今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

敵の手から救い出される

2020-07-03 00:02:06 | サムエル記

 

第2サムエル記22:4

ほめたたえられる方、この主を呼び求めると、私は、敵から救われる。

 

このことばは主がダビデを、すべての敵の手、特にサウルの手から救い出された日に、ダビデが主に歌ったことばです。

 

ダビデを妬んだサウル王はダビデを殺したい思いだけで、何年間も3千人の精鋭の兵士たちを連れてダビデを追いました。

 

敵の恐ろしい執念です。

想像するだけで恐ろしい光景です。

 

心理的にもダビデは相当な不安と恐怖の時を過ごしていました。

 

人間的に見ると、ダビデがそのような状況の中で生き延びることは不可能でした。

いくらダビデが戦いの勇士であっても勝利出来ることは不可能な状況でした。

 

しかしダビデはどんな時でも、自分を守って下さる主だけに頼りました。

主以外に身を避けるところがありませんでした。

 

第2サムエル記22:2-3

彼はこう歌った。「主はわが巌、わがとりで、わが救い主、

わが身を避けるわが岩なる神。わが盾、わが救いの角、わがやぐら。私を暴虐から救う私の救い主、私の逃げ場。

 

ダビデにとって神はこのような存在でした。

絶えず神に頼ったので、神はダビデを守り、敵の手から救い出して下さいました。

 

ダビデのいのちは守られ、サウルのいのちは取られました。

 

恐れず、不信仰にならず、生きておられる主に信頼して、救いを求めるならば、主はその人を救い出して下さいます。

 

【祈り】

主よ。私も頼れるところは神様だけです。生涯守って下さい。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-救い出される-

  • 第2歴代誌14:11-12
  • 詩篇50:15

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


主へのダビデの祈り

2020-05-19 00:00:52 | サムエル記

 

第2サムエル記7:27

イスラエルの神、万軍の主よ。あなたは、このしもべの耳にはっきり、『わたしが、あなたのために家を建てる』と言われました。それゆえ、このしもべは、この祈りをあなたに祈る勇気を得たのです。

 

ダビデは本当に謙遜な者でした。

王になっても彼は謙遜でした。

 

王になってからも自分のことよりも神のことが優先でした。

 

自分は杉材の家に住んでいるのに、神の箱は天幕の中に宿っていることを心苦しく思っていました。

 

それで彼は神のための神殿を建てる願いを持っていました。

やろうと思えば神殿を建てることが出来ましたが、彼は神のみこころを求めていました。

 

神はダビデの心を知って彼に答えました。

 

ダビデが建てるのではなく、ダビデの子が建てることを語って下さいました。

戦いで多くの血を流した彼ではなく、彼の子どもにその働きを任せると主は語って下さいました。

 

そして神はそれに加えて祝福の約束もして下さいました。

 

それを聞いたダビデはさらに神の前に身を低くしました。

「今、神、主よ。あなたこそ神です。あなたのおことばは、まことです。あなたはこのしもべに、この良いことを約束して下さいました。」

 

神はダビデの祈りを喜んで聞いて下さったと思います。

恵みを知っているダビデですから。

 

【祈り】

主よ。主に祈ることが出来るから苦難の時でも絶望せずに済みます。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-求めなさい-

  • マタイの福音書7:7
  • 詩篇116:4
  • エゼキエル書36:37

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


断食しながら罪を悔い改める

2020-05-12 00:01:03 | サムエル記

 

第1サムエル記7:6

彼らはミツパに集まり、水を汲んで主の前に注ぎ、その日は断食した。そうして、その所で言った。「私たちは主に対して罪を犯しました。」こうしてサムエルはミツパでイスラエル人をさばいた。

 

罪を軽く考えてはいけないです。

それは罪が種のままでいることは出来ないからです。

 

罪はそのままにしておくと成長していきます。

その過程が次の箇所です。

 

