今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

自分が招いた災いなのに顔をそむける

2022-08-25 00:02:13 | ヨナ書

 

ヨナ書1:6

船長が近づいて来て彼に言った。「いったいどうしたことか。寝込んだりして。起きて、あなたの神にお願いしなさい。あるいは、神が私たちに心を留めてくださって、私たちは滅びないですむかもしれない。」

 

ヨナの不従順によって海に激しい暴風が起こり、船が難破しそうになったので、船にいる人々は船に積んだお金になるものまでも捨てて、自分たちのいのちを守ろうと必死でした。

 

ヨナ自身は暴風が起きた時に、自分の不従順に対して神が送った暴風であることを何となく感じていたと思います。

 

しかしヨナは悔い改めて立ち返ったのでもなく、死なせたいならば好きにして下さいという思いで寝込んでいました。

根性ある性格だと思います。

 

そこに船長が来てヨナに話したことばは、ヨナを霊的眠りから目覚めさせる主の声でもありました。

『神にお願いしなさい。』と異邦人の口から言われました。

 

信仰あると言いながら、神のことばに不従順する人は恥を受けます。

不信仰は人に益をもたらすのではなく、反対に災いをもたらします。

 

私たちはヨナのように不従順によって神と人を煩わせる者にならないで、従順して神を喜ばせ、人の役に立つ者になりましょう。

 

【関連聖句】

第2テモテ3:5

見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。

 

【聖書通読】

-再臨の前に起こること-

  • 第2テサロニケ2:1-12

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

惜しむべきものを知らない人間

2021-11-24 00:02:38 | ヨナ書

 

ヨナ書4:10-11

主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。

まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」

 

自己愛の強いヨナにとってニネベの人たちが助かったことは嬉しいことではなく、腹が立つことでした。

神の手によってすべての人が滅ぼされてほしいと願っていました。

 

ですから彼は多くの人間のいのちは惜しまず、とうごまが枯れたことを惜しんでいました。

暑かったからです。

 

このように、とうごまのように価値のないものを惜しむ者がどんなに多いか分からないです。

 

わずかなお金のために人を殺します。

イライラしたから殺したという人たちもいます。

人間のいのちを粗末に考えている者も多いです。

 

しかし神はどうでしょうか?

造られた被造物の中で、神が一番愛するのは人間です。

 

人間は神の愛を知らず関心もないですが、神は人間をとても愛し、誰も滅びて欲しくないと願っておられます。

神の豊かな愛と人間の愛のなさは比べ物にもならないです。

 

人のいのちを大切に思う神から私たちも見習わないといけないです。

 

【祈り】

主よ。主の目に見える人間は本当に腐敗していますね。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-心-

  • 箴言12:20
  • マタイの福音書5:7-9

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魚の苦労

2020-11-15 00:02:23 | ヨナ書

 

ヨナ書2:10

主は、魚に命じ、ヨナを陸地に吐き出させた。

 

神の命令に従わず、反対の道に逃げて行ったヨナは、海で神が送った嵐に会い、海に投げ出されました。

助かる可能性はゼロなのでヨナも死を覚悟しました。

 

しかし神は彼のために大きな魚を備えて、ヨナを呑み込ませました。

ヨナは三日三晩、魚の腹の中にいました。

 

ヨナにとって魚の腹の中は耐えられないほど苦しい場所でした。

狭くて暗い場所、息が詰まるような場所でした。

 

胎児であるならば陽水の中でも呼吸ができますし、栄養も摂れます。

 

しかし人間は水の中では息ができず死にます。

 

あり得ないような状況の中にヨナがいましたが、よく考えるならばヨナよりも魚のほうが苦しかったと思います。

 

腹の中に大きな人間が入っていて餌として食べることも出来ず、三日間は食わずの日々を送ったと思います。

 

神から食べてはならないと魚は命じられたと思います。

それに従ったのでヨナの命は守られました。

 

ヨナの悔い改めの祈りを聞いて神は魚に命じました。

 

陸地に吐き出しなさいと。

これも魚にとっては命懸けです。

 

