今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主の兄弟たちの変化

2022-09-30 00:02:27 | 使徒の働き

 

使徒の働き1:14

この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。

 

イエス様が十字架にかかって死に、三日後によみがえってから変わったことがありました。

 

それはイエス様の家族が変わったことです。

イエス様は聖霊によってマリヤを通して生まれましたので、家族であっても血肉の関係はなかったです。

 

しかしこのことは、人間の知識では理解しにくいことなので、後から生まれた兄弟たちは、イエス様を普通の人としか思っていなかったので、メシヤとして信じることが出来ませんでした。

 

ですから公の場で主が活動した時も、そこにはいなかったです。

神から特別な力を受けて活動をしているとしか思わなかったです。

 

しかし復活して自分たちの所に現れた時から、兄弟たちは、自分たちの兄弟と思ったのではなく、真の神であるメシヤとして信じるようになりました。

 

そしてイエス様を『主』と呼び、信じる者の群れに入り、一緒に祈りに専念していました。

そして兄弟のひとりヤコブは使徒になって、福音のために働き、ヤコブの手紙も書きました。

 

これを見ても分かるように、イエス様は人の体をもって世に来られた方でしたが、真の神である方です。

 

【関連聖句】

第1ペテロ3:8

最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。

 

【聖書通読】

-祈る信仰-

  • ヤコブ5:1-20

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

偽りの信仰を捨てなさい

2022-09-29 00:01:26 | イザヤ書

 

イザヤ書29:13-15

そこで主は仰せられた。「この民は口先で近づき、くちびるでわたしをあがめるが、その心はわたしから遠く離れている。彼らがわたしを恐れるのは、人間の命令を教え込まれてのことにすぎない。

それゆえ、見よ、わたしはこの民に再び不思議なこと、驚き怪しむべきことをする。この民の知恵ある者の知恵は滅び、悟りある者の悟りは隠される。」

ああ。主に自分のはかりごとを深く隠す者たち。彼らはやみの中で事を行い、そして言う。「だれが、私たちを見ていよう。だれが、私たちを知っていよう」と。

 

今日のことばは偽りの信仰に対する神様からの叱責のことばです。

神様が偽りの信仰をどれほど忌み嫌っているかは、マタイの福音書23章を読めばわかると思います。

 

神は真実な方ですから、偽りが嫌いで、特に偽りの信仰に対してはもっと厳しいです。

それが神を欺くことだからです。

 

教会に熱心に通い、敬虔なクリスチャンに見えても、みんなが神の民ではないです。

自分が神の民であるかどうかを判断する基準は一つしかないです。

 

それは神のことばに従い、その通りに生きることです。

神の民のように真似しても、偽りの行動は全てばれます。

 

神のことばを聞いても偽りの行動を捨てない人、神を騙し続けている人は災いを免れることがないです。

 

人に見せるための行動ではなく、心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして神を愛し、神が喜ぶことをする時に、神はその信仰を喜んで下さいます。

 

【関連聖句】

詩篇78:7-8

彼らが神に信頼し、神のみわざを忘れず、その仰せを守るためである。

また先祖たちのように、彼らが、かたくなで、逆らう世代の者、心定まらず、その霊が神に忠実でない世代の者とならないためである。

 

【聖書通読】

-世俗的な物に敵対する信仰-

  • ヤコブ4:1-17

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自分の言ったとおりになると信じますか

2022-09-28 00:03:02 | マルコの福音書

 

マルコの福音書11:23

まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海に入れ』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。

 

人々は悪いことをよく予測してそれを口にします。

そのことが実際に起こると、『だから私が言ったでしょう。こうなると。』と自慢げに言います。

 

しかし良いことを予測して口にすることは少ないです。

外れたら恥をかくと思うからです。

 

出来る人は、悪いことを予測して言うよりは、良いことを予測して、それを口にし行動を起こします。

 

新しいものを発明したり開発して作り上げる人はみな、その通りになると信じて、それをことばにし行動に移します。

 

何かをしたいならば、何かを得たいならば、疑わずにその通りになると信じることです。

自分で自分のことばを信じないならば、誰がそのことばを信じるでしょうか?

