二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

2014 春 北信越地区高校野球大会

2014年06月27日 | 高校野球

いつも遅くなっておりますが、春の北信越地区高校野球大会の星稜の道程を書いておきます。

土曜日に試合があったわけですが、地方大会に関しては泊りがけでの帯同、診療を休診しての帯同はしませんが、北信越大会や甲子園に出場した際は、時間の許される限りトレーナーとして帯同し、選手たちをサポートさせていただいております。

 

 第130回 北信越地区高校野球大会(会場;富山県  期間;6月7日~9日) 

  出場校  石川県 :  星稜   小松大谷

          福井県 :  春江工・坂井   工大福井

          富山県 :  富山商業   富山第一   富山l国際大学附属   高岡商業

          長野県 :  創造学園   松本第一

          新潟県 :  日本文理   新潟明訓

          (優勝 : 日本文理    準優勝 : 富山商業)

 

  1回戦  6月7日(土)  魚津桃山公園球場   

   星 稜  富山国際大学附属

    星 稜  0 0 0 0 1 1 0 2 0  4

    富 国  0 1 0 2 0 0 4 0 X  8

       試合

   新川高校で練習

      

開会式

チームとしても夏の甲子園に向けて課題を多く発見でき、自覚できた試合となりました。

トレーナーとしても、再びいろんなことを学びと発見をいただきました。次は試合に勝って、学びと発見、そして成長に繋げていければと思います 結局はスポーツは勝者があり、敗者があります。負けていいなんて思って練習に取り組んでいるチームなどはありません。

勝ちにこだわり、頂点にこだわり、ギリギリのせめぎ合いの中で相手より少し勝ることにこだわっていく。この精神はスポーツに限らず、どんな仕事でも同じではないかと思います。

そこにこだわるためには、メンタル面、フィジカル面をより良い状態に保ち、お互いが相乗効果でお互いを引き出した時に、より良いパフォーマンスが発揮されるのではないでしょうか また、その状態の中の対戦相手とのギリギリのせめぎ合いの中で発揮されるのが、普段練習で積み上げているところのインナーストレングス(精神力)なのだと思いますね

どこのチームもこれから甲子園を目指し、甲子園で勝てるチームを目指し練習に取り組んでいます。

私の役目はそんな選手たちをベストコンディションで試合に出場させることです。 現在、石川県スポーツトレーナー連絡協議会の活動を通じて、多くのスポーツ選手に関っている医療従事者(トレーナー)の皆様から良い刺激を受けています。「スポーツ選手のために 石川のスポーツのために」 熱い皆様とのかかわりの中で、自分のさらなる技術の向上を目指しています。

夏の甲子園に向けての石川県での戦いは、7月12日から始まり、順調にいくと7月28日が決勝戦となります。どんな戦いを繰り広げてくれるか楽しみです 

私もトレーナーとしてさらなる進化を遂げて、その日を迎えます


  二葉鍼灸療院 田中良和

コメント (2)

2014 春 北信越地区高校野球石川県大会

2014年06月21日 | 高校野球

高校野球ネタでは久しぶりのブログです

第130回北信越地区高校野球石川県大会は4月19日に開幕し、5月11日に決勝戦が行われ閉幕しました。

星稜高校は見事、北信越地区野球大会34回目の優勝(春 18回目)を飾りました。現在は北信越地区高校野球大会も終了しましたが、遅ればせながら星稜高校野球部 優勝の道程を書いておきたいと思います。

 

 第130回北信越地区高校野球石川県大会   ~決勝戦~ 5月11日(日)  石川県立野球場  

  星 稜  小松大谷

    小 松  0 0 0 1 0 2 0 0 0   3

   星 稜   0 0 0 0 0 2 1 1 X   4

  (優 勝 : 星稜高校  通算34回目の優勝〈春 18回〉)

 この日は、私は(公社)石川県鍼灸マッサージ師会の定時総会、平成26年度 県民公開講座、公益社団法人設立記念式典・祝賀会の責任者等をやっていたため、観に行けず、携帯片手に、結果を見ながらハラハラしながら心は県立野球場にありました(本当はダメね)。

 6回まで 3-0 今までだったら、このままの流れで終盤へ突入し簡単に終わってしまいましたが、この辺りは選手たちの成長したところだと思います。6回、7回、8回で逆転に成功。相手はエースこそ投げていませんでしたが、他の2人の投手もなかなかの好投手です。チャンスをメイキングして的確に返す。そんな卒のない野球がこの試合ではできたかなと思います。星稜9安打、小松大谷5安打。投手(捕手)は、谷川☞岩下-横山。

 小松大谷高校は、昨秋の石川県大会で準々決勝で対戦し延長戦で競り負けた思いがありました。特にエースの岩下君には強くその思いがあったと思います。そんなチームの気持ちが逆転に繋がったのだと思います。この気持ちを忘れないでこれからも戦って欲しいと感じました。

