goo

終わってしまった連休と読み終えた小説

三連休。東京の友達と広島で一緒に遊ぶ予定が、台風で飛行機が飛ばず、中止に。1日目は、台風が気になりながら、ピアノの練習をして終わり、2日目も、ピアノの練習。さすがに疲れて、夕方から、近くのクラフトビールのイベントにひとりでふらふら行ってみた。ライトもついてて、座れる恰好の読書できる場所を見つけ、文庫本を読んだ。村上春樹の世界はビールと合う。ビールがおいしすぎて、つい飲みすぎた。帰り、どの道を歩いた . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

四万温泉~温泉旅その4~

四万温泉は、四万の病気に効くというのが、名前の由来だそうで、草津に比べると、刺激の少ない透明なお湯。河原の湯、上の湯、山口川音の足湯と無料の共同浴場をはしご。(中央に写っているのが河原の湯) 積善館という宿では、元禄時代に建てた本館が残っていて、ジブリの「千と千尋の神隠し」の湯屋のイメージモデルの一つにもなったともいわれている。入口の赤い橋も、いい雰囲気。日帰り湯も1,200円で入れるというので . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梅干しと塩~温泉旅その3~

「梅干しと塩です」素泊まりで泊まった宿で、朝風呂に入って、いそいそと荷物をまとめていると、宿の主人が部屋をノックして、小皿を手渡してくれた。 小皿には、梅干しと塩。こんなこと初めてで、素泊まりで、食事を提供しない代わりに、せめて梅干しと塩で旅人を送ろうという宿の心配りなのか。それにしても、なぜ塩なのか不思議に思いながら梅干しを食べ、塩をなめると、なぜか甘い。こんな甘い塩があるのだなあと、ひとりで . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あこがれの草津の湯~温泉旅その2~

草津の湯は、とにかく熱い。湯畑も、52度くらいの源泉が木樋を通るうちに湯温を下げるためとか。無料の共同浴場が13か所ぐらいあるが、基本、地元の人たちのためで、千代の湯、白旗の湯、地蔵の湯だけが、公式に、観光客も公式に入れる。脱衣場も小さく、水の蛇口もない、白旗の湯だったか、男湯のほうから、若者たちが、熱い、熱いと騒ぎながら入っているのが聞こえてきて、にぎやかだねえと、おばあちゃんが微笑ましく話して . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

草津の湯畑~久々の温泉旅その1~

9月の3連休。友達のライブに行けず、ならば、旅に出るしかない、と思いついたのが、草津温泉。 知人のフェイスブックで見た写真がとても美しく、いつか行ってみたいなぁと思った場所。 素泊まりできる安いお宿が、ネットで「空き室残り1部屋」につられて、思わずポチを押した。押してから、大阪からは、存外に遠くて不便なことがわかった。 ともかく、早起きして、新幹線で名古屋へ。乗り換えて軽井沢まで行き、急行バ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高畑勲展~心動かす原画の数々~

9月に、どうしても行っておきたかった東京の「高畑勲展」に行ってきました。宮崎駿さんに比べたら知名度が低いですが、私は大好きな監督です。 会場の展示は、初期から遺作まで、作品の構想、テーマや、人物設定、シナリオといった文字、文書から、原画、絵コンテ、背景画と、多岐にわたり、高畑監督が、作品にかけた情熱があふれていました。 『かぐや姫の物語』で、赤ん坊のかぐや姫が、床の上で、ごろりんとひっくり返る . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

音楽の散歩道113「古内東子さんの世界に酔う♪~」~Hourglassワンマンライブ~

すごく遅くなってしまい、恐縮ですが、 9月1日(日)、芦屋の老舗ライブハウス 「Left Alone レフトアローン」で、 DEPARTURESのKeikoさんがボーカルをつとめる Hourglassさんのワンマンライブがありました。   Keikoさんの歌と Hourglassの大編成の皆さんの演奏による 大きな音楽の船に乗って、 夢の世界をたゆたうような、 充実した、すてきな時間を過ごすことが . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

