむら議員は、県職員を呼び調査していたため、いなむら議員から教えていただくことが多くありました。しっかり調査し、県民や西脇市にとってどうかの視点で、自信を持った判断ができるように肝に銘じたいと思います。
午後は、町長時代にお世話になった関係部局や職員に挨拶にまわりました。
また、今回初当選した新議員で勉強会をしようと提案していたところ、皆さん賛成いただき、第1回の勉強会を7月17日に行うことになりました。テーマは「地方財政について」です。会派の違いを超え、新議員として切磋琢磨しながら県民の負託に応えられる議員になりたいものです。

東野としひろ

議会の様子が見られます → 議会中継
コメント

県議会代表質問・一般質問

2007-06-28 11:45:56 | 県議会
25日(月)代表質問、26(火)・27(水)日、一般質問でした。
神戸新聞県版でも、報道されていましたのでご存知の方が多いと思います。合計15名の方の質問に、知事はじめ県当局が答える形をとります。今回は、私の出番がなかったので聞き役に徹していました。3日間、聞き続けるというのは大変でしたが、初めての経験であり、各会派、各議員の主張はよくわかり、勉強になりました。
ただ、町議会と違い、再質問や、再々質問がほとんどなく、自分の主張を述べることに力点がおかれていました。私も、早い時期に一般質問ができればと考えています。

東野としひろ


県議会の様子が動画で見られます。 → 議会中継
コメント

消防操法大会に参加して

2007-06-25 10:19:28 | 地域行事
24日(日)は、西脇市消防実戦操法大会に参加しました。雨天の中での大会でしたが、各分団(市内各地区)の大会を勝ち抜いてきた部(市内各町の消防)でしたので、素晴らしい操法を演じてくれました。小型動力ポンプの部では、優勝―蒲江部、準優勝―塚口部、消防ポンプ自動車の部では、優勝―鹿野部、準優勝―西田部でした。
消防団の団員は、それぞれ仕事を持ちながらの消防団活動ですから、大変なご苦労をかけています。今年に入り、市内の店舗火災、高松町の山林火災と大きな火災が続きました。その際も、機敏な消火活動を行ってくれました。2年前の台風23号の水害では、当時黒田庄町長として、消防団の若者の働きにどれだけ助けられたかわかりません。青年団がなくなった今、各町での自治活動でも消防団の役割がますます大きくなっています。
消防団員の献身的な活動によって、災害から住民が守られていることをあらためて実感した一日でした。

東野としひろ
コメント

小西龍作日本臓器社長との会見

2007-06-23 00:51:10 | 企業訪問
昨日は、前からの予定で(株)日本臓器社長の小西龍作氏と加東市にある日本臓器の研究所でお昼を挟んでゆっくりとお話をする機会を得ました。小西社長とは、前社長の小西甚右衛門氏の告別式以来の出会いでした。
 小西前社長とは、黒田庄町長時代に懇意にしていただき、何度かお話をする機会がありました。私の2期目の町長選挙の最中に亡くなられ、大変残念な思いをしました。故郷西脇をこよなく愛し、大きな視野で物事を見られることなど色々と教えていただきました。
 小西龍作社長は、3歳頃まで西脇に住んでおられたそうで、「自分の故郷はやはり西脇ですね。」と言われたことにうれしさを感じました。私より2歳年上ですが、若々しく話題の豊富な方で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。また、ゆっくりお会いできる日を楽しみにしています。
 西脇に縁のある(出身の)方々が、故郷西脇の発展に力を貸してくださるよう、その中立ちをしていくのも自分の役割の一つだと感じています。
 今日は、西脇出身の世界チャンピオンである長谷川穂積君の祝勝会に参加してきます。また、ウルフルズのトータス松本君にも久しぶりに出会いに行こうと考えています。




東野としひろ
コメント (2)

市議会傍聴

2007-06-22 10:27:58 | 企業訪問
昨日、西脇市議会の傍聴に行きました。
部落解放同盟が出した「人権侵害の救財に関する法律」早期制定の意見書提出を求める請願が反対5名、賛成13名でとおりました。

一般質問ではひとつ気になることがありました。
西脇市内の精神障害や知的障害の方の授産施設のことです。施設に来る方の人数が増えて、スペースがとれないところで作業をされているそうです。西脇市が相談を受け、昨年、黒田庄の保健センターはどうかという案がでたものの、センターは県の補助金を受けて建設された建物で、目的外の使用をすることはできないそうです。しかし、市町の合併により、使用しなくなった公共施設をどうするかという問題について協議されていく中で、このように利用していただくことは、市にとってもありがたいことなのではないかと思います。
事務所にもどって、早速東野に伝えました。どうにか早く、場所が確保できますように・・・。

