二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

謙虚・謙譲・謙遜の精神

2020年10月19日 | 言葉のちから 心のちから

 秋も深まりをみせ、朝晩のみならず日中も肌寒い日が多くなってきました

 皆様、寒暖の差が激しい季節の変わり目には十分体調をお気を付けくださいね。

 汗をかいたら早めに着替え、身体をしっかりと温め、体調を整えましょう。来たるべき冬に備える身体づくりをしていきましょう。

 

 さて、古代中国では漢字が発明され、様々な思想や文化が文字で残されるようになりました。この恩恵を現在でも私達は受けています。

 この漢字文化を語るうえで重要な経典が四書五経です。

 四書とは・・・大学 中庸 論語 孟子

 五経とは・・・易経 詩経 書経 礼記 春秋

 すべての書物が重要なのですが、とくに重要視されたのが易経です。

 

 易経は、人と大自然は一体ですよ(天人合一)という思想をあらわしたものであり、宇宙の森羅万象を符号によって表現しようとする経典です。その符号の組み合わせを漢字にて表現しております。

 また、過去、現在、未来をあらわすこともあり占い等で用いられることが多いのですが、一般的に流れている占いというものではなく人や自然の摂理や根本、その原理を説いた奥深い書物なのです。

 実は、東洋医学もこの易経の考えを原理としているところが多くあり、気の考え方、陰陽の考え方、根本が大切(太極)という考え方、人は自然の一部なんだよ(天人合一)という考え方など、身体を全体から捉える思想は易経から来ているとみられています。

 こう考える易経の思想は奥が深く、現代の宇宙物理学や量子力学にも繋がるところがあるのです。

 

 易経は、人生を歩んでいく行く上での、心や精神、魂のあり方=行動を示しているのですね。

 お一つ、これは今の私にぴったりの言葉と思った卦(符号の組み合わせ)をご紹介。

 

 地山謙(ちさんけん) 

 盈(えい)をかきて謙に益す

 天道は下済(かさい)にして光明なり。地道は卑くして上行す。天道は盈をかきて謙に益し、地道は盈を変じて謙に流(し)し、鬼神は盈を害して謙に福(さいわい)し、人道は盈を悪(にく)みて謙を好む。謙は尊くして光り、卑けれども踰(こ)ゆべからず。君子の終わりなり。

 

【解説】

 易経は、謙虚、謙譲、謙遜の精神を最高の徳とします。低く謙(へりくだ)るものこそが、最も高みに至るといっています。

 天は日差しや雨を地にふらせ、大地はそれを受けて、万物を育成し、また天に上昇させて還元します。大地はもとから低く、高い天でさえ謙ります。

 また天は満ちたもの(盈)を欠けさせ、欠けたもの(謙)を満ちるようにします。地は山を谷に変え、また谷を山に変えます。

 「鬼神は邪なし」という言葉がありますが、鬼神は慢心を嫌い、謙る者に幸いを運びます。

 人は、たとえ成功者であっても高慢であれば嫌い、謙虚な人には惹かれて手を貸したいと思います。身分が低かろうと、謙虚に生きる人を誰も蔑(さげす)みはしません。

 謙虚な態度を終わりまで貫いて崩さない、それが君子なのです。「謙」の徳は終わりを飾るものであるのです。

〈「易経」一日一話 致知出版社より〉

 

 易経の、この世の生成・発展の捉え方に「三義」というものがあります。

 簡易(かんい)・変易(へんえき)・不易(ふえき)です。

 簡易とは・・・簡単明瞭なことで、変易、不易の循環を理解すること。

 変易とは・・・身体で例えると、身体の細胞は毎日、新陳代謝が起こり、どこかで細胞が入れ替わっており、一日として同じ身体であることはないこと。常に変化していること

 不易とは・・・しかし、あなたの身体自体はそこにあり続け、一日二日で無くなったりはしない。変わらない事象が存在すること。

 

