今日の「いのちのパンと祈り」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

誇りたいものがあるならば

2023-11-02 00:02:19 | エレミヤ書

 

エレミヤ書9:24

誇る者は、ただ、これを誇れ。悟りを得て、わたしを知っていることを。わたしは主であって、地に恵みと公義と正義を行う者であり、わたしがこれらのことを喜ぶからだ。──主の御告げ──

 

誇る者は何を誇るべきでしょうか。

 

‌神様が高慢だと思わない誇りは、神を知って悟りを得ていることです。

 

‌自分のことばかり誇る者を高慢な者と言いますが、神をいつも誇り、神に栄光をささげる人は信仰ある人と呼ばれます。

【祈り】

自分を誇る者でなく、いつも主を誇る者になりますように。

【グアテマラ】

メキシコの下に位置する国でマヤ文明が盛んな国でした。

‌しかし今は経済難、貧富の格差、政治的不安が大きいので、治安はひどく悪いと言われています。

‌殺人犯罪も深刻で毎年6千人が殺害されています。

‌小さい時から暴力にさらされている子どもたちが守られるように。

‌この国に神様のあわれみと助けがありますように祈ります。

 

3分バイブルボイス 

【信仰】誠実な信仰:ヨシュア記14章


神が裁く理由

2023-10-21 00:01:02 | エレミヤ書

 

エレミヤ書9:12-14

知恵があって、これを悟ることのできる者はだれか。主の御口が語られたことを告げ知らせることのできる者はだれか。どうしてこの国は滅びたのか。どうして荒野のように焼き払われて、通る人もないのか。

主は仰せられる。「彼らは、わたしが彼らの前に与えたわたしの律法を捨て、わたしの声に聞き従わず、それに歩まず、

彼らのかたくなな心のままに歩み、先祖たちが彼らに教えたバアルに従って歩んだ。」‌

 

神は真実な方なので、裁く理由がないならば裁かないです。

‌しかし裁き主でもある神は、裁く理由があるなら必ず裁きます。

 

‌もし自分の身にふりかかった災いがあるならば、そこには理由があるはずです。

 

‌イスラエルの民が災いを受けた理由は、自分たちを救った神を捨てて、偽りの神であるバアルに従ったからです。

 

‌バアルはカナンの地に住んでいた人たちが仕えた豊作の神です。

‌雨を降らせ、豊かな実りを与えてくれると信じた神です。

 

‌それを信じて、自然を支配するまことの神を捨てたことは、どんなに愚かなことでしょうか。

 

‌預言者を遣わして間違いを指摘しても、バアル崇拝をやめず、神を忘れ、神を裏切ったので神様は裁きを行うしかありませんでした。

 

【祈り】

偶像崇拝がどんな神を裏切る行為なのかを知りました。‌自分の中にあるすべての偶像を捨てます。‌まことの神だけを信じます。

 

‌【シンガポール】

人口の13%がキリスト教徒です。

‌主がシンガポール教会になさった霊的収穫がさらに広がっていきますように。

‌主をほめたたえることをやめないこと、また悔い改めが全土に広がっていきますように祈ります。

 

3分バイブルボイス 

【病気】病気で苦しんでいますか:出エジプト記15章


胸を痛めながら祈る

2023-10-01 00:00:19 | エレミヤ書

 

エレミヤ書8:21

私の民の娘の傷のために、私も傷つき、私は憂え、恐怖が、私を捕らえた。‌

 

「私」とは預言者エレミヤのことです。

 

‌神からの警告のことばを伝えても、耳を傾けない民に腹を立てるのではなく、自分の胸に抱き、彼らが立ち返って救われるように必死の思いで祈りました。

 

‌ですから彼は涙の預言者と呼ばれます。

 

‌今日このように国と民族のために心を痛めながら涙を流して祈っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

【祈り】

私もエレミヤのように国と民族のためにもっと祈る者になりたいです。

 

‌【中国】

家の教会に対する監視と閉鎖によって礼拝活動がうまく出来ず、苦難が続く中で、聖徒たちが福音の真理から離れず、福音の証人として福音を伝えますように。

 

3分バイブルボイス 

【ディボーション】いつも主のわざに励む:第1コリント15章57-58節


神の手はどんな手ですか

2023-08-27 00:02:40 | エレミヤ書

 

エレミヤ書18:6

「イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。──主の御告げ──見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。‌

 

神の手は力ある働きをすると聖書に書かれてあります。

 

‌その手は何でも出来る手です。

 

‌救うことも、祝福を与えることも、壊すことも、滅ぼすことも出来る手です。

‌悲しんでいる人には慰めの手になり、放蕩に走る人には愛の鞭を打つ手になります。

 

‌神の手は古いものを壊し、新しいものを造ります。

‌私もそれによって新しい被造物になりました。

 

‌弱い私たちを支える手です。

 

‌ですから神に愛され、神の手の中にいることは最高の祝福です。

 

‌しかし神に逆らう人に対しては神の手は痛い手になります。

‌神から遠くに逃げても神の手はどこでもすぐに現れる手です。

 

‌【関連聖句】

イザヤ書59:1

見よ。主の御手が短くて救えないのではない。その耳が遠くて、聞こえないのではない。‌

 

【 お知らせ 】
2023年9月1日から、当ブログは『今日の「いのちのパンと祈り」』へとリニューアル致します。
内容は、みことばの黙想と世界の国々への祈りです。

また更新は1日おきになります。
どうぞよろしくお願い致します。

 

3分バイブルボイス 

【ディボーション】聖霊に励まされて:使徒の働き9章31節


理解を超えた大いなること

2023-08-24 00:01:00 | エレミヤ書

※下記のお知らせに追加を致しました

エレミヤ書33:2-3

「地を造られた主、それを形造って確立させた主、その名は主である方がこう仰せられる。

わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。‌

 

大きな夢やビジョンを持っている人と、いつも消極的で心配と否定的な思いと絶望の中にいる人を比べるならば、どちらが成功するでしょうか。

 

‌また神様はどのような人を用いて下さるでしょうか。

 

‌人間は神から大いなることを聞くと、すぐに『そんなことは起こるはずがありません』と言いますが、神はすぐに『神に不可能なことがあろうか』と人間のことばを否定します。

 

‌神には不可能がありません。

‌何でも出来る方です。

 

‌神を自分と同じレベルだと考えてはいけないです。

 

‌自分が出来ないことでも、神には簡単に出来ます。

自分が手に負えない不可能に見えるものは神の領域になるので、神に祈りながら任せることです。

 

‌神様は私たちの祈りを待っておられます。

‌神を呼ぶことを神は喜びます。

 

‌【関連聖句】

マタイの福音書7:7

求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。‌

 

【 お知らせ 】
2023年9月1日から、当ブログは『今日の「いのちのパンと祈り」』へとリニューアル致します。
内容は、みことばの黙想と世界の国々への祈りです。

また更新は1日おきになります。
どうぞよろしくお願い致します。

 

3分バイブルボイス 

【平安】主の道を学び行う:イザヤ書2章


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会   大阪府 東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F

・シャローム松山教会  愛媛県 松山市勝山町2-22-1 石丸ビル2F