おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.3046 紫蘇醤油麹の作り方

2018年08月17日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

紫蘇醤油麹の作り方

醤油麹の作り方を思考錯誤して色々な方法で作ってみましたが、この方法がベストでした。

  

①  ビニール袋に米麹500g・濃い口醤油500mℓ・水200mを混ぜ、きっちり閉める。

②  ①を炊飯器に入れ保温で蓋をしたまま5~6時間(時々袋を振り混ぜる)、麹が柔らかくなれば出来上がり。

③  紫蘇の葉を油で炒め、フードプロセッサーで細かく潰す。

④  ②と③を好みの味に混ぜ合わせる。

*冷蔵庫で約4ヶ月保存が可能。

*麹は業務スーパで菊川の米糀で700円

食べ方例

     今回は大黒しめじのソテーやなすの油炒めに天盛り。

   

ソテーの味付けや肉・魚に混ぜて一夜置いてから焼く。

山椒や粉山椒・七味唐辛子・柚子・すだちを加えるのも好みで。

醤油麹で照り焼きチキン

醤油麹で豚肉の生姜焼き

冷奴に天盛り、小芋に天盛り。

キュウリにつけて食べるとか、豆腐に天盛りする。 

 昨年の昨日のブログ

*さんまの生姜煮

       スーパでさんまを買って来ました簡単に醤油で煮ました。

   

①  さんまの頭と腹らわたを取り除き綺麗に洗う。

② 圧力鍋に入れ酒・醤油・生姜・山椒の実や葉(冷凍保存品)で沸騰すれば15分煮ました。

 

コメント

おばさんの料理教室No.3045 黒豆の赤飯

2018年08月16日 | 日記

黒豆の赤飯

  赤く炊き上げる方法

 

 保存乾燥豆1カップを水1400mℓ・重曹1gで1夜ふやかし、鍋(アルミはだめ)に入れ10分煮て、直ちにザルで濾す。

 炊飯器に洗った米(3合・もち米1合)・①の煮汁+分量になる水・塩・昆布茶少々を入れ混ぜて、上に煮た豆を置き炊く。

 炊きあがりが濃い赤に出来上がり。

昨年の昨日のブログ 

                              ツルムラサキ・オクラを使ったすき焼き 

今、ツルムラサキとオクラの収穫最盛期、これを使ったシンプルなすき焼きを試みました。 

  

① ツルムラサキとオクラを適当な大きさに切りさっとゆでて置く。  

肉を醤油・砂糖・みりんで煮て味付け①を加え出来上がり。 

 *野菜は旬のものトマトなども良い。

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3044 丹波の黒豆(枝豆)

2018年08月15日 | 日記

菜と花を育て美を眺め食を楽しむ   

丹波の黒豆(枝豆)

先日、見事な黒豆を子供からプレゼント、早速茹でて、コクのあるむちむち感を楽しみました。沢山あるのでコロッケも作りました。

  

① 枝から豆をはずす。

② 鍋に①を入れ、塩少々を加え手でもみ、うぶ毛を取り除く(これは食べる時の口当たりを良くする、大豆もそうする)。

③ お湯を沸かし、沸騰すれば②を入れ、好みの柔らかさ(1015分)になればザルにあけ、塩を振りかけ混ぜて、うちわであおぎ、冷やし出来上がり。

その他の料理・・・コロッケ・黒豆ご飯・栗との煮豆等も美味しい。

コロッケ

③と適量のだし汁を加えフードプロセッサーで潰し一口大に丸め、パン粉を付けて簡単コロッケ、またはパン粉を付けて揚げるそんな食べ方も。 

昨年の昨日のブログ 

キュウリの佃煮 

 今、キュウリ収穫最盛期で沢山採れ、形の悪いものや大きいものは皮むいてスライスして簡単に佃煮にしました。 

   

 キュウリ1kg厚さ2mm(サライサー)ですり、塩20gを混ぜ重しをして2~3時間すると。350m位の水が出るので良く水を切る。 

 酢100m・砂糖60g・種を取り除き潰した梅干し3個・醤油200m・だしの素3gを入れ沸騰させる。  

 に千切の生姜65g・山椒の葉や実とを入れ、沸騰してから5~6分煮て、冷えれば、煮汁を切り出来上がり650g。 

*煮汁400gは再度使え、鯖の煮汁にも使える。 

*好みにより、梅干は無くても良い、海老・鰹節・紫蘇の実・や葉・唐辛子も良い   

紅葉あおいが綺麗に咲きました、秋の気配が 

 

