今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

偽物に惑わされる

2018-10-13 00:01:06 | ガラテヤ


ガラテヤ4:17

あなたがたに対するあの人々の熱心は正しいものではありません。彼らはあなたがたを自分たちに熱心にならせようとして、あなたがたを福音の恵みから締め出そうとしているのです。

 

パウロから福音を聞いたガラテヤ教会の人々は真理に熱心な人々でした。

 

しかしそこに羊のなりをしたオオカミが入って来ました。 

彼らはにせ教師でした。

 

すると信徒たちはにせ教師の間違った教えに惑わされて、真理から離れて間違えた道を歩むようになりました。

 

にせ教師たちは真理を曲げて間違えたことを教え、人々を惑わし、正しい道から間違えた道に導きます。 

多くの人々が実際に惑わされてあります。

 

異端の中にいる人々もそれが純粋な福音と信じていますが、そうではないです。 

その道にあるのはいのちではなく、死です。 

滅びです。

 

目を覚ましていなければなりません。

 

私たちは福音の純粋さを守らないといけないです。

 

【祈り】

主よ。惑わされないためにも真理をしっかりと学びます。


【聖句をノートに書きましょう】

-真理に立つ-

  • 第1コリント10:12
  • 第1ペテロ5:8
  • 第1ペテロ5:10

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


ガラテヤの中心思想

2018-10-04 00:04:19 | ガラテヤ


ガラテヤ2:16

しかし、人は律法の行いによっては義と認められず、ただキリスト・イエスを信じる信仰によって義と認められる、ということを知ったからこそ、私たちもキリスト・イエスを信じたのです。これは、律法の行いによってではなく、キリストを信じる信仰によって義と認められるためです。なぜなら、律法の行いによって義と認められる者は、ひとりもいないからです。

 

人間は本質的に堕落しているので、自分の力や努力、行いで自分自身を救い出すことは不可能です。

自分自身をきよめることも出来ません。

 

しかしユダヤ主義クリスチャンは救いを受けるために律法を守ることが重要であると強調しました。

ユダヤ教の教理がそのまま残ったままキリストを信じて、それを救いに当てはめました。

 

パウロは人間が律法を行うことで救いを受けるのではなく、信仰によって義と認められることを明確に語りました。

 

人間がきよめられるのも聖霊の力によります。

ですからガラテヤの中心思想は「信仰による義による救い」です。

 

他の方法は一切ないことを知らなければなりません。

 

【祈り】

主よ。誰が律法を全て守ることが出来るでしょうか。守ることが出来ないので主は信仰による救いの道を開いて下さいました。


【聖句をノートに書きましょう】

-義人-

  • 創世記15:6
  • ローマ3:20
  • 第1コリント6:11

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


サタンの奴隷にされた人々

2018-09-27 00:03:13 | ガラテヤ


ガラテヤ4:8

しかし、神を知らなかった当時、あなたがたは本来は神でない神々の奴隷でした。

 

神でない神々が氾濫している世の中です。

悪魔が神々を造ったのではなく、人間が自分たちの手で神々を造って、それを神と呼び、それに仕えています。

誰かがそれを神と呼んだ時から、神に代わる不思議な世界の中で生きています。

 

神々が多いことで一番喜ぶのは誰ですか?

サタンです。

 

サタンは元々天使でしたが、神になろうと神に逆らったので、天から追い出され、地上に降りて来たものです。

それが人々を惑わし、そして人を使って神に逆らうように仕向けます。

 

人々がまことの神に仕えることを嫌って、神々を造る思いを入れ、造られたものの中に入って自分が神のように君臨して、喜んでいます。

 

しかしこの現状を悲しんでいるのは、まことの神です。

人間がサタンを神と信じ、裁きの時にサタンが受けるさばきを一緒に受けるので悲しんでいます。

 

サタンは自分に仕える者が離れないように、時には願いを叶え、時には不安や心配、恐れを入れてコントロールしています。

 

それで人々はいつまでもサタンの奴隷にされ、言われる通りに従います。

サタンとは思わず、神だと思って仕えています。

 

あなたが神と思っているその神は誰が造りましたか?

