今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主を信頼し、主を頼みとする

2022-09-26 00:01:07 | エレミヤ書

 

エレミヤ書17:5-7

主はこう仰せられる。「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、心が主から離れる者はのろわれよ。

そのような者は荒地のむろの木のように、しあわせが訪れても会うことはなく、荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。

主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。

 

無人島に行って、一人で暮らす人をテレビで観たことがあります。

人が住むようになったから無人島ではなくなりましたが、裸で暮らしていました。

 

どんな理由でそういう暮らしをしているか分かりませんが、そのような暮らしは誰でも出来るわけではないです。

 

人は助け合いながら共に暮らしています。

そして誰かを頼りながら生きています。

 

ほとんどの人は自分の力や、家族や誰かに頼って生きています。

 

しかし私たち人間を創造した神は、人間が創造主を一番に信頼し、その方に頼りながら生きることを望んでいます。

 

そのように神様は人間を創造したのに、人間は自分を造った神の存在を知らず、神に信頼することも、頼ることもしないし、神に頼るように言われても、それを断る人が多いです。

 

神に頼ることは弱い者がすることだと理由を言います。

人間は弱い者であって、強い者ではないです。

 

無限に若いわけでも、無限に力があるわけでもないです。

限界があるのが人間です。

 

ですから最初から力ある神に頼ると、神がその者を助け、また祝福して下さいます。

それが神の約束です。

 

【関連聖句】

箴言3:5

心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。

 

【聖書通読】

-兄弟愛と信仰-

  • ヤコブ2:1-13

 

3分バイブルボイス 


決まった災いを変えるためには

2022-09-12 00:02:54 | エレミヤ書

 

エレミヤ書36:3

ユダの家は、わたしが彼らに下そうと思っているすべてのわざわいを聞いて、それぞれ悪の道から立ち返るかもしれない。そうすれば、わたしも、彼らの咎と罪とを赦すことができる。」

 

神様がわざわざ預言者を遣わして災いを伝える理由は何でしょうか?

 

人々は聞きたがらないし、預言者を迫害するのに、なぜ何度も同じことを語らせるでしょうか。

神様の本音を知らないと神様に対して反感しかなく、言うことも聞かないです。

 

神様の本音は、人々が災いを恐れて悔い改めて神様に立ち返ることです。

悪から立ち返らせたい思いが一番強いです。

 

昔、悪いことをして親に叱られ、家出をした青年がいました。

帰って来ない息子を心配した親は、新聞に『すべてを赦すから帰って来なさい』と広告を出しました。

それでも息子は帰って来なかったです。

 

それで親はもう一度広告を出しました。

『お母さんが亡くなった』

 

その広告を見た息子は、自分のせいで母親が亡くなったと思って泣きながら家に帰りました。

しかし母親は生きていました。

 

その広告は息子を帰らせるための嘘でした。

一時的には息子を苦しめ、悲しみを与えましたが、息子を取り戻すことが出来ました。

 

神様は悪い心で災いを与えるのではないです。

もし悪い心しかないならば、警告なしに突然災いを下すと思います。

 

警告を聞いて立ち返るならば、災いを下す理由がなくなります。

 

しかし神の民はあまりにも神のみこころを知らなさ過ぎです。

ですから反抗して自ら滅びを招いています。

 

【関連聖句】

ヨナ書3:10

神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。

 

【聖書通読】

-教会の栄光-

  • テトス2:1-8

 

3分バイブルボイス 


私たちを幸福にしたい神様

2022-07-30 00:02:33 | エレミヤ書

 

エレミヤ書32:40-41

わたしが彼らから離れず、彼らを幸福にするため、彼らととこしえの契約を結ぶ。わたしは、彼らがわたしから去らないようにわたしに対する恐れを彼らの心に与える。

わたしは彼らを幸福にして、彼らをわたしの喜びとし、真実をもって、心を尽くし思いを尽くして、彼らをこの国に植えよう。」

 

神が選んだイスラエルの民は、神の命令に従う良い民ではなく、事あるごとに神に逆らい、神が忌み嫌うことを平気に行い、偶像崇拝までしました。

やることすべてが神の怒りを引き起こすことばかりでした。

 