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3043 大黒本シメジ・ネギを使ったすき焼き

2018年08月15日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ  

大黒本シメジ・ネギを使ったすき焼き

先日道の駅で、大黒本しめじを買い求め、畑の初収穫のネギですき焼きを楽しみました。大黒本シメジは香り・口当たりは松茸、味はしめじ

 

①  ネギ・豆腐・大黒本シメジを適当な大きさに切る。

②  肉を醤油・砂糖・みりんで煮て味付け①を加え出来上がり。

*野菜は旬のものなんでも良い。 

昨年の昨日のブログ 

最もシンプルな野菜サラダ  

我が家の栽培オクラ、簡単な食べ方。 

我が家のスライサーは0.5mmと1.3mmと2mmの厚さでスライス出来、0.5mmでスライスするとオクラの種も綺麗に切れ、滑らかの舌触りでお年寄りでも美味しく食べられる。 

   

①    オクラとキュウリを0.5mmのスライサーでスライス。  

②    皿に盛り、トマトを出来上がり。  

     *和風や胡麻ダレドレッシン等色々な食べ方で。 

 

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3042 素麺かぼちゃのパスタ

2018年08月14日 | 日記

菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

麺かぼちゃのパスタ

   

①  トマト・ピーマン・玉葱を適当な大きさに切る。

②  素麺かぼちゃを茹でる。

③  フライパンにオリーブ油大匙1・ニンニク2かけみじん切り・ベーコン4枚2cmを炒め、塩・胡椒少々で味を調える。 

昨年の昨日のブログ  

最もシンプルなゴーヤチャンプル 

ゴーヤの収穫が本格的になりました。 

  

①   サラダ油でベーコンを炒め、ゴーヤを加えだしの素で味付け。 

② ①に溶き卵・豆腐を加え、熱を加え出来上がり。 

*野菜は季節の物、玉ねぎ・椎茸・オクラ・ゴーヤ・人参硬いものから順に加える。最後に溶き卵を入れるのも美味しい。 

   *豆腐は木綿豆腐・厚揚げ等。

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3041 ぶっかけ素麺

2018年08月12日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ  

ぶっかけ素麺

*野菜サラダと素麺を合わせ野菜を沢山食べる。

   

 そうめんを茹でる。

 野菜サラダの野菜、レタス・トマト・きゅうり・人参・玉ねぎを用意する。

 錦糸卵・ハムを細切りにする。

 器に適当に盛り付け、麺つゆをかけて出来上がり。

昨年の昨日のブログ 

オクラ・青紫蘇の肉巻き  

                   の季節、青紫蘇の香りが良く、暑い夏に食欲を誘う 

  

① オクラに青紫蘇巻き更に豚肉で巻く。 

② フライパンに①の巻き口を下にして、肉がはがれないようにして2分程焼き、ひっくり返し、醤油4:酒4:砂糖4:みりん1の割を入れ、弱火で蓋をして5分程蒸し、蓋を取り中火で煮詰めて出来上がり。 

*その他、牛蒡・鶏・牛豚肉やウナギで巻いた『う巻き』等。 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3040 野菜を使った冷やし素麺

2018年08月12日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

野菜を使った冷やし素麺 

           暑い夏を元気で乗り切りましょう。                                                  

① オクラをスライスし電子レンジで過熱・玉ねぎスライス・赤いピーマン・キュウリをスライス。

② 素麺を茹でる。

③ ②を水切りして器に入れ、①・湯で焼き豚を盛りつけだし汁をかけ出来上がり。

*天盛りするのはハム・キュウリスライス・玉葱・レタス・錦糸玉子等。 

昨年の昨日のブログ  

*青紫蘇の油炒め 

今、青紫蘇が夏の香りで美味しい 

  

① 青紫蘇をサラダ油で軽く炒め、最後に醤油や塩・胡椒で味付け。 

② ご飯に乗せ、茗荷の甘酢を天盛り。出来上がり。 

       *その他、色々な料理に使う

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3039 ピーマンと秋茄子の炊いたん

2018年08月11日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ  

ピーマンと秋茄子の炊いたん 

①  身欠きニシンを米のとぎ汁で2~3時間つける。または米のとぎ汁で2分程ゆでる。

②  小骨やウロコを取り除き、水でよく洗う。(余分な臭みや脂肪分を取り除く為)

