沖縄のダイビングショップ「リフィー」

沖縄の少人数制ダイビングショップ「リフィー」の海日記、ログ

粟国遠征第2弾!

2020-07-08 | ファンダイビング
今日は粟国遠征第2弾。
相変わらずの南西強風。
ちょっち嫌な風向きですが、
なんとか粟国島まで渡ることができましたよ。


で、まずは一枚。
オールドリフトダイビングなのだ。


アカモンガラとカスミチョウチョウウオ。
ん~、透明度がイマフタツくらい。


遠目にロウニンアジ。
この後もいっぱい見れるだろうと思ってましたが・・・。


イソマグロ軍団。


ギラギラした体がいいよね~。


ひたすら泳ぐ。
ギンガメアジ玉を求めて。


バラクーダの小群れがいましたよ。


そしてウメイロモドキがビューン。
で、ここでゲストが船酔いのためダウン。
まあ、こればっかりは仕方がないよね~。


2本目は一人旅で。
ラッキーにも遠目にギンガメアジの群れ発見。


ロウニンアジもついてる、お手頃サイズな群れでしたよ。


そして綺麗に真ん丸に。
ん~、まさにギンガメ玉。


最後は月面を泳いでるかのようなネムリブカ。


あと、おまけですが休憩中、
水面イルカに癒されました~。






これにてオシマイ。
ん~、完全に荒波にやられてしまいましたが、
これにメゲズニ、
次回は渡名喜遠征でのリベンジもお待ちしております。


コメント

驚きのツムブリ!

2020-07-07 | ファンダイビング
今日は慶良間へ。
ん~、相変わらずの南西強風。
夏ってお天気になりましたね。




まずはキンチャクガニから。
地形ポイントならもれなく・・・。


本日の船写真。
透明度抜群なり。


天女の窓。
ん~、随分と寂しくなったな~。


キホシスズメダイの幼魚がいっぱい。


そして、噂のキンメモドキのスゴイ群れ。


もう目の前がすべてキンメ、キンメ、キンメ。
ここまで密集度が高い群れは見たことないってね。


ネムリブカもグルグルしてましたよ。


マルトサカガザミ。
緑のカニだよ。


ムラサキミノウミウシの仲間かな。


超極小なマルミカクレモエビ。
チヂミトサカについてますよ。


カクレクマノミ。
たらこ唇。


こっちはセジロクマノミ。


産みたてっぽい卵がいっぱい。


そして、アオウミガメ。
甲羅ツルツルのキレイな子でしたね~。


カキシブオトメウミウシ。
ハッと発見。


慶良間で見るのは稀かも。
クロヘリシロツバメガイ。


今日も見つけたヤクシマカクレエビ。
一瞬でいなくなるんだよね~。


ノコギリダイの小群れ。


3本目は激流の中を。
キビナゴがどっさり。


ウメイロモドキも群れてましたよ~。


厳しいポジションにカクレタツノコ。
気合いの一枚なり。


キンギョハナダイがいっぱい。
ここは癒しゾーンだね。


ちょい密なアカククリ。


そして、驚きのツムブリとナンヨウカイワリの群れ。


そしてゲストが昇天・・・。
粟国ばりにテンション上がりましたね~。




これにてオシマイ。
明日はスーパーハヤオキで粟国遠征予定。
ただ、海況的にどうなるかな~。

20200707上城・キンメモドキ
コメント

粟国遠征、大成功!

2020-07-05 | ファンダイビング
コロナ自粛がございまして、
こんな時期になってしまいましたが、
粟国遠征第一弾なり。
リピーターゲストとマンツーマンでゴリゴリ泳いできましたよ。

まずはカスミチョウチョウウオの群れ。
魚影もりもり、透明度も良好ですよ。


そしてイソマグロの群れ。
とにかくデカいのだ。


そしてグールグル。
じっくり見れましたね。


ナポレオンフィッシュとカスミアジのコラボ。
でっかいのもいたけど、寄れないんだよね~。


テングハギモドキとゲスト。
これだけ群れてれば絵になるね。


ギンガメアジ。
でも、婚姻色。
玉が見たいぜ。


と思ったら、発見!
そして、バーン!


一気に群れが高速移動。


まさに目にも止まらぬ速さで駆け抜けていきましたね。
いや~、ナイスポジションでした。


ドリーがいっぱい。
ナンヨウハギですよ。


悠々と泳ぐかっちょいいサメ。
グレイリーフシャークが単体で。
引き締まったボディが美しいのだ。


2本目はロウニンアジに落下ってね。


チームCをバックに一枚!
いい写真撮れましたか~?


