今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主よ、憐れんで下さい

2022-09-11 00:02:08 | 歴代誌

 

第2歴代誌6:25

あなたご自身が天からこれを聞き、あなたの民イスラエルの罪を赦し、あなたが彼らとその先祖たちにお与えになった地に、彼らを帰らせてください。

 

どんな人間も主の憐れみなしに生きることは出来ないです。

 

神様にとって人間ほど厄介な存在はいないですね。

どんなに恵みを与えても、その恵みを知らないです。

 

神様の恵みなしで、自分の力や努力で生きてきたと、自分を誇る者が多いです。

神の存在など無視しながら生きています。

 

息するのも神の恵みであることが分かりますか。

努力するから息が出来ると言う人はいません。

 

息が出来るようにしているのが神の恵みです。

人間の体が動くのも努力からではなく、神の恵みです。

 

この恵みが神の憐れみです。

その恵みを与えないと息すら出来ないことを神様は知っています。

 

罪が赦されるのも神の憐れみです。

回復も癒しもすべて神の憐れみです。

 

毎日神の憐れみなしに生きることは出来ないと悟って、神の憐れみに感謝しましょう。

 

【関連聖句】

詩篇40:11

あなたは、主よ。私にあわれみを惜しまないでください。あなたの恵みと、あなたのまことが、絶えず私を見守るようにしてください。

 

【聖書通読】

-教会の敵-

  • テトス1:10-16

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

このような祈りが必要

2022-07-25 00:01:57 | 歴代誌

 

第2歴代誌1:10

今、知恵と知識を私に下さい。そうすれば、私はこの民の前に出はいりいたします。さもなければ、だれに、この大いなる、あなたの民をさばくことができましょうか。」

 

王になること、指導者になることは重大な責任が伴います。

かじを取らないといけないので、間違った判断が国全体にも大きな影響を与えます。

 

いまアメリカやロシア、ウクライナ、また他の国々でも指導者の問題がとても多く、それによって被害を受けるのは国民で、また世界が混乱に巻き込まれています。

知恵のない者が無謀なことをやっているから、ますます状況は悪くなっています。

 

問題になっているギリシャの国を見ても、指導者の政策の失敗が大きな原因になっています。

 

指導者になった人たちは、ソロモンの祈りをしてほしいですね。

ソロモンは年も若く、王としてやっていける自信もありませんでした。

 

そこで彼がとった行動がとても良かったです。

経験者や父ダビデの側近に相談したのではなく、直接神に祈りながら神の助けを求めました。

 

そして、そこで求めたものが「知恵」と「知識」でした。

王としての職務をやっていくために、必要なものでした。

 

知恵と知識によって与えられるものは「識別力」、「判断力」です。

私たちもソロモンのように知恵と知識を求めましょう。

 

【関連聖句】

箴言3:13-14

幸いなことよ。知恵を見いだす人、英知をいただく人は。

それの儲けは銀の儲けにまさり、その収穫は黄金にまさるからだ。

 

【聖書通読】

-律法はキリストを指している-

  • ガラテヤ3:1-29

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分を聖別して主に仕える

2022-07-08 00:01:56 | 歴代誌

 

第2歴代誌29:5

彼らに言った。「レビ人たち。聞きなさい。今、あなたがたは自分自身を聖別しなさい。あなたがたの父祖の神、主の宮を聖別し、聖所から忌まわしいものを出してしまいなさい。

 

ヒゼキヤ王は信仰ある人でした。

神に仕えるレビ人たちに、神との関係回復のためには、まず聖別するように言われました。

 

聖なる神に仕える者が汚れた姿のまま出ることはふさわしくないです。

それは神を侮辱する姿で、神との関係も壊れます。

 

私たちは人に会う時、礼儀として体も身なりも整えてから会います。

汚れた服と洗っていない体で会うことはしないです。

 

電車の中で座っていた時に、若い男の人が乗りました。

黒い背広を着て、カバンを持っていたのでサラリーマンに見えました。

 

私の隣が空いていたので、その人はそこに座りました。

しかし次の瞬間その人から悪臭がし、鼻が痛くなり、息苦しくなりました。

 

外見は普通に見えましたが、背広からタバコの臭いや体臭などが染みついて変な臭いがマスクをしても入ってきました。

本人は臭いに気付いていないのかも知れませんが、周りの人は悪臭で耐えられません。

 

