せっさたくま

広島ペット霊苑がお贈りするブログです。ペットの事や他愛も無い話まで、色んなことを綴っていきたいと思います。

大阪のペット霊園『宝塔』問題について・・・・

2017年04月25日 | 広島ペット霊苑 創業記

ネットニュースやテレビ放映で既にご承知の方も多いと思いますが、大阪府にある創業25年のペット霊園『宝塔』が、利用者の方に何の告知もなく閉園したそうです。

 

お墓詣りに行った利用者が、たった数枚の張り紙を見て事態を知ったそうで、ここ数日協会の方へもマスコミ各社から取材の申し込みが殺到しています。

 

調べによると、もともとここの土地は借地で、事前に地主に承諾を得ずにペット霊園を開業し、何年も前から揉めていたそうです。しかしいっこうに霊園側が要求に応じないため、裁判沙汰となり、既に返還するような判決も下りていたそうなのです。

 

そんな状況を一切知らせず、今でもHPは閲覧可能な状態にしている業者の無責任さには、ただただ呆れるばかりです。

 

キャリアもあり、管理者が変わったことも告知されないとなると、こうなることは予測できないことかもしれませんが、霊園自体が借地かそうでないかないかは、今後の霊園選びの指標の一つになるかもしれません。

 

ここに眠る子達の遺骨が、一日も早く安住の地へ移れ、ここを利用された皆様に安心が戻ることを心からお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春季大法要について

2017年03月13日 | 広島ペット霊苑 創業記

なにやら例年に比べ、日に寄っての温度差が激しく、身体に堪えますね。

おまけに花粉の飛散量も今がピークとの事で、今年に限ってなのか、例年飲んでいる薬の効きが悪く、いつもは使わない身体に優しいティッシュが手離せません。

 

さて花粉の話題が出始めると、今年も恒例の春季大法要をご案内させていただきます。

今年の開催日は、4月9日(日)例年通り 午前11時~ 午後14時~ の二部開催を予定しています。現在の私の予想では、名物熊野桜がピークを迎えるはずなので、合同供養塔での読経は桜吹雪が舞い散るかも・・・。

また『新しい法要にしたい』との思いで昨年の春、秋法要をお願いした、京都の田中住職を今回もお呼びして、感謝のお経だけを頂くのではなく、心がホッコリ出来て、ためになるそんな法要を開催いたします。

 

例年より少し遅れていますが、現在鋭意、案内の準備中ですので、法要レギュラーの方々は勿論の事、一度は行ってみたいなと思われている皆様、最近何かしらないけど、どうかな~と、心がもやもやしている皆様も、是非この機会に熊野霊苑にお誘いあわせの上、お集まりください。

 

きっと帰られる頃には、来るときには感じなかった、何かを感じて帰って頂けるはずです。

 

追伸 最近案内が届かないとお思いの皆様は、ご一報頂ければ案内を送らせていただきます。またHPからでも案内希望の申込みが出来ますのでご確認ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう3月。そしてご報告。

2017年03月08日 | 広島ペット霊苑 創業記

気づけば既に2カ月経過し、少しづつ温かくなればなったで、花粉が飛び始め、ここ数日猛烈に目が痒く、クシャミが大変なことになっています。

 

かと思えば、今だ雪が降ったり、車のフロントグラスがガリガリで、朝一番から出鼻をくじかれる日もあり、いつもの年通り、三寒四温を繰り返しながら、本格的な春へ向かって行っています。

 

そんな熊野霊苑からのご報告です。

 

ここ数カ月、どこから来たのかわからない大型の野犬が出現し、人がいない間に霊苑を荒らしたり、お参りや火葬にお越しになられた人を見ては、遠くから吠えたりしています。今のところ人に危害を加えることは無い様なのですが、ウチとしても何とか保護しようと、様々な努力をスタッフがしてくれました。

 

しかし鳴き声の余りのうるささに辛抱できなくなった地元の方が熊野町へ苦情を申し出たようで、こないだから熊野町役場から担当者が来られて捕獲機などを仕掛けています。

 

