二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

研修会講師をお招きしての前夜祭

2012年03月24日 | 日常

たいへん遅れていますが、2月18日(土)、明日行われる(社)全日本鍼灸学会中部支部研修B講座で石川県に前泊している講師を招いて歓迎会が開かれましたので参加しました。

この日は寒い日でした。雪でした。

会場は片町の『とと桜』というお店でした。

明日の講師は明治国際医療大学 鍼灸学部 准教授の和辻先生。

石川県鍼灸研究会(旧 全日本鍼灸学会石川地方会)の代表幹事である中田先生とは同期だとか(中田先生…側頭部と右耳しか写っていないですね)。私は毎年、全日本鍼灸学会学術大会に参加しますが、その時に会釈程度に面識はありました。

同じく同期の石川県針灸師会 会長の定池先生も親睦会、研修、両方にご出席して頂きました。

東洋医学研究所の甲田先生、森ノ宮医療大学の山下先生、明治国際医療大学の江川先生も同期だとか…なかなかご活躍の面々が明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)の同期にいるんだな~なんて感心していました。とさ。

私も和辻先生と初めてお話をさせて頂き、やっぱこんな関係つくるには、膝付け合わせ話をするのが一番でしょ と思います。いろんな話を聞くことができますからね。無礼講ではありませんが、研修時の「質問」とは違い、和気あいあいと話すことができます。

1軒目で終~了~~するはずもなく、2軒目は、よくお邪魔するバー『マクリハニッシュ』で、もう少し話しこみました。お偉い先生方は、何か難しい話をしているご様子…実は違ったりして

何かと楽しい時間を過ごさせて頂きました。

2軒目で終了したのか・・・想像にお任せですね。雪も降ってるし、明日は研修だし、そんな夜更かしするはずはない でしょう。

面白い話も聞けましたし、こんな所でも人の繋がりを勉強できるのでした。

 二葉鍼灸療院 田中良和

コメント (4)

東日本大震災 被災地の瓦礫処理について

2012年03月19日 | 社会

今年の3月11日(日)、報道各局は特別番組を組んで震災の特集を行っていました。

追悼式典では天皇陛下も体調の悪い中、国民に向けてのメッセージをお話になりました。被災に遭われた方、そして遺族の方々、さらに国難を迎えている日本に対して、どうしてもメッセージを伝えたいという天皇陛下の御心が画面を通じて伝わってきました。

その言葉を真摯に受け止めて政治家や官僚は動くべきでしょう。動いていると信じていますが…。

そんな3月11日、ある局のテレビ放送を観ていて非常に違和感を覚えました。
ちょうど瓦礫処理について、処理が進んでいない現状を伝えるものでした。そして住民の方が、

  「絆、絆と言っていたのに、瓦礫処理になると協力しないとはおかしい」
  「絆なんて言葉、安易に使わないほうがいい」

といった内容の言葉でした。そういう気持ちの被災者もいるかもしれませんが、果たしてそんな意見ばかりなのだろうかと疑問に思いました。

また、基本的に瓦礫は、居住区や商業地、工業地だったところにそのまま放置してあるわけではなく、特定の場所に集められています。岩手や宮城では90%以上の瓦礫がそのように処理されています。しかし、福島となると放射能の問題があるので別問題です。同じ時期では50%強ほどしか処理されていないということでした。そんな放映で瓦礫の山を放映すると何も処理されていないと勘違いするのではないかという疑問もありました。

私はフェイスブックでコメントしました。瓦礫処理に対して、多くのメディアが報道していたように各自治体の瓦礫処理受け入れも被災者の受け入れと同様、支援として必要なことだと。そして放射能の問題さえ、安全、安心に管理できるのであればいいのではないかと。しかし、実際、調べてみると、私の短絡的な意見では測れないことだと感じました。

これはあくまでも私見です。そして、大手メディアの報道が一斉に同じことを言っている時は、状況にもよりますが、一歩引いて広いところから報道をみるようにしています。

まずは、 ゴミ処理の問題。

ゴミを減らすことは環境に良いことです。これは誰が考えても分かることです。しかし、日本のゴミ処理場は「ゴミ不足状態」にあるというのです。

日本には約1600のごみ処理施設があります。な~んと、世界のゴミ焼却場の約7割が日本にあるそうです。人口で約2.5倍強のアメリカを凌いでいます。また、ゴミ焼却場は国が建設費のほとんどを負担し、一基 数百億円です。その後の運営費などの維持費は焼却場のある自治体が持ちます。
そして、現在、多くが最新鋭のごみ処理施設となっています。有害なダイオキシンなど煙が外部に出ないように処理されます。この施設の欠点は24時間、一定の温度で、それも高温で燃やし続けなければいけないということです。それには燃やすゴミが必要となるわけです。
そんなことで、これが全国にあるわけですから、ゴミ不足となるようです。そのような事実があります。