ヤコブ1:15

欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。

 

罪は恵みをもたらすものではなく、災いをもたらします。

それによって人々は様々な苦しみに会います。

 

サムエルは祭司として、預言者として人々を神の方に向けさせました。

 

第1サムエル記7:3-4

「もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り、あなたがたの間から外国の神々やアシュタロテを取り除き、心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。」

そこでイスラエル人は、バアルやアシュタロテを取り除き、主にのみ仕えた。

 

そして彼らが断食をして祈ったことで、どのようなことが起きたでしょうか。

 

自分たちをいつも苦しめていたペリシテ人を征服することが出来ました。

二度とイスラエルの領土に入ることがありませんでした。

 

抱えていた大きな問題を、断食しながら罪を悔い改めたことによって解決されました。

サムエルは告白しました。

 

第1サムエル記7:12

ここまで主が私たちを助けてくださった

 

【祈り】

主よ。心を引き裂く悔い改めを主は喜んで下さいますね。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-断食-

  • イザヤ書58:6
  • ダニエル書9:3
  • ゼカリヤ書7:5

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


主は光です

2019-08-27 00:03:11 | サムエル記


第2サムエル記22:29

主よ。あなたは私のともしび。主は、私のやみを照らされます。

 

人の闇はどこにありますか。 

心の中、記憶の中に闇は存在します。

 

ですからまぶしい太陽の光があっても心に闇を抱えている人は、その光を楽しむことが出来ません。

 

太陽の光を遮るために黒いサングラスをかけると薄暗く見えます。

 

心の闇は、心にいつも目隠しをしているようなものです。 

闇の心は、外の闇よりも暗いですね。

 

誰がその心を明るくすることが出来るでしょうか? 

 

それは光であるイエス・キリストです。 

イエス・キリストが光であることのことばが聖書にあります。

 

ヨハネの福音書1:4-5

この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。

光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。


ヨハネの福音書1:9

すべての人を照らすそのまことの光が世に来ようとしていた。


心の闇で苦しんでいますか?

 

光であるイエス・キリストを心の中に迎え入れて下さい。 

その方が闇を照らすと闇は消えていきます。

 

【祈り】

主よ。闇が濃い世界です。光である主の光が欲しいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-光-

  • 第1ヨハネ1:5
  • 第1コリント4:6
  • ヨハネの福音書8:12

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


人のどこを見るのか

2019-06-03 00:01:58 | サムエル記


第1サムエル記16:7

しかし主はサムエルに仰せられた。「彼の容貌や、背の高さを見てはならない。わたしは彼を退けている。人が見るようには見ないからだ。人はうわべを見るが、主は心を見る。」

 

人を見る時、どうしても目に入るもので判断する時が多いですね。 

顔や容貌や背の高さを見ますね。

 

顔や背の高さで結婚相手を選ぶ人たちもいます。 

生涯を共にする相手を選ぶ条件は、それで大丈夫でしょうか。

 

神は人を見る時に、その人の容貌や持ち物などで差別したり、判断しないように教えておられます。

 

人間は愚かなので、外見だけを見て判断して失敗することが多いです。 

 

イエス様は私たちを外見や財産や地位などで判断せず、愛の目で見てくださるので私たちを愛しておられます。 

真実をもって人々に接しました。

 

私たちもそれに習い、人と接する時は愛と真実をもって接し、うわべではなく、心を見る者になりましょう。 

そうすれば正しく人を見ることが出来ると思います。

 

うわべだけを見て人を差別し、後で後悔した人や、うわべを見ず親切に接したことで、いきなり幸福になった人の話も今までたくさん聞きました。

 

【祈り】

主よ。肉の目だけで判断しないように、心を見る目も与えて下さい。


【聖句をノートに書きましょう】

-人を愛する主-

  • マタイの福音書8:15
  • ヨハネの福音書11:36
  • ヨハネの福音書13:1

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※

 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106