しかしこの犬相当頭が良いようで、熊野町の職員の方があの手この手を尽くされますが、うまく行きません。来苑者の皆様にご迷惑をお掛けせず、いい形で保護されることを祈りながら、今は見守ることしかできません。

 

毎回の事ですが、こういうケースに出くわす度にどういう事情があるにせよ、飼主としての責任を果たせない人間は、絶対に動物を飼ってはいけないと、強く思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒さの合間

2017年02月15日 | 広島ペット霊苑 創業記

暦の上では既に春だというのに、今年は結構寒い日が続き、霊苑の居候達も中々事務所から出ようとしません。

 

この寒さの影響か、長年一匹狼的に山で生きてきた『タニ』まで、気が付けば事務所で暮らし始めていることには正直驚きましたが、(猫同士で話し合いでもあったんだしょうね。)どこから来たのかわからない迷い猫まで含めて7~8匹が、狭い事務所にひしめいている状態です。

 

日替わりで熊野スタッフが3名いますが、この冬、確実に事務所はネコ部屋と化してしまっていますが、今日は様子が違いました。

 

日差しの強くなった太陽に誘われるかの様に、一匹、また一匹と外出してゆき、各自思い々のお気に入りの場所で日光浴を決めていました。

 

そんな様子を呑気に眺めていると、霊苑の畑にも黄色い花が、少しづつ咲きはじめていて、いよいよ春の足音が聞こえてきた一日でした。こんな日が少し続けば、霊苑桜もいよいよ膨らみ始めます。

ただ週末には、またまた寒波がやって来るそうですので、くれぐれも皆様もご自愛ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月のスタート

2017年02月03日 | 広島ペット霊苑 創業記

例年通り、気が付けば1月はあっさりと終わり、2月に入りました。

 

今年は全体的に寒い日が多く、外で活動する各現場のスタッフも体調を維持するのが大変な中、頑張ってくれています。そんな中、毎月恒例の墓参りに行ってきました。

 

毎月1日ないしは2日、ご先祖様への感謝は勿論の事、会社や家族の近況報告、それらにまつわる相談事、そして時折り少しの愚痴(笑)をお墓を磨きながら約30分かけてお話ししています。

 

勿論相談の先に回答はありませんが、お墓詣りをすることによって、何故だか心が落ち着き、落ち込んでいても何故だか一歩前へ踏み出す気を与えて貰えますし、悩んでいる案を2案持って行っても、帰る頃には、どちらかを決めることが出来るから不思議です。

 

そんな2月の墓参り後、いつもの様にすがすがしい気持ちで帰ろうと思った時、辺りの景色の変化に気づきました。

 

毎月同じ場所から同じ風景を見るのですが、20数年ここに来て、初めてと言えるくらい澄んだ空気の中で遠くまで景色がクッキリ物が見えました。

 

この景色の様に、我々が描く未来がクッキリ見通せるよう、気持ちを引き締め、2月も頑張ろうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良く降りました。

2017年01月16日 | 広島ペット霊苑 創業記

全国ニュースで何度も取り上げられるくらい、今回ばかりは良く雪が降りましたね。

 

通常の年なら一日だけ雪掻きすれば終わりなのですが、今年は2日に渡る積雪で驚きました。

 

通常ならコタツで丸くなるはずの居候達の一部も、2日も続くと自分が猫だという事を忘れたかの様に雪の中を駆け出す始末でしたが(-_-;)早朝より雪掻きスコップを持ったスタッフ達の努力もあり、両日ともお客様にご迷惑かけることなく、一日を終えることが出来ました。

 

冬だから雪が降るのは仕方ないにして、できれば二日続きの雪は勘弁してほしい。

 

そんな事を願いながら、事故がなかったことに感謝しています。

 

写真で見る霊苑はとても綺麗で幻想的ですが、次回降るときは雪の量、少しでお願いします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致します。

2017年01月09日 | 広島ペット霊苑 創業記

2017年が明けて、はや9日。皆様におかれましては、いかがお過ごしですか?

