二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

レノヴァ鹿児島 JBL2 チームサポート②

2009年02月09日 | バスケットボール
2月8日(日)、快晴 朝から気持のよい天気でした。

プロバスケットボール(JBL2)公式戦
 いしかわ総合スポーツセンター 12時試合開始
 
 レノヴァ鹿児島石川ブルースパークス

  前半1P:16-21
     2P:25-20
  後半3P:16-23
     4P:13-27
    ――――――――
  合計  :70-91(石川ブルースパークス勝利)


午前9時30分に、昨年できたばかりの、いしかわ総合スポーツセンター入り。チームも9時にホテルを出発していたので、会場で合流。9時30分から11時までテーピングを中心にケアを行いました。

その後、12時まではコートで練習でした。さて、ケアした選手の動きは練習での身体の動きを見ながら、自信を持ってケアしたが、さて試合になったらどう選手が動くのか、やはり不安があるものです。





素晴らしい体育館だな~と感動しながら、試合前の練習を見ました。

コート周辺に星稜野球部の後輩発見。彼は北国新聞社のスポーツ担当の記者をやってます。レノヴァ鹿児島のサポートをしていることを告げると、「石川は5位でプレーオフに出れるか出れないかの瀬戸際にあるんですよ」「今年は石川県でプレーオフがあるので、もう星は落とせない」とのことでした。「スパイがいる~」とも言われました。んん~確かにね

試合開始


 青が石川ブルスパ 白がレノヴァ鹿児島



間近で観るプロバスケットはやはり迫力があります。動きや展開も速くめまぐるしく変化します。あれだけ急激に体を止めたり、回転させれば、足、膝、腰の負担も相当なものだと思いました。常に勉強です。

試合は前半(第1・第2ピリオド)を終わって41-41の同点。いい試合でした。まさに我慢比べ、激しい動きの中の心理戦という感覚でコートのベンチ後ろで観戦していました。

後半、石川ブルスパの粘りと集中力、作戦がうまくいき(詳しいことは分かりませんが…)21点の点差がついてしまいました。

2日間だけでしたが、この敗戦は、すごく悔しかったです(石川県人としてはブルスパが勝ってくれたほうがいいのですが…)。そして、さらに足の機能や、身体の構造などをしっかり勉強し、さらに選手が最高の力やパフォーマンスを試合で発揮できるように腕を磨いていくんだと心に焼きつけさせて頂きました。

私にとりまして、選手のバスケに取り組む真剣さ、プロとしての意識、いろいろな刺激を受けた充実した2日間でした。レノヴァ鹿児島の選手の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございます

今季、残り2試合ということですが、さらにチーム力をあげ、強いハートを持つ集団となって連勝されると信じています

二葉鍼灸療院 田中良和
コメント

レノヴァ鹿児島 JBL2 チームサポート①

2009年02月09日 | バスケットボール
先日、ホームページの当院の活動をご覧になり、”レノヴァ鹿児島”というプロバスケットボールチームを運営されている会社((株)スポーツフロンティア鹿児島)より電話がありました。

今季よりJBL2というバスケットボールリーグに所属した若いチームです。

今回、石川遠征にて公式戦(石川ブルースパークス)があり、チームのサポートをお願いしたいということでした。私は野球とサッカー選手をよく治療させて頂いていますが、バスケは施術経験が少なかったので、自分でいいのか悩みましたが、サポートをさせて頂くことにしました。

2月7日(土)は、レノヴァ鹿児島の皆さまが朝、鹿児島を出発→伊丹空港→金沢(北陸電力石川体育館)へ午後3時30分到着という予定でしたので、午後2時まで診療を行い、北電体育館へ向かいました。

3時30分から4時30分まで主としてテーピングを中心にサポートを行い、4時30分~6時30分まで練習を見ました。鹿児島から朝、飛行機で大阪へ、バスで金沢へと長旅にも関わらず、テキパキと2時間の練習をこなしていました。短い時間で集中して流れるように練習していました。さすがですね。



その後、酔耀会の研修会という名の新年宴会が午後7時から入っていましたが、宿舎であるキャッスル・イン金沢へ向かい、午後8時30分まで、足関節、背中を中心に身体のケア(鍼灸治療&マッサージ)をいたしました。(…ということで、酔耀会の新年宴会は2時間遅れでした

本格的なバスケの動きも、選手の身体も初めてみるわけですから、いろんなことが勉強になりました。私も知識をフル回転して、一日目のケアをさせて頂きました。「練習を見る」「選手の動きを見る」ことは非常に大切だと思いました。コートが狭くめまぐるしく点数が入り、さらに接触プレーが多いバスケという競技。今回の練習を見る中で、この選手には、明日の試合にはどうテーピングしたらいいかな~と反省しました。

そして、鍼灸治療は初めての選手が多かったのと、明日、試合でもあるため軽めの治療をしました。できればゆっくりと治療したかったのですが、選手の睡眠のことも考えると、今回は適切な治療であったかなと思います。

その後、急いで酔耀会の新年宴会へ~皆、まだ熱く語っていて良かった~ その後、さらにこれからの鍼灸界について若い先生方で語り合い、そして、夜が…

明日は初めてのプロバスケットボールの試合への帯同です。

二葉鍼灸療院 田中良和
コメント (2)