おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室レポートNo.322 ピーマンとエノキ茸の合わせ煮

2010年08月31日 | 日記
●ピーマンとエノキ茸の合わせ煮(2人分)
 *ピーマンの栽培をしていると、収穫が終りになると、写真のようにパプリカのようなピーマンが出来始める、このような物は市販品には出回りませんが、栽培しているものは食べます、今回はエノキ茸と合わせて煮ました。
         

①ピーマン8個の種を取り、縦に6分割。
②鍋に油大匙1で、炒め、柔らかくなれば、エノキ茸1束、醤油小匙1・だしの素・みりん少々で味付け出来上り。
  *ちりめんじゃこ等も美味しい。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.321 じゃがいもご飯

2010年08月30日 | 日記
●じゃがいもご飯
 先日の料理教室には、Nさん提案のじゃがいもご飯がメニューに入りましたが、どんなご飯になるのか、皆さんじゃがいもがどんな姿で出来上がるのか、今まで食べた事のないもので、興味津津でしたが、出来上りお米との調和が取れていて、皆さん食べてみたら何と美味しいこと。
 ①いんげんまたはきぬさやを茹でて千切り。
 ②米2合に、にじゃがいも(できればメークイン)、皮をむいて1cm角に切って水に晒らしたもの200g・コーン(生、缶詰,冷凍品のどれでもよい)100g・調味料(薄口醤油30mℓ・酒60mℓ・こぶ茶小さじ2)を入れて炊き上げる。
  *水加減はふつうのご飯と同様
 ③炊き上がったらバター15gを入れて混ぜる。
 ④ご飯をよそって青味(いんげんかきぬさや)を乗せる。
  *生のトウモロコシは電子レンジ600wで2分保温して、ほぐして使うと上手く行く。

コメント

 第41回おばさんの料理教室N0.320 電子レンジを使ったパンプキンケーキ

2010年08月29日 | 日記
 ●第41回おばさんの料理教室 電子レンジを使ったパンプキンケーキ
 先日は、畑のニラ・オクラ・つるむらさき・かぼちゃ・モロヘイヤ・茗荷を使った料理を皆さん10時~12時まで頑張り、皆で楽しく食べました。
 付け加えるに皆さんの其々の料理の出来栄えはグー。
 次回は9月17日参加希望者は、早めに申し出下さい。
1.じゃがいもご飯 442  
2.オクラときゅうりのタコの酢の物 450
3.かぼちゃを使ったポタージュスープ458
4.モロヘイヤのおしたし 170
5.電子レンジで作るパンプキンケーキ  482
6.ニラ・オクラを使った餃子  26
7. 天ぷら・・・みょうが・オクラ・つるむらさき・エビ
8 きはだを煎じたお茶・スギナを煎じたお茶 
  きはだは、苦くて蜂蜜を入れても??? スギナは甘みがありOKでした。
  その他ニラの花のおしたし・ニラの茎の漬け物

 ●電子レンジで作るパンプキンケーキ
秋口は沢山のカボチャの収穫があり、カボチャ料理を色々楽しみます。大変口当たりよく美味しくできました、(3人分)。
 
      
①カボチャ200g(皮、種を除き)を一口大に切り、電子レンジ(600w)で4~5分加熱し、熱いうちに潰す。
②砂糖40g・バター10g・卵1個・牛乳160mℓ・小麦粉30gとラム酒・バニラエッセンス少量を混ぜ合わせ、①を加えて泡立てて良く混ぜる。
③バターを薄く塗った器に②を流し入れ、ラップをして電子レンジで4~5分加熱して、冷蔵庫で冷やし、適当な大きさに切り出来上がり。
    *好みにより生クリームを使うのも良い