土建業者も世界の約6割が日本にあるということですから、何か偏りを感じますね。
常に燃やし続ける…原子力発電と同じです。

国は維持費のうちゴミ処理場の減価償却費分を国が負担するから、瓦礫を受け入れてくださいということを自治体側に申し出ているそうです。

この瓦礫の処理について、被災した地方自治体側は、違う見解を持っており、瓦礫処理専門のプラントを地元に建設し、何年かかっても地元で処理していく。そこで雇用を生んで、地元にお金が落とされていく。そう考えていたようです。これは農業の地産地消ではありませんが、地域を活性化させる方法の一つですよね。
しかし、国には却下され、門前払いだったそうです。

瓦礫は、全国にトラックで、船で輸送されるわけです。そして全国の処理業者が関るわけです。それだけ国はコストもかかり、かつ、やりとりにはお金が発生するわけです。被災地で行えることは、被災地で行ったほうがどれだけ効率的であり、地域の人のためになるかと思います。

阪神・淡路大震災の時の瓦礫は約2000万トン。国の指示で産業廃棄物、一般廃棄物ともに「持ち込むな、持ち出すな」ということで地元でほぼすべて処理されたそうです。東日本大震災の瓦礫は約2300万トン。放射能の有無や被災が3県にまたがる以外、この二つの震災での瓦礫処理について何が違うのか、国はどうして違う指示を出すのかがよく分かりません。

さて、全国に瓦礫を拡散させるということは、そこにお金が発生し、だれかがそれを請け負って仕事をします。そこに 政治家や官僚と結びついた利権 がないことを願います。

瓦礫の焼却ゴミについて東京都が受け入れましたが、その受け入れ先である、東京臨海リサイクルパワーという会社は東京電力が95%以上株式を有する会社だとか。また、自治体として東京あるいは近隣県以外で初めて瓦礫受け入れを正式表明し、センセーショナルに報道された静岡県の島田市。その市長の全職は産廃業者であり、現在は親族が経営しているとか。いい悪いは別にして、胡散臭い火種はないに越したことはありません。

世の中、お金を稼がなきゃ生きていけませんが、一部の人が特権的に、仕事を請け負う、それも秘密裏に。そんなシステムはないほうがいい。あっても今後、どんどん公開していけばいい。世の中や国民が審判すればいい。今回の瓦礫のことを調べていて、明確に、分かりやすく説明していたのが、新党日本のオフィシャルホームページで田中 康夫 代表が書いている文章でした。興味のある方はご覧ください。

放射能に関しては、もっと慎重を期すべきですね。ということを広島での原爆被爆者であり、医師である肥田舜太郎さんが、原爆症その後に起きた内部被曝の患者の体験を綴った書籍 『内部被曝の脅威―原爆から劣化ウラン弾まで』(ちくま新書)を読むとその事実に驚かされ、かつ勉強になります。
ちなみに、共著は、私も何度か直接お会いして少しですが話をさせて頂いたことのある、『六ヶ所村ラプソディー』『ヒバクシャ』などのドキュメンタリー映画を製作し、その真実を伝えようと世界を奔走している 鎌仲ひとみ さん です。

著書にも書いてありましたが、外部被曝については研究が進んでいても、内部被曝に関してはほとんど研究が進められていません。それは広島、長崎に原爆が投下された後、原爆にあっていないのにどんどん原爆症で亡くなって行く人を目の当たりにしたそうです。そして現在でも、そのような症状を訴える人、原爆症からガンや肝臓障害を患う人がいます。アメリカ軍は一切の公言、写真、絵など記録に残すことを禁止しました。原子力発電に繋げるためです。