神にとってどんなに辛いことでしょうか。

本来ならば、捨てるべきなのに、反対に神は怒りを抑え、忍耐し彼らに祝福のことばをかけました。

 

この時の神の心情がどのようなものかを真剣に考えないといけないです。

 

人の小さな過ちも赦さず、長年の愛も一瞬にして捨ててしまう人間から見ると、理解出来ないほどの大きな愛と切なさを神様から感じてしまいます。

 

神の愛を受ける資格がなく、裁かれて当然な者であることを悟らないと、神の愛をもてあそぶことになります。

 

神様からは絶えず愛が流れていますが、人間はいつまでもその愛を嘲笑い、高慢な態度を取っています。

いつまでそれを続けるでしょうか。

 

主の日が来た時には、主の愛ではなく、主の怒りが爆発します。

それに耐えられる自信が私たちにあるでしょうか。

 

【関連聖句】

詩篇145:20

すべて主を愛する者は主が守られる。しかし、悪者はすべて滅ぼされる。

 

【聖書通読】

-エルサレムの初代教会-

  • 使徒の働き1:1-4:37

 

3分バイブルボイス 


自分のために神々を造る人間

2022-04-26 00:02:00 | エレミヤ書

 

エレミヤ書16:19-20

主よ、私の力、私のとりで、苦難の日の私の逃げ場よ。あなたのもとに、諸国の民は地の果てから来て言うでしょう。「私たちの先祖が受け継いだものは、ただ偽るもの、何の役にも立たないむなしいものばかりだった。

人間は、自分のために神々を造れようか。そんなものは神ではない」と。

 

日本中には神々と呼ばれるもので溢れています。

色々な神の名がつけられてあります。

 

真剣に拝む人を見て、これを本物の神様だと思っているのかと疑問が出て来ます。

どこから見ても人間が造ったものなのに、それに対して手を合わせて拝んでいます。

 

弱い人間は何かに頼り、信じたい思いがあります。

それが宗教心になります。

 

それで好みの形を作って、それに名前をつけ、神と呼んだ瞬間から、それが造った人の神になり、神の数が増えていきます。

神々と呼ばれるものが多すぎて覚えることすら出来ません。

 

人間が造った神や、目に見えるものは本物の神ではないです。

神は霊的存在であり、形のない方です。

 

天地万物を造った神こそが本物の神です。

 

人間の手で神は造れないです。

そんなものは神ではないです。

 

【関連聖句】

レビ記26:1

あなたがたは自分のために偶像を造ってはならない。また自分のために刻んだ像や石の柱を立ててはならない。あなたがたの地に石像を立てて、それを拝んではならない。わたしがあなたがたの神、主だからである。

 

【聖書通読】

-不忠実な牧者-

  • エレミヤ書23:1-40

 

3分バイブルボイス 


何という主のあわれみなのか

2022-03-28 00:01:02 | エレミヤ書

 

エレミヤ書31:34

わたしは彼らの咎を赦し、彼らの罪を二度と思い出さないからだ。

 

相手が自分に対して犯した過ちを赦したことがありますか。

それならば立派です。

 

しかし未だに赦すことが出来ず、心の中で思い続けていますか。

罪を赦さないと、それが自分の中で心の重荷になります。

 

重荷を負って生きることはしんどいです。

心が平安にはならないです。

 

もし神がすべての人を常に思いながら生きるならば、神の心は地獄になっていると思います。

 

神はまず憐れむことを考えます。

赦すことを考えます。

愛することを考えます。

 

私たちが信じる神はそのような方です。

 

私たちがちりに過ぎないことを知って憐れんでおられる方です。

こんな方が他にいるでしょうか。

 

ですから私たちは絶えずこの神に感謝をささげないといけないです。

主の憐れみと恵みと赦しによって生かされているからです。

 

【関連聖句】

エゼキエル書33:11

彼らにこう言え。『わたしは誓って言う。──神である主の御告げ──わたしは決して悪者の死を喜ばない。かえって、悪者がその態度を悔い改めて、生きることを喜ぶ。悔い改めよ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ。なぜ、あなたがたは死のうとするのか。』

 

【聖書通読】

-友達に対するヨブの答え-

  • ヨブ記12:1-25

 

3分バイブルボイス 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106