③  鍋に味醂、酒、砂糖、水を入れ火にかける。

④  砂糖がとけたら、ニシンを入れ落とし蓋をし中火で10分ほど煮る。

醤油を加えて弱火にし、煮汁がなくすこし残るくらいで火を止める。

山椒の葉(あれば)を飾って出来上がり。

昨年の昨日のブログ 

空心采と玉ねぎの豚肉の炒め合わせ 

       空心菜収穫真っ盛り・玉ネギ・椎茸の炒め合わせを作りました。 

                

 空心采を洗い固い茎は取り除いて置く。 

 玉ねぎを洗い3~4cmに切り置く。 

 豚のこま切れをサラダ油で炒め、①②・しめじや椎茸を入れ、昆布茶・胡椒で柔らかく炒め、最後に醤油で味付けして出来上がり。

*空心采は鉄分を多く含み、どんどん茶色くなり、見てくれが悪くなるので早く食べる事。

*野菜は椎茸・しめじ・エノキ等。

コメント

おばさんの料理教室No.3038 オクラと豆腐の合わせ煮

2018年08月10日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ  

オクラと豆腐の合わせ煮

オクラの収穫最盛期、涼しい食べ方を研究しました。夏の食べ物とてとても美味しい。
    

① 豆腐を水切りして取り置く。

②  オクラを電子レンジで2分ほど保温。

③   鍋に①②を入れ醤油・昆布茶で味付けして煮て出来上がり。

    *野菜はなす・トマト等何でも良い 

昨年の昨日のブログ 

ジャンボオクラを使った素麺  

このオクラは大きいけれど柔らかく滑らかな味が美味しい。 

   

 ジャンボオクラをスライスして煮沸水(塩少々)に10秒程入れ、水切り。 

 トマトを湯むきし、椎茸を煮付けておく。 

 そうめんを茹でる。 

 ③を器に盛り、①・②を盛り付け、そうめんつゆをかけて出来上がり。 

*錦糸卵玉子・ハムの細切り・きゅうりの細切りなども良い。

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3037 オクラの冷凍保存方法

2018年08月08日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

オクラの冷凍保存方法

今年の我が家の栽培オクラはジャンボオクラです。

  

                                電子レンジ処理

①  オクラをスライスし、袋に詰め電子レンジで保温。

② ①を袋のまま冷水で速やかに冷やし、冷凍保存する。

  *熱処理冷凍保存の意味は、生きている酵素を殺して置くと長期保存しても変色しない。

*以前は水で茹で、ザルで水切りしていたが、この方法は水分量が常に一定で冷凍中鮮度も落ちなく、水で茹でると栄養素が流失する。

*調理方法は解凍して色々な料理に使かえる。 

昨年の昨日のブログ  

 モロヘイヤ・納豆ご飯 

モロヘイヤと納豆・卵を混ぜ、熱いご飯に掛けて食べました。

         

① モロヘイヤを煮沸水に入れ沸騰したら冷水で冷やし、水切りして細かく切る。 

② ①と納豆・卵を加え良く混ぜ合わせ、醤油で味を付ける。 

③ 熱いご飯に②を盛り付け出来上がり。 

*モロヘイヤが沢山取れたら熱処理して冷凍保存して置くと色々な料理に使える。 

*その他、イカなどを混ぜるのも良い。 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3036 鯖・鯵の塩焼き

2018年08月07日 | 日記

鯖・鯵の塩焼き

先日福井の新日本海の専業市場で美味しそうな大きな鯖・鯵を買い求め、塩焼きを楽しみました。

 

①   内臓を取り除き、三枚に開く。

②   塩を両面に振り掛ける。骨の部分には多めに振り、冷蔵庫で20~30分寝かす。

③   冷蔵庫から取り出し、さっと塩を洗い落し、布巾で水を拭き取る。

④   クッキングシートをフライパンに敷き弱火で時間をかけて焼く。

⑤   皿に盛り付け、山椒の葉・甘酢の生姜などを添える。

 庭先のアメリカ芙蓉の花

 

コメント

おばさんの料理教室No.3035 ピーマンと秋茄子の炊いたん

2018年08月07日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

ピーマンと秋茄子の炊いたん

 