これが世界を覆う原子力利権の始まりですね。日本もその対象であり、日本にお金を落としていったことも事実です。その話は置いておいて。

自然が創り出す放射性物質(放射線)と人間が創り出した放射性物質は同じものなのか。除染なんて言うが、おのおの放射能は半減期というものがあり、それは簡単になくなりません。どこかにも書いてありましたが移染です。いくら自然に自浄能力があるにしても、どこまでそれに甘えていいのか、どこまで人間の身勝手で自然を破壊していいのか、そのツケは返ってこないのか、いろいろ考えるべきことがあります。

内部被曝は、チェルノブイリ原発事故があった周辺、秘密裏に原爆製造のためのプルトニウム抽出や原子炉建設が行われていたアメリカの地域でも健康被害として事例が出ていますし、内部被曝の研究は始まったばかりといっても過言ではないようです。

だから何が安心か、ということは分かりません。もしかしてガンが死亡原因の第1位の日本では、これも原因の一つになっているのかもしれません…推測です。

ということで、長々と書きましたが、私は、瓦礫処理を日本の他の地域が行うことは反対です。

そんなことを、東日本大震災後1年のテレビ放映を観て考えていました。

 二葉鍼灸療院 田中良和

コメント

小さな感動

2012年03月19日 | 日常

先日、福井へ日本東洋医学会 北陸支部 特別講演会・春季教育講演会に参加した際のお話です。

会場は福井済生会病院でした。

この講演会の内容につきましては後日、ブログで更新いたします。

午前中で講演会が終了し、特に立ち寄るところもなく金沢へ帰ることにしました。午後からは、金沢21世紀美術館で「アウトサーダーアート展」を観に行く予定でしたから。

美術館の駐車場に到着

さあ、「アウトサーダーアート展」へ行こうか…??…何か足らない??

「あっ デジカメ忘れてきた~

いろんな写真が入っていたので、本当にドキッとしました。それに一度、デジカメを野球場で忘れてきて…見つからず…という体験がありましたので、その時の心境がよみがえってきました。

さっそく、病院へ電話。

私:「日本東洋医学会に参加したものですけど、臨床講堂にデジカメを忘れてきたようです。届いてますでしょうか?」

受:「担当のものが現在帰宅したので、明日にでも連絡して頂いて、総合受付で確認して頂けませんでしょうか。ちなみに、どのようなデジカメでしょうか。どのあたりかお分かりですか。わたくし○○が承りました」

と、部署は違いますが女性の職員の方に対応して頂きました。非常に優しく明るい口調で、丁寧に対応して頂きました。

その声を聞いただけで何とか見つかるだろうな~なんて楽観的になりました。すぐに落ち着かなくなりましたが…

21世紀美術館で鑑賞し、治療院へ寄り電話を見たところ、留守電が入っていました。

受:「デジカメは見つかりましたので、翌日、お時間のある時に総合受付の方にお電話してください。よろしくお願いいたします」

というものでした。

電話の後、迅速に対応して頂いたことがよく分かる留守電でした。

何か、ほのかに温かく感動 

翌日、総合受付の方に、お礼と、昨日、電話対応頂いた女性職員の方の対応が素晴らしかったこととお礼を伝えて頂くようにとお願いしました。

たかだ電話、されど電話です。声というのは、電話越しにその人の心が分かるというものです。その女性のクリアで温かく、優しい心が感じられました。勉強になりました。

おそらく職員の方は、いつも通り、特別なことではなく、いつもの心掛けで電話対応されたのだと思います。病院側の教育がいき届いているのか、それとも、職員の方の人間性が素晴らしいのかは分かりませんが、すごく福井済生会病院のイメージが良くなりましたね。

いつも通り、自然にやれること。そして、相手の気持ちが良くなること、気分が爽快になること。

そんな対応、大切ですね。小さい出来事ですが感動してしまいました。

神様がデジカメをわざと忘れさせて、何かを伝えようとしたのか・・・と考えてしまいました。って自分の忘れ物を棚に上げて、そんな都合のいい話はありませんね。

どちらにせよ、小さな感動を与えて頂いた出来事でした。

二葉鍼灸療院 田中良和

コメント (4)

酔耀会(鍼灸研究会) 平成24年2月

2012年03月17日 | 酔耀会(すいようかい)

いや~本当にブログの更新が滞ってます。先日も友人から「ブログ更新してね~じ~(金沢弁)、楽しくね~わ~」と苦情を 指摘を 頂きました。ということで、いろんなことが一段落したので、少しずつ書いていきたいと思います。

