沖縄のダイビングショップ「リフィー」

沖縄の少人数制ダイビングショップ「リフィー」の海日記、ログ

カメとスライム

2011-11-30 | ファンダイビング
今日は夏にダイビングライセンスを取得したゲストと、
マンツーマンでケラマに行ってきましたよ。
沖縄在住の方なので、
思い立ったら潜りに行けるのがいいですね~。

まずはスケスケなイソバナカクレエビ。
真っ赤なイソバナに映えますな。

ホワイトバージョンのハダカハオコゼ。
ちょっと冬っぽい?

カクレクマノミのベイビー。
このぐらいが一番可愛いよね。

キンチャクガニがシャドーボクシングですか。
カニバサミイソギンチャクを振り回しております。

ミゾレウミウシ。
夏のウミウシってイメージですが、
沖縄では年中通して見られるんですよね。

デバスズメダイに囲まれて~。

オオアカホシサンゴガニは抱卵個体。
オレンジの卵がはちきれそう。
しかも、よーくみてると、このお腹をパタパタと動かしてます。
卵に新鮮な海水を送り込んでるのかな。

岩陰でじっとしてるシモフリタナバタウオ。
ほんとシャイなんだから~

ユキンコボウシガニことオガサワラカイカムリもゲット。
安全停止中のいい暇つぶしですな。

ランチが終わって3本目。
いや~土砂降りです。
イバラカンザシの群生でも。
そういや、そろそろクリスマスツリーを出さないとな~。

お目当てのカメ。
ゲストと一緒にお決まりの記念撮影。
でも暗いな~。

ハナビラウツボがビヨーンと伸びて。
なんかようある?って顔してるけど。


これにてオシマイ。
またのお越しお待ちしております。



あと・・・、ネットで話題のスライムまん。
朝、遅刻しそうになりながらも使命感にかられて買っちゃいました~。
まさかコレが肉まんだとは思うまい・・・。


ちなみに、味はいたって普通に美味しい肉まんでしたよ~。
コメント

残波岬のサメ穴

2011-11-29 | ファンダイビング
今日は残波岬へダイビング。
東風ならここしかないでしょ!ってね。

海のほうはベタ凪とまではいかないけど、
とっても穏やかでしたよ~。

まずはここ最近、よく見られるカマスの大群。
ビシッと並ぶ様がかっこいいですな。

竪穴洞窟を抜けるとスリットのような出口。
これでもちゃんとくぐりぬけられるんですよ。

沖のほうには1.5mくらいのバラクーダ。
ギラギラしてますね~。

お馴染みのピグミーシーホース。
ほんと擬態上手ですよね。

浅場はサンゴがとってもキレイ。
今日は透明度も残波にしてはよかったな~。
やはりねらい目は満潮時だな。

2本目は出だしからナポレオンフィッシュ。
ここ最近、登場している1.5m~2mの個体。
風格たっぷりですが、ものすごくシャイなんですよね。

やっとわかりました、サメ穴。
大きなネムリブカがいましたよ~。
まあ、証拠写真程度ですけど・・・。
ただ、水深はちょっと深いけど。

最後はフラフラしてたカミソリウオ。
お腹パンパンだけど、ご懐妊ですか。


ここから先は甲殻類編。
まずはアザミカクレモエビ。
実はいっぱいいるんだよなぁ。

洞窟の中には大きなカノコイセエビが全身丸出しで!
ちょっとビビリましたけど。

イソバナカクレエビ。
2個体いるよ~。

トゲトサカテッポウエビ。
いや~、めちゃめちゃスケスケですよ。

暖かそうなミミズクガニ。
目が確認できないとほんと何かわかりませんな。

バオバブカイカムリ。
なかなかいかした髪型しております。

こちらはちょっと残念なユキンコボウシガニ。
チャツボホヤの群生地帯に戻しといたけど、大丈夫かな~。

フリソデエビ。
・・・、でも様子が変。
実はコレ、どうも抜け殻のようだ。
本体のほうは減圧的に捜索しきれず、無念・・・。

最後はキンチャクガニの抱卵個体。
なんか真っ赤な卵がボーンってなってますな。


よーし、今日はまだまだ行くぜ。
次はウミウシ編。

まずはパイペックイボウミウシ。
実は結構レアらしい。
デカイのがゴロゴロいるので今まで気にもとめてなかったけど。

こっちはキレイなシラナミイロ。

ホシゾラウミウシも小さいのがちらほら。
ビビッとな赤が可愛いよね。

こっちも小さなレモンウミウシ。
そばかりんとうサイズでしょうか。

モチモチとしたブチウミウシ。
浅場で潮当たりのいい場所に多いよね。
なぜか今年はいろんなダイビングポイントでよく見かけますな。

今日一番のヒットはミガキブドウガイ。
なんと4個体並んだ電車ごっこ。
決してやらせではありませんので!
去年は夏によく見かけていたけど、ここへ来て大爆発か?

ゴマフリイロウミウシ。
やっぱモンコよりも胡麻振りだよなぁ。

ノウメアワリアンス。
じーっと見てたけど、どんどん奥にいっておしまい。
ん~、サービス精神が感じられないなぁ。

最後は小さくってキュートなシロウサギ。
白ではなくって、薄ピンク色ですな。


いや~、今日は撮るもの盛りだくさんだったなぁ。
大物からマクロまで、最高に楽しい残波岬でのダイビングでした。

体力のある上級者の方、リクエストお待ちしております!
コメント

ロウニンからフリソデまで!

