今日の「いのちのパンと祈り」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主の使いが運んだ食べ物

2023-07-27 00:00:22 | 列王記

 

第1列王記19:7-8

それから、主の使いがもう一度戻って来て、彼にさわり、「起きて、食べなさい。旅はまだ遠いのだから」と言った。

そこで、彼は起きて、食べ、そして飲み、この食べ物に力を得て、四十日四十夜、歩いて神の山ホレブに着いた。

 

聖書の中には不思議な食べ物が色々と出てきます。

 

一番はイスラエルの民が荒野生活の40年間、毎日食べたマナでした。

そして様々な食べ物の奇跡もありました。

 

また人間ではなく、他の生き物を使って人間に食べさせたこともありました。

 

ひどい挫折、絶望、虚無感に浸って自分の死を願っていた預言者エリヤを神様は見捨てず、彼に主の使いを送り、食べさせ、飲ませました。

 

気落ちしているエリヤを慰め、励ますために神様は御使いを送りました。

 

エリヤはそれまでほとんど食べ物を口に入れず肉体も疲れていたと思います。

ですから神様はまず彼に食べさせました。

 

エリヤは食べ物から力を得てやっと立ち上がりました。

そして神からの示された場所に向かって歩き出した時にどんどん回復していきました。

 

聖霊は私たちを助けるために共におられる方です。

私たちの弱さを助けるため、力を与えるために聖霊はおられるので、いつでも助けを求めましょう。

 

【関連聖句】

ヨハネの福音書14:16-18

わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。

その方は、真理の御霊です。世はその方を受け入れることができません。世はその方を見もせず、知りもしないからです。しかし、あなたがたはその方を知っています。その方はあなたがたとともに住み、あなたがたのうちにおられるからです。

わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは、あなたがたのところに戻って来るのです。

 

3分バイブルボイス 

【高慢】霊的高慢を避けなさい:箴言6章


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パンの奇跡

2022-08-17 00:00:01 | 列王記

 

第2列王記4:42-44

ある人がバアル・シャリシャから来て、神の人に初穂のパンである大麦のパン二十個と、一袋の新穀とを持って来た。神の人は、「この人たちに与えて食べさせなさい」と命じた。

彼の召使いは、「これだけで、どうして百人もの人に分けられましょう」と言った。しかし、エリシャは言った。「この人たちに与えて食べさせなさい。主はこう仰せられる。『彼らは食べて残すだろう。』」

そこで、召使いが彼らに配ると、彼らは食べた。主のことばのとおり、それはあり余った。

 

福音書の中には、イエス様が二度もパンの奇跡を起こしたことが記録されてあります。

 

永遠に存在する主は、旧約時代も同じ奇跡を起こしました。

いつでも神は奇跡を起こすことが出来る方です。

 

預言者エリシャは主からのことばを疑わず、そのまま信じました。

ですから奇跡が起こりました。

 

奇跡を行う神であっても、主のことばを聞く者が不信仰であるならば奇跡は起こりません。

主のことば通りになると信じる者に奇跡が起こります。

 

へブル11:6

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。

 

人の目に不可能なことでも、神の言葉通りになると信じる者は奇跡を体験します。

なぜ自分には奇跡が起こらないのかと神を疑うのではなく、自分の信仰に疑いがあるかどうかを、まず調べることです。

 

【関連聖句】

ヤコブ1:6-7

ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。疑う人は、風に吹かれて揺れ動く、海の大波のようです。

そういう人は、主から何かをいただけると思ってはなりません。

 

【聖書通読】

-高くあげられたキリスト-

  • コロサイ2:1-16

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

神の深い愛と導き

2022-05-13 00:01:08 | 列王記

 

第1列王記19:7-8

それから、主の使いがもう一度戻って来て、彼にさわり、「起きて、食べなさい。旅はまだ遠いのだから」と言った。

そこで、彼は起きて、食べ、そして飲み、この食べ物に力を得て、四十日四十夜、歩いて神の山ホレブに着いた。

 

神の深い愛を体験しないと、いくら聞いてもその愛が分かりません。

 

実際に愛を受けても、鈍くてその愛を感じない人も多いです。

また、自分が受けて当たり前と思う人間も神の愛を感じません。

 

エリヤが失意に陥った時に、神は彼に対して厳しいことはせず、御使いを遣わして世話をしました。

力を得て立ち上がるように優しく世話をしました。

 

