沖縄のダイビングショップ「リフィー」

沖縄の少人数制ダイビングショップ「リフィー」の海日記、ログ

潜降開始5分でダイバーに!

2020-03-13 | 体験ダイビング
今日はリピーターゲストの紹介で体験ダイビング。
うちにしてはレアメニューですが・・・。
それと、また別のリピーターゲストも
一緒に同伴参加コースで潜って頂きましたよ。


まずは体験なゲスト。
真剣なまなざし。
キンチョーしております。


といいつつも、サクッと潜降。
とっても落ち着いてましたね~。


そして、サクッと泳げるよーに。
潜降開始5分でダイバーになってましたね。
こんなラックチーンな体験ダイビングはなかなかないってば。


ちらっとフツーのクマノミ。


コールマンウミウシ。
今が旬だね~。


キイロウミウシ。
海の宝石ってね。


春らしくカンザシヤドカリ。


久々にマルミカクレモエビも見つけましたよ。
体験な方もジーっと観察。


2本目。
いきなりのウミガメに大興奮。


タイマイってやつですな。
ゲストも皆さん揃って。


こんなところにカノコイセエビ。
全身バーンってね。


カクレクマノミ。
チラッと。


オキエソが2匹。
なんかシュールだ。


カキシブオトメウミウシ。
大きめ個体もちらほらと。


船をバックに体験の方を。
ほんとダイビングセンス抜群だったな。


ラストはリピーターゲストとファンダイブ。
ドリフトでビューン。


ガイコツパンダホヤ。
骨骨なのだ。


シロウネイボウミウシ。


こっちはリュウグウウミウシ。
ツノがピーンだね。


交接中のコイボウミウシ。
こんなくっつき方もあるんだね~。


アマミスズメダイの幼魚。
春だね~。


と思ったら、頭上をプリプリのイソマグロ通過。
テンションアップだ。


岩陰にはネムリブカが2匹。
ホワイトチップが誇らしいのだ。


ロボコンことアナモリチュウコシオリエビ。


見れそうで見れないチゴミドリガイ。
キレイな色なのだ。


最後はガイドYからのパスでハダカハオコゼ。
こんなところにいるんですね~。




これにてオシマイ。
次回はぜひ、ダイビングライセンスを取りに来てね~。
またのお越しお待ちしております。


おまけですが、今日は帰り道のクジラがすごかった・・・。
ブリーチングしまくりってね。
ホエールウォッチングもいよいよ終盤戦だね~。


コメント

珍しくダブルヘッダーで!

2019-11-30 | 体験ダイビング
今日はうちにしては珍しくダブルヘッダーで。
午前中は体験ダイビング。
時化ております!
ということで、安定のナハシーサイドパークへ。

ん~、今日はお天気予報だったはずですが。


ウミヘビがにょろん。
イイジマウミヘビだね。


サンゴとゲスト達。
すぐに落ち着いて潜れるようになりましたね。


クマノミファミリー健在。


ビローンとアオヤガラ。


目がとっても大きかったり。


クリスマスツリーワーム。
イバラカンザシですが、来月からは大人気だね。


シロアミミドリガイ。
ミドリガイといってもウミウシですよ。


正面顔のサラサハゼ。
こうしてみると、なかなかのインパクト。


葉っぱの中にハリセンボン。


そしてボーン。
ゲストの手の内へ。


浅場の透明度はばっちりでしたね。


ときおり差し込む太陽がありがたい。


クロボウズというウミウシ。
只今、大量発生中。
う○こですはありません・・・。


キイロサンゴハゼ。
ピコっとね。


イトヒキテンジクダイ。
メタリックカラーがかっちょいいのだ。


オニカサゴがどーん。


コノハミドリガイ。
ヒラヒラが綺麗だな~。


やっぱり寒いと思って水温チェック。
なんと22度・・・。
見なきゃよかった寒さです。


ミョウジンツバメガイ。
肉眼では確認できないテンテンがあるよ。


最後は調子よく泳げるようになった体験ダイバーを。




これにてオシマイ。
後半戦はまた後ほど。


さて、明日はいよいよナハマラソン。
ベストを尽くしてがんばりましょう!

コメント

お腹ぽんぽこりんピグミー!