 ちょっと話が難しくなりましたが、自分の変化多き人生において、日々の生活態度としては、謙虚、謙譲、謙遜の気持ちで過ごした方がいいですよということです。

 自分には身に沁みる言葉だったので紹介いたしました。

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント

令和2年度 県民公開講座「血管からアプローチする美と健康~ゴースト血管を予防し withコロナを笑顔で生きる~」予告

2020年10月15日 | 予告

 秋も少しずつ深まってまいりました 

 週末からは少し寒くなってくるようですので、衣服の着替えや体温調節に気をくばり体調管理しておいてください。

 風邪がひきやすくなったり、寒気が入って来ると腰痛や膝痛、肩頸痛など痛みが発症しやすくなりますから

 

 さて、本日は私が所属しております(公社)石川県鍼灸マッサージ師会(公社)石川県鍼灸師会が共催する、令和2年度 県民公開講座の告知をさせていただきます。

 両会、ご多分に漏れず本年度の事業はほとんど中止あるいは規模を縮小あるいは、予定を大幅に変更しての開催となっております。すべての事業において新型コロナウイルス感染症の状況をみながら、どうするのの判断となります。

 石川県においては、最近、感染者0の日も多くあり、注意が必要とは言え全体的には落ち着いてきているため、今回はこの講座を開催することになりました。

 

 新たな試みとしては、今後の withコロナ時代に対応していくためオンライン形式での開催とともに、これまで通りの来場形式による開催も行い、2パターンで開催いたします。

 むろん、ソーシャルディスタンス(170名収容の会場で100名)、手指消毒、検温、体調確認など感染症対策には万全を期し、来場での開催を実施します。

 以下に詳細を掲載させていただきます。

 多くの皆様と会場で、あるいはオンラインでお会いできると嬉しいな~と思っています

 

令和2年度 県民公開講座

共催 (公社)石川県鍼灸マッサージ師会・(公社)石川県鍼灸師会

開催日時  令和2年11月22日(日) 13時30分~15時40分

 会場  本多の森会議室 2階 第2会議室 

内容  

 ①鍼灸マッサージミニ講座 20分

   会員による「感染症と東洋医学(仮題)」を予定

 ②講演会 90分

  演題「血管からアプローチする美と健康~ゴースト血管を予防して withコロナを笑顔で生きる~」

  講師 赤澤 純代 先生

    金沢医科大学 総合内科 准教授

    金沢医科大学病院 集学的医療部 女性総合医療センター・センター長

 

参加料 無 料

定   員 100名(会場来場)  100名(オンライン配信)

 ※オンラインによる参加希望者は、下記のQRコードよりお入りになり申込みください。

  後日、動画配信の詳細についてメールにてご連絡いたします。

   

 

会場参加についての新型コロナ感染症に関するお願い

 1.体調不良の方は、ご来場、ご入場をお控えください

 2.ご入場時は、マスク等の着用をお願いします

 3.ご入場時の手指消毒へのご協力をお願いします

 4.ソーシャルディスタンスにご協力ください

後援  
石川県・金沢市・(公社)石川県医師会・(公社)金沢市医師会・金沢医科大学病院・(公社)日本鍼灸師会・(公社)全日本鍼灸マッサージ師会・(公社)石川県栄養士会・(一社)石川県助産師会・北國新聞社・中日新聞北陸本社・北陸放送・(株)セイリン・(株)セネファ・(株)カナケン

連絡先 石川県鍼灸マッサージ師会事務所 

     電 話;076-259-6628(電話対応は、月~金の10時~15時まで)

     メール;info@ishikawa-shinkyu.or.jp

 

 同じく所属師会でも、この講座の案内を書いております、石川県鍼灸マッサージ師会のホームページFacebookページです。ご参考にしてください。

 

 以上が概要となります。

 赤澤 純代 先生と先日ですが県民公開講座の打ち合わせを金沢医科大学で行いました。

 先生のプロフィールもQRコードで貼っておきます

すごく気さくで、笑顔がステキな先生です。ご専門は循環器内科で、患者さんを診療する中で漢方を処方されたりします。そして基本、身体を診察、治療される時は西洋医学的にきっちり行います。しかし治療となるとなかなか改善がみられない症状が多くあります。そこに漢方薬やアロマなど東洋医学というより統合医療を行うことによって患者さんの状態が改善できるということを話されていました。

