今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

神の癒し

2020-09-15 00:02:41 | 民数記

 

民数記21:9

モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の蛇を仰ぎ見ると、生きた。

 

これだけを読むと世の人たちは誰かが書いた物語だと思うかも知れません。

 

蛇にかまれた者が青銅の蛇を見上げるだけで癒されるわけがないでしょうと。

しかし実話であって物語ではないです。

 

その前に何があったでしょうか。

 

430年もエジプトで奴隷生活をしていたイスラエルの民を、神はモーセを遣わして、そこから連れ出しました。

エジプトに十の災害を下し、神に負けたパロがイスラエルの民を解放しました。

 

しかし何度も神につぶやいた民のことで神は彼らを40年間荒野で訓練しました。

 

その間もつぶやくことが多かったですが、この時も神とモーセに逆らって言いました。

 

民数記20:4-5

なぜ、あなたがたは主の集会をこの荒野に引き入れて、私たちと、私たちの家畜をここで死なせようとするのか。

なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから上らせて、この悪い所に引き入れたのか。ここは穀物も、いちじくも、ぶどうも、ざくろも育つような所ではない。そのうえ、飲み水さえない。」

 

このことばを聞いた主は怒りをもって民の中に燃える蛇を送り、蛇がかみついたので、多くの者が死にました。

 

彼らのためにモーセが神に祈り、神の命令で造ったのが青銅の蛇でした。

かまれた者が信じて青銅の蛇を見上げるとその者は生きましたが、信じなかった者は死にました。

 

この青銅の蛇は後に来られるイエス・キリストの十字架を現すものでした。

イエス様がそのことを語りました。

 

ヨハネの福音書3:14-15

モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。

それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

 

【祈り】

主よ。主の十字架を見上げる者に恵みを注いで下さり感謝します。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-いやしー

  • マルコの福音書1:42
  • マルコの福音書10:46
  • 使徒の働き28:8

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事をはてなブックマークに追加

これこそが私たちに必要な態度

2020-01-13 00:02:47 | 民数記


民数記9:22

二日でも、一月でも、あるいは一年でも、雲が幕屋の上にとどまって去らなければ、イスラエル人は宿営して旅立たなかった。ただ雲が上ったときだけ旅立った。

主と共に歩む人、主を恐れる人、主をいつも見つめている人は一人で歩むことはしません。

いつも主がその人と共にいます。

主はその人を導きます。

主は人生の最高の司令官であり、人生の道で最高に素晴らしいガイドでもあります。

屋久島でガイドをしているアメリカ人女性のことをテレビで見ました。

アメリカの名門大学を出て日本に留学していた時に屋久島の魅力に取りつかれ、勉強してガイドの資格を取って観光客をガイドしていました。

山のことをとても詳しく知っていました。

どこが危険なのか、どこで休むべきか、どこに何があるかをよく知っていました。

屋久島は慣れていない人が一人で行く場所ではないですね。

ですから熟練したガイドが必要です。

エジプトから出たイスラエルの民は荒野の道を歩いたことがありませんでした。

勝手な行動は命取りになります。

ですから彼らは神だけが頼りでした。

神の導きがあったので、40年間の荒野でも守られ、カナンの地に入ることが出来ました。

自分の人生を神のガイドに従って歩むならば、人生に迷うことはないと思います。

どこに向かって行くのかを知らずに歩むこともないと思います。

【祈り】

主よ。いつも主に合わせて生きる者になり、主と共に歩む者になりたいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-従順-

  • 創世記26:5
  • 第1列王記9:4
  • イザヤ書1:19

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


この記事をはてなブックマークに追加

恩を忘れた者たちの言動

2020-01-11 00:01:07 | 民数記


民数記14:4

そして互いに言った。「さあ、私たちは、ひとりのかしらを立ててエジプトに帰ろう。」

 

謙遜な人は決して恩を忘れず、それに対していつまでも感謝します。

 

しかしすぐに恩を忘れる人は高慢な人です。 

それは神に対しても人に対しても同じです。

 

神の恩を忘れることはもっと悪いです。 

それは神に対する不信仰だからです。

 

