今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主に信頼する

2020-09-23 00:01:37 | エレミヤ書

 

エレミヤ書17:7-8

主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。

その人は、水のほとりに植わった木のように、流れのほとりに根を伸ばし、暑さが来ても暑さを知らず、葉は茂って、日照りの年にも心配なく、いつまでも実をみのらせる。

 

いつまでも祝福され、いつまでも実を結び続ける人は、いのちの源である神に信仰の根をおろし、主に信頼しながら生きる人です。

主は荒野にある枯れない泉です。

 

そこから離れない人は暑さも渇きも飢饉も心配する必要がないです。

霊の飢饉に会うこともないです。

 

しかし人々はいのちの泉である神よりは、この世が提供する甘いものに関心があります。

肉を満たしてくれるものを欲しがってサタンのことばに惑わされて神から離れていきます。

 

しかし、しばらく経たないうちに、まず霊的飢饉に会います。

そして飢え渇き、飢饉、試練に会います。

 

良い実を結ぶことも出来ないです。

 

神は、神を信頼する者を守り、祝福しますが、人やサタンは利用価値がなくなると簡単に捨てます。

 

親子の関係でも財産を奪い取った後に親の面倒も見ず捨てる者も多いです。

 

神に信頼するならば世の終わりまで主が共にいて下さいます。

 

【祈り】

主よ。神に信頼して損したことは一つもありませんでした。これからは信頼します。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-信頼-

  • 詩篇33:21
  • 詩篇119:42
  • エレミヤ書48:7

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


偶像礼拝の恥

2020-09-18 00:01:54 | エレミヤ書

 

エレミヤ書10:14-15

すべての人間は愚かで無知だ。すべての金細工人は、偶像のために恥を見る。その鋳た像は偽りで、その中に息がないからだ。

それは、むなしいもの、物笑いの種だ。刑罰の時に、それらは滅びる。

 

偶像を作る者はそれが偽りで、神でもなく、むなしいものであることを知っています。

しかし商売としてそれを売る時にはまるで力がある神のように、うまく言って売ります。

 

霊的に無知で愚かな人間はお金を払って鋳た像を買い、神として拝みます。

本気で神と思っていますか。

 

使徒パウロと偶像を作る者との対決がありました。

その時のことばを聞きます。

 

使徒の働き19:26-27

ところが、皆さんが見てもいるし聞いてもいるように、あのパウロが、手で作った物など神ではないと言って、エペソばかりか、ほとんどアジヤ全体にわたって、大ぜいの人々を説き伏せ、迷わせているのです。

これでは、私たちのこの仕事も信用を失う危険があるばかりか、大女神アルテミスの神殿も顧みられなくなり、全アジヤ、全世界の拝むこの大女神のご威光も地に落ちてしまいそうです。」

 

商売のために偶像を作って生計を立てていました。

 

彼らが作る神がまことの神でしょうか。

そんなわけがないですね。

 

神のさばきの時には恥を受け、滅びます。

 

【祈り】

主よ。見ても悟りがない愚かな者が人間です。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-偶像礼拝-

  • 使徒の働き17:29
  • ガラテヤ4:8-9
  • 第1ペテロ4:3

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


主のことばを聞け

2020-07-27 00:01:10 | エレミヤ書

 

エレミヤ書22:29

地よ、地よ、地よ。主のことばを聞け。

 

私はこのことばを別の言葉で言いたいですね、「民よ、民よ、民よ。主のことばを聞け。」と。

 

神の民の頑なな心に対して、彼らが受ける苦難を思った上でのエレミヤの悲痛な嘆きです。

地はユダの民と言えます。

 

三度も言ったのはメッセ-ジの重要性を強調しています。

 

自然は神のことばに従います。

毎日太陽は上り、地球も決められた所で回ります。

 

しかし人間だけが神の命令を守らないです。

神に逆らって神を悲しませます。

 

これは私たち信じる者も気を付けないといけないです。

 

信じる者が一番聞かないといけないのは主のことばです。

主のことばを聞いて従うならば、主がその人を守り、祝福します。

 