 そのような中で鍼灸あん摩マッサージ指圧も興味があるし、効果も期待したいという心強い言葉もいただきました。

 女性についていえば、生理痛の中でも子宮内膜症のように痛みの原因が分かっているものがあれば良いのですが(内膜症も発症原因は分かっていませんが)、生理痛なる症状は鎮痛薬では改善されない場合が多いということです。PMSなどもそうで、症状を発症しているが原因が特定できないものなど結構多いのです。  
 その状況の中に鍼灸施術などが活かされ、患者の症状軽減によるQOL改善ができれば、患者さんにとってそんな幸せなことはないということなのです。

 女性の温かい目線から、患者さんを中心とした医療を目指されているのが赤澤先生であり、そんな先生の話を聴講できることは、本当に今から楽しみでしかないので~す

 

 11月22日はいい夫婦の日で、連休で、様々なご予定があるかと思いますが、お時間の都合のつく石川県民の皆様はどうぞ、本講座でお会いしたいな、またはオンラインでお会いしたいな~と思っております

 最後までお読みいただき心より感謝いたしております

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント

回想 第49回明治神宮野球大会(2018)~高校の部~ トレーナー活動記 練習・帯同編

2020年10月09日 | 高校野球

 新型コロナウイルスも少し落ち着いてきておりますが油断はできない状況です

 そんな状況ですが、人は生きて、生活していかなければなりません。ずっと今のままの生活が強いられるわけではありません。

 多くの分かってきた事実を踏まえながら、ワクチンなどの治療方法も確立されながら、インフルエンザウイルスと同様、コロちゃんとともに人類は歩んでいく道を進むのだろうと思います。

 

 プロスポーツをはじめ学生スポーツやレクリエーションスポーツの大会や競技会も同様で、今後は対策をとりながら元に近い状態に復活していきたいというのが主催者等の思いだろうと思います。元に戻すというより、より新しい形での楽しみ方に変わっていくのだろうと思います。

 

 さて、たいへん更新が遅くなっておりますが、私のトレーナー活動記の回想を行っていきます。

 この第49回明治神宮野球大会~高校の部~の回想は今回で終了です。
 今後は、第91回センバツ高校野球大会、第140回北信越高校野球大会、第101回全国高校野球選手権大会のトレーナー活動を回想をしていきます。よろしくお願いします。

 

 まずトレーナー活動の日程と概要です。

11月 9日 (金) 午前中は鍼灸院で施術を行い、13時に応援の第二組の選手達・副部長さんとともに星稜高校グランドから東京へ出発。19時頃、宿舎の池袋サンシャインシティプリンスホテル到着。

11月10日(土) 1回戦  広陵高校(広島 中国地区代表)

11月11日(日) 練習日 対戦相手の視察&日大野球部グランドで練習(千葉県習志野市)

11月12日(月) 準決勝  高松商業高校(香川 四国地区代表)

11月13日(火) 決 勝  札幌大谷高校(北海道 北海道地区代表) 試合終了後、選手と共に金沢へバスで帰還。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なかなかステキなホテルで、外国人の宿泊客が多かったです。いろんな国の言葉が飛び交ってました。

 

トレーナー活動 身心ケア編

 選手は全体的に調子が良く、その結果が試合成績に結びついたと思います。全体的に調子が良いといっても個人個人をみると、あともう少し身体作りをすることで春のセンバツ甲子園での活躍が期待される選手もあり、そのあたり個人の大会へ向けての万全度と言いますか、調子のレベルを上げるにはどうすればいいか、そんなことを考え大会が終了しました。

 中でも読売ジャイアンツへドラフトにて入団したキャッチャーの山瀬君には、大会前から守備は支障はないが打撃がほぼできない状態で試合をせざるを得なかった状況でした。自分の力ではどうにもできないものは医師や他の医療者の助けを借ります。
 選手が今の心身の状況の中でベターな状況で試合に臨んでもらう、そのためには・・・これがトレーナーの仕事です。この大会、山瀬君は苦しいながら
全試合出場したわけですが、この困難は彼を大きく成長させたのではと思います。選手としても、主将としても。
 そして、私はこのような場合、どう対応したら良いのかいい勉強をさせてもらいました。