 ① 身欠きニシンを米のとぎ汁で2~3時間つける。または米のとぎ汁で2分程ゆでる。

② 小骨やウロコを取り除き、水でよく洗う。(余分な臭みや脂肪分を取り除く為)

③ 鍋に味醂、酒、砂糖、水を入れ火にかける。

④ 砂糖がとけたら、ニシンを入れ落とし蓋をし中火で10分ほど煮る。

醤油を加えて弱火にし、煮汁がなくすこし残るくらいで火を止める。

山椒の葉(あれば)を飾って出来上がり。

昨年の昨日のブログ

ジャンボオクラのから揚げ  

 ジャンボオクラの収穫最盛期、ジャンボオクラは大きいのでソテーでは中まで熱が通らないので、油でさらっと揚げました。 

     

オクラを洗い、サラダ油160℃くらいで揚げる。  

皿に盛り、塩や抹茶塩などで食べる

 

コメント

おばさんの料理教室No.3034なす・オクラ・ピーマンの油・みそ炒め 

2018年08月05日 | 日記

なす・オクラ・ピーマンの油・みそ炒め

いよいよ夏野菜が終盤でオクラ・なす・ピーマンを油で炒めて、味噌を絡めた料理を楽しみました。

 

①  なすを適当な大きさに切り、水に2~3分晒す。

②   ピーマンをざく切り・オクラは半分に切り、①と合わせサラダ油で炒める。

③   柔らかくなれば、だしの素・酒・味噌・醤油を混ぜ合わせ、好みの味付けをして出来上がり。

*    ピーマンの収穫が終わるころ、赤いピーマンが出来る、これも彩に混ぜ合わせ使いました。

*    若い人には、ベーコン・牛肉・豚肉・鶏肉などを合わせ炒めが。

昨年の昨日のブログ

*スイカの収穫

今年は、黒スイカと大玉スイカをそれぞれ4月末に苗を植え付け収穫しました。それぞれ2~3kgで味はまあまあでした。 

 

                          

 

        

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3033 トマト肉炒め

2018年08月04日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

トマト肉炒め

  

  オリーブ油で肉を野菜を炒め、塩・胡椒で味付けて、ぶつ切りトマトを加え、塩・胡椒で味ける。

 皿にレタスを敷き盛り付け出来上がり。

*収穫したての素朴なトマトの旬を味あおう。 

昨年の昨日のブログ 

                                            茗荷の花の甘酢漬け  

                            茗荷の初収穫、花が綺麗で甘酢漬けにしました。 

  

 煮沸水(塩約3%を含む)に茗荷を10秒ほど入れ、冷水にくぐらせる。 

 水を搾り、甘酢に漬け出来上がり。 

* 日持ちをさせるためには、甘酢に塩少々入れる。 

* 保存用には塩漬けした物を、食前に冷水で洗い甘酢に入れ食する。

 

 

 

コメント

おばさんの料理教室No.3032 トマトを使った手打ちうどん(2人分)

2018年08月03日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ 

トマトを使った手打ちうどん(2人分)

     

.うどん打ち作業

 中力粉(強力粉:薄力粉=1:1)200gにトマト5~6個を湯むきし、汁をしぼるカップ1/2・重曹小匙1・小匙1/3塩を加え混ぜ、30分寝かす、また50回ほど煉り1時間寝かす。

 麺棒で適当な厚さに延ばし、細めに切る

③ うどんに対して6倍以上の煮沸水に入れ、ほぐして10分ほど茹でた後、冷水で洗いぬるみを取る。

.ソースの作り方

① ごま油大匙1・トマトのぶつ切り・ニンニク2カケラ・豚(バラ肉)200gを炒め、酒大匙2・砂糖大匙2・顆粒スープの素大匙1/2・醤油小匙1/2・塩・胡椒少々で味付け。

 ①を皿に盛り付け、2.のソースを掛け緑の香菜をトッピングして出来上がり。

昨年の昨日のブログ 

 ニンニクの唐揚げ 

  にんにく1個を丸のまま150℃の油に入れ、最初は沈んでいるが、揚げ終わりの目安は自然に浮いて来る。 

 揚げ終われば、皿にレタスの葉を敷き、にんにくを乗せ、塩を横に天盛り。 

先日枕スイカを買って来ました。 

 

 

 

コメント