2月15日(水)、酔耀会がありましたので参加しました。

 内 容 

1.症例報告 : 「患者中心の医療を目指す」

【橋本先生】
 耳鳴りが主訴で来院した患者さまの症例報告ならびにアクシデントから、その対応という内容でした。症例報告とアクシデントとその対応という内容が混在しており、少し的を絞り切れていなかったです。症例報告というのは、患者のこの病状を発症したヒストリーを辿り、症状や身体所見から病態を把握し、治療を行ったら、どう変化したか、そして、その結果をどう考察するかというものです。インシデントやアクシデント報告は、その経過の中で結果的に発生した有害事象の原因を探り、そのミスを起こさないようにしていくものです。両者をともにやろうと思うと、一つの報告で膨大な資料とデータが必要となります。
 今回は、その辺りも勉強できたと思うので、次回の発表は、さらに進歩した発表となるでしょう。

2.症例報告 : 「顔面神経麻痺後の異常共同運動(痙攣)に対する鍼灸治療の体験

【太田(和)先生】
 九州の地、福岡へ旅立つ前の最後の発表でした。
 ただ単にそこが痛いから鍼灸を行う、そこに症状があるから、その部分に鍼灸を行うのではなく、患者の訴えと症状から、どこに症状の原因があるのか病態把握を行い、身体をイメージして鍼灸をすることが大切です。現代解剖、生理学を基にした治療にしても、東洋医学的治療にしても、「何でそこに治療するんや」ということが説明でき、把握していれば、それは進歩になるわけです。その点、患者を時系列的に捉えていなかったし、患者像が浮かびあがってこなかった。
 
足りない所がたくさんあるのは当たり前、そこを補っていけばいいのです。それには、失敗することも大切。しかし、いざ臨床の現場に出れば、一年生でもベテランでも患者にとってはレギュラーなのです。自分を治療してくれる鍼灸師に変わりはないわけです。福岡でのさらなる成長をお祈りしますよ!

3.課題発表 : 「サルでも出来る接触鍼入門」

【安井先生】
 鍼灸、操体法、整体の理論を併せて、身体の歪みというものに着目して、その症状はどこが起因となって「痛み」など症状を発症するか安井先生なりに、前回からの追試や考察を重ねました。その結果、身体を家という構造物に例えると最終的には、地面との接点であり、身体を支える土台となる足部に原因があるということに辿りつきました。
 その理論を基に、ストレッチよりも鍼。鍼のやり方では接触鍼が効果を及ぼす場合が意外にあるという話でした。その理論構築の概要、追試の流れ、治療方法、鍼の手技、気付いた点、効果の考察、経筋との関連、症例(著効例・無効例)、について説明がありました。
 実技も加えての発表でしたが、この柔らかい手つきは、サルにでもできないのですな~これが。やはりすぐに自分のものになる治療方法なんてないですね。形は真似できますが、その真なる所は、何回もやって、何度も見て初めて本当に自分のためになるのです。そのために情報を得ることは大切です。勉強、大切です。

 


 土光敏夫さん 曰く…

人間は年中”教えられる立場”にだけ置かれているとダメになってしまう。よろしく、時に部分的にしろ”教える立場”を与えねばならぬ。

教えられながら教えることによって、人間は素晴らしい成長を遂げるのだ。

一人ひとりに、職場における能率、提案、安全、レクリエーション、美化などの役割を輪番で分担させる。全員がリーダーを体験させるわけだ。
すると、生まれ変わったように立派になる。人は教える立場につくことによって、初めて自覚的、自発的、自主的になる。

えあい学び人は互いに教あう関係において、初めて心を許す。人はどのような地位にあろうと、リーダーシップを発揮することを好む。

と言われています。

発表するというこは皆に自分の研究や症例、勉強の成果を教えることでもあります。発表することで自分が少しずつ成長していくということです。鍼灸マッサージ師は、患者さんと一対一の関係です。それが治療院を構えていようが、勤務していようが同じですね。

リーダーシップをとり、自覚的に、自発的に、自主的に、互いに学び教えあうためにも勉強の場に参加することは大切です。

酔耀会の面々は、そんな愉快で、偏屈で、熱い集まりです。

二葉鍼灸療院 田中良和

コメント

映画 『うまれる』 に心から感動!

