今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

一年の感謝を主にささげる

2021-12-31 00:01:11 | 詩篇

 

詩篇23:1-6

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。私の杯は、あふれています。

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。

 

一年間守って下さった主に感謝をささげることは、主が喜ぶことです。

 

恵みを受けたならば、きちんと主に礼儀をもって感謝をささげることです。

 

人間同士でも感謝する人と感謝しない人、どちらが好きですか?

どちらが心の温かい人だと思いますか?

 

神から受けた恵みと守り、助けを思い出してみて下さい。

 

息をして生きているのもすべて主の恵みです。

あらゆる災いや事故から守られたのも、自分が偉いからではなく、目に見えない主の守りがあったからですね。

 

必要なすべてのものが与えられて、乏しいことがなかったのも主の恵みです。

 

主は良き羊飼いで、いつもと変わらない愛を持って導き守って下さいました。

朝ごとに新しい恵みを与えて下さったので感謝をささげます。

 

何と愛と恵みに溢れる方か分かりません。

この方が自分の主であることが一番の力であり、慰めです。

 

一年間守って下さった主に栄光と賛美と感謝をささげます。

 

詩篇91:14-16

彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。

彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。

わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。

 

【祈り】

主よ。すべての良いものは主から来ました。主の豊かな恵みを心から感謝します。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-感謝-

  • 詩篇136:1
  • 第1歴代誌23:30
  • 詩篇28:7

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

迫害が来た時には

2021-12-30 00:02:51 | マタイの福音書

 

マタイの福音書10:18-19

また、あなたがたは、わたしのゆえに、総督たちや王たちの前に連れて行かれます。それは、彼らと異邦人たちにあかしをするためです。

人々があなたがたを引き渡したとき、どのように話そうか、何を話そうかと心配するには及びません。話すべきことは、そのとき示されるからです。

 

キリストご自身も迫害によって十字架につけられました。

主に従った者たちも、多くの迫害を受けました。

 

なぜ迫害を受けるでしょう?

 

主の敵であり、信じる者の敵であるサタンによるものです。

サタンが一番恐れる相手は、キリストとキリストを信じる者です。

 

自分よりも強いし、自分の正体をよく知っているし、すでにキリストに負けたからです。

キリストを殺せば、すべてが終わると思いましたが、キリストは死後三日目に死から復活したので、その時にサタンは自分が負けたことを知りました。

 

それで、それからは信じる者たちを消そうと迫害を行っています。

主はこれらのことが起こることも知っていたので、私たちに必要なことばを与えて下さいました。

 

今日のことばも聖霊が共にいて話すべきことばを与えると語って下さいました。

他のことばも紹介します。

 

ヨハネの福音書16:33

わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは、世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。」

 

第1ヨハネ4:4

子どもたちよ。あなたがたは神から出た者です。そして彼らに勝ったのです。あなたがたのうちにおられる方が、この世のうちにいる、あの者よりも力があるからです。

 

【祈り】

主よ。迫害がある時には力を与えて下さり、信仰を守り通すことが出来ますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-なぜ迫害があるのか-

  • ヨハネの福音書15:18
  • 使徒の働き14:22
  • 第2テモテ3:12

 

3分バイブルボイス   


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

何も思い煩うな

2021-12-29 00:01:36 | ピリピ

 

ピリピ4:4-7

いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。

あなたがたの寛容な心を、すべての人に知らせなさい。主は近いのです。

何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。

そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。

 

主から言われたことばに私たちがすべて従順するならば、私たちの生活はどう変わるでしょうか?

 

思い煩いから解放され、感謝と喜び、平安に満ちた生活になると思います。

 

神は主のことばに従う者には恵みを備えておられます。

しかし従わない人はその不従順によって恵みを受けられないです。

 

神を信じると告白する者の中にも、自分の思いが優先で、神のことばを無視して生きる時が多いです。

自己憐憫が強いです。

 

苦しみ、悲しみ、心配があると一日中、そればかり思い巡らしながら悲劇のヒロインになってしまいます。

 

神に頼らないで、環境や人を見て、ため息や怒り、否定的なことばを使います。

日常生活にあまりにも縛られている者たちに主が語ったことばです。

 

マタイの福音書6:31-34

そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。

こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。

 

このことば通りに従ってみて下さい。

そして箴言にあるように求めてみましょう。

 

箴言30:7-9

二つのことをあなたにお願いします。私が死なないうちに、それをかなえてください。

不信実と偽りとを私から遠ざけてください。貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。

私が食べ飽きて、あなたを否み、「主とはだれだ」と言わないために。また、私が貧しくて、盗みをし、私の神の御名を汚すことのないために。

 

【祈り】

主よ。心が肉の思いや感情に振り回されることなく、みことばに従う者になりますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-思い煩いー

  • 第1ペテロ5:7
  • ヨハネの福音書14:1-2
  • 詩篇107:6-7

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

永遠に朽ちることのない希望

2021-12-28 00:03:20 | ヨハネの福音書

 

ヨハネの福音書11:25-26

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。

また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」

 

『世界人口白書2021』によると、世界の総人口は78億7500万人です。

2050年には97億人に達すると予測しています。

 

アフリカとアジアを中心に増加していますが、日本は毎年減っています。

死なないから人口が増え続けるのではなく、生まれた人間はいつか必ず死にます。

 

へブルにあることばです。

『そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている。』

 

このことばは真理です。

 

しかし復活の初穂になったキリストを信じる者には特別な祝福が用意されてあります。

キリストのように復活の恵みを受けるようになります。

 

ヨハネの福音書5:24

まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。

 

主は死から復活しましたので、いのちがありました。

主は聖書の中で、主にあって死んだ者を「眠っている」と言われました。

 

そして信じて復活の主を待ち望む者に最大の喜びの日が来ます。

まだこの日は来ていないですが、主の約束のように必ず来ます。

 

第1コリント15:51-52

聞きなさい。私はあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみな、眠ることになるのではなく変えられるのです。

終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちにです。ラッパが鳴ると、死者は朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。

 

きっと世界中が大騒ぎする日になると思います。

その日に恵みを受ける者になりたいです。

 

【祈り】

主よ。人のために用意した主の恵みを多くの人が受けますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-希望-

  • 使徒の働き24:15
  • ローマ5:5
  • ローマ8:24

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

救いと永遠のいのちの祝福

2021-12-27 00:01:30 | 使徒の働き

 

使徒の働き4:12

この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人に与えられていないからです。」

 

あなたはイエス・キリストを知っていますか?

聞いたことがありますか?

または信じていますか?

 

初めて聞く人もいれば、何回か聞いたことがあるかも知れないです。

 

イエス・キリストについて聞くことは、神からの良い知らせを聞いていることになります。

聖書のローマにあることばです。

 

ローマ10:9-17

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。

聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。

「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

 

しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。

遣わされなくては、どうして宣べ伝えることができるでしょう。次のように書かれているとおりです。「良いことの知らせを伝える人々の足は、なんとりっぱでしょう。」

しかし、すべての人が福音に従ったのではありません。「主よ。だれが私たちの知らせを信じましたか」とイザヤは言っています。

そのように、信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。

 

この方を自分の救い主として信じるならば罪赦され救われます。

そして永遠のいのちの祝福を受けます。

 

死んだ後に地獄ではなく、天国です。

これは偽りではなく真実なことばです。

 

【祈り】

主よ。まだ救われていない多くの人々が主を信じて救われますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-救い-

  • 詩篇62:1
  • イザヤ書12:2
  • ヨハネの福音書3:16

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106