音楽の散歩道112「DEPARTURESさんのライブ」~茨木の個性派ライブハウス時代屋~

9月23日(月祝)は、DEPARTURESさんのライブを観に、茨木のACOUSTIC LIVE BAR時代屋という、木造の個性的なライブハウスの「鍵盤ニスト大集合Special!」に行ってきました! DEPARTURESさんのライブは、ちょうど今年のGW、茨木音楽祭での時代屋での演奏以来で、今回は、Special guestでのご出演! 1曲目は、オリジナルの「Stand Up For Shini . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

音楽の散歩道111「みんなをハッピーにしてくれるまりなっちさんの笑顔」~Joy to the globe25~

日付け遡りますが、9月8日の日曜日、 神戸三宮アクアで開催のJoy to the globe25で 半年ぶりに、project-Pさんのライブがありました!   前半のパンチョスさんのDJコーナーでは、 いつもの定番曲、 「angel's song」×バニラ求人広告のマッシュアップが かからなくて、なんでだろう?と、 思っていたら……、   なーんと、後半の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

音楽散歩道110「Nさんお誕生日会」~TM、globe、project-Pの音楽が好きな仲間で集まって~

好きな音楽仲間で集まることほど、楽しいことはありません。9月21日、神戸板宿にあるTMバーで、TM NETWORKファンのNさんのお誕生日会がありました。 マスターが、Nさんの好きなパンケーキを年齢の数だけ焼いて、クリーム1.5キロとで、特大パンケーキタワーをつくったり、Nさんの好きなピラフを1升も炊いたり、豪勢な料理が、カウンターに並びました。 Nさんが、ご自分のシンセEOSをお店に搬入!パ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

No1426『カーマイン・ストリート・ギター』~ギターを手にした人の笑顔があふれる~

ニューヨークの古い建物の廃材からギターをつくっているN.Y.グリニッジ・ヴィレッジの「カーマイン・ストリート・ギター」店のドキュメンタリー。 ギターを手づくりする店主リックの日常が丁寧に撮られていて、その人の暮らしぶり、人柄が伝わる。彼にとって、ギター作りは、仕事であり、人生。 NYで年輪を重ねた建物の廃材をギターにしたいという思いは、当時にしかなかった樹木へのこだわりもある。深い知識と、独学 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

音楽の散歩道109「Joy to the globeにまりなっちさん現れる♪」

8月18日(日)の「Joy to the globe vol.23」に、 project-Pのまりなっちさんが、 お客さんとして来られて、 とっても盛り上がりましたので、 ちょこっとそのレポをお届けします♪    (撮影:GuCciさん。一枚目も同じく)毎回、「Joy to the Dooooon!!」という イントロ当てのクイズがあり、 正解すると、 ドリンクチケットが一枚もらえて、 その曲を歌 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

project-Pさんのライブは次の日曜日!

初めて聴いた人でも、3秒でハートを釘付けにする、 ハッピーキュートな、まりなっちさんの笑顔と、 澄み渡る青空のようにきれいな高音ボイス、 鍵盤弾く手も鮮やかに、ショルキーをかっこよく弾きこなし、 すごいglobeのremixを次々と生み出すパンチョスさん、 才あふれるお二人によるproject-Pさんのライブまで、 あと3日です🌟🌟🌟   原曲を深くリスペクトするパンチョスさんによる globeの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

いつのまにか立場が逆転も、また頼もしく。

実家の愛知から大阪に帰るのに、つい最近友達が、近鉄特急は旅情を誘うとSNSで書いていたのに影響され、随分久しぶりに近鉄で帰った。 大阪まで2時間。新幹線の倍の時間かかるけれど、村上春樹の長編小説に浸った。独特の文体のリズムが、現実を侵食して、なんとなく、ただの帰省が、非日常性を増して、いい旅をした気分。駅から家に歩いて帰る途中、思わず月を探してしまった。もちろん小説と違って、月は1個しかない。で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「雪は天から送られた手紙である」~北陸温泉旅その3~

「雪は天から送られた手紙である」詩のような言葉に魅かれ、「中谷宇吉郎 雪の科学館」が、加賀温泉郷の一つ、片山津温泉にあると知り、足を運びました。 中谷博士は、石川県片山津に生まれ、 雪と氷の研究に生涯をささげ、世界で初めて人工的に雪の結晶を作り出すことに成功した科学者です。雪の状態を解読することで、天空の気象状況がわかり、 雪国の人々の生活に役立てたいという思いが発端だそうです。 科学者である . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