 

例年通り、2日から稼働している弊社では、今年も慌ただしく動き出しました。ですから普通の会社の様に、全スタッフが集まって訓示を述べるなんてことは、できませんが、数名のスタッフと6日の日に本社近所の神社へお参りに行き、スタッフと関係してくださる皆様方の今年の健康、安全、繁栄をお願いしてきました。

 

酉年は収穫の年とも言われるそうですので、今まで準備してきたものを形にするには好機ととらえ、コツコツと真面目に仕事をしていきたいと思っています。

 

今年も皆様に選んでいただける霊園を目指し、今まで以上にスタッフ一同走り回りますので、何卒宜しくお願い致します。

 

ご挨拶が遅くなり、大変申し訳ございませんでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近況報告

2016年11月16日 | 広島ペット霊苑 創業記

すっかりご無沙汰になってしまったブログですが、居候も含めた全スタッフとも元気でやっています。

 

ただ、前に比べてなかなかゆっくり机に座っていることが少なくなったため、時折広島ペット霊苑のFBに写真を掲載させて頂き、近況を見て頂いています。

 

11月も半ばを過ぎ、既に冬のイベントの準備が始まってバタバタやっていますが、紅葉も終わりを迎え、迫りくる冬へ一直線といった感じです。今年はラニィーニャ(?)の影響で、例年に比べて雪も多く寒くなるという予報も出ている中、この時期になると出てくる招かれざる客のカメムシも、いつもの年より若干多く感じます。

 

束の間の穏やかな季節から、冬に向かう霊苑、居候達の防寒準備も始まり万全の状態です。

 

残り一カ月ちょっととなりましたが、私達が出来ることをしっかり考え、新しい年を明るい気持ちで迎えられるように活動して参ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の途中で

2016年09月16日 | 広島ペット霊苑 創業記

大型連休がある季節になると、思わぬご依頼が舞い込むことがあります。

それは・・・・。

休みを利用した旅行中にペットが亡くなってしまったので、火葬をお願いしたいというご依頼です。

 

今年のお盆にも四国から、車で旅行に来られたご家族の愛犬が旅の途中で旅立ち、大慌てで電話をしてこられました。

 

このご家族、都合でどうしても時間が取れないとの事で、泣く泣くセレモニーホールに天使を預けて行かれました。担当したスタッフによると、この子が旅行中、ちゃんと車内で休めるようにベッド等の用意がしてあり、今の飼い主様のお気持ちを察すると、胸が痛くなる思いだったそうです。

 

そんな飼い主様から、担当者に『その節は本当にありがとうございました。どうしても後悔の念が抜けないので、改めて高知から霊苑を訪ね、心からあの子にに謝りたい。』と電話が入りました。

 

10月には法要祭も計画しているので、それに合わせてお越しになられては?とお伝えしたら、是非そうしてやりたいとおっしゃったそうです。

 

十分に練られた旅行プランでも、こういう不測の事態を予想することは嫌なことですが、少しだけでも心に止めておくだけで、いざという時に後悔が少ないのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の法要が動き始めました。

2016年09月07日 | 広島ペット霊苑 創業記

長年続けてきた法要を創業30年を機に変えてゆきたい!と、京都からご住職をお呼びして開催した今年の春法要。

 

保守的と言われる広島の愛好家の皆様にどんな評価を頂戴するのか・・・・と不安の中での開催でしたが、お蔭さまで、沢山の皆様から『今までで一番良かった。またこの住職を呼んで。最高の時間を過ごせました。』との高評価を頂き、その日のうちに半年先の住職のスケジュールを押さえました。

 

そんな新しく生まれ変わった秋法要が10月23日(日)に私達の起源の場所である熊野霊苑にて午前、午後の2回開催されます。

 

現在、法要案内を印刷中で、9月20日くらいまでに、案内を希望されている皆様のお手元に届く予定です。

 

この春から参列できない皆さまのための供養報告写真も復活させて、万全の態勢で皆様のお申込みをお待ちします。

 

少しづつ秋が深まる霊苑で、田中住職よりありがたいお話しを頂き、ホッコリした気持ちで、やがて来る冬を迎えるのはいかがでしょうか?

 

30年目の節目の秋法要で、一人でも沢山の皆様とお会いできることを楽しみにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加