2019-11-22 | 体験ダイビング
久々の海。
体験ダイビングとその同伴参加コースでご案内。
慶良間まで行ってきましたよ。


まずはゲスト達。
あっという間に独り立ちってね。


泳ぎも上手。
ラクチン体験ですな。


でも・・・、立ち上がっちゃあダメですよ~。
透明度抜群の海でテンション上がります。


ムチカラマツエビ。
ナイス擬態。


セナキルリスズメダイ。
ツートンカラーが綺麗なのだ。


ツートンつながりでイロブダイの幼魚。
通称・オレンジマスクだね。


2本目。
サクッと潜降。
船と一緒にこの一枚。


ゲストが見つめるその先には。


メガネゴンべさん。
思わず「さん」付けしたくなるよね。


イイジマウミヘビ。
う~む、カメはおらんのか。


ラストはファンダイバーとマンツーマンでドリフトダイブ。
サンゴがもりもり。


カスミチョウチョウウオにアカモンガラ。
魚影濃ゆし。


ホソカマスの群れ。
壮観だね。


うっかりウミガメも。
タイマイがもぞもぞしてましたよ。


バラフエダイ。


キビナゴはまだまだ健在。
今年はほんと息が長いよね。


そしてまだいてくれました!
ピグミーシーホース。
お腹ポンポコリンだね。


ニジョウサバの群れとビュンビュン泳ぐスマガツオ。


かっちょいマグロ岩をバックにゲスト。
ダイナミックな地形を満喫。


最後はゲスト。
あ、ちなみにこのカメラを拾った方、
ご連絡下さい・・・。




これにてオシマイ。
またのお越しお待ちしております。


さて、明日も慶良間へ。

コメント

体験ダイバー、ウミガメと泳ぐ!

2019-10-08 | 体験ダイビング
今日は慶良間へ。
当店にしては珍しく体験メニューなり。
マンツーマンでまったり潜ってきましたよ。


何度も体験をされている方で、
潜降もスムーズに。
まずはムラサキウミコチョウから。
もうこんなのが出てくる季節になったのか!


ゲスト。
上手!の一言に尽きますな。


ハマクマノミ。
トマトアネモネフィッシュともいわれます。
たしかに真っ赤だね。


透明度抜群。
でも、やはり台風ウネリが入ってきてましたね~。


本日の船写真。
珍しくガラガラ。
広々と使えて快適でした~。


2本目は冬の砂地へ。
でも、寒くないってね。


キラキラとスカシテンジクダイ。


オトヒメエビ。
紅白縞々のおめでたいエビなのだ。


マダラエソが2匹。
シュールな一枚で。


ミョウジンツバメガイかな。
うっすらと目が見えますんか。


そして、ラッキーにもアオウミガメ。
ダッシュ一番で回り込んでこの一枚。


ようやくゲストも追いつくことができましたね。


そしてこの距離感。
実は一本目もカメを見たけど、
イマヒトツ寄れませんでしたからね~。


ラストは追加でもう一本。
太陽カキーン。


ハリセンボンとも戯れてみたり。
ナイスリアクション。


テーブルサンゴの下にはミナミハコフグの成魚。


アオヒトデを持つゲスト。
ちょっとはタイケンらしく。


浅場のサンゴ。
オレンジのキンギョハナダイが綺麗。


オヤビッチャがいっぱい。


よーく見ると卵がいっぱい。
一年中産卵してるような気がするけど。


最後はしっかりカメラ目線のサラサゴンベ。






これにてオシマイ。
次回はぜひダイビングライセンス取得コースにも
チャレンジしてみて下さいね。
コメント

ウミガメ、モンツキ、キビナゴ!

2019-08-25 | 体験ダイビング
今日は慶良間へ。
当店にしては珍しく体験ダイビングですよ。
2名体験に1名同伴ダイバーなり。


まずは皆さん揃って。
最初はちょい耳抜きに苦戦してましたけど、大丈夫。


ちょっとすれば泳いだり。


そして、ウミガメに遭遇。
アオウミガメってやつですな。


今度は船をバックに3名揃って。


ナマコが気になるよね。
フレンチクルーラーのようなぼこぼこ感。


ハマクマノミ。
トマトアネモノフィッシュとも呼ばれるのだ。


アマミスズメダイいっぱい。
目の前が魚だらけだ~。


今度はタイマイ。
あまりに近くに泳いできて、
ゲストがビビっておりますが。


2本目も船をバックに。
透明度バッツグーン。


泳いじゃうよ~。


そして慶良間版青の洞窟をちょこっとのぞいて。


上から差し込む光が綺麗なのだ。


一応、同伴ファンダイバーもいるので、こんなのもご紹介。
ウミウシカクレエビ。
ブラックバージョンはちょいレア。


モンツキカエルウオ。
ダイバーに大人気なんですよ。


最後は体験1名に同伴1名の2名様をご案内。
流れちゃうよ~。


オレンジなキンギョハナダイ。


ブレイクゾーンにはキビナゴどっさり。
カツオの群れもチラッと見れましたよ。


地形を堪能する同伴ファンダイバー。


グルクンの群れがビューン。


でっかい岩を取り囲むようにキビナゴが。


ドロップオフを泳ぐゲスト達。


最後はドリーことナンヨウハギを見ておしまい。




またのお越しお待ちしております。
今度はライセンス取得ですね。


と、今宵はナイトまで・・・。

コメント