せっさたくま

広島ペット霊苑がお贈りするブログです。ペットの事や他愛も無い話まで、色んなことを綴っていきたいと思います。

春季大法要開催と熊野霊園での火葬受付について

2021年04月16日 | 広島ペット霊苑 創業記

来る4月18日(日)熊野霊園では恒例の春季大法要が、午前11時~と午後14時~の予定で開催されます。

 

これに伴いまして、法要開催中の通常のお参りは出来ませんので、あらかじめご了承ください。

 

また、誠に申し訳ございませんが、4月18日の熊野霊園での火葬予約は、午後15時~より、件数限定でお受け致しますのでお問合せ下さい。

 

尚、己斐大迫、セレモニーホール、お迎えについては、通常通り受付可能ですので宜しくお願い致します。

コメント

新しいお別れ室

2021年04月13日 | 広島ペット霊苑 創業記

三寒四温を繰り返し、いよいよ本格的な春間近ですね。

 

熊野霊園名物の桜も既に数種類は終わりを迎え、4月18日の法要には残念ながら、葉桜決定の寂しいお知らせです。

 

さて今年の7月で35年目に入る熊野霊園のお別れ室、収骨室などが、この度お色直しを行いました。

 

また4月下旬までには、火葬炉棟のお色直しも終わり、これまでとは一味違う雰囲気の中で、悲しみの淵に立たれた皆様をお迎えできると思います。

 

今回の改装で、私達が一番重要視したのが、『キチンとお別れできる施設』という事で、数年前に行った己斐大迫の施設同様に厳かな雰囲気の中で、しっかりお別れをしていただくことが、出来る施設に生まれ変わる予定です。

 

このご時世にこの決断が正解かどうかはわかりませんが、とある火葬場での悲しいお別れが切っ掛けで生まれた会社ですので、時代がいくら変わろうと、最後までキチンと送って頂きたいという創業当時からの思いだけは、守って行きたいと思っています。

 

4月18日の法要までには、ほとんどの工事は終わりますので、法要にお越しいただく皆様に初めに見ていただくことになりそうです。

 

勿論それ以外の皆様にもご覧いただけますので、是非お参りがてら熊野霊園に眠る天使達に会いにいらしてください。

 

そして改装の感想をスタッフ達に伝えてやってください。では新しい霊園でお会いできるのを楽しみにしています。

コメント

総額表示

2021年03月29日 | 広島ペット霊苑 創業記

今日の野外は本当に凄かったですね。黄砂が・・・。

 

例年5月の初旬辺りまで花粉症の私は、黄砂にも反応するらしく、景色を見ただけで、目がショボショボして、くしゃみ、鼻水が大変でした。この黄砂は明日も多いらしく、昨日の雨が全てもっていってくれなかったことに、少しだけ怒りを感じています。

 

さていよいよもうすぐ4月ですね。4月と言えば世の中では新年度と言われ、大手企業の大多数が新しい期をスタートさせる日であり、そのほかでも様々な新しい動きがスタートする日でもあるのですが、(ウチは決算期が違うのであまり関係はないですが)4月1日から価格表などを税込み表示に改めないといけないので、3月は意外とバタバタしました。

 

HP、パンフレット、その他表示物を直すといっても、我々のような小さな会社でもかなりの量があるのには改めて驚きました。

 

というわけで、私達の会社の価格表なども4月1日から税込みの総額表示に変わります。

 

少しの間は、伝票などを書く場合にも迷うと思いますが、一日も早く慣れていきたいです。

 

今日の写真は久々の己斐大迫のお墓です。

 

担当者の頑張りで、少しづつ契約数も増えてきましたが、まだまだ区画はありますので、埋葬をお考えの皆様は、万が一まで考えてある弊社の納骨施設をご検討いただければと思います。

 

 

コメント

熊野桜 咲き始めました!