倒れた人、失敗した人、失望した人を立ちあがらせるために世話するのも愛です。

 

愛はソフトですが、ものすごい力があります。

神は愛です。

 

ですから、取るに足りない私たちに対しても忍耐して世話をして下さいます。

赦して下さり、受け入れて下さいます。

 

私は苦難や問題の中で主に出会ったので、神の愛と憐れみをたくさん体験することが出来ました。

ですから神が愛であることを疑いません。

 

神の愛があるから幸せです。

 

【関連聖句】

第1コリント13:3

また、たとい私が持っている物の全部を貧しい人たちに分け与え、また私のからだを焼かれるために渡しても、愛がなければ、何の役にも立ちません。

 

【聖書通読】

-王たちの戦い-

  • ダニエル書11章

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

罪を悔い改めるならば

2021-08-27 00:02:29 | 列王記

※記事下にPRがありますのでご覧ください

 

第1列王記8:37-39

もし、この地に、ききんが起こり、疫病や立ち枯れや、黒穂病、いなごや油虫が発生した場合、また、敵がこの地の町々を攻め囲んだ場合、どんなわざわい、どんな病気の場合にも、

だれでも、あなたの民イスラエルがおのおの自分の心の悩みを知り、この宮に向かって両手を差し伸べて祈るとき、どのような祈り、願いも、

あなたご自身が、あなたの御住まいの所である天で聞いて、赦し、またかなえてください。ひとりひとりに、そのすべての生き方にしたがって報いてください。あなたはその心を知っておられます。あなただけがすべての人の子の心を知っておられるからです。

 

この内容はソロモン王のとりなしの祈りです。

 

あらゆる問題が生じた時に、人間は自分たちの力で何とかしようと悩みながら奮闘します。

うまくいかないと環境のせいや、誰かのせいにして諦めます。

 

しかし神の知恵をいただいたソロモン王は、祈りが一番の問題解決であることを知っていました。

戦争に負けた時、雨が降らない時の祈りは前の部分に出てきます。

 

飢饉や疫病、あらゆる災いがある時にも、神の前に出て祈ることが一番です。

なぜなら神が祈りを聞いて下さるからです。

 

神はあらゆるものを通して人間が神のみこころを悟ること、悔い改めること、罪から立ち返ることを願って、自然や人間、戦争などを通して人々が気付くようにします。

 

ですから神の前に出て、悔い改めるなら、助けを求めるならば、解決の道が開かれます。

 

【祈り】

主よ。いつでも罪を悔い改める者になりますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-悔い改める-

  • 詩篇38:18
  • エゼキエル書18:21-22
  • ルカの福音書15:7

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

私は苦しみの中にいます

2021.8 25配信分(字幕あり) 無理やり自分の感情を変えようとせず、恐れず神の前で自分の感情を全部表すことは良いことです。 神は黙って...

youtube#video

 

 

 おすすめページ ◆ 

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

良いものを求めたエリシャ

2021-06-02 00:03:00 | 列王記

 

第2列王記2:9

渡り終わると、エリヤはエリシャに言った。「私はあなたのために何をしようか。私があなたのところから取り去られる前に、求めなさい。」すると、エリシャは、「では、あなたの霊の、二つの分け前が私のものになりますように」と言った。

 

エリヤは偉大な預言者で、神のしもべとして偉大な働きもしました。

神が彼に力を与えたからです。

 

エリシャはエリヤに仕えていた者でした。

まだ彼にはエリヤのような力はありませんでした。

 

エリヤに仕えながら、エリヤを尊敬し、エリヤには有り、自分には無いものを見ていました。

 

そしてエリヤのような働きをするためには、霊の二つの分け前が必要であると感じていたと思います。

ですからエリヤのことばに対して、すぐに答えることが出来ました。

 

エリシャが求めたものは良いものでした。

良いものを求めたので受けることが出来ました。

 

コロサイ3:1-2

こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。

あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。

 

求めたのにいまだに受けてないものがあるならば、求めたものが上にあるものか地にあるものなのかを調べてみて下さい。

 

良いものならばいつか与えられます。

 

【祈り】

主よ。霊的なものが一番価値ある良いものですね。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-祝福-

  • 詩篇121:7-8
  • ヤコブ3:17
  • 第3ヨハネ1-2

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会   大阪府 東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F

・シャローム松山教会  愛媛県 松山市勝山町2-22-1 石丸ビル2F