2012年03月02日 | お気に入り

2月12日(日)、患者さまから情報を頂き、映画『うまれる』の自主上映会で鑑賞し、感動しました

 映画『うまれる』 自主上映会 

  日 時 : 平成24年2月12日(日) 午前10時~・午後2時~の2回
  会 場 : 金沢市女性センター   石川県金沢市三社町1−44
  主 催 : 金沢市・子どもの虐待防止ネットワーク石川・自分を見つけるママの会Snigel m.

  
会場は大きい部屋ではありませんでしたが満員でした。60人ほどはおられたでしょうかね

患者さまから「この映画、本当に感動するし、大切なメッセージがあると思います」との患者さまの映画を観ての感想というか情報を頂きました。ちょ~~~ど、2月はこの日だけ時間が空いていたので、前日からの疲れをふっきり、映画を鑑賞させて頂きました。

いつもはここで、長々と書くのですが…まず言いたいのは、映画を観る機会があれば観たほうがいいです。
映画を観た人それぞれの人生の環境や状況、立場の中で、何か感動や気づきがあると思います。そして、命の尊さ、命の奇跡、命の力強さ、人生を生き抜く原点のようなものを感じる映画です。

ここはひとつ、

映画 『うまれる』の公式ページから引用

≪はじめに≫

映画『うまれる』は、「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、【自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がり、そして"生きる"ことを考える、ドキュメンタリー映画】です。

妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など『うまれる』ということを幅広く捉える事で、親子関係やパートナーシップ、男性の役割、そして『生きる』という事を考える・感じる内容になっております。

映画をご覧いただいた方々からは「当たり前だと思ってたけど産まれる事・生きる事って凄いんだ」、「育児に疲れてしまっていたけれど、子供が産まれてきてくれた事に心から感謝するようになった」「離婚寸前だった夫婦関係が改善した」、「両親と仲直りするきっかけになった」、「子供をいらないと言っていた妻が"子供が欲しい"と言ってくれるようになった」など数多くの感想が届いております

また、作家の【乙武洋匡】さん、元少子化対策担当大臣の【小渕優子】さん、女優の【鶴田真由】さん等、多くの著名人の皆さまから絶賛のコメントをいただいております。

 

家族は大切だ、命はかけがえがない、という事は、誰でも頭では分かっている】と思います。しかし、日々の生活の中で、どうしても「当たり前のこと」のように思えてきてしまいます。

それは、【大切な事を「心で感じる」機会が少ない】からではないかと私たちは考えています。涙と共に心の底から、そして細胞の一つ一つに伝わる機会があれば、現在の、そしてこれからの悲しい事件や親子の諍い、育児ノイローゼそして自殺や鬱、ひきこもりなどの解決への足がかりになるのではないかと確信しています。

映画『うまれる』がそのきっかけに】なることを切に願っております。

 

映画『うまれる』  企画・監督・撮影
豪田トモ (映画公開と同時に一児の父に)

≪概 要≫

  • 製作年・・・2010年
  • 上映時間・・・1時間44分
  • 色・・・カラー
  • スクリーン・サイズ・・・ビスタサイズ(16:9)
  • サウンド・・・DTSステレオ
  • 企画・監督・撮影・・・豪田トモ
  • プロデューサー・・・牛山朋子
  • ナレーション・・・つるの剛士
  • コメンテーター(出演者)・・・大葉ナナコ、池川明、鮫島浩二、岡井崇、見尾保幸、吉村正
    (日本を代表する産科医・お産のエキスパートの方々です。

≪内容・ストーリー≫

両親の不仲や虐待の経験から親になることに戸惑う夫婦、
出産予定日に我が子を失った夫婦、
子どもを望んだものの授からない人生を受け入れた夫婦、
完治しない障害(18トリソミー)を持つ子を育てる夫婦、

と命を見つめる4組の夫婦が登場し、妊娠・出産だけでなく、流産・死産、不妊、障害、「子供が親を選ぶ」という胎内記憶など『うまれる』ということを、幅広く捉える事で、出産だけではなく、親子関係やパートナーシップ、そして生きるという事を考える・感じる内容になっております。

また、監督やナレーター(元祖イクメン・タレントつるの剛士)などメイン・スタッフに男性が多く関わっている事もあり、「妊娠・出産・育児における男性の様子」にも焦点が当てられており、「イクメンになりたいけど、どうしたらいいか分からない!」という男性にも共感できる映画になっています。


