今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

何一つ持って行けない

2016-03-31 00:04:21 | 詩篇


詩篇49:17

人は、死ぬとき、何一つ持って行くことができず、その栄誉も彼に従って下っては行かないのだ。

 

病院を訪ねたり、施設に行ったりして、いつも感じることがあります。

そこで神のこの言葉を思い出す時があります。

 

大きな家、たくさんの物、お金や貴金属などがあった人でも、入院や、施設に入っている時にはわずかなものしか持っていないことです。


みんな同じ服装なので、金持ちなのか貧乏なのかも分かりません。


物や服があっても役に立ちません。反対に邪魔になりますね。

苦しみと戦いながら一日ベットの上です。

 

それまで一生懸命集めた物も、もはや自分のものではなく、後にはほとんどのものが捨てられてしまいます。

そして死ぬ時には誰もが似たようなサイズの棺桶に入って世を去って行きます。

 

ですから欲張らず生きている時に、もっと人のために施しをすれば良いのにといつも思います。


そして、何も持って行けないのにと思います。

 

【祈り】

主よ。人生は短いのに、まるで千年は生きるように欲張っている人が多いです。神の言葉を悟りながら生きることが出来ますように。


【聖句をノートに書きましょう】

-悟るべきこと-

  • 詩篇49:20
  • マタイの福音書6:19-21
  • ヤコブ4:13-15


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



神に何をささげるのか

2016-03-30 00:03:11 | 列王記


第1列王記8:11-13

祭司たちは、その雲にさえぎられ、そこに立って仕えることができなかった。主の栄光が主の宮に満ちたからである。

そのとき、ソロモンは言った。「主は、暗やみの中に住む、と仰せられました。

そこで私はあなたのお治めになる宮を、あなたがとこしえにお住みになる所を確かに建てました。」

 

ソロモンは7年間建築した宮を主にささげました。

そしてその宮を見ながら感謝の祈りをささげています。

 

エジプトでの奴隷生活からイスラエルを導いて下さった恵みにも感謝しました。

自分に宮を建てさせて下さったことにも感謝しました。

宮を完成して主にささげ、感謝の祈りをしている時に宮は雲に包まれました。

 

暗闇の中に住まわれるという意味は、栄光の雲の中に主がおられたので、そのように表現しました。

 

神は喜んでささげる人のささげものを受け取る方です。

言われた通りに従順する人のささげものを主は喜びます。

 

【祈り】

主よ。ソロモンは時間と物質と真心をもって宮を建て主にささげました。私も自分に出来ることを主に喜んでしたいです。


【聖句をノートに書きましょう】

-素晴らしいささげもの-

  • ルカの福音書21:1-4
  • 詩篇50:23


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



喜んで集まる

2016-03-29 00:02:09 | へブル


ヘブル10:25

ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。

 

教会生活で、礼拝に参加するのを、まるで誰かのためにしてあげる義務感に捕えられている人たちがいます。

長く教会に通う人の中にもそういう人がいます。

もちろん生活が忙しくて、仕事などで疲れがあるので、そのような気持ちになることも理解はできますが、そのような信仰を果たして神が喜ぶかどうかをよく考えないといけないです。

 

サタンの策略で最も成功したのが個人主義です。

関心があるのは自分だけになります。

私だけの祝福、私だけが楽になれば良いという思いです。

 

集まる時にも、自分の奉仕がある時ならば集まりますが、後は何とかしてさぼりたいという気持ちです。

それはサタンを喜ばせることになります。

形式的な集まりではなく、初代教会のように神と霊の家族に会いに行くという思いで教会に向かってみて下さい。

 

救いの喜びを持ってそうするならば形式的な教会生活にはなりません。

 

【祈り】

主よ。救いの喜びも忘れて仕方なく体だけ座って、心そこにあらずは神を冒涜する態度ですね。皆が主の前にまともな信仰生活が出来るように新しくして下さい。


【聖句をノートに書きましょう】

-教会生活-

  • 使徒の働き2:42-47


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



神の前に慎め

2016-03-28 00:01:33 | 詩篇


詩篇2:10-11

それゆえ、今、王たちよ、悟れ。地のさばきづかさたちよ。慎め。恐れつつ主に仕えよ。おののきつつ喜べ。

 

この世には、神を恐れる人と神を恐れない人たちがいます。

力と権力を持っている支配者たちには、神に逆らう人が多いです。

自分の力を誇り、自分の腕に頼ります。

 

富をたくさん持っている人も、神を恐れるよりは富に頼り、富を誇ります。

彼らにとっての神は自分にいつまでも権力を与え、富を与えるものならば何でも良いのです。

真の神を恐れながら、その方のみこころに従うことは考えていません。

 

エジブトのパロがモーセの話を聞いた時に発言したことばが、権力者たちのことばです。

 

 

出エジプト記5:2

主とはいったい何者か。私がその声を聞いてイスラエルを行かせなければならないというのは。私は主を知らない。イスラエルを行かせはしない。

 

これは高慢な態度で、神の前に正しい態度ではありません。

神の前にふさわしい態度は、畏れてひれ伏すことです。

感謝してすべての栄光をささげることです。

 

神を恐れない者に対して神は次のように語りました。

 

詩篇2:4-5

天の御座に着いている方は笑い、主はその者どもをあざけられる。

ここに主は、怒りをもって彼らに告げ、燃える怒りで彼らを恐れおののかせる。

 

【祈り】

主よ。神の前に立つ時には心から主を恐れるようにして下さい。今まで神に対する無礼な態度を赦して下さい。とんでもない態度をたくさん取ったと思います。


【聖句をノートに書きましょう】

-神への態度-

  • 出エジプト記15:11
  • 詩篇29:1-2
  • 詩篇50:14


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



キリストの復活

2016-03-27 00:00:46 | マタイの福音書


マタイの福音書28:5-6

すると、御使いは女たちに言った。「恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。

ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。

 

今日はイースターです。
キリストが復活したうれしい日です。

イエス様は本来の栄光ある神の姿になりました。
普通の人間の死とは違いました。

 

多くの国々では死人を祀る風習があります。

死人がまるで神にでもなったかのように、巨大な建物を建てて祀ります。

日本は特にこのような風習はきついですね。
生きている時よりも死んだ後の方が待遇が良いです。

先祖たちに対しても死ぬといつの間にか仏と言いますが、どのような仕組みでそうなるのでしょうか。

 

イエス様は目に見える形で復活しました。
もはや死人ではありません。

本当に神になっていました。
事実を曲げようとする勢力もありましたが、みんな失敗しました。

 

もはや自分たちの手に負えない存在にイエス様はなっていました。

預言通りに復活しました。

 

ですから信じることが出来ます。

今日復活の主を大いに喜びましょう。

 

【祈り】

主よ。主は生きておられ、すべてを知って、見て、聞いて、助けて下さる方です。信頼します。


【聖句をノートに書きましょう】

-キリストの復活-

  • 使徒の働き2:24
  • 使徒の働き4:33
  • ローマ8:1


※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※


 おすすめページ

八戸ノ里キリスト教会

今日の祈り

からし種の信仰と成長(礼拝メッセージ)

すべての事について…感謝

幻と啓示~天国と地獄~

目的別みことば

 

※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※



Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106