今日の「いのちのパン」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

良い報いがほしいならば

2022-09-09 00:01:36 | ローマ

 

ローマ2:6-8

神は、ひとりひとりに、その人の行いに従って報いをお与えになります。

忍耐をもって善を行い、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、

党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。

 

何もせず、良い報いだけを欲しがるならば、それは欲張りです。

種も蒔いていないのに、収穫があるはずがないです。

 

神様は良い報いが欲しいならば、良い行いをしなさいと言われました。

もし悪いことをするならば、悪い報いを受けるとも言われました。

 

当たり前のことを語っておられますが、人間はいつも勘違いをしながら、自分を騙しています。

 

今日自分が蒔くものをいつか刈り取ります。

ですから後先考えずに行動するのは愚かなことです。

 

知恵ある人は、自分の行動によってどんな実が結ばれるのか、どんな報いを受けるのかを考えます。

 

愚か者は今さえ良ければと思って、肉の思いのままに行動して、後で後悔します。

 

神が喜ぶことや善を行うならば、必ず神様から良い報いを受けますので、安心して善を行いましょう。

 

【関連聖句】

第1テモテ6:18-19

また、人の益を計り、良い行いに富み、惜しまずに施し、喜んで分け与えるように。

また、まことのいのちを得るために、未来に備えて良い基礎を自分自身のために築き上げるように。

 

【聖書通読】

-冠を受けなさい-

  • 第2テモテ4:8
  • 第1コリント9:25

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

死をもたらした一人の不従順

2022-08-21 00:03:36 | ローマ

 

ローマ5:12

そういうわけで、ちょうどひとりの人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして死が全人類に広がったのと同様に、──それというのも全人類が罪を犯したからです。

 

全世界のすべての人類に一番悪い影響をもたらした人間は、最初の人・アダムでした。

 

神によって最初に造られたことは一番栄誉あることでした。

アダムは最初に神の愛と関心と祝福を受けた者であり、エデンの園で最初に暮らした特権も与えられました。

 

エデンの園はどんなに美しい世界だったでしょうか。

 

私たちが経験している悪いものは何一つありませんでした。

死も存在しませんでした。

 

不自由や不足がない完璧な場所がエデンの園でした。

もしアダムがそれに満足し、神に栄光をささげたならば、今のような世界にはならなかったと思います。

 

彼を誘惑するために近づいたサタンのことばにアダムは騙されました。

「神のことばに不従順しても死ぬことなく、反対に神のようになる」と、サタンが投げたエサに飛びつきました。

 

アダムは罪を犯し、罪のためエデンの園から追い出され、死と呪いが世界に入りました。

取り返しのつかないことをアダムはやってしまいました。

 

しかしその子孫である人類は、アダム以上に神に対して不従順であり、神のことばよりもサタンのことばを好みながら生きています。

 

神は今でも人々が神のことばを聞いて、自分たちの罪を自覚し、悔い改めて神に立ち返ることを願っています。

そうするならば、死からいのちに移し、天国に入る特権も与えて下さいます。

 

【関連聖句】

エペソ2:1-2

あなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、

そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました。

 

【聖書通読】

-キリスト者としてすべきこと-

  • コロサイ4章

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

特別赦免を受ける

2022-08-18 00:01:10 | ローマ

 

ローマ4:7-8

「不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。

主が罪を認めない人は幸いである。」

 

日本には恩赦という制度がありますが、韓国には大統領が持つ権限の一つに服役中の人に対する特別赦免があります。

ですから毎年大統領によって特別赦免を受ける人が多いです。

 

国の特別記念日の時に、特別赦免を受けて自由の身になることが多いです。

服役中の人もその家族もそれに期待する人が多いです。

 

自由の身になった人は、どんなにその恩恵に喜ぶでしょうか。

 

すべての人間は神の前には罪人です。

すなわち不法を行った者で、それに対する刑罰もみんな受けなければならないです。

 

しかし神は、罪人たちに対して特別赦免を用意しておられます。

イエス・キリストの十字架を通して罪人が救われる道が開かれました。

 

次のようにすれば特別赦免を受けることが出来ます。

 

第1ヨハネ1:7-10

しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。

もし、罪はないと言うなら、私たちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

もし、罪を犯してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。

 

