今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

見張りとしての使命

2022-08-05 00:02:45 | エゼキエル書

 

エゼキエル書12:2

「人の子よ。あなたは反逆の家の中に住んでいる。彼らは反逆の家だから、見る目があるのに見ず、聞く耳があるのに聞こうとしない。

 

預言者は見張りとしての使命を、神から受けた人です。

エゼキエルも主から次の使命を受けました。

 

エゼキエル書3:17

「人の子よ。わたしはあなたをイスラエルの家の見張り人とした。あなたは、わたしの口からことばを聞くとき、わたしに代わって彼らに警告を与えよ。

 

預言者は当然人々が「神からのことばだから耳を傾けて聞くだろう」と期待しますが、神はあなたが伝えても、彼らは聞かないとはっきりと語りました。

 

それを知っていながら、なぜ見張りをさせ、神のことばを伝えるようにしたでしょうか?

次のことばが理由を教えています。

 

エゼキエル書33:2-6

「人の子よ。あなたの民の者たちに告げて言え。わたしが一つの国に剣を送るとき、その国の民は彼らの中からひとりを選び、自分たちの見張り人とする。

剣がその国に来るのを見たなら、彼は角笛を吹き鳴らし、民に警告を与えなければならない。

だれかが、角笛の音を聞いても警告を受けないなら、剣が来て、その者を打ち取るとき、その血の責任はその者の頭上に帰する。

角笛の音を聞きながら、警告を受けなければ、その血の責任は彼自身に帰する。しかし、警告を受けていれば、彼は自分のいのちを救う。

しかし、見張り人が、剣の来るのを見ながら角笛を吹き鳴らさず、そのため民が警告を受けないとき、剣が来て、彼らの中のひとりを打ち取れば、その者は自分の咎のために打ち取られ、わたしはその血の責任を見張り人に問う。

 

神の民として選ばれた者が、見張り人からの警告を無視するならば、それは神への反逆の態度です。

警告を無視した人が血の責任を負うことになります。

 

【関連聖句】

エゼキエル書7:9

わたしは惜しまず、あわれまない。わたしがあなたの行いに仕返しをし、あなたのうちの忌みきらうべきわざをあらわにするとき、あなたがたは、わたしがあなたがたを打っている主であることを知ろう。

 

【聖書通読】

-キリストに従う-

  • エペソ5:1-20

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

反逆の家と呼ばれたユダ

2022-07-31 00:00:39 | エゼキエル書

 

エゼキエル書12:2

「人の子よ。あなたは反逆の家の中に住んでいる。彼らは反逆の家だから、見る目があるのに見ず、聞く耳があるのに聞こうとしない。

 

齢を取るとだんだん視力と聴力が衰えてきます。

 

よく見えなかったり、よく聞こえなかったりします。

不便さを感じます。

 

体のことは仕方ないですが、霊の目と耳が悪くなることだけは止めないといけないです。

ますますその部分が鋭くならないといけないです。

 

本文は霊的に鈍くなって主に逆らっている民を見て、預言者エゼキエルに神が語ったことばです。

反逆の家とは、神の言葉に従わないユダを指しています。

 

神から特別に選ばれたユダは、そのことを喜んで選民意識は強かったですが、中身は何もなく神に逆らってばかりでした。

それで神は、彼らを「反逆の家」と呼びました。

 

しかし彼らだけが反逆の家でしょうか?

神の目には全世界が反逆の家に見えると思います。

 

神を知っているユダでさえ神に逆らっているので、神を知らない人々が神に従うことはないですから。

みんな自分勝手に歩んでいるだけです。

 

主のことばをよく聞く耳と、キリストから目を離さない人は幸いだと思います。

 

【関連聖句】

テトス1:16

彼らは、神を知っていると口では言いますが、行いでは否定しています。実に忌まわしく、不従順で、どんな良いわざにも不適格です。

 

【聖書通読】

-エルサレムでの証-

  • 使徒の働き5:1-8:3

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いつまで悔い改めないのか

2021-07-16 00:02:59 | エゼキエル書

 

エゼキエル書14:6

それゆえ、イスラエルの家に言え。神である主はこう仰せられる。悔い改めよ。偶像を捨て去り、すべての忌みきらうべきものをあなたがたの前から遠ざけよ。

 

エゼキエルは、他のユダヤ人と一緒にバビロンの捕虜として連れて行かれた所で、神に召され預言者になりました。

 