≪製作のきっかけ≫

カナダ・バンクーバーで映画製作を学んだ映像クリエイターの豪田トモ監督は、「子供が親を選ぶ」という考え方を聞いた事をきっかけに、長年わだかまりのあった、【自身の親子関係を見つめ直すために映画製作をスタート】しました。

出産をテーマにした映像は、女性が自身の体験を基に製作される事が多いのですが、豪田トモ監督は、男性であり、また、「親子関係」からスタートしたため、「出産映画」の枠を超え、「生きる」ことを考える・感じる映画になっています。

監督は製作しながら両親への感謝が湧き出、親子関係が劇的に良くなったと語っています。そして映画公開直後に娘が誕生し、いまではイクメンに。

「結婚したくない」「家族なんていらない」「父親になりたくない」と語っていた豪田トモ監督は、映画製作を通して『うまれる』という原点に立ち戻ってみた事で大きな成長を遂げました。

自身も「自分のようなポジティブな変化が観ていただいた方にも起こったら嬉しい」と語っています。

 ― 引用終了 

親から虐待を受けて育った女性と、親の不仲を目の当たりにして結婚なんかしたくないと思った男性が結婚し、妊娠するストーリーが中心となって、出産予定日に死産となったカップル、18トリソミーという染色体異常を持って生まれてきた虎ちゃんの両親、長い不妊治療の末、お子様をあきらめたご夫婦、いろいろな家族の形が、人生の形が、そしていろんな愛情が感じられました。

最近、少し年齢を重ねてくると涙もろいのか、何か温かい涙が溢れてきました 感動という言葉では表現できないくらいの神聖な、清らかな気持ちがあふれてくる映画でした。

私は不妊治療をされているカップルのお手伝いを鍼灸治療で行っています。この映画はその診療において患者さまとの対話にすごく幅が出る内容でした。琴線に触れる、心を包んであげるってこういうことなんだな~と腑に落ちました。

映画を観られたら分かると思いますが、感動と愛情がいっぱいです。温かさ満載です。特に死産の後、苦しんでいるご夫婦に産婦人科の鮫島先生が当てた手紙などは、声なのか何なのか分かりませんが、胸の奥の方から何かがググッ~と込み上げてきました(さすがに我慢しました)。

この映画にも出演されている、産婦人科の池川 明 先生や鮫島浩二 先生の著書では、生まれる前の記憶を持つ子どもたちの話が出てきます。映画の冒頭にも出てきます。そう、人間は「親を選んで、ここがいいと思って生まれてくる」ということです。私は先生方の著書を読んでいましたので、非常にスムーズに入れましたが、そうでない人は「んん~」と思う人がいるかもしれません。

でもこれが真実のようです。子どもは嘘をついても何の得になりませんしね。それをここの映画などの体験や、多くの人のお蔭で理解できると、心の中のいろんなものが解けてくるのだと私は感じました。

やっぱり長くなっていますが、この映画観たほうがいいですね。特に家族関係に悩んでいる方には必須だと思います。何かが変わるか、何かがくすぶり出す、そのように私は感じます。
自主上映会を主催しようかな と思ったくらいです。冷静に考えると、ちょっと時間的に残念ながら無理があります。ほとんど休みは予定が埋まってますから…スター並みですね

映画を観て、「子どもが欲しいな~」なんて思いましたね… その前の段階か~

あなた~に 逢え~て 本当~に 良かっ~た 嬉しくて~ 嬉しくて~
言~葉~にできな~い ラ~ララ ララ~ラ~ 言葉にできない

と、小田和正の名曲が聞こえてきそうな、そんな映画です。

是非、皆さん、鑑賞の機会がありましたら観てくださいね

二葉鍼灸療院 田中良和

コメント (2)

酔耀会 ~送別会・・・という飲み会~

2012年03月02日 | 日常

2月11日(月祝 建国記念日)、午前中は星稜高校野球部の練習を見て、午後からは岡田直樹 参議院議員の国政報告会に石川県鍼灸マッサージ師会の一人として出席してきました。その後は、石川県の若手鍼灸師が集まる研究会である酔耀会の送別会が行われましたので、もちろん 参加しました。