2021年03月27日 | 広島ペット霊苑 創業記

コロナ禍だろうが、なんだろうが、時期のずれはありますが、今年も熊野桜が咲き始めました。

 

例年ですと、4月中旬の法要祭頃に初めに咲いた桜が終わり、二番目の桜が満開というイメージなんですが、今年は既に一番初めの桜が咲き出し、週明けには終わりそうな勢いです。

 

この桜の勢いに我々もあやかりたいものだと、いつもながら自然の力の雄大さを、桜を見て感じます。

 

現在4月18日に開催を予定している法要に向けて様々な準備をしていますが、各地でコロナの感染拡大が広がりつつありますので、緩みそうな気持を我慢して、皆でこの局面を乗り切りましょう!

 

そして生まれ変わった熊野霊園に是非お越しください。

コメント

春の法要祭

2021年03月09日 | 広島ペット霊苑 創業記

今年の桜の開花は、かなり早くなるとの話の様ですが、桜の話が出始めると、春法要の問合せが増えてきます。

 

ちなみに今年は4月18日(日)の予定で進めていますが、現在のコロナの様子から言って、感染防止策をキチンとしたうえで、京都から田中住職にもお越しいただき例年通りの開催を計画しています。

 

昨年が無参列での開催となったために、一年ぶりのレギュラーでの春法要ですが、残念ながら桜は終わっているかもしれません。

 

ただ今回は、昨年秋ごろより行っていた霊園内の改装工事もほぼ終わっているはずですので、一年前とは比べ物にならない程新しく生まれ変わった霊園をご覧頂けると思います。

 

現在法要の案内を順次発送していますので、参列をご希望の皆様は今しばらくお待ち頂けると嬉しいです。

 

今日の写真は昨年の無参列の法要風景です。

 

 

コメント

春眠暁を覚えず

2021年02月23日 | 広島ペット霊苑 創業記

ここ数日の温かさで、一気に恐れていた花粉症が重症化した私なのですが、改装工事が進む熊野へ打ち合わせに行くのも正直辛い季節です。

 

未だ寒さが厳しい日もあるようですが、お日様からの日差しは日を追うごとに温かさを増し、この陽射しに誘われるように熊野のあちこちで、綺麗な花が色づき始めました。

 

そのせいか、居候達の動きも活発になりはじめ、冬の定位置の猫マンション内にいる時間も短くなってきたようです。

 

そんな中、マンション内に見慣れない物体が!!!!

 

気が付けば霊苑内をうろつき始め、いつの間にやらここの主の風格さえある『もんく』の寝姿です。

 

『春眠暁を覚えず』には少し早いけど、この子の場合、眠りの質が余程良いのか、少々触っても起きません。

 

名物の霊苑桜の蕾も少しずつ膨らみ始めましたので、本当に春はそこまで来ています。

コメント

忘れないでください。

2021年02月20日 | 広島ペット霊苑 創業記

昨年末から始まった、熊野霊苑の大改装。

 

その中でも時間がかかったのが、創業時からあった納骨堂の解体に関する様々な作業だったのですが、そこに遺骨をお預けいただいている方々を隣の納骨堂や墓地、その他拠点へ移動していただく交渉に相当な時間を要しました。

 

その中でも連絡がついた方はいいのですが、つかない方が一定数いらっしゃり、色々な手立てで連絡を試みましたが、どうしてもつかない皆様のお子様たちは、契約条項に則り、合同供養塔へ移って頂きましたが、長い間放置されたこの子達のことを考えると、どうなんだろ・・・?と思ってしまいます。

 

勿論お預かりの間は、私たちが供養はさせていただくのですが、何か寂しい感じがしてしまいました。

 

私達に預けていれば大丈夫と、思って頂くのはありがたいですが、住所変更は忘れないでくださいね。

コメント

お客様の声

2021年02月17日 | 広島ペット霊苑 創業記

以前にもここで紹介しましたが、一部の火葬をご利用された皆様や、報告連絡をご希望の皆様にサービスの満足度を記入頂くためのご利用者アンケートを送らせていただいています。

 

大体毎月15枚~20枚くらいの返信を頂くのですが、公開して良い。という皆様のものをHP上の『お客様の声』というコーナーで、実際の葉書を載せて紹介する様にしています。

 