2011-11-27 | ダイビングライセンス取得
今日は慶良間へ。
マンツーマンでダイビングライセンス取得コースの開催。

昨日のニゴニゴ奥武島とは大違い。

そしていきなりのロウニンアジ登場。
興奮度MAXですな。

ノコギリダイの群れ。
ほんと竜宮城のように魚が群れてる~。

割れ岩にはアカマツカサがびっしり。

ちょっとシックなカクレクマノミ。
ニモ~だね。

こちらはハナビラクマノミ。
なんだかちょっと大人な雰囲気?

追加ファンダイビングも楽しんで頂きましたよ。
流れのあるポイントをドリフトで。
2本目では外してしまったアオウミガメ。
今度はばっちり見れましたね~。

イソバナが超キレイ。
いかにもケラマ~って光景。

ハナヒゲウツボ。
でも・・・、鼻髭が残念なことに。
ん~、何かの病気なんでしょうか・・・。

10円玉大のフリソデエビ。
Mさん、ありがとう!
が、この後に不幸が訪れたことはまた別の話。

ガレ場で見つけたキャラメルウミウシ。
フリソデのお返しに~。

最後もウミウシで。
ミルクオトメウミウシ。


今日は北風が緩んで、暖かい一日になりましたね~。
またのお越し、お待ちしております。

あ、そうそう、ダイバー認定おめでとう。
あまりに上手だったので、
講習ということを忘れてしまうぐらいでした!
コメント (2)

笹と夜叉、そして鉛筆!?

2011-11-26 | レスキュー
今日は砂辺でレスキューダイバーコースの総仕上げです。

といっても、朝一は残波岬チェック。
やはり波がまだまだ炸裂中・・・。
とゆーことで砂辺で追加ファンダイビングも含めて3本潜ってきましたよ。

まずはハナミノカサゴ。
昨日のグリーンなバックと違って爽やかブルーで。

ミナミクモガニ。
最近、大量発生中。

オキナワベニハゼ。
つぶつぶみかんだ。

消え入りそうなナデシコカクレエビ。
いや~、ほんとに消えちゃいそうな存在感。

バブルコーラルシュリンプ。
大きな個体でした。

スミゾメミノウミウシ×2と卵塊。
擬態系のウミウシですね。

砂辺では珍しい?ハナビラクマノミ。

ソフトコーラルはめっちゃキレイ。
冬になるにつれて、なんか元気が出てきたか!?

イソバナカクレエビ。
ちょっと失礼って。
スケスケでないやつがメスだそうな。

ヒトデヤドリエビ×2。
色が違うとこうも印象が違うのか・・・。

トウモンウミコチョウ。
ボリュームたっぷりの20mmサイズ。
二次鰓のフサフサが目立ってますね。
っていうか、付いてたんだ~。

カザリイソギンチャクエビ。
大きな個体で見やすいよね。

ここからはハゼゾーンへ。
まずはササハゼ。
ちょっとレアなんですよ~。

久々に砂辺で確認のヤシャハゼ。
かなり寄れます・・・。
って、警戒心無さすぎだろう!

こちらも久々登場のシャープスノウトスネークイール。
で、名前は合ってたっけ?
極細ポッキーサイズですな。

最後は定番のウコンハネガイ。
ピカピカと妖しさ満点。


これにて終了。
ダイビング中の何気ない準備も、
レスキューダイバーっぽくなりましたね。
これで名実ともにレスキューダイバーですね。

あとは、今日は助っ人がマンツーマンで、
ダイビングライセンス取得コースで奥武島へ。
こちらも順調に終了できたみたい。

明日は慶良間の海を楽しみましょう。
コメント

視界不良であります!

2011-11-25 | レスキュー
今日は奥武島へレスキューダイバー特訓。
気合いを入れて、
寒い中潜ってきましたよ~。

浅場のスキル練習は順調に終了。
ゲストの方、運動神経抜群ですね!

いざ深場へ。
まずはミナミダテハゼ。
濁ってるとかなり寄れます。
けど、あまりいい写真は撮れないんだよなぁ。

ホクロコシオリエビ。
どこにでもいるけど、
なかなかいい被写体です。

ニセアカホシカクレエビ。
いや~、この周りの視界がゼロ?

奇跡的に見つけたモンハナシャコ。
カツーンと指示棒を叩いてくるシャコパンチが強烈。

ハナミノカサゴはなんだか幻想的に。
こんな写真も撮れるんだよな。

いつものカンザシヤドカリ。
なんかここまで随分遠く感じます。

ラッパウニ。
ここ奥武島ではあちこちで見られますよ。

ハマクマノミの幼魚。

キリンミノの幼魚。
目がクリクリで可愛いですね~。


本気で視界不良の中、ゲストの方の水中捜索。
ほんとお見事でしたね~。
明日もこの調子でがんばっていきましょう。

それにしてもここ最近の奥武島の濁りっぷりが酷過ぎるなぁ。
なんとかならないものかと・・・。
コメント