大きな魚は広い海で生きるので陸地に近づくことはとても危険です。

戻ることが難しいからです。

 

しかし魚は神の命令に従い、ヨナを吐き出しました。

 

これらのことは人間の常識では考えられないことです。

 

しかし神は私たちの理解を遥かに超えたことをなさる方です。

不可能がない方です。

 

人間以外のほかの生き物は神のことばに聞き従います。

 

従わなかったヨナと従った魚を比べてみて下さい。

 

【祈り】

主よ。人間ほど言うことを聞かない者は存在しません。罪深い人間を赦して下さい。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-神のあわれみ-

  • ネヘミヤ記9:17
  • 詩篇107:8
  • 詩篇145:8-9

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どこまでもあわれみ深い主の心

2020-07-21 00:02:53 | ヨナ書

 

ヨナ書4:11

まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」

 

剣を持つ者と剣を持たない者、どちらが自分を抑えるのが難しいと思いますか。

 

剣を持つ者が自分を抑えることが難しいです。

 

手に武器があり、自分に力がある時は、自制することが本当に難しいです。

力があると使いたくなります。

 

ですから悪い者が権力の座に着くと、権力を振るって、自分の政敵を殺害、人権弾圧、不正な富を蓄積したり、戦争などを起こしたりします。

 

やりたい放題の場合が多いです。

 

神には何でも出来る力があります。

ことば一つで世界を造った神は、ことば一つで世界を破壊することも出来ます。

 

コロナウイルス一つでも神は全人類を絶滅させることが出来ます。

 

さらに神には人間が想像も出来ない大きな力があります。

それは愛と憐れみと赦しの力です。

 

人類が滅ぼされなかったのは、愛と憐れみと赦しの力を神が使ったからです。

 

詩篇78:37-38

彼らの心は神に誠実でなく、神の契約にも忠実でなかった。

しかし、あわれみ深い神は、彼らの咎を赦して、滅ぼさず、幾度も怒りを押さえ、憤りのすべてをかき立てられはしなかった。

 

神は罪深いニネベの町を滅ぼす計画でしたが、彼らが断食しながら悔い改める姿を見て、彼らに対するあわれみの心で、滅ぼさず赦しました。

 

今も国や民族を滅ぼす計画を神が立てたとしても、心から悔い改めて主に立ち返るならば、神は憐れんで下さり、思い直して下さいます。

 

【祈り】

主よ。神の憐れみと愛は天よりも広いです。私も主の憐れみによって救われた者です。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-憐れみ-

  • 詩篇86:15
  • 出エジプト記34:6
  • 詩篇25:6

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いのちを惜しむ神様

2020-02-25 00:02:22 | ヨナ書

 

ヨナ書4:10-11

主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。

まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」

 

中南米で殺人の犠牲者は一日400人以上と聞きました。

戦争が起こっているわけでもないのに、平気に人を殺す人があまりにも多いです。

 

日本でも年間数百人の人が殺されています。

 

他人のいのちを簡単に奪う行為は赦される行為ではないです。

 

自分のいのちは惜しむのに、他人のいのちに対しては惜しむ心がないのは、愛がなく利己心だけだからです。

 

神はいのちを惜しむ方であり、人にいのちを与えた方です。

 

神は、悪者であってもそのいのちを虫けらのように扱う方ではなく惜しむ方です。

 

罪人が滅びの道から立ち返る時の主の喜びをこのように語って下さいました。

 

ルカの福音書15:7

あなたがたに言いますが、それと同じように、ひとりの罪人が悔い改めるなら、悔い改める必要のない九十九人の正しい人にまさる喜びが天にあるのです。

 

神様が信じる者に対して「全世界に出て行って福音を宣べ伝えなさい。」と語った理由は罪人たちが滅びることなく、永遠のいのちを得てほしいからです。

 

いのちを愛する主の愛を私たちも学ぶことです。

 

【祈り】

主よ。もっともっと人のいのちを大切に思うものになりますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-いのち-

  • 創世記19:17
  • 申命記30:20
  • 詩篇34:12

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106