コメント

おばさんの料理教室レポートNo.319 なすとオクラの蕃椒煮

2010年08月28日 | 日記
●なすとオクラの蕃椒煮(3人分)
*蕃椒(ばんしょう)とはトウガラシの事で、とうがらしと煮て、保存性を良くする煮物らしいです。
① 水500mℓに昆布(5cm角×2枚)を入れ、沸騰直前に昆布を取り出す。
②①に削り節(15g)を入れ、ひと煮立ちしたら火を止め、ザルで濾す。
③なす4個はヘタを切り落としてから縦半分に切り、皮に幅1mm、深さ2mmほど切り目を入れる、オクラ15本はへたを取る。
④①のだしを沸騰させ、醤油50mℓ・みりん50mℓ・砂糖小匙1・酢小匙1・赤とうがらし5本を加えて、煮立てる。
⑤④にオクラ・なすの皮が下になるように入れ、落とし蓋をして、中火で5~6分煮て出来上がり。
 炊き汁は色々な料理の炊き汁や、そうめんやうどんの汁に使うと良い。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.318 かぼちゃとオクラのあっさり煮

2010年08月27日 | 日記
●かぼちゃとオクラのあっさり煮
*季節のカボチャとオクラをあっさり煮てみました。組み合わせが良く美味しく出来ました。

     
① かぼちゃ一口大に切り・オクラは付け根を切り落とす。
② ①を鍋に入れ水・醤油・砂糖(みりんでも良い)こぶ茶・だしの素少々を加えて煮る、かぼちゃが柔らかくなれば出来上がり。
*あまり多くの水を入れなく、汁が少なく煮る。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.317  とうがんんを使ったソーメンサラダ

2010年08月26日 | 日記
●冷めん(2人分)
 *とうがんの収穫に合わせて、そうめんと美味しく食べましょう。
  
    
① 醤油70g・酢40g・砂糖50g水60mℓ・胡麻油小匙1(5g)を調合し、麺つゆを作る。
② そうめんを茹でて、水切り。
③ とうがん200gを千切りにし、水に5分晒す。
④ ②・③を皿に盛り付けその上に、ロースハム・ミニトマト・オクラ・きゅうり天盛りして、好みにより、溶き辛子を添えて出来上がり。
 *野菜は季節のものパプリカ・小松菜など何でも良い。

コメント

おばさんの料理教室レポートNo.316 にらの茎簡単漬け物

2010年08月25日 | 日記
* にらの茎の簡単漬物
にらの花が咲き始めた、にらは餃子や肉炒めなどに良く使いますが、収穫した根元の茎を大抵い捨てますが、こんな食べ方があります。ご飯に乗せてたり、酒のつまみにも大変美味しい。
  

① ニラの茎の白い部分を5mm位に刻み、塩もみする。
② 二杯酢に胡椒・赤唐辛子・ラー油少々に①を10分付け出来上がり。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.315 かぼちゃと豆の合わせ煮

2010年08月24日 | 日記
●カボチャと豆の合わせ煮
秋口は沢山のカボチャの収穫があり、色々な料理がありますが、豆とたいてみました。豆ご飯の用の冷凍保存のツタンカーメンの豆をつかいました。
  
         
①豆を醤油・砂糖・だしの素などで味付けて煮付ける。
②カボチャを醤油・砂糖だしの素で煮付ける、カボチャが柔らかくなれば①を加えて出来上がり。

 *今回は豆にツタンカーメンの味付けした、冷凍保存を使いました。
 *豆を先に焚いておくのは、カボチャは、早く炊きあがり煮崩れするから。

コメント

おばさんの料理教室レポートNo.314 オクラの料理色々・・ソテー

2010年08月23日 | 日記
●オクラの料理色々…ソテー
 オクラは我が家では4種類(花オクラ・丸莢オクラ・赤・緑オクラを栽培していて楽しんでいますが、どれも熱を加えると緑色になる。
 調理の方法は色々ありますが、丸のまま茹でてスライスする方法と。スライスしてから茹でる方法では、山芋のような強い粘りが出る。 
 食べ方は鰹節と醤油・そうめんオクラ・オクラどんぶり・オクラ焼き・和食料理の煮つけなど沢山ある。
*簡単オクラのソテー
  