【祈り】

主よ。主のことばをいつも聞いていたいです。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-主のことばを聞く-

  • マタイの福音書7:24
  • ヤコブ1:22-23

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


苦難の時に、助けを求める誰かがいますか

2020-07-11 00:01:26 | エレミヤ書

 

エレミヤ書33:3

わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

 

どんなにひどい苦難に遭っても助けてくれる誰かがいると安心し、望みを抱いて待つことが出来ます。

 

しかし小さな苦難でも助けてくれる者が誰もいないと絶望してしまいます。

 

人間を創造した神は人間がいかに弱い存在であるか、また1人では何も出来ない存在であることをよく知っています。

苦しい時にはさらに気落ちして、力をなくすことも知っておられます。

 

その時、力ある神は、私たちが神に助けを求めることを願っておられます。

 

「苦しい時の神頼み」という言葉は日本でもよく使われています。

それは、苦しくならないと人間は神を求めない意味でもあります。

 

ですから神は苦難を与えて人間が神を呼ぶようにします。

 

でも神と呼ばれている物なら何でも良いというわけではないです。

人間が造った偶像の神ではなく、真の神に求めるならば、神は答えて下さいます。

 

真の神は天地を創造し、人間を造り、今も世界を支配しておられる、生きた神です。

 

苦難の時にはその神を呼んで下さい。

 

苦しみがないとあなたが神に立ち返らないので、その苦しみを与えたかも知れないです。

苦難は真の神に出会うチャンスです。

 

苦しい時には理屈であれこれ考えるのではなく、本能的に神を求めることです。

 

その時、神はあわれみをもって手を差し伸べて下さいます。

その時が恵みの時、救いの時になります。

 

神は理解をはるかに越えたことをなさいます。

 

私自身も体験したので、はっきり言うことが出来ます。

 

【祈り】

主よ。今まで神を呼び求めてたくさんの恵みと救いを受けました。主のことばは真実です。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-祈り-

  • 詩篇138:3
  • マタイの福音書7:11
  • ヨハネの福音書15:7

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


主の悲しみと怒り

2020-06-15 00:01:03 | エレミヤ書

 

エレミヤ書44:5

彼らは聞かず、耳も傾けず、ほかの神々に香をたいて、その悪から立ち返らなかった。

 

エレミヤ書を読むと、人間がいかに罪深い存在であるかがよく分かります。

 

自分たちを愛する主から離れ、主が嫌うことだけを行う選民の姿は、異邦人よりもひどい姿でした。

 

まわりの異邦人は偶像の神に仕えながらも、その神を裏切らないし、熱心に従うのに、まことの神を信じる者は神から離れ、他の神々を信じ、神のことばにも耳を傾けませんでした。

 

神のことばを語る預言者を迫害し、時には殺しました。

罪と知りながらも、罪を犯すことは悪質な態度です。

 

神を裏切り、罪の中にいる彼らを立ち返らせるために神は剣、飢饉、疫病を送りました。

それは神の愛のむちです。

 

神は怒りを抑えて、彼らに対して忍耐しました。

 

彼らが立ち返ることだけを待っていました。

しかし民は主の心を踏みにじりながら立ち返ることをしませんでした。

 

神は永遠に忍耐するでしょうか。

 

猶予の時が過ぎると、さばきの時が来ます。

 

エレミヤ当時、イスラエルの民にはバビロンに連れて行かれ、70年間捕虜としての過酷な時を過ごすようになりました。

 

神は今も世界の主です。

罪の中にいる人類に対しても神は悲しみと怒りを持っています。

 

偶像崇拝から真の神に立ち返ることを願っています。

世界に対しても剣、飢饉、疫病を送って、彼らが悔い改めることを願っています。

 

恵みの時も救いの時も猶予の時もいつまでも続きません。

 

その時が過ぎ去る前に主に立ち返って下さい。

 

そして救いを受けて下さい。

救いを受けないと天国に入ることは出来ないです。

 

【祈り】

主よ。私もそのような者でした。でも今は主に立ち返りました。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-主の怒り-

  • 第2歴代誌34:24-25
  • ミカ書7:18
  • 詩篇90:9

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106