今後も市議会傍聴はいくべきだと感じました。

東野由美子
コメント

建設常任委員会に所属が決まりました

2007-06-20 22:02:03 | 県議会
 今日は、6月議会2日目でした。所属委員会の決定、知事の提案説明が主な内容でした。
兵庫県議会には、総務、健康生活、産業労働、農林水産、建設、文教、警察の7つの常任委員会が設置されています。議員は、どれかの委員会に所属することになっています。            
私は、建設常任委員会に所属することになりました。建設常任委員会は、道路整備、河川整備、県営住宅建設、県営水道等が所管となっています。西脇市は、現在台風23号の被害を受けて加古川の激特事業が急ピッチで進められています。県営水道の導入工事も始まろうとしています。県営住宅の建て替えも行われています。西脇市代表としては、いい時期に建設常任委員会に所属できたと喜んでいます。委員会の中で、全県の課題とともに、西脇市の課題も訴えていきます。

東野としひろ
コメント

企業訪問(2)

2007-06-19 09:26:17 | 企業訪問
昨日、今日とは県議会が休会のため、企業見学を行いました。
昨日は、合山町にある県立馬事公苑の説明を職員から受けました。昭和55年、競馬のトレーニングセンターとして開設された馬事公苑は、31人の調教師(個人事業主)のもと、300人余の方々が生活されています。そこでトレーニングされた馬は園田・姫路の地方競馬に出走します。景気低迷の中、地方競馬も赤字が続いていましたが、昨年度は黒字決算だったと報告を受けました。
八千代町にある播磨染工では、社長・専務から会社としてきめ細かな努力されている姿を感じました。播磨染工独自の特殊な染め方を消費者のニーズに応えるべく研究されていることがよくわかり、心強く感じました。しかし、原油の高騰で経営が大変だというお話には胸が痛みました。
市内の企業をまわらせていただく中で、西脇の経済の状況がよくわかり、課題も徐々につかめつつあります。

東野としひろ
コメント

市内の行事に参加して

2007-06-19 09:21:47 | 地域行事
週末の毎土日は、地元の様々な行事に参加しています。住民の皆さんが元気に活動されている姿に接することが好きですから、黒田庄町長時代から時間が許す限り参加していました。しかし、西脇市は広く、各地区で行われる全ての行事に参加ができないことが残念です。
16日(土)は、8月に行われる「織物祭り」のプレイベントとして「よさこい」の踊りを見学しました。市内の5チームがそれぞれの「よさこい」を力一杯演じてくれました。今年は、全国的にも有名な関西京都今村組がプロデュースしてくれており、「加杉野おどり」も披露してくれます。市民の力で「織物祭り」が盛り上がることを願っています。
17日(日)には、西林寺で行われた「あじさい祭り」に参加しました。お茶会では、3人で飲む大茶碗に一瞬びっくりしました。しかし、西林寺のきれいなあじさいを眺めながらいただいたお茶は格別でした。「あじさい祭り」に協賛して出品していた黒田庄の「黒っ子マザーズ」の方々や教え子に久しぶりに出会えて、いい気分転換ができました。


「へその西脇織物まつり 加杉野おどり」ホームページ
コメント

初議会

2007-06-15 17:58:44 | 県議会
今日は、県議会議員選挙後、初の議会(6月定例会)が開催されました。
私の席は、最前列の真中で、議長と向かい合い、知事や県幹部と最短の席です。大変いい席だと喜んでいます。西脇からも4名の方が傍聴に来てくださり、大変心強く思いました。
今日の主たる内容は、正副議長の選挙でした。これまでの兵庫県議会の正副議長は自民党の方によって占められていました。今回、自民党が過半数われを起こしている中で、副議長は第2会派である民主党から選ばれるかどうかが注目されました。結果は、議長には山口信行氏(龍野選挙区)が86票で、副議長には小林喜文氏(豊岡選挙区)が47票で選出されました。
私は、国会においても議長は第1党から、副議長は第2党から選出されているように、少数意見を大切にする議会制民主主義の観点から判断すべきだと考えました。議長には、自民党会派の山口信行氏(龍野選挙区)に、副議長には、民主党会派の岡やすえ氏(川西選挙区)に投票しました。
正副議長が決まり、兵庫県議会も正式にスタートしました。

東野としひろ
コメント

西脇市との協議

2007-06-13 19:20:07 | 県議会
 今日は、西脇市との協議(市政推進懇談会)を行いました。来住市長とは、市と県がしっかり協力するためにも、定期的に協議をしましょうと選挙後話し合っていましたので、県会議員就任後、最初の話し合いでした。
 参加者は、市長・副市長・教育長、各部長でした。各部長から、県との関係で現在課題となっている事項についての説明がありました。丁寧に説明いただいたおかげで、また西脇市との合併協議に携わっていた関係もあり、十分理解することができました。
 細部については、今後各担当の職員から話を聞かせていただくことも、お願いしました。町長時代とは異なり、私には政策を立案するためのスタッフがいません。県の職員、市の職員の力を借りることが、住民の皆さんの期待にもこたえられると考えています。県の課題、市の課題をしっかりと話し合い協力することが、西脇市の住民の皆さんの幸せにつながると考えていますので、今後もこの協議を時機を見て続けていきます。
コメント