   真面目に鍼灸業界の仕事する 私~(金沢市文化ホールにて)。

 

 

 ~準決勝~  5月6日(火祝)  石川県立野球場  

  星 稜  遊学館

   星 稜  0 0 0 0 0 1 0 1 1  3

   遊 学  0 0 0 1 0 0 0 0 0  1


 本日は、朝より選手とともに球場へ行かせていただきました。遊学館高校はどこで対戦しても常にキーとなる試合になります。いいチームをつくってきます。ここ最近の公式戦は勝っているとはいえども、昨夏のようにスコアでは出ない接戦となったりします。

 この試合、遊学館に先制されるも岩下君は崩れることなくゲームをつくっていきました。エース岩下君が完投(捕手 横山君)。なんと言っても、この試合の立役者は遊学館打線から17個の三振を奪った岩下君。素晴らしい身体の動き、球威、伸び、変化球のキレとも抜群でした。100点とはいかないまでも今シーズンのベストピッチではなかったかと思います。被安打は5安打。

 打線は終盤に繋がり3点を奪いました。星稜は6安打と安打数こそ少なかったのですが、死四球が5個と多かったことも終盤の得点に繋がったのでしょう。

球場は夏の石川県大会とまではいきませんが、多くの観衆が観戦にかけつけていました

      試合前の打撃練習    出パ~ツ

       

 

  ~ 準々決勝 ~ 5月4日(日祝 みどりの日)  石川県立野球場  

 星 稜  金沢桜丘

  星 稜  0 0 1 0 1 0 3 1 3  9

  桜 丘  1 0 0 0 0 0 0 0 0  1

 この日は朝より選手と帯同。今年の黄金週間は気温の差が激しく本日は、やや肌寒い感じ・・・。いやいや、コーチとともにバックネット裏で観戦していると、急に空が暗くなり雨はそんなに降らなかったのですが、寒冷前線の切れ端のような雲が球場を過ぎ去る間1時間弱ほど、急に空気が冷たくなり、春装いだった私を含め球場の皆様「凍え死にそう」なくらい寒い時間がありました。その後は太陽の有難さが身に沁みたんですけど

 試合の前半はチャンスはつくるがあと1本が出ず。後半は打線も繋がり、相手のミスもあり、終わってみれば14安打9得点でした。4番に座った今村君が5打数4安打2打点の活躍。やはり主軸が当たっているとチームも活気づきます。今村君とファーストを争う、村上君も虎視眈々と守備位置を狙っており、お互いいい刺激になっていると思います。どちらも打線では4番ですし。

 投手は、福重君・岩下君(捕手 横山君)のリレーで桜丘の打線を抑えました。後半、エースが出てくると試合にリズムが出てきたようです。そのあたりのチームの勢いなんかは先発の2年生、福重君は勉強になったんではないかと思います。相手打線を5安打で抑えていましたので、まずまずのピッチングでしょう。

   試合へ向かう前の打撃練習

        

 

 ~ 3回戦 ~  4月29日(月祝 昭和の日)  金沢市民野球場  

  星 稜  大聖寺実業

   大 実  0 0 0 0 0 0 0  0 

   星 稜  0 2 0 0 2 3 X  7  (7回コールドゲーム)

 先発、谷川君(捕手 佐竹君)。後半打線が繋がりコールドゲームでした。10安打。この日は私は金沢グリーンウオークの鍼灸マッサージのケア活動があり観戦に行けませんでしたが2年生捕手 佐竹君が3打数3安打の活躍だったとか。結果を観ながら仕事をしてましたとさ。

 

 ~ 2回戦 ~ 4月27日(日)  石川県立野球場  

  星 稜  金沢商業

   星 稜  0 2 0 1 0 0 0 2 1  6

   金 商  0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

 星稜はシードのため2回戦より登場。午前中の試合だったので金沢市鍼灸マッサージ師会の総会があったため試合観戦はできませんでした。ゲーム終了後、練習があったのでそこでトレーナー活動。そして練習を見ていました。

 試合は12安打6得点、スタートとしてはまずまずというところでしょう。エースの岩下君が投打ともに調子がよく大活躍でした。相手打線も3安打に抑える好投に3打数3安打でした。エースが乗ってるとチームも波に乗りますね。その逆の場合もこれからはあると思いますが、チーム力で乗り切ってほしいと思いました。エース岩下君完投(捕手 横山君-佐竹君)。

     

試合後に軽く 練習

2014年 春の北信越地区高校野球石川県大会の星稜野球部の歩みと、少し私の歩みも書かせていただきました。

最後までお読みいただき、ありがとうございま~す

 

   二葉鍼灸療院 田中良和

コメント