沖縄のダイビングショップ「リフィー」

沖縄の少人数制ダイビングショップ「リフィー」の海日記、ログ

デジタルカメラ&ハウジングについて

2006-05-29 | リフィー
今日はおすすめ水中用デジタルカメラのご紹介。

水中カメラメーカーSEA & SEAから発売の、
デジカメと水中カメラがセットになったDX8000Gがおすすめです。
http://www.seaandsea.co.jp/dx8000g/index.html

一番の特徴はシャッターボタンを押してから、
シャッターが落ちるまでのタイムラグがとっても短いのです。
水中デジカメを持っている人なら誰もが経験してると思うけど、
ここぞという瞬間にシャッターを押しても、
シャッターが落ちる頃には魚はもういないという状態。
そんなイライラがこのカメラだと解消されちゃいます。
 
あとは、なんとこのカメラ、シャッターを一気に押しても、
おおよそピントの合った写真が撮れます。
だから、突然の大物登場でもシャッターチャンスを逃しません。

ハウジングのほうは、さすが専門メーカーだけあって、
とってもいい作りこみになってます。
ストロボの写りこみ防止の拡散板は、
被写体に接近してのマクロ撮影に大活躍。
あと、Oリングがハウジングの側面に設置されるので、
水密の信頼性がとっても高いです。
一応、最大水深も業界最高レベルの55m。
 

もし、水中カメラを買い換えようかなぁって思ってる人、
また初めて水中カメラを買ってみたいって人にもお勧めです。
ちなみに、リフィーのレンタルカメラはこの製品になりますので、
購入前に試しに使ってみるのもいいかもね~





コメント

天気予報では、雨の日が続きます。

2006-05-24 | リフィー
今日から先一週間まで天気予報がずっと雨。

梅雨入りしてからは意外と雨が少なかったんですが、
いよいよ梅雨も本番に入ってきたみたい。

そして、今日は一日中降ったり止んだりの繰り返し。
なんかどよよーんってしてますねぇ。

でも、水不足気味の沖縄にとっては、
この時期にちゃんと降ってくれないと困るんだよねぇ。
特に慶良間諸島では水不足は深刻で、
今年に入ってからも断水制限があったんじゃないかなぁ。

水は大切に使うようにしましょーね。




コメント

沖縄地方は、梅雨入りしたと見られます。

2006-05-18 | リフィー
沖縄がついに梅雨入りしたと発表されました。

といっても、実は14日のことなんですけどね。
例年だとGW明けすぐなんですけど、
今年はちょっと遅いみたいですねぇ。

で、こっちはうちにこもってパンフ作り。
なかなかの出来栄え。自画自賛です。

両面カラーのポストカード仕様で仕上がりは月末予定。
しかも、1,000円の特典付き。
見かけた人はラッキーですよ~。

ちなみに、梅雨明けは6月下旬。
待ち遠しいですねぇ。
コメント

営業です。

2006-05-16 | リフィー
今日は久しぶりにネクタイ締めて営業です。

元サラリーマンの僕にネクタイを締めることは、
ごくごく当たり前のことだったんですけど、
さすがに1年以上締めてないと違和感ありますねぇ。

なんか、とっても自分がウソクサク思えちゃいます。

そういえば、昔東京で働いてたときも、
通勤時はノーネクタイで、
早めに出社してから会社でネクタイ締めてました。
で、退社した瞬間にノーネクタイ。
自分にとって仕事とプライベートのスイッチだったのかも。

ちなみに脱・サラリーマンしてからは、
24時間が仕事であり、プライベートになっちゃってます。
楽なときはとっても楽なんですが、
きついときはとことん辛いですよねぇ・・・。





コメント

ジンベイザメツアーについて

2006-05-11 | リフィー
今日は前回行ったジンベエダイビングの紹介。

ジンベエダイビングとは、
読谷沖にジンベエが飼育されている生簀の中に入ってのダイビング。
生簀は高さ10m、幅30m、奥行き20mくらいの大きさで、
ジンベエが2匹入ってるんだよね。
エントリーしてすぐに生簀の隙間(?)から入ります。
すると係の人(トップマリン残波)がジンベエに餌付けをします。
ものすごい勢いで食べ始めます。
ジンベエはあのサメのような歯はないんですけど、
口の中はおろし金のようになってて、腕を飲み込まれると結構痛いらしい。
ちなみに餌はオキアミ。これが後に大変なことになるんだけど・・・
餌を蒔いた後はフリータイム。写真のほうも取り放題です。
  
時には突っ込まれることもあったり・・・
勿論、鮫肌の体感も簡単にできちゃいます。
 
 
と、まあ、こんな感じに40分間。
たっぷり、じっくりジンベエ君を堪能することができますよ。

ただ、帰りの船でびっくり。
ウェットで何かうごめいている・・・、オキアミだ!
お、よく見ると髪の中にまで入り込んでたりしてる。
と、ちょっとしたおまけまでついてきます。

で、気になるジンベイツアー(ファンダイブ)の価格ですが、
ジンベイ1ボートダイブ\12,600(2名以上から開催)となります。
さらにビーチファン2ダイブ(真栄田岬、残波岬、砂辺など)込みで、
3ダイブ\18,800(2名以上から開催)となります。

※ジンベイツアーはオープニングキャンペーン対象外になります。




コメント