今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

何が一番大切ですか

2021-09-02 00:03:05 | イザヤ書

※記事下にPRがありますのでご覧ください

 

イザヤ書55:1

ああ。渇いている者はみな、水を求めて出て来い。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。さあ、金を払わないで、穀物を買い、代価を払わないで、ぶどう酒と乳を買え。

 

人々の価値観はそれぞれ違います。

それによって大切にするものも違います。

 

私たちが所有するものがすべて大切なものではないです。

時と場所によって大切なものも変わります。

 

砂漠を旅する人にとって何よりも大切なものは水です。

寒い所では体を暖めるものがないと低体温でいのちを落とします。

飢饉の時は食べ物が一番です。

病気になると健康が一番大切であると気付きます。

 

霊の飢え渇きを感じたことがありますか?

聖書にある「伝道者の書」は、最高の知恵を持ったソロモン王が書きました。

ソロモン王は次のように言いました。

 

伝道者の書1:14

私は、日の下で行われたすべてのわざを見たが、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。

 

ソロモン王はすべてのものを手に入れましたが、失ったものがありました。

堕落し、神との良い関係を失いました。

 

そしてどんなに贅沢な生活をしたり快楽に更けても心が満たされませんでした。

 

それで彼は『空は空。すべては空。』と嘆きましたが、苦しみの後に彼は何が一番大切であるかに気付きました。

そしてこのように語りました。

 

伝道者の書12:13-14

結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。

神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。

 

まことの神という存在が私たち人間にとって一番大切な存在です。

 

神は渇いている者を呼んでいます。

 

無償で恵みと救いと命を与える方です。

霊的祝福を与えて下さる方です。

 

【祈り】

主よ。主は私の渇いた心をいのちで満たして下さいました。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-大切なもの-

  • ルカの福音書12:15
  • ヨハネの福音書6:27
  • ヨハネの福音書6:33

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

高慢な者を見て語った主のことば

2021.8 31配信分(字幕あり) 人間は主の手にあるもので、誇れるものは何も持ってないです。 むしろ祝福して下さった神に感謝と栄光をささ...

youtube#video

 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すべてを成就させる神

2021-08-05 00:02:56 | イザヤ書

 

イザヤ書14:24

万軍の主は誓って仰せられた。「必ず、わたしの考えたとおりに事は成り、わたしの計ったとおりに成就する。

 

神の真実さと偉大さと全能なる力とは、すべてを計画した通りに成就することで証明されています。

神には失敗がないです。

 

人間を憐れんで神が時を延ばしたり、思い直したりする場合はありますが、それは力がないからではないです。

 

ニネベの町を滅ぼすと語りましたが、彼らが断食しながら悔い改めたことで、神は彼らを赦し、滅ぼすことはしませんでした。

主の再臨の約束に対してもこのように言われました。

 

第2ペテロ3:9

主は、ある人たちがおそいと思っているように、その約束のことを遅らせておられるのではありません。かえって、あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。

 

ハバクク書2:3

この幻は、定めの時について証言しており、終わりについて告げ、まやかしを言ってはいない。もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。

 

【祈り】

主よ。全能なる神を信じることが本当に祝福だと思っています。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-成就-

  • エレミヤ書33:2-3
  • ローマ4:21

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

悪者に対してもあわれみ深い主

2021-06-21 00:01:04 | イザヤ書

 

イザヤ書55:7

悪者はおのれの道を捨て、不法者はおのれのはかりごとを捨て去れ。主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。

 

『義人はいない。ひとりもいない』神の前に罪のない人間はひとりもいないです。

しかしその中でも神が忌み嫌う悪を行う者がいます。

 

多くの人は、それなりにまともに生きようと頑張っていますが、ある人たちは平気に悪を行います。

人を騙し、滅ぼし、殺します。

 

悪者はサタンと同じことをします。

悪者によって被害を受ける人も多いです。

 