①オクラを洗い適当な大きさに切る。
②フライパンにオリーブ油大匙1・塩少々を温め、オクラを並べ2~3分焼き、裏返し、バター5~10gを加え、2分程焼き、お皿に盛り付け出来上がり。
 *好みにより、バターの代わりに香りつけ程度に醤油でもよい。また、食べる時バジルの粉やカレー粉などふりかけるのも美味しい。 
                                                             
                             花オクラの写真 
                   
    
コメント

農業レポートNo.313 石川県のある野菜作り菜園見学旅行

2010年08月22日 | 日記
石川県のある野菜作り農園見学の旅
 先日、素人が書いた野菜作りの本のブログに、十角瓜のお話をしましたが、どうしても栽培光景を見たく、栽培者にお願いし、菜園見学させて貰いました。                    
                                         
               無農薬農園での野菜作りと、その野菜をお客様に提供されている美人女将。
 金沢市片町のナインビル5階にあるスナック「つゆ草」で、自分で栽培した有機・無農薬野菜を使い、旬の季節の野菜料理を食べさせて呉れると云う、野菜農園の見学体験をしました。
 まずは案内されたのは、3体のお地蔵さまの看板の中の畑には、どれも健康その物の山芋・十角瓜・金時草・数種類の・カボチャ・トウガン・ネギ・ゴボウ・サツマイモ・トマト・ピーマン・ナス・ニラ・茗荷・空心采・オクラ・モロヘイヤ等を収穫して貰い、お店に持ち帰り、即興的に特別に昼食の料理を数点作って貰いましたが、限られた時間内で、手際良く、野菜の持ち味を巧みに引き出された、旨みを堪能させて貰いました。

 野菜作りと収穫した食材を巧みに操る、彼女の情熱に圧倒され、快い満喫した至福の一杯の気持ちで、金沢を離れました。
 おもな料理内容は、ごぼうのてんぷら・赤い玉ねぎの甘酢付け・サツマイモの茎の煮付け・きゅうりと麩の酢の物・サザエとオクラの煮物味噌煮・人参と牛蒡と豆腐の合わせ煮・オクラ素麺・十角瓜と豚肉炒め・紫玉ねぎとげその合わせてんぷら・ふぐの味噌付けその他等々。

   
                           
●十角瓜の豚肉炒め(2人分)
十角瓜(とかどうり)は、オクラとへちまの掛け合わせで、切り口が10角形。
ウリというよりヘチマといった感じ、トカドヘチマとも呼ばれ、大きいものでは、長さは1mぐらいになる。熱帯性の作物で、タイやインド料理などで盛んに食べられる。沖縄ではどぅー汁煮とか味噌汁に入れたり、夏のおかずとして湯通ししたものを酢味噌やてんぷら・ソテー等。癖がなくゴーヤの苦味のないジューシでオクラの性質の粘りも多少あり美味しい。ゴーヤチャンプルのゴーヤの代わりに使うのも美味しい。
                       
                        
① にんにく2かけのスライスを低温でサラダ油に香りを移し、豚肉のこま切れを炒める。
② 十角瓜1本を7~8mmの横切りにして、①に加え炒めて、塩・胡椒で味付け出来上がり。
  *好みにより香り程度醤油で味付けも良い。
*十角瓜が成長しすぎたものは皮を剥き取る。
  *肉は鶏・牛肉・ベーコン・エビ・イカ等魚も美味しい。
 付け加えるに、昼間は泥まみれになり、野菜作り、夜はスナックでお客様に旬の野菜を食べて頂く喜びの生きがい人生。
 彼女はエベレスト街道1か月のトレッキング踏破の経験の健脚、どうしてこんなパワーがあるのかも驚き、

コメント (1)

