今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

幸運な看守の家族

2022-05-01 00:02:42 | 使徒の働き

 

使徒の働き16:33-34

看守は、その夜、時を移さず、ふたりを引き取り、その打ち傷を洗った。そして、そのあとですぐ、彼とその家の者全部がバプテスマを受けた。

それから、ふたりをその家に案内して、食事のもてなしをし、全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。

 

神のなさることは、人間の頭では到底理解も想像もできないです。

 

神はみこころのままに人の内に働いて魂を救います。

人が救われる様子もみんな違います。

 

パウロとシラスは、占いの霊に憑かれた若い女奴隷から悪霊を追い出しました。

 

女奴隷は悪霊から解放され喜びましたが、彼女に占いをさせて多くの利益を得ていた主人は、金儲けする望みがなくなったことに腹を立てて、でたらめのことばで人々を煽動して、二人に罪をかぶせ牢の中に入れました。

 

二人は牢の中で神に賛美と祈りをささげました。

すると突然大きな地震が起こり、土台が揺れ動き、たちまち扉が全部開いて、すべての囚人の鎖が外れてしまいました。

 

目を覚ました看守は、囚人たちが逃げてしまったと思い、剣を抜いて自殺しようとしました。

その瞬間、パウロは大声で『自害してはならない。私たちはみなここにいる。』と叫びました。

 

この出来事の後に、看守は二人に『先生方。救われるためには、何をしなければなりませんか。』と言いました。

 

その時にパウロは、『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。』と言い、看守はすぐに家に連れて行き、自分も家族もイエス様を信じ、バプテスマも受けました。

 

彼は救われるチャンスを逃さず、自分の家族も巻き込んで救いを受け入れました。

 

多くの人は救いのチャンスが来ても、それを無視します。

しかしチャンスを自分のものにする人は幸運な人です。

 

【関連聖句】

エペソ2:8

あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。

 

【聖書通読】

-預言者の召命-

  • エゼキエル書2:1-3:9

 

3分バイブルボイス 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106