 

【関連聖句】

ルカの福音書24:38

すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。

 

【聖書通読】

-舌の自制と信仰-

  • ヤコブ3:1-18

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

若い時を価値ある時間にする

2022-09-27 00:01:14 | 伝道者の書

 

伝道者の書11:9-10

若い男よ。若いうちに楽しめ。若い日にあなたの心を喜ばせよ。あなたの心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め。しかし、これらすべての事において、あなたは神のさばきを受けることを知っておけ。

だから、あなたの心から悲しみを除き、あなたの肉体から痛みを取り去れ。若さも、青春も、むなしいからだ。

 

若い時は選ばれた良い時間です。

その時間をどのように過ごすかによって、その後の人生が大きく変わります。

 

今の時代の若者は、自信を無くして絶望している人がとても多いです。

コロナや経済不況などで落胆している人も多いです。

 

しかし若い時は楽しく過ごさないといけないです。

そのため、ソロモンは『心から悲しみを除き、肉体から痛みを取り去れ。』と言いました。

 

『心を喜ばせ、心のおもむくまま、あなたの目の望むままに歩め、』と言われたことを、自由奔放に生きて良いのだと誤解してはいけないです。

 

ソロモンが言いたいことは、若者たちが悪を捨てて、善を行いなさいということです。

自由奔放に生きることが幸せだと思い、ソロモン王はそのように若い時を過ごしました。

 

しかし神によって、その生き方が裁かれることを聞かされた後に、自分がやってきたすべてのことが空しいと悟りました。

 

自由奔放に生きることがすぐに幸せになる道に見えますが、結局は神のさばきを受ける苦しみに変わることを覚えないといけないです。

 

若い時に良いことをしながら生きると、それが自分の人生を幸せにしますし、希望も出てきます。

 

【関連聖句】

ルカの福音書12:29

何を食べたらよいか、何を飲んだらよいか、と捜し求めることをやめ、気をもむことをやめなさい。

 

【聖書通読】

-行いのない死んだ信仰-

  • ヤコブ2:14-26

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

主を信頼し、主を頼みとする

2022-09-26 00:01:07 | エレミヤ書

 

エレミヤ書17:5-7

主はこう仰せられる。「人間に信頼し、肉を自分の腕とし、心が主から離れる者はのろわれよ。

そのような者は荒地のむろの木のように、しあわせが訪れても会うことはなく、荒野の溶岩地帯、住む者のない塩地に住む。

主に信頼し、主を頼みとする者に祝福があるように。

 

無人島に行って、一人で暮らす人をテレビで観たことがあります。

人が住むようになったから無人島ではなくなりましたが、裸で暮らしていました。

 

どんな理由でそういう暮らしをしているか分かりませんが、そのような暮らしは誰でも出来るわけではないです。

 

人は助け合いながら共に暮らしています。

そして誰かを頼りながら生きています。

 

ほとんどの人は自分の力や、家族や誰かに頼って生きています。

 

しかし私たち人間を創造した神は、人間が創造主を一番に信頼し、その方に頼りながら生きることを望んでいます。

 

そのように神様は人間を創造したのに、人間は自分を造った神の存在を知らず、神に信頼することも、頼ることもしないし、神に頼るように言われても、それを断る人が多いです。

 

神に頼ることは弱い者がすることだと理由を言います。

人間は弱い者であって、強い者ではないです。

 

無限に若いわけでも、無限に力があるわけでもないです。

限界があるのが人間です。

 

ですから最初から力ある神に頼ると、神がその者を助け、また祝福して下さいます。

それが神の約束です。

 

【関連聖句】

箴言3:5

心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。

 

【聖書通読】

-兄弟愛と信仰-

  • ヤコブ2:1-13

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106