おばさんの料理教室レポートNo.312 かぼちゃを使ったポタージュスープ

2010年08月19日 | 日記
*かぼちゃを使ったポタージュスープ
  *玉ねぎの甘味、じゃがいもとかぼかちゃ(野菜は季節の物で良い)の温かいスープ。

           
①玉ねぎ1個をスライスし、バター少々で飴になるまで炒める。
②鍋に水・じゃがいも2個・かぼちゃ1/4個を適当な大きさに切り、①を入れて柔らかくなるまで煮て、水分がなくなるまで煮詰めて、ペースト状になれば、牛乳400mℓ・生クリーム200mℓを入れ、コンソメの素・塩で、味を調え、ミキサーにかけて、器に盛り、卵を天盛して出来上がり。
 *生クリームがなければ粉ミルクでも良い
 *今回は茹でた、ジャガイモ(メークイン)・白かぼちゃ、ミントと卵を使いました。
 *野菜はかぶら・ソラマメ・かぼちゃ・人参など季節の物。
 今日から金沢の無農薬自然農園を見学や旅行で2~3日ブログ休みます。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.311 みょうがときゅうりの酢の物

2010年08月18日 | 日記
●みょうがときゅうりの酢の物
 *最も簡単で早くできる酢の物、旬のきゅうりとみょうが良く合う。
                       
          
① きゅうりとみょうがをスライスし、塩でもみ水切り。
② 酢合わせ酢(酢100g・砂糖50g・塩5g)に①・を混ぜ出来上がり。
  *好みにより酢タコや擦り胡麻をかけるのも美味しい。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.310 空心菜の醤油炒め

2010年08月17日 | 日記
●空心菜の醤油炒め(2人分)
 いよいよ夏野菜が終り11月初めまでは外来種の野菜が畑を彩る、空心菜・モロヘイヤ・オクラ・つるむらさきとどれも粘りの野菜で夏の疲れを癒す野菜です。
空心采は南方の野菜でホウレンソウの何倍も栄養がある。サツマイモのようなつるで、かき取れば横からいくらでも枝芽が出て、つるは空洞で採る時ポッコンと心地良い音がする。この料理はおかゆやご飯に良く合う。
  
この料理は、東南アジアに技術指導に行っていた折り、朝食は屋台でお粥と空心菜の炒めたもを好んで食べました、屋台なので調理の方法が良く見えおぼえました。  
① にんにく2かけのスライスを低温でサラダ油大匙1に香りを移し。
② 空心采2束を3~4cmに切り①に入れ、しんなりすれば、水カップ半分を入れ、蓋をして3~4分蒸す、火を止める寸前に醤油を香り付け程度にかけて全体を混ぜお皿に盛り出来上がり。
     *日本流に味付けは鰹節等も良い、醤油だけで充分美味しい味が楽しめる。
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.309 ポークチャップのあんかけ

2010年08月16日 | 日記
● ポークチャップのあんかけ
  *豚肉のソテーにかける手の込んだあんかけを作りました。  
              
①豚肉に小麦粉をつけ、フライパンで焼いて取り置く。 
②人参・ピーマンをオリーブ油で炒める。
③玉ねぎをみじん切りにして、オリーブ油で飴色になるまで炒める。
④②③を合わせ、水を加えスープの素・オイスタソース・ケチャップを加え出来上がり。
*好みにより豆板醤や焼き肉のたれも。
⑤①の豚肉を皿に盛り、あんかけを天盛り。
  *玉ねぎの甘みがムニエルやパスターにも美味しい
コメント

おばさんの料理教室レポートNo.308 紫色のにんにくのソテー

2010年08月15日 | 日記
●紫色のにんにくのソテー 
 先日道の駅で写真のような珍しい紫色のにんにくを買って来ました。匂いは普通のものより数倍きついように感じましたが、どんな料理にしようかと迷いましたが、皮をむいてオリーブ油で透明感が出るように炒めてみました、すると匂いが全くなくなり、甘味があり、これにんにくと思うほど美味しく出来ました。
 最近道の駅にはスーパなどと異なり格安で、珍しい野菜があり、旅行をすると立ち寄るのが楽しみです。農家の方も地方の面白い野菜作りを楽しんでおられるようで、道の駅は楽しい買い物が出来る。
   
コメント