 岡田議員の国政報告会 会場を後にして、送別会へ向かうO先生、М先生&私。

 3人でタクシーに乗り、会場付近に到着。

「まだ時間あるね」
「ほんじゃ、送別会の前に一件行こうか」

ということで、景気づけに 『琥珀酒場』 へ行ってきました。
М先生がよく行く 『マクリハニッシュ』というバーに(私もちょこちょこお世話になってます)以前働いていた方が、ここでお昼に働き始め、ランチを始めたとか。М先生が以前、近くで会議があった際にランチを食べにお邪魔したら美味しかったとか。それで行こう  ということになりました。

1時間ほどまったりして、「ここでずっと飲んどっか」という始末。ほろ酔いオヤジは困ります…私もそんなこと言っていたかもしれません。いや、オヤジじゃないから言っていない。


さて、次が本番、送別会は、こちらもちょくちょくお世話になっている 『サントリー・ジガーバー セントルイス』 で開催されました。

  

酔耀会は18名。今回の参加者は12名。太田先生は、遠い福岡藩のほうに行く予定ということでした。今まではアイシス(金沢医療専門学校)の教諭として教鞭をとっていました。鍼灸大学を卒業と同時に学校の教諭となったわけですから、バタバタしていたでしょう。

そんな中、石川県の中でも若手の鍼灸マッサージ師が集まって研究、勉強しあう酔耀会で過ごし、何か得たものはあったでしょうかね。意外に…いや意外ではありませんが、クセの強い曲者たちが揃っているため、いろんな意味で刺激にはなったでしょう。

臨床に出て、患者さまを前にすれば、若いも、ベテランも関係なしです。いろんな学術知識を得ることは、この仕事を続けている限りやり継続しないといけないことですが、それにも増して勉強させて頂くのは患者さまの体であり、言葉であり、心身の変化なのです。その変化を捉える、気づく感性も重要な要素です。私も研鑽中

これからどんどん、いろんなことを経験していって欲しいですね。酔耀会のメンバーもこの仕事が簡単ではないから勉強します。そして刺激し合います。そして知識や技術を高めていきます。それより、この仕事に対する意識を高めていきます。鍼を打つのも、灸をすえるのも、体を押すのも、人の心が突き動かすからです。

送別会(一次会)では、そんなことをジャブ程度に皆さんから激励されていました。ジャブ程度にね。

二次会は 『安‐Bartic』 でした。  ダーツやゴルフもできるバーです。賑わってましたね。ここでは、ゴルフの部屋でゴルフをしないで、鍼灸の話に華を咲かせていました。カラオケもやりましたが。

 なんかやってますね~ 見ない事に… って、ナイスショット


ここまで来ると、徐々に、ひと~り、ふた~り、と夜の闇にさらわれていき、残っている人数が減ってきます。ど~こ~へ~行ったんだ~(お帰りになっただけですけど)。

さて、ここで終わらないのが酔耀会。熱い、熱苦しい話は続くよどこまでも。どこまでも続いたら困りますが。実はここが本番だったかもしれませんね。

四次会(最終戦)は 『Bar  Cruise』でした。

あっ 三次会がに抜けてる…三次会は 秘密の場所 で楽しんだとさ~

ここは(Bar Cruiseね)酔耀会の皆さん御用達になっているようなお店です。М先生やY先生がよくお遊びに行っているお店です。ご夫婦で仕事をされていて、奥様はパティシエでもあります。あの辻口さんのところで修行したとか。マスターも優しく、お店の空間は明る目で、落ち着くお店です。

そんなお店で、酔耀会の酔っ払い達は、いつも夜遅くまで(朝早くまで)、鍼灸や人生について熱く語ったり、ブログには書けないようなことを話すわけです。本当にうるさい客ですいませ~ん、って感じです。

さ~て、ここでは酔耀会の先輩方から福岡藩のほうへ旅立つ太田先生へ、愛の鞭が「ビシ~」「ビシ~」と打たれました。

さだ まさし 「関白宣言」ではありませんが、”かなり厳しい 話もするが 俺の本音を きいて~くれ”です。
本音を言ってくれるというのは本当に有難いことです。私も師匠のところでは9割8分くらいは叱られていました。かなりの打率ですよね。そして、私がこの仕事を始めるきっかけになった先生にも、今でも厳しい言葉を頂けます。大人になって本音で、本気で叱ってくれる、話してくれる人こそ、かけがえのない人であると思います。
そんな意味で酔耀会の先輩方の存在が、そして、今日、交わされた言葉が、太田先生にとって、そんな存在になってくれるといいな~と思いますね。