そしてまたもやギンガメアジ。
いきなり目の前に突っ込んできたぞー。


すかさずもう一枚。
今日のギンガメはとにかくスピーディー。


ほんと目がテンになっちゃうくらいですな。




マグロが3本。
絶えず視界にマグロが入っていたような気が。


アカネハナゴイに囲まれて。


やはり海の中は運動会。
ダイバーの数も半端ないってね。


またもやイソマグロリバー。
デカくなると歯がむき出しになるんですね~。


フラフラしてるロウニンアジ。
まさに浪人!


きらびやかなリーフトップ。


最後はGT2匹とゲスト。






これにてオシマイ。
いつもこんな感じの粟国遠征ならいいんですけどね~。
またのお越しお待ちしております。
コメント

カツオじゃないよ、マグロだよ!

2020-07-04 | ファンダイビング
今日も慶良間へ。
ちょい曇り空ですが、水中は寒くなかったですよ~。


まずはキビナゴシャワーから。
昨日と同じ始まりですが・・・。


カツオじゃないよ、マグロだよ。
グルクンをかき分けて、イソマグロが突っ込んできましたよ。


ネムリブカ。
泳いでる姿はかっちょいいのだ。


ピグミーシーホース。
今はカクレタツノコですね。


ヨコシマクロダイが大口を空けて。
ちょっと頭悪そうだな~。


モンツキカエルウオ。
いつもの子じゃないと度胸が無いな~。


本日の船写真。
今日はいっぱいしてましたよ。


2本目はカメ。
アオウミガメとタイマイのコラボ。
この2種が一緒にいるのは稀なのだ。


タイマイとゲスト。
いい一枚だね。


セジロクマノミ。


エンビキセワタ。
ちっちゃいよ~。


クロヘリアメフラシ。
つぶらな瞳が見えます~。


ヤクシマカクレエビ。
ここ最近ヒット率アップ。
一時は絶滅したかと思うくらいでしたけど。


アカツメサンゴヤドカリ。


トロピカル模様とモンガラカワハギ。


そしてラストは大潮の男岩。
久々に停滞している泡を見たような気が・・・。


太陽とキビナゴ。
カツオもビュンビュンアタックしてましたよ。


でっかいケショウフグ。
昨日はモヨウで今日はケショウってね。


ナポレオンフィッシュ。
ん~、やはりここのはさっぱり寄らせてくれません。


最後はしっかり安全停止。






これにてオシマイ。
またのお越しお待ちしております。


さて、明日はスーパーハヤオキで粟国遠征なり。
ちなみに遠征便の那覇市内送迎は5時過ぎとなりますので、
参加予定の皆さんは覚悟しておいてくださいね~。


コメント

ギラギラしてるロウニンアジ!

2020-07-03 | ファンダイビング
今日はリピーターゲストとマンツーマンで慶良間へ。
早く潜りたくてうずうずしちゃうってね。


まずはキビナゴフィーバー。
この感動、写真で伝えるのは難しい。


キビナゴアタックのスマガツオ。


グルクンの奥にロウニンアジ。
幸先いいね~。


回り込んでもキビナゴびっしり。
潮向きとか関係ないんですね。


アナモリチュウコシオリエビ。


ウイランイボウミウシかな。
ん~、ウミウシ的には不発だ。


本日の船写真。


ムラサキウミコチョウ。
こんな時期でもまだまだ見れますね。


マルトサカガザミ。
ミドリのカニさんだよ。


2本目はカメポイント。
サクッとアオウミガメ。


今度はでっかいモヨウフグ。
間違いなく大物だよ。


カクレクマノミの卵。


ちらっと入り込んでみたり。


ハナゴイがいっぱい。


イソバナカクレエビ。
ちょいラメラメした体色なんですね~。


またもやカメ。
ゲストも一緒に。


ラストはココ。
もちろんマンタ狙いではあるければ・・・、チーン。


ベンテンコモンエビとアカシマシラヒゲエビ。


人気のぐるぐる。
タテジマキンチャクダイの幼魚。


びろろーんとぶっといドクウツボ。
迫力ありました~。


ヒメテングハギだね。
シュピーンと伸びたツノが特徴なり。


カシワハナダイがいっぱい。


ハナヒゲウツボは今日も元気に顔を出してましたよ。


やっぱりこいつ。
ギラギラしてるロウニンアジ。


真っ黄色なアカヒメジの群れ。


最後もやっぱりロウニンアジ。
ダイバーに突っ込んでくるのでかんり焦ります・・・。




これにてオシマイ。
明日も楽しんでいきましょう。


コメント