 あとは甲子園大会の時、同様に試合が終了し宿舎へ帰ってきたら、私の部屋であるトレーナールームでサポート施術を行うという流れでした。時間も限られているので、バッテリーと投手陣、症状がある選手を優先にサポートしていきます。

 

 応急処置(テーピング)の対応もあり、選手が安心してプレーする、何かハプニングが起こった時に不安にならない為にもトレーナーは必要な存在ではないかと思います。そのあたり学校の部活動レベルでもトレーナーを学校職員あるいは学校専属としてトレーナーとして契約するシステムが出来ればいいのではないかと思うわけです。

 

トレーナー活動 練習帯同編

 日程表に記したように本格的に練習をできたのは1日のみでした。星稜野球部OBの若宮君が頑張っている日本大学野球部野球場で練習させていただきました。立派な球場でした。

 そして若宮君が練習の様々なお世話をしてくれて、体格も良くなり、人は成長するんだな~と改めて思いました。そして現在、彼は同野球部で活躍中です

 午前中に、次の対戦相手となる、八戸学院光星(青森 東北地区代表)と高松商業の試合の前半を視察して、それから千葉県奈習志野市になる野球場に向かいました。

 短期決戦で、いろんな思いが選手にもあったと思いますが、無駄のない動きで練習をこなしていたのが印象的でした。充実した練習が出来たと思います。
 練習の際も、選手の動き等をみるわけですが、打撃練習では東海林君が納得のいく練習で締めくくり、最後、ライトフェンスオーバーで終了したのですが、そのスイングそのままに明日の高松商業との試合でホームランを打ったのは圧巻でした

 奥川君もいいピッチングが出来ていましたし、その時はまだまだ未完成なれど、自分なりの股関節や下半身の使い方を身に付けつつあるんだろうなというのをピッチング練習等を見ていて思いました。周囲からいろいろ言われますが、柔軟に対応しつつも自分の内部感覚といいますか、自分の芯は持っているのが彼のいいところかなと練習を見ていて感じましたね

    

 

トレーナー活動 番外編

 実は明治神宮球場に入ったのは今回が初めてでした。

 初体験ってドキドキしますが球場へ入ると、少し古い感じがいいな~なんて思いました。

 ここでプロ野球の試合が行われているんだなと、ちょっと胸が熱くなりました。阪神甲子園球場とは違った感覚でした。

 ここにエースである奥川君がドラフト1位で入団するなんて思いもしませんでした。
 そうそう、この時、奥川投手に甲子園と神宮球場のマウンドのどっちが投げやすいのと聞いたところ、神宮球場のマウンドの方が投げやすいと答えていうたのが印象的でした。この時、もうすでに何か大きな力が働いていたのかもしれませんね

 そして実際にみたフェンスなど球場に広がるブルー、なかなかいい色でしたね。

 また、お隣には新国立競技場の外観がほぼ完成され、周囲も工事をしている所が多く、東京オリンピック・パラリンピック大会の開催への意欲や情熱、街全体に活気が溢れている感じを受けました。

               

 また、星稜高校野球部OBもたくさん応援に駆けつけていただいてました。

 関東の方面で働くあるいは居住するOBの皆様は、甲子園はなかなか応援は行けないけど神宮球場ならいつでも応援に来ることができるのにと口々に話をされていました。
 私の星稜高校野球部(24期生)の同期生も東京で不動産会社の社長をやっています。彼とも久しぶりに再会し、試合を観戦しながらいろんな話が出来て良かったです。母校が勝利するということは、そんな繋がりが強くなることなのかもしれません。

 

 そうそう神奈川県の鍼灸マッサージ仲間で星稜高校野球部(奥川投手;現 東京ヤクルトスワローズ)ファンの自称「八兵衛」さんも仕事の合間を縫って応援に駆けつけていただき、一緒に試合を観戦できました。嬉しいですよね~

 