皆、厳しくもあり、優しい、言葉を放ち、太田先生の旅立ちの後押しになったと思いますね。この仕事は、やり甲斐のある仕事です。患者さまの笑顔を見た時、良くなったと喜んで頂いた時、至福の喜びに包まれます。そしてその励みを原動力として、さらなる目標へ向かっていけるのです。

その過程で皆、「あーでもない」「こーでもない」と考えて、悩み、反省し、少しずつ成長していくからこそ、患者さまの心身を診ることができると私は思っています。ですから若いうちは、いろんな壁にぶち当たったほうがいいのだと思います。
私にも壁がたくさんあります。医王山を登ると白山や立山が、そこを登ると日本アルプスが、富士山が、そして、ヒマラヤ山脈がと、登れば登るほど、達成感もありますが、次なる目標が大きく険しくなってきます。ですから、壁を示して貰えるのは有難いことなのですね。

石川県で、酔耀会で、鍼灸臨床、知識の勉強、鍼灸業界の勉強、その他、私生活 などいろんなことが勉強になり、太田先生の肥やしの一部にはなったことでしょう。この肥しを活かし、次なるステップでさらに良質の肥しをプラスし、 オオタ花 を咲かせて欲しいと思います。

応援してまっせ  頑張れ

追伸:これで終わりと思いきや番外編として、あの健康に悪~い、怖~い 「深夜ラーメン」で締めくくったのでした。いくらお酒で麻痺してるからって、深夜~時に豚骨ラーメンはないですよね。胃腸を労らないと…まあ、こんな日もあっていいかな


二葉鍼灸療院 田中良和

コメント

岡田直樹 参議院議員 国政報告会

2012年03月02日 | その他の活動

2月11日(土祝 建国記念日)、石川県鍼灸マッサージ師会の顧問のお一人でもあります、岡田直樹 参議院議員の国政報告会に参加しました。

 岡田直樹 参議院議員 国政報告会 

  日 時:平成24年2月11日(土祝 建国記念日)  午後3時~5時
  会 場:ホテル金沢 2階 ダイヤモンド

     岡田直樹 参議院議員

当会からは、常盤会長、杉田副会長、林 相談役、宮川組織局長、太田理事と私の6名で参加いたしました。

岡田さんの国政報告会も、馳 衆議院議員に負けないくらい盛大でしたね。
自分の人生、仕事、将来、国が何かをしてくれると期待するのではなく、自分がどう国に関っていくが大事かなと思います。ご出席の皆さんは、そんな積極的な思いで、岡田さんに石川県、あるいは国民の代弁者として何かを期待しているんでしょうね。

まあ、そういう私も組織の代表の一人として参加しているわけですが…。

  

渋谷後援会会長をはじめ、森 衆議院議員(元総理)、馳 衆議院議員、北村衆議院議員、谷本石川県知事、山野金沢市長、と挨拶が進みました。

ここで話の話題はやはり、北陸新幹線です。岡田さんが国土交通委員長の任に就いていることと、新幹線は、北陸でも観光のメッカである金沢市、石川県の活性化にも大きく繋がるからです。
私の認識によると北陸新幹線が開通すると、金沢-東京間が3時間前後だとか。現在は4時間半以上かかるので、首都から山を越えて金沢まで本当に便利が良くなります。

我が業界も、地方で、石川県で、しっかりと地盤を固めていかなければいけません。そんな時にはこのような国政や県政の力も必要であることは確かなのです。鍼灸師がそれぞれの技量と知識を研鑽して患者さまに対応するのとは、また別の、保険などの制度面のことです。

私自身は、また視点の違う思いもあるのですが…

このような会に出るお役目も必要ということです。お役を与えられているということは何か意味があるんでしょう。

左から林 相談役、杉田副会長、北村衆議院議員、常盤会長

宮川組織局長と太田理事(ともに酔耀会〈鍼灸研究会〉 仲間)

バイキング~

さてさて、立食パーティも終わり、岡田さんの国政報告会の会場を後にして、酔耀会の送別会へ進路を片町に向け、宮川、太田、田中の3人は出港したのでした。

人間関係は大切ですね


二葉鍼灸療院 田中良和

コメント