今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

御霊の実は良い実

2022-05-30 00:00:28 | ガラテヤ

 

ガラテヤ5:22-23

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、

柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。

 

私たちが御霊に満たされ、御霊に導かれて歩むならば、御霊の実は自然と結ばれます。

 

御霊の実は熱心に働いて得る実ではないです。

御霊が働いて結ばれる実です。

 

御霊が働くような環境を自分の中に造るならば、御霊は自由に働きます。

 

御霊が悲しむもの、御霊が忌み嫌うものが心の中に多く存在するならば、御霊の働きは妨害されます。

自由に働くことが出来ないです。

 

御霊は聖い方ですから聖いものを好みます。

 

心の中をきれいな環境にし、御霊が喜ぶものを取り入れます。

そうすると、そこから良い実がたくさん出て来ます。

 

御霊抜きに御霊の実は結ばれることがないことを知りましょう。

 

【関連聖句】

ヨハネの福音書15:5

わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。

 

【聖書通読】

-ハバククの不平-

  • ハバクク書1章

 

3分バイブルボイス 


御霊によって歩むならば

2022-04-01 00:02:53 | ガラテヤ

 

ガラテヤ5:16

私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。

 

クリスチャンの中にも御霊によって歩むことの意味を知らない人が多いです。

意味を理解したいならば、本文のことばを反対に考えたら良いと思います。

 

すなわち肉の欲望を満足させるならば、御霊によって歩むことが出来ないです。

 

寝ている時に、聖霊から起きて祈るように言われたらどうしますか。

肉体はまだ寝ていますし、もっと寝たいです。

 

肉の欲望を満足させたいならば、聖霊の指示を無視して寝ていれば良いです。

 

聖霊は無理やり起こすことはしません。

しかし聖霊は悲しみます。

 

理由があって起きて祈るように言いましたが、そのことばは肉の欲望を満足させたい人によってむなしいことばになってしまいました。

 

しかしもっと寝ていたいし疲れていますが、御霊の指示だからとすぐに起きて祈るならば、その人は御霊によって歩む人です。

 

自分の思いではなく、御霊のことばを優先にする人です。

その人たちは聖霊を喜ばせます。

 

このように御霊によって歩みたいならば、御霊に従うことです。

特に聖霊は私たちを正しく導く方だからこそ、私たちは御霊によって歩まないといけないです。

 

パウロも伝道に行く時、自分が行きたい所ではなく、聖霊が示す所に行って伝道しました。

 

御霊によって歩む人は、いつもみこころを求めることです。

御霊によって歩んでいる人たちが御霊の実を結びます。

 

【関連聖句】

ガラテヤ5:25-26

もし私たちが御霊によって生きるのなら、御霊に導かれて、進もうではありませんか。

互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。

 

【聖書通読】

-ヨブの回復-

  • ヨブ記42:1-17

 

3分バイブルボイス 


信仰とは何か

2022-03-14 00:02:54 | ガラテヤ

 

ガラテヤ2:20

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が肉にあって生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

 

多くの人たちは信仰生活を自分の益のためにしています。

神様から祝福と恵みを受けたいので信仰生活をします。

 

信仰生活とは、教会に行って礼拝と献金をささげ、奉仕と宣教をするのが全てだと思っています。

熱心にやれば信仰ある人、熱心ではないと信仰の弱い人と思っています。

 

しかし信仰生活とは、私たちに命を与えて下さった主と共に歩むことです。

 

一緒に食べて、一緒に寝て、一緒に活動することです。

枝が木に繋がれているように、キリストから離れず繋がれていることです。

 

クリスチャンはキリストの十字架によって魂が救われ、新しい命を得ました。

それを信じることが信仰です。

 

キリストの信徒は、キリストの中で死んで、キリストによって命を得て生かされています。

古い人が死んだので新しく生まれ変わりました。

 

【関連聖句】

へブル3:7-10

ですから、聖霊が言われるとおりです。「きょう、もし御声を聞くならば、

荒野での試みの日に御怒りを引き起こしたときのように、心をかたくなにしてはならない。

あなたがたの父祖たちは、そこでわたしを試みて証拠を求め、四十年の間、わたしのわざを見た。

だから、わたしはその時代を憤って言った。彼らは常に心が迷い、わたしの道を悟らなかった。

 

【聖書通読】

-エズラの旅行-

  • エズラ記7-10章

 

3分バイブルボイス 


肉の欲の強さ

2022-03-11 00:01:04 | ガラテヤ

 

ガラテヤ5:17

なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあなたがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。

 

信仰生活で一番信仰を邪魔するのは何でしょうか。

 

私も長い間、信仰生活をしているので、そこで感じたことは自分の中にある肉の欲が一番信仰を邪魔していると思います。

 

肉の思いと欲が自分の中から絶えず出て来ます。

世を愛する心も起こります。

 

それが信仰の敵です。

 

今もその敵と戦っています。

古い自分には戻りたくないので、その敵と戦っています。

 

戦いに勝利するためにはもっと主を愛し、御霊に満たされ、主が下さった良いものに感謝して生きることです。

 

【関連聖句】

ローマ8:6-8

肉の思いは死であり、御霊による思いは、いのちと平安です。

というのは、肉の思いは神に対して反抗するものだからです。それは神の律法に服従しません。いや、服従できないのです。

肉にある者は神を喜ばせることができません。

 

【聖書通読】

-ユダの捕虜生活・南王国-

  • 第2列王記25:1-21

 

3分バイブルボイス 


再び産みの苦しみをする

2021-10-09 00:01:59 | ガラテヤ

 

ガラテヤ4:19

私の子どもたちよ。あなたがたのうちにキリストが形造られるまで、私は再びあなたがたのために産みの苦しみをしています。

 

福音を伝える者は伝えるだけで終わりではないです。

伝えるだけならばどんなに楽かわかりません。

 

伝えた後は信じる者を神のことばで教えながら育てなければなりません。

またその魂をサタンの攻撃から守らないといけないです。

 

信じる者が教えられた通りに育つならば、問題はないと思いますが、なかなか育たず、脇道にそれたり、サタンの誘惑に負けたり、神に反抗したりする時には本当にしんどい思いをします。

 

妊婦はお腹が大きくなると早く赤ちゃんが生まれてほしいと思います。

 

しかし子をすでに産んだ経験のあるお母さんたちは『お腹にいた時の方が楽だよ。』ということばをよく使います。

育児のほうがはるかにしんどいからです。

 

福音を伝えることより、信徒を育てることが一番難しいです。

私も牧師としてそれを実感しています。

 

メッセージだけを伝えて終わるならば気楽だと思います。

しかし信徒たちの様々な問題と、また関わりの中で生まれる労苦や悩みは、信徒は知らないです。

再び産みの苦しみをすると言われたパウロの気持ちが分かります。

 

【祈り】

主よ。たましいに対してあきらめず、産みの苦しみをする者になれますように。

 

【聖句をノートに書きましょう】

-労苦-

  • 第2コリント11:26-29

 

【PR】☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

3分バイブルボイス 

高評価&チャンネル登録 お願いします! 

 

 おすすめページ

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

 


Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106