二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

御菓子司 水本の 『どら焼き』 (金沢市暁町)

2020年01月24日 | お気に入り

 さて、本日、第92回選抜高校野球大会(春の甲子園)の出場校が決定します。

 その前に、第100回の選手権大会、第91回の選抜大会、第101回の選手権大会のトレーナー活動記を書いておきたいところでしたが、間に合わず 

 第92回の選抜大会が始まる前までに、過去のドラマのような試合とトレーナー活動を書きたいと思います

 

 さて、本日は、私のお気に入り菓子を紹介 

 

 石川県金沢市暁町にある 御菓子司 水本 さんが作っている 『どら焼き』 です

 

 美味しそうでしょ~

 

 シンプルな小豆餡と、そこに杏ジャムが入っているもの、そして、栗が一個ゴロっと入っているものの3種類があります。

 どれも好きなのですが、私が一番好きなのはですかね。

 

 なんと言っても特徴は皮でしょうね。

 焦げる寸前まで焼いてありますが、焦げてな~い

 カラメルのようだけど、カラメルではない風味があり、ふわふわの皮と絶妙にマッチしてるのですよ。

 小豆餡もしつこくなく、美味い

 皮表面のカラメル様の風味+ふわふわ皮+あっさり味わい深い小豆餡

 これら三位一体となっては、もはや美味いとしか言いようがないでしょう。

 

 私も様々な会に関わらせてもらってますので、何か来賓をお呼びするような式典などには、頻繁にご利用させていただいてます。

 もちろん自分用にも、食べ過ぎないように購入させてもらってます

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます 

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント

数馬酒造(石川県 鳳珠郡 能登町 宇出津) 竹葉「純米しずく」 

2020年01月10日 | お気に入り

 新年、あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いいたします。

 松の内(7日)は過ぎましたが、小正月(15日)はまだ来ていないので大丈夫ですね

 

 さて、今年のブログ第一弾は、私のお気に入りシリーズで幕を開けます。

 石川県には美味しい御酒がたくさんあります。

 幸せです

 その中でも、最近、私のマイブームは石川県は能登町宇出津(うしゅつ)に酒蔵を構える、数馬酒造さんの「竹葉」です。

 酒造メーカーは皆さん、いろいろ特徴があり、工夫をされており甲乙つけがたいのですが、「今」はこの竹葉にはまっているのです

 その中でも、今年の正月に飲ませていただいた 『竹葉 純米しずく』 を紹介しちゃい・・・紹介すると来年飲めなくなるかな~ ます

 

 大晦日、ちょうど福岡から友人も来ていたので、金沢へ来ていただいた御礼にお土産として渡したのですが、「自分も飲みたい」という衝動にかられ、もう一本購入。

 数馬酒造さんのHPによると、「本来、蔵人しか味わうことができない鮮度の高い生原酒を”お客様にも味わっていただきたい”と先代が考案した しずくシリーズ」ということでしたので、そりゃ~買いでしょうと即決。

 あざーっす、って感じです。

 

 精米歩合60%と言いますから、結構、純米、純米していて、THE日本酒って感じかなとは飲む前の予測です。

 さて、正月、冬の味覚たちと一緒に「しずく」を飲むことに。ちょっと冷蔵庫で冷やしておきました。

 口に入れた瞬間、微発泡の細かいシュワシュワ感と米の旨みが合わさり、重なり、脳から「こんなん飲んだら美味いに決まってるでしょう」という指令が瞬時に出るような感じで、美味しさで目が大きくなりました

 後味もスッキリしており、すぐに次の一杯が欲しくなる御酒でした。

 720ml、瞬殺でした 1600円が、瞬殺でした ちなみにアルコール度数は18度。

 いい意味の裏切り、本当に感激でした。口も五臓六腑も、脳も

 季節限定酒ということで、飲むことが出来るのは、もう来年ですが、ぜひまた購入したいな~と思ってます。

 その間に、気になっている「竹葉 いか純米」を飲んでみようかなと思ってます。

 

 美味しい日本酒を造っていただき、ありがとうございます。

 美味しい日本酒を「ク~ッ」と飲んでいると幸せを感じます 日本人なんだな~と

 そして、仕事がんばろって思います 単純

 

 最後までお付き合い、ありがとうございます

 

二葉鍼灸療院 (金沢)

コメント