神はいつもイスラエルに対して恵みを注ぎ、指導者モーセは神のことばに従って献身的に神と民に仕えました。

 

しかし苦しい奴隷生活から解放されたイスラエルの民の姿は恩知らずの者でした。 

ちょっとしたことですぐに不満を口にし、逆らいました。

 

逆らう者たちのつぶやきのことばはすぐに広がり、みんなが同じつぶやきのことばを話しました。 

神に対してとんでもないことばまでも口にしました。

 

つぶやきや不信仰のことばには感謝が存在しません。 

神からの恵みをたくさん受けたにもかかわらず、平気に不信仰のことばを語る恩知らずの者になります。

 

これが私たちの姿かも知れないです。

 

信仰ある人は神からの恵みをいつまでも忘れず、いつも感謝します。

 

【祈り】

主よ。恩を忘れた者にはなりたくないです。主の恵みをいつも覚えたいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-恩知らずの者-

  • 民数記14:3
  • 詩篇78:17-19

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事をはてなブックマークに追加

罪を転嫁する悪者

2019-10-27 00:01:00 | 民数記


民数記16:11

それだから、あなたとあなたの仲間のすべては、一つになって主に逆らっているのだ。アロンが何だからといって、彼に対して不平を言うのか。」

 

国民は共同体です。 

運命を共にする共同体です。

 

しかしある人たちが自分のエゴと理念を国民に押しつける時に、大きな混乱と問題が生じます。

 

また貪欲な心と妬みで、仲間を非難する時に共同体の中に争いと分裂が生じます。 

そして社会全体に悪影響を与えることがよくあります。

 

自分たちの本心を隠して、人々を自分たちのエゴと理念で扇動し、惑わします。 

これは大きな罪です。

 

しかしその人たちは罪を罪とも思わず、誰かの悪口を言い、誰かのせいにして、自分たちの罪を隠し、目的を果たそうとします。

 

自分の罪を転嫁するのは一番の悪者だと思います。 

良心が麻痺した人間です。

 

この人たちは救いのチャンスまで逃しています。   

 

【祈り】

主よ。罪から離れる者になります。認めて悔い改める者になります。


【聖句をノートに書きましょう】

-悪者-

  • 詩篇10:13
  • 詩篇11:6
  • 箴言11:21

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事をはてなブックマークに追加

知恵と力と勇気のあるカレブ

2019-05-04 00:01:38 | 民数記


民数記13:30

そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから。」

 

各部族の代表者12人がモーセに遣わされてカナンの地を探りに行きました。 

正しい情報を得るためでした。

 

ですから探りに行った人たちには、何よりもまず鋭い洞察力と正しい判断を下す知恵が必要でした。

 

そして知恵だけでは不足です。 

実行しない知恵は役に立たない知恵に過ぎません。

 

正しい情報を得たならば、後は実行に移すための行動力と勇気が必要になります。 

 

同じものを見て帰った12人の中で10人は否定的な報告をして民を絶望させました。 

否定的な報告を聞いた人々は絶望して不平不満を口にしました。

 

しかし、カレブとヨシュアだけは肯定的な報告をしました。 

二人は「神の約束通りの良い地であるから上って行こう」と言いました。

 

 

昔聞いた話です。 

靴を作る会社で二人の営業の人をアフリカに送りました。

 

市場開拓のための情報を得るために二人は行きました。 

帰って来て二人が報告をしましたが、正反対の報告でした。

 

一人の報告は「彼らは靴をはく習慣がないので靴を売るのは無理ですね。」

もう一人の報告は「彼らは誰も靴を履いてないので、たくさん売れると思います。」

 

後の意見が受け入れました。 

靴を履く習慣がなかった人々が靴を履くようになりました。

 

カレブは神のことばを信じ、可能性を見ました。

 

そして挑戦して、結局はカナンの地を占領しました。

 

神の言葉に従順する人は誰もが主から祝福を受けます。

 

【祈り】

主よ。物事を正しく判断する知恵を与えて下さい。


【聖句をノートに書きましょう】

-主のことばを聞く-

  • イザヤ書1:10
  • 第1サムエル記15:22
  • ヨハネの福音書14:21

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


この記事をはてなブックマークに追加

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106