いつから存在していますか。

 

それはあなたの味方になって、あなたを救うことが出来ますか。

 

【祈り】

主よ。以前は自分もサタンとも知らずに仕えていました。今は正体を知っています。


【聖句をノートに書きましょう】

-悪魔・サタン-

  • 第1サムエル記16:23
  • エペソ6:11
  • 黙示録20:2

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


迫害の時代

2018-07-23 00:00:45 | ガラテヤ


ガラテヤ4:29

しかし、かつて肉によって生まれた者が、御霊によって生まれた者を迫害したように、今もそのとおりです。

 

信じる者に対する迫害は、イエス様がこの世に来られた時からすでに始まっていました。

イエス様も迫害を受けて十字架の上で死なれました。

そして、すぐさまエルサレムで信徒たちに対する激しい迫害がありました。

 

ローマ敵国でも長い間キリスト者に対する迫害がありました。

迫害がなかった時代も、迫害がなかった国も、ほとんどありません。

日本でもキリスト者に対する激しい迫害があり、多くの信徒たちが殉教しました。

 

今はどうですか?

いま世界の中で一番キリスト者に対する迫害がある国は北朝鮮です。

人間が神の存在になってある体制の中で、別の神を信じる者を赦さず、殺したり、強制収容所に送って迫害しています。

 

そして次が、サウジアラビアです。

その他のイスラム世界、ヒンズー教の世界で、今も迫害が日常的に行われてあります。

そして聖書では世の終わりには全世界に迫害が起こると預言してあります。

 

神の収穫の時が来ます。

信仰を守り通した者と、信じない者や信仰を捨てた者を区別します。

それから正しい審判が行われます。

 

永遠の死の世界と永遠のいのちある世界にそれぞれが向かいます。

 

【祈り】

主よ。迫害の中でも信仰を守ることが出来ますように助けて下さい。


【聖句をノートに書きましょう】

-迫害-

  • ヨハネの福音書15:20-23
  • 使徒の働き13:50

 

― お知らせ ―

1コイン英会話

1コイン英会話をします!

【午前】10:00~11:00

【午後】13:00~15:00

【 夜 】19:00~20:00

※このように 時間は設定していますが

空いている時間に自由にいらしてくださいね!



人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


ほかの福音を伝えるならば

2018-04-06 00:02:45 | ガラテヤ


ガラテヤ1:8-9

しかし、私たちであろうと、天の御使いであろうと、もし私たちが宣べ伝えた福音に反することをあなたがたに伝えるなら、その者はのろわれるべきです。

私たちが前に言ったように、今もう一度私は言います。もしだれかが、あなたがたの受けた福音に反することを、あなたがたに宣べ伝えているなら、その者はのろわれるべきです。

 

使徒パウロは愛の人で寛容な人で謙遜な人です。

 

しかしそのパウロが絶対に譲らないで妥協しないものが一つあります。

いのちを懸けて守るものがあります。

 

それは真理です。

福音です。

 

1%の混ぜ物も妥協も赦しません。

もし少しでも違う福音を伝える者がいるならば、呪いを受けると言いました。

 

聖書の間違えた解釈にも気をつけないといけないです。

 

少しでも違うならば、それは福音ではなく、聞く人を救うことが出来ません。

異端をどんなに信じても、そこに救いはありません。

真理ではないので、いのちの道に導くことが出来ず、わき道にそれていきます。

 

神のことばを人間が勝手に変えることは出来ないです。

次の箇所にも神の警告があります。

 

ヨハネの黙示録22:18-19

私は、この書の預言のことばを聞くすべての者にあかしする。もし、これにつけ加える者があれば、神はこの書に書いてある災害をその人に加えられる。

また、この預言の書のことばを少しでも取り除く者があれば、神は、この書に書いてあるいのちの木と聖なる都から、その人の受ける分を取り除かれる。


【祈り】

主よ。聖書にも書かれていないものを伝えたり、信じたりすることがありませんように。


【聖句をノートに書きましょう】

-福音-

  • エペソ6:15
  • コロサイ1:23
  • 第1テサロニケ2:4

 

― お知らせ ―

人気ブログランキングへ
(別ウィンドウで開きます)
宜しければクリックをお願い致します♪


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106