 今回は、明治神宮球場への入場、明治神宮野球大会トレーナー活動、東京でのトレーナー活動と初めてづくしでしたが貴重な経験をさせていただきました。いつもいつも大会ごとにレベルアップしていく選手達ですが、私の歩みは遅い・・・そんなことを自覚しながら一生青春、一生勉強、一所懸命で、これからも自分の鍼灸マッサージならびにトレーナースキルを向上していきたいと思う次第です

 

 最後までお読みいただき、お付き合いありがとうございます

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント

ありがとう 感動!!マジックを超えた「真のマジック」にイギリス中が涙!!2018 Britain's Got Talent

2020年10月03日 | 言葉のちから 心のちから

 人の步む道にはそれぞれの繋がりや縁があり、奇跡という人生があるのだと感じました

 

 なんだろう、言葉はいらないね 見てください

 

 やはり感動ってイイネ

 

 

(日本語字幕)感動!!マジックを超えた「真のマジック」にイギリス中が涙!!2018 Britain's Got Talent

 

 もう最近、涙腺が緩くてこまっちゃう

 

 令和2年10月最初の投稿はから始まる

 

 世の中は奇跡と愛で満たされています

 

二葉鍼灸療院(金沢)

コメント

死ぬということ 生きるということ 人生を歩むこと

2020年09月28日 | 言葉のちから 心のちから

 少しずつ過ごしやすい気候となり、朝晩は肌寒さを感じるようになって来ました。

 皆様、お身体の調子はいかがでしょうか

 金沢気象台が発表した3ヶ月予報によると、ラニーニャ現象が発生した可能性があり、この状態が発生すると冬に日本海側は寒気を受けやすい状態になるということで12月に雪が多くなる可能性があることを発表しました。

 感染症に大雪だと、商売をやっている皆様は本当に不安や心配に襲われます。
 知っておくことは大切ですけど。

 不安や心配は人生につきものですが、その捉え方が問題なのでしょう。それぞれの捉え方で心や身体に与える影響というのは違ってきます。

 

 人は、奇跡的な生命の誕生「生まれる」から、その生命力が衰え全ての身体機能が停止する「死ぬ」まで、様々な出来事が起こります。100人100様の人生物語です。

 ですから人が生を受けてから100%確実に起こる現実は「死ぬ」ということになります。

 現在、不妊治療等を行い、子どもという掛け替えのない宝を得るために、まさしく努力をしているご夫婦がたくさん存在します。逆に様々な理由があるのだろうと思いますが年間3万人前後の自殺者も存在し、命というものは何なのかということを考えさせられます。

 最近、悲しいニュースが増えています。影響力のある人の病死や自死。このコロナウイルスという存在は、そんな生と死を今一度、我々に再考して人生を送りなさいよ、生きていることは当たり前ではないのですよ、ということのメッセンジャーなのかもしれないなとも思えます。

 

 私は、あの世があると思っています。だから生まれてくる時も自分の意志というか使命をもって、この両親を選んで生まれて来たのだと思っています。
 人生を歩んでいると、自分の命を絶ったほうが楽だな~と思ったことは一度はあるのではないかと思います。しかし、そう思うだけで留まる何かがあるから、その留まる理由が大きいから、自死の選択に行く前に留まれるわけです。
 ですから自死に向かっている人の気持ちが本当に分かるかというと分かりませんし、その人その人で性格や人格も違うわけですから、その人の本当の悩みの深さは本人しかわからないものです。

 しかし、踏みとどまる方法や他人の別方向からの意見を聞いて光が見えたり、解決の糸口を見つけるヒントが得られることもあります。全く関係のない他人に話すこと、専門家に話を聞いてもらうことも大切なのだと思います。

 人は一人では生きていけまんし、何も出来ません。協力し合うから人間の社会が成り立っています。

 悩んでいる方は、こんな相談口もありますよ。

こころの健康相談統一ダイヤル(厚生労働省)

石川県こころの健康センター

(公社)金沢こころの電話

 

 さて、人生にはなぜこんな苦労や試練があるのでしょうか

 私は人としての成長=魂の成長のためなのかなと思っています。そのあたりを飯田 史彦さんの『ブレイクスルー思考~人生変革のための現状突破法~』から抜粋させていただきたいと思います。