早く降りてほしいと祈りました。

2つ目の駅で降りたのでホッとしました。

 

レビ人たちは、外見は決められた通りの服装できれいにしていたと思います。

しかし彼らの罪と悪は、悪臭として主の宮を満たしていたので、それを指摘しました。

 

まだ神を知らない罪人が主に立ち返ると主は喜びますが、罪赦され、神に仕える者が神の前に汚れた姿のままで出るならば神が喜ぶはずがないです。

聖徒には聖別が必要です。

 

日々みことばから離れた生活をしながら、礼拝の時だけ、聖い者のように偽って神の前に出るなら、主はそれで満足するでしょうか。

神がそれを喜ぶでしょうか。

 

私たちは普段から悪から離れ、もし罪を犯したなら、すぐに神に悔い改めて赦しを求めることです。

それから神に礼拝をささげることです。

 

【関連聖句】

ヨハネの福音書4:24

神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」

 

【聖書通読】

-キリストが約束した助け主-

  • ヨハネの福音書14:1-31

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父から子へのことば

2022-03-01 00:02:45 | 歴代誌

 

第1歴代誌28:9

わが子ソロモンよ。今あなたはあなたの父の神を知りなさい。全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。もし、あなたが神を離れるなら、神はあなたをとこしえまでも退けられる。

 

子どもの教育が難しいのは、子育てをする親ならば実感します。

子をもって初めて親になるので、どのように育てるのが正しいかよく分からないです。

 

子どもが成績も良く、社会生活もうまくやっていると子育てが上手だと周りから言われますが、果たしてそれが正しいでしょうか。

 

成功と人格、人間性は関係がないです。

世的には成功したのに、人格や人間性に問題ある人はいくらでもいます。

そういう人をたくさん見てきました。

 

しかし世的には成功していないですが、尊敬できる人もたくさんいます。

その人たちは自分の親から良い影響を受けた人が多いです。

 

勉強よりも人間性を重要視した教育を親から受けた人は、大きくなってもそれを大事にします。

 

特に子どもに神への信仰教育をすることが一番重要です。

自分の創造主を知らないことが一番無知ですから。

 

神を恐れることを教える親が一番子どもに良いことをしています。

いのちの道に子どもを導くからです。

 

【関連聖句】

エペソ6:4

父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。

 

【聖書通読】

-ダビデの王国が立てられる-

  • 第2サムエル記7:1-29

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世界一知恵の持ち主はソロモン王

2022-01-04 00:02:11 | 歴代誌

※ブログ内容が少し変更されました

第2歴代誌1:7-10

その夜、神がソロモンに現れて、彼に仰せられた。「あなたに何を与えようか。願え。」

ソロモンは神に言った。「あなたは私の父ダビデに大いなる恵みを施されましたが、今度は父に代わって私を王とされました。

そこで今、神、主よ、私の父ダビデになさったあなたの約束を堅く守ってください。あなたは、地のちりのようにおびただしい民の上に、私を王とされたからです。

今、知恵と知識を私に下さい。そうすれば、私はこの民の前に出はいりいたします。さもなければ、だれに、この大いなる、あなたの民をさばくことができましょうか。」

 

ソロモン王が神から特別な知恵を得たのは、ソロモンが神の御心に適った祈りをしたからです。

 

権力の座に着く多くの者は、自分を知恵ある者と勘違いします。

知恵と力があるから権力者になったと思っています。

高慢な姿です。

 

謙遜な者は権力の座に着いても自分は知恵のない者だと思って、人からの知恵や助言を求めます。

 

神は上に立つ者が主の知恵を求め、その知恵によって国を治めることを願っています。

ソロモンは知恵を求めた謙遜な者でした。

 

ですから神は喜んで彼に特別な知恵を与えました。

彼がどれほど秀でた知恵の持ち主であったかは、第1列王記4:29-30にあります。

 

神は、ソロモンに非常に豊かな知恵と英知と、海辺の砂浜のように広い心とを与えられた。

それでソロモンの知恵は、東のすべての人々の知恵と、エジプト人のすべての知恵とにまさっていた。

 

今年も賢く生きるためには知恵が必要です。

私たちが知恵を求めるならば、主は喜んで与えて下さいます。

主の御心に適う祈りだからです。

 

【関連聖句】

ヤコブ1:5

あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。

 

【今日の聖書通読】

-ことばの混乱-

  • 創世記11:1-9

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106