なぜユダヤ人はバビロンに連れて行かれたでしょうか。

 

彼らの一番の罪は偶像崇拝でした。

神を信じると言いながら、他の神々も一緒に信じていました。

 

主は預言者たちを度々送り、彼らが罪を悔い改めるように言いましたが聞かなかったので、敵の手に渡しました。

 

バビロンに連れて来られた時に彼らは自分たちの罪によって、災いが自分たちに降りかかったことを悟って悔い改めなければならなかったのに、頑なな心を持って悔い改めることはしませんでした。

 

ですから神はエゼキエルを立てて悔い改めるように警告しました。

しかし残念ながら彼らは聞き入れませんでした。

 

悔い改めるならば回復が起こりますが、いつまでも悔い改めないならば、さらに厳しい災いが来ることを知らなければなりません。

 

全世界に及んだコロナの中で人々は何を悟ったでしょうか。

神が人々に一番願っていたのは、人々が悔い改めることでした。

 

【祈り】

主よ。罪を忌み嫌い、罪から離れる者になりますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-悔い改め-

  • 第2歴代誌7:14
  • 箴言28:13
  • ルカの福音書15:7

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イスラエルの回復

2020-11-30 00:01:01 | エゼキエル書

 

エゼキエル書28:25

神である主はこう仰せられる。わたしがイスラエルの家を、散らされていた国々の民の中から集めるとき、わたしは諸国の民の目の前で、わたしの聖なることを示そう。彼らは、わたしがわたしのしもべヤコブに与えた土地に住みつこう。

 

主は選民であるユダヤ人を世界に散らすことも預言し、その通りになり、国がなくなり、ユダヤ人は世界に散らされ、多くの国々でのけ者にされ、迫害を受けました。

 

特にユダヤ人を憎んだヒトラーによって600万人のユダヤ人がガス室に送られ殺されました。

 

2千年近く国がなかったので、イスラエルという国が再び建国され、ユダヤ人が元のところに戻って来るということは人間の常識では不可能でした。

 

しかし神の計画があるならば、誰もそれを止めることは出来ないですね。

 

1948年5月14日。世界の人々は驚きの目でイスラエルが建国するのを見ました。

これは人間の力ではなく、神の預言が実現されたことでした。

 

神の時に、神のみわざによって国が再び生まれました。

世界の中でもこのような例は存在しません。

 

イスラエルだけにあることで、これからもこのようなことは起こりません。

 

神はご自分の約束も、ユダヤ人も忘れたことはありませんでした。

遅くても神の約束は必ず成就します。

 

【祈り】

主よ。神は真実な方なので約束したことは必ず守る方ですね。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-イスラエルの回復-

  • ローマ11:25-29
  • エゼキエル書28:25-26

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さばきは神の教会から

2020-08-22 00:00:19 | エゼキエル書

 

エゼキエル書8:6

この方は私に仰せられた。「人の子よ。あなたは彼らのしていることが見えるか。イスラエルの家は、わたしの聖所から遠く離れようとして、ここで大きな忌みきらうべきことをしているではないか。あなたはなおまた、大きな忌みきらうべきことを見るだろう。」

 

神の聖所は神の家です。

そこでは神に聖なる礼拝をささげ、神を崇める神聖な場所です。

 

そこで聖所を汚し、神が忌み嫌うことを行っているならば、神はどんな気持ちになると思いますか。

 

聖所に入って礼拝をささげる人たちは問題がないように見えたと思います。

 

しかし神は人の心と思いを見ておられる方です。

体はそこにいても、心がそこにおらず、形式的に礼拝をささげる人も神は見ておられます。

 

神は形だけの礼拝を忌み嫌います。

悪の心で、罪の姿のままそこにいるのは神の聖所を土足で上がったことと同じです。

 

現代の教会も神がおられない教会が多いです。

なぜなら自分たちが主人で、神を主としてあがめることをせず、利用しているからです。

 

主はすべてを知っています。

そして必ず裁くと語ります。

 

第1ペテロ4:17

なぜなら、さばきが神の家から始まる時が来ているからです。さばきが、まず私たちから始まるのだとしたら、神の福音に従わない人たちの終わりは、どうなることでしょう。

 

【祈り】

主よ。炎のような目で教会を見ておられる神を恐れます。教会をきよめて下さい。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-忌み嫌うことー

  • 申命記17:3-4
  • 申命記13:14
  • 箴言6:16-19

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106