自分の罪を主の前に認め、悔い改めるならば罪が赦されます。

決して難しいことではないです。

 

【関連聖句】

第1ヨハネ2:12

子どもたちよ。私があなたがたに書き送るのは、主の御名によって、あなたがたの罪が赦されたからです。

 

【聖書通読】

-キリストの中にある完全さ-

  • コロサイ2:1-19

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

罪の奴隷と従順の奴隷

2022-07-22 00:01:35 | ローマ

 

ローマ6:16

あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。

 

奴隷と聞くと、どんなイメージが出て来ますか。

 

昔クレオパトラという映画を見ました。

エジプトからローマまでクレオパトラが船で移動しますが、船の下では船を漕ぐ多くの奴隷が汗を流しながら働いていました。

 

力が弱い奴隷たちはむち打たれました。

異常な雰囲気を未だに覚えています。

 

お金で奴隷を買うこともありましたが、戦争に負けると相手の奴隷にされることが多かったです。

 

昔とは違う形ですが、今も奴隷は世界中に存在しています。

日本にも多くの奴隷がいると時々、ニュースで聞くことがあります。

 

本人の意思や権利、体や行動の自由が奪われ、相手に拘束され、命令に従うように強いられている人がたくさんいます。

 

知らぬ間に人身売買された人も多いです。

それは現代の奴隷です。

 

人々に『あなたは奴隷ですか』と質問するならば、みんな不思議な顔をすると思います。

変な質問なので答えないと思います。

 

『奴隷ではない』と否定しても、人類はすべて罪の奴隷です。

自分には罪がないと言える人がいるでしょうか。

 

人類は罪の中で生まれ、罪に縛られ、その拘束から自由になれる人はいません。

 

福音とは、罪の奴隷になっている人にとって、とても良い知らせです。

 

それは『奴隷解放宣言』です。

信じる者に自由を与えると宣言しました。

 

すなわち罪によって死ぬものを、罪から贖い、いのちと自由を神の恵みによって与えると宣言しました。

 

リンカーンが奴隷を解放して自由を与えたように、神は罪の奴隷になっている者に、自由になれる道を教えておられます。

 

【関連聖句】

ヨハネの福音書8:32

そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」

 

【聖書通読】

-神の力-

  • 第2コリント12:1-13:14

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いつか証言に立たないといけない時が来る

2022-07-20 00:03:01 | ローマ

 

ローマ14:12

こういうわけですから、私たちは、おのおの自分のことを神の御前に申し開きすることになります。

 

悪い事をする人は心に悪があるので平気で嘘を言います。

 

捕まって裁判官の前に立った時も、嘘を平気に言う容疑者たちが多いです。

その嘘に簡単に騙される裁判官は少ないと思います。

 

生まれた人間が死んだ後は、嫌でも必ず一回は裁き主である神の前に立たなければなりません。

それを知らない人がほとんどですが、聖書を正しく読んでいる人はそれを知っています。

 

知らなかったから裁きを受ける必要がないと思うのは人間の考えです。

すべての人間が受けると書いてある通りに、必ず受けます。

 

その時、生まれた時から死ぬまでの自分の人生がパノラマのように見せられて裁きが行われます。

神はそれによって裁きます。

 

その時、おのおの自分のことを神の御前に申し開きをしないといけないです。

一番恐ろしい瞬間だと思います。

 

最後の審判とはこのことです。

 

永遠のいのちを受ける者と永遠の死を受ける者がわかれます。

永遠の死を受ける者に対して、主はこう宣告します。

 

『呪われた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に入れ。』

 

【関連聖句】

ルカの福音書21:36

しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」

 

【聖書通読】

-キリスト者の献金-

  • 第2コリント8:16-9:15

 

3分バイブルボイス 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Webサイト関連


・八戸ノ里キリスト教会    東大阪市御厨南2-1-39 大谷ビル2F / Tel 06-6783-5577

・シャローム松山教会  愛媛県松山市勝山町2丁目22-1 石丸ビル2F / Tel 089-993-5589

・3分テレフォンメッセージ  (毎日24時に更新)    06-6618-9105 / 06-6618-9106