ありがたいことに殆どの皆様からは、嬉しい内容のお返事を頂くことが多いのですが、中には愛のムチで、厳しいご意見を下さる方もあり、その葉書が記名でも無記名でも『公開可』のお許しがあれば、載せる様にしてあります。

 

その他にも他の会社がやっておられる口コミサイトとか、ここ最近はGoogleさんの口コミを頂くことが増えてきました。

 

そんな中で、こないだから続けて2件、手厳しいご意見を頂戴し、ご指摘の原因と対策を検証し、今後は同様のご意見を頂かないように、それぞれの拠点長と話をしました。

 

私達は業歴34年、かなり前からHPの掲示板も作っていましたし、利用者様へのアンケ―トもお願いしていました。そしてまだまだ未熟ですが、FBやTwitterなどのSNSで情報発信もしていますが、最近感じるのは、年を追うごとにお客様の様々な声が色々なツールを使って、公に発せられることが増えてきていると思います。

 

だから私が昔習った、『お客様の背中で満足して帰られているかを判断する』という時代から、SNS,葉書や口コミサイトの評判などで、顧客満足度を測る世の中への転換は、新しい時代の産物ではありますが、正直私達にとっては少し怖い気がします。

 

だからこそ、一件一件のご依頼を真摯に対応し、お客様に満足をしていただけるようにすることしか、ないのかもしれません。

 

だからスタッフには、お客様の価値観が多様化している世の中だから、オール100点は目指せないかもしれないが、真面目に真剣にお客様と向き合って、誠意ある気持ちのある対応をしていこうと話し合っています。

 

時代の流れに沿いながら、これからも変わっていける部分は変えていける私達でい続けたい。そう願います。

コメント

お別れの重要性

2021年02月08日 | 広島ペット霊苑 創業記

コロナが日本に入ってきて約一年、コロナのひろがりと共に私たちの生活様式は本当に変わってしまいました。

 

不要不急の外出は避ける。家族以外の人との会食はしない。仕事も家で出来る人は家でする。に代表される様々なことが、一年の間に、ある程度無理なくできる様になり、それ以外の新しい価値観すら生まれてきました。

 

そんな中、私たちの業界でも外出を避ける方々から自ら出向くのではなく、お迎えや移動火葬車を選ばれる方のニーズの高まりが少しづつ感じられます。

 

現在、広島ではコロナの感染が急激に減っていて、この春から始まるワクチン接種の効果と合わせて、新たな広がりが抑え込まれることに期待しているのですが、一年で出来た新しい価値観の中で、コロナが収まった後も、家から出ずに、来てもらうという新しい価値観が残ることに、一抹の不安を感じています。

 

その不安の背景には、ここ20年の人様の葬儀の変遷が大きくあり、お別れの形が変わることで、我々業者の在り方も変わってくるからです。

 

そんな日が来ないように、コロナ収束後も最愛の友との新しいお別れの形を提案し続けて参ります。

 

 

コメント

みかん負傷

2021年02月02日 | 広島ペット霊苑 創業記

ここ数日、仕事で熊野霊苑にいることが多く、久々に霊苑の居候達と触れ合うことが出来ました。

 

いつもの様に、まず長老のしずにご挨拶、次にモンク、その他メンバーにも挨拶し、私の推しメンのみかんを探します。

 

気ままなみかんは、出歩いていないことも多いのですが、もしやと思って寝場所に行ってみると、これから寝る予定だったのか、居ました。

 

いつもの様に頭をなでてやると、とても気持ちよさそうにしてくれるみかん、今思えば少し元気がなかったような・・・。

 

次の日スタッフから、みかんがビッコを引いているのだが、骨が折れているかもしれないので病院に行ってもいいか?との連絡が。

 

熊野霊苑では仲間同士の喧嘩や猪や野犬、縄張りを荒らしに来る外猫等、危険がいっぱいなので、色んなことが起こります。

 

だから正直ドキドキしていましたが、かかりつけの病院で診てもらった結果、古傷が化膿していたとのことで、化膿止めの注射をしてもらって様子を見ることと聞き、少しだけ安心しました。

 

これからも皆元気で、長生きしてください。

コメント