今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

神のことばは朽ちない種

2022-08-12 00:00:42 | ペテロ

 

第1ペテロ1:23

あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。

 

神のことばの威力と特徴を現すことばは聖書に色々ありますが、朽ちない種として本文に出ました。

 

肉体の中にも命はありますが、そのいのちは朽ちる種による命です。

ですからいつかはそのいのちは消えていきます。

 

しかし神様のことばは朽ちない種です。

その種が人の中に落ちると、永遠のいのちになります。

 

この世には多くのいのちがあります。

すべてのものにいのちを与えたのも神様です。

 

しかし、それらの命も朽ちる種によるいのちです。

ですからいつかはすべて消えていきます。

 

消えないいのちは、朽ちない種によるいのちだけです。

朽ちない種は復活の種とも言えます。

 

死があるところにその種が蒔かれるといのちが生まれます。

誰の所にこの朽ちない種が蒔かれるでしょうか。

 

ヨハネの福音書3:16

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。

 

信じる者に朽ちない種が蒔かれ、永遠のいのちが出てきます。

 

【関連聖句】

第1コリント15:42

死者の復活もこれと同じです。朽ちるもので蒔かれ、朽ちないものによみがえらされ、

 

【聖書通読】

-キリストのみこころの中にある喜び-

  • ピリピ3:10-21

 

3分バイブルボイス 


純粋なみことばの乳を飲んでいますか

2022-08-11 00:01:29 | ペテロ

 

第1ペテロ2:2

生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な、みことばの乳を慕い求めなさい。それによって成長し、救いを得るためです。

 

生まれたばかりの乳飲み子が乳を飲んでいる姿を見たことはありますか。

 

誰からも教わってないのに、力強くお母さんの乳を本能的に求めて飲んでいます。

 

それが生まれた赤ちゃんにとっては生命線だからです。

飲まないと生きていけないし、成長することも出来ないからです。

 

神の恵みによって救われ、新しく霊的に生まれ変わった人は、年齢に関係なく、霊的には生まれたばかりの乳飲み子です。

神様は霊の乳として神のことばを与えました。

 

神のことばがなぜ霊の乳になるでしょうか。

次のことばがあるからです。

 

『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる』からです。

 

霊の人の生命線は神のことばです。

神のことばによって霊はいのちを保ち、成長していきます。

 

霊的成長にみことばほど有益なものはありません。

 

【関連聖句】

詩篇119:50

これこそ悩みのときの私の慰め。まことに、みことばは私を生かします。

 

【聖書通読】

-キリストの義の中にある喜び-

  • ピリピ3:1-9

 

3分バイブルボイス 


自分は何者なのか

2022-08-10 00:01:33 | ペテロ

 

第1ペテロ2:9

しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが宣べ伝えるためなのです。

 

王の家系に生まれた者は、生まれながら王族の身分です。

貴族の家系であるならば貴族です。

 

そういう制度がある国ならば、その人たちの身分ははっきりします。

 

それ以外の人たちは特別に呼ばれる身分はないと思います。

別になくても困ることはないです。

 

神様は救われた人たちに新しい身分を授けました。

その身分とは『選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民』です。

 

この世に属する国の身分ではなく、神の国の身分です。

その身分がないと入れないのが「神の国」です。

 

神様からその身分が与えられた人は、地上でもその身分にふさわしく生きることです。

 

神の民として恥ずかしくない生き方をし、神の身分に適した働きや責任もあります。

この世で神の栄光を現し、福音を伝える働きに最善を尽くすことです。

 

それによって新しい神の民が生まれるからです。

神の願いは、すべての人が救われて神の国の民になることです。

 

【関連聖句】

第1ペテロ2:10

あなたがたは、以前は神の民ではなかったのに、今は神の民であり、以前はあわれみを受けない者であったのに、今はあわれみを受けた者です。

 

【聖書通読】

-救いの喜び-

  • ピリピ2:12-30

 

3分バイブルボイス 


主の弟子マタイ

2022-08-09 00:01:44 | マルコの福音書

 

マルコの福音書2:14

イエスは、道を通りながら、アルパヨの子レビが収税所にすわっているのをご覧になって、「わたしについて来なさい」と言われた。すると彼は立ち上がって従った。

 

マタイはローマ政府のためにユダヤ人から税金を取る働きをする取税人でした。

当時、取税人はユダヤ人の憎しみの対象でした。

 

彼らの地位に対する低い評価が、『取税人と罪人』ということばで分かります。

 

レビとはマタイのことです。

イエス様は彼が収税所に座っているのを見て、彼を招きました。

 

マタイはすぐに主に従いました。

多くのお金を稼ぐ取税人としての仕事を捨てて、主に従いました。

 

そしてマタイは、キリストの中で新しく生まれ変わる自分の新しい人生を祝うために、自分の家に取税人や隣人などを呼んで宴会を開きました。

 

マタイは「マタイの福音書」をユダヤ人のために記録しました。

彼は、主にあって新しい人になり、主のために偉大な働きをした弟子になりました。

 

社会から冷たい扱いを受ける人であっても、主にあっては必要な人です。

主の招待に応じたので偉大な働きが出来ました。

 

【関連聖句】

ルカの福音書5:27-29

この後、イエスは出て行き、収税所にすわっているレビという取税人に目を留めて、「わたしについて来なさい」と言われた。

するとレビは、何もかも捨て、立ち上がってイエスに従った。

そこでレビは、自分の家でイエスのために大ぶるまいをしたが、取税人たちや、ほかに大ぜいの人たちが食卓に着いていた。

 

【聖書通読】

-キリストにある喜び-

  • ピリピ2:1-11

 

3分バイブルボイス 


自由人としての行動

2022-08-08 00:02:08 | ペテロ

 

第1ペテロ2:16

あなたがたは自由人として行動しなさい。その自由を、悪の口実に用いないで、神の奴隷として用いなさい。

 

自由がある時には自由のありがたさを知らないです。

 

しかし自由が奪われた時に、初めて自由がどれほど人間生活に必要なのかが分かります。

世界の中からいつの間にか自由がどんどん奪われてきました。

 

言論の自由、移動の自由、選択の自由が奪われています。

サタンが強く働けば働くほど、自由は消えていきます。

 

しかし救われた者が多いところには反対に自由が増えていきます。

それは神様が働くからです。

 

クリスチャンは罪の奴隷から解放され自由を得ました。

また真理による自由も得ました。

 

ヨハネの福音書8:32

そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」

 

自由を得たクリスチャンは、その自由を正しいことに使わないといけないです。

 

自分に与えられた自由を肉の快楽のために、また自分自身のために使うのではなく、神や人のためにその自由を使うことです。

その時に主の栄光が現れます。

 

【関連聖句】

第2コリント3:17

主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。

 

【聖書通読】

-苦痛に勝つ喜び-

  • ピリピ1章

 

3分バイブルボイス 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106