 

ブレイクスルー思考とは
”「すべてのものごとには意味と価値があり、表面的には失敗・挫折・不運のように見えることも、すべて自分の成長のために用意されている順調な試練である」という信念を持つことよって、「その試練に挑戦するだけで、もう乗り越えたのと同じくらい価値がある」と考えながら、人生のあらゆる試練を楽しみながら乗り越えていこうとする思考方法である”

 

 と書かれており(もっと本には詳細に書いてありますからご興味のある方は購読ください)、その上で、質問形式になっている第二問の解答【ある事件の犯人の疑いをかけられ、同僚や患者から冷たい目や態度をとられ、容姿を嘲笑され、自殺して訴えるしかないと考えている看護師の訴え】に対して、次のように書かれています。

 

マイナス思考
 私は、本当に不運な人間だ。もうダメだ。この職場にいても針のムシロだ。こんな容姿で生きていく自信もない。命を絶つしかない。

プラス思考
 あきらめるのは早い。ひどい不運にみまわれたが、よい方向に改善できると信じよう。時間がたてば職場のメンバーも分かってくれるかもしれない。
 容姿だって、この外見に生まれてしまったものを、いまさら嘆いてもしかたがない。いろんな方法でよく見せることはできるし、こんな私でも気に入ってくれる人がいると信じよう。

ブレイクスルー思考
 予定通り、私自身が、人生のこの時期に用意しておいた試練が、順調におとずれたわ。こんなに「起こるはずのない事件」が偶然に起こるわけがないもの。不思議な力が働いて予定通りに起こったに違いないわ。それではなぜ今、こんな事件に巻き込まれる必要があったのだろうか。これほど居心地の悪くなる時間が起きたということに意味があるとすれば、それは「もうそろそろ、ここを飛び出すべき頃ですよ」と、教えてくれているのかもしれない。ステージチェンジするチャンスを与えてくれているのかもしれないわ。

 それに、私の容姿は、自分で選んだものなのよ。私の容姿は、これでいいのよ。順調そのものだわ。私はこの容姿を持つことによって、何を学ぶことができるのだろうか。容姿に自信が持てず暗い顔をしていると、ますます人が遠ざかってしまう。きっと、自信を持って、いつも笑顔でいることの大切さを、私は学んでいるのだわ。私がこの容姿をもって生きることができるのは、数多くの人生の中で、今回だけなのだから。

 人生では自分で解けない問題は用意してないわ。こんな試練を自分に計画したなんて、私は、これほどの難問に挑戦するに値する素晴らしいチャレンジャーなのよ。だからこそ、一番してはいけないこと・・・それは、自分で計画した学びのプログラムを途中で投げ出してしまうことだわ。だって、私は自分で志願した勇気ある挑戦者なのだから。

 

 飯田史彦さんが提案する死生観

 やはり死生学というか、生の中の死、死から考える生というものは人生を歩んで行く上で大切なことなのだと思います。自死を選択するような状況になってからでは、そのような思考はできないものだと思いますので、元気なうちといいますか、心も身体も健全な時に、このようなことを学んでおくこと、考えを深めておくことは大切なのだと思います。

 

 最後に、大東亜戦争(第二次世界大戦)当時、陸軍少尉としてフェリピンのルバング等へ出征し、終戦後も作戦解除命令を受けることなく30年間ジャングルで任務を遂行し、昭和49年に日本に帰還した 小野田 寛郎 さんの著書『生きる』から死生観について書いてある部分を抜粋します。

 

 「生きる」か「死す」か、

 迷い迷った時、判断の基準はここにあった。

 人は「生まれて」「死ぬ」これが道理である。

 ならば、「生かされている」のなら、とことん、生きて、生きて、生きぬいてみよう。

 決して諦観はない。

 とことん闘って、その先に神が与えてくれた道がある。

 その先が、どんな道であっても感受する。

 ただ、それだけのこと。

 

 皆の心に少しでも余裕やゆとりができるスペースが出来ることを願っております。

 最後までお読みいただき、ありがとうとざいます。

 

二葉鍼灸療院(金沢)

 

コメント (2)