すると、悪者は消えてほしいという思いが沸いて来ます。

『あの者さえいなければ平和なのに、自由なのに、良くなるのに』と思われます。

 

しかし神は悪者さえも憐れむ方です。

彼らの罪は忌み嫌いますが、その者たちが死んでから行く地獄の悲惨さを思い、憐れみの心で、彼らが悪から離れて救われることを望んでおられます。

 

悪者たちは神の憐れみの心が分かるでしょうか。

きっと分からないと思います。

 

悪に夢中なので、神をも恐れません。

神の憐れみさえも蔑むと思います。

 

彼らは神の心を伝えた預言者たちを多く殺しました。

本当に主の憐れみは深いと思います。

 

【祈り】

主よ。私にも憐れみの心が必要です。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-主の声を聞くために-

  • ヤコブ1:22
  • 第1ヨハネ5:14
  • マタイの福音書7:24

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

こういう者になりたい

2021-05-23 00:01:25 | イザヤ書

 

イザヤ書61:10

わたしは主によって大いに楽しみ、わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ、花婿のように栄冠をかぶらせ、花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。

 

聖徒たちは主の恵みの中で生きています。

24時間、主の恵みで生きていることを自覚し、いつも主の恵みに対して感謝しなければなりません。

 

海のそばにいる人はその風景をいつも見ているので、海を見て感動することがあまりないです。

しかし海がない所にいる人は、海が見たくてわざわざ旅をし、海の光景を見て感動します。

 

私たちが24時間神の恵みを感じて生きているならば、いつも喜びと感謝が心にあり、神をたたえるものになります。

 

しかし、その恵みを忘れてしまうと、恵みの中にいてもそれを感じることが出来ないです。

恵みをいつも感じて感謝するためには、今あるものが次の瞬間に消えることを想像してみて下さい。

 

消えた後に気付くのではなく、消えたらどうなるかを考えると感謝を忘れないと思います。

その恵みを下さった主を心から喜ぶことが出来ます。

 

【祈り】

主よ。いつも主にあって喜ぶ者、感謝する者になりたいです。

 

【聖句をノ-トに書きましょう】

-花嫁-

  • 第2コリント11:2
  • ヨハネの黙示録21:2
  • ヨハネの黙示録21:9

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暗闇の中を歩む人々

2021-05-01 00:00:03 | イザヤ書

 

イザヤ書59:9

それゆえ、公義は私たちから遠ざかり、義は私たちに追いつかない。私たちは光を待ち望んだが、見よ、やみ。輝きを待ち望んだが、暗やみの中を歩む。

 

神が世界を創造した時、そこには闇しかありませんでした。

それで神は『光よ、あれ。』と仰せられると光が出来ました。

 

しかし人間が罪を犯した時から、世界は闇になりました。

闇の世界になると何が起こりますか。

 

公義が消えて、光を待ち望んでも光はなく、闇だけが満たされ、人々は闇の中を歩むようになります。

闇の世界では公義を期待することが難しく、救いの可能性もだんだん薄くなります。

 

神を裏切り、敵に捕らえられた人々の中から義や良いことを期待することは出来ないです。

暗闇の中を歩む者たちは、集まっては悪いことを企み、それを恥じることもしないです。

 

いま私たちが住む世界は、まさにそのような世界ではないでしょうか。

 

イエス様によって救われた人たちは闇の中を歩んではいけないです。

 

第1テサロニケ5:4-6

しかし、兄弟たち。あなたがたは暗やみの中にはいないのですから、その日が、盗人のようにあなたがたを襲うことはありません。

あなたがたはみな、光の子ども、昼の子どもだからです。私たちは、夜や暗やみの者ではありません。

ですから、ほかの人々のように眠っていないで、目をさまして、慎み深くしていましょう。

 

【祈り】

主よ。光の子どもらしく、光の中を歩みます。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-闇-

  • 詩篇112:4
  • ローマ13:12
  • ヨブ記10:21-22

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106