二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記

私が日頃行っている活動や、日々の臨床で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

本気になると

2019年02月28日 | 言葉のちから 心のちから

 平成31年の2月も終わろうとしています。

 やること満載、思い通りにいくこと、いかないこと、人生には多くの出来事を経験できます。

 

 2月が終了するに当たり、自分の心に言い聞かせるように、また、今の自分の心境や状況に最適な言葉に出逢いました

 

 そして、そんな時はハッとさせられるものですね

 

 本気になると 世界が変わってくる

   自分が変わってくる

   変わってこなかったら まだ本気になっていない証拠だ

坂村 真民

 

 「念ずれば花開く」の詩で知られる仏教詩人 坂村 真民先生。生涯に残した1万篇以上もの詩は今なお多くの人々の心を勇気づけています。

 その先生が一生、自分のテーマとしたもの、それが本気だったと思います。本気を出したら世界が変わってくる。変わってこなかったら、まだ本気を出していない証拠。このことは一道を切り開いた人が共通して言っていることです。

 もうひとつこんな詩を紹介しておきたいと思います。

 なにごとも 本腰にならねば いい仕事はできない

 新しい力も 生まれてこない

 本気であれ 本腰であれ

 あなたは本気で自らの仕事、一道に取り組んでいますか―真民先生の叱咤が聞こえてくるようです。

人生心得帖2019 より

 

 そうだ、まだまだ本気でありませんでした、本腰になってませんでした

 2月の最後に素晴らしい言の葉と出会いました。

 メッセージなのでしょう

 

 この言葉を胸に秘め、この刹那から進化し、成長していきまっす

 

 最後までお読みいただき、ありがとうございます

 

   二葉鍼灸療院 田中良和

コメント (2)