goo

テレビは離れて見ましょうね

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


【新刊ニュース】


ヾ(≧▽≦)ノ できましたぁーーーー!!!



黄色い本の発売から早3年。遅ればせながら、なんとか続編の完成にこぎつけました!

発売開始は、8月2日(金)となります。(8月1日の配本から、順次店頭に並びます。お店によっては商品の到着や陳列に時間がかかることもありますので、ご了承ください)

ただいまAmazonでも絶賛ご予約承り中!

おかげさまで、昨日からすでにたくさんのご予約を賜りまして、ベストセラーランキングでも早速ありがたい順位を頂いております。

この場を借りて、みなさまからの応援、お力添えに感謝申し上げます。

<(_ _ )><(_ _ )> ありがとうございます。


また、今月末のライブ、博多熊本・月イチ☆での先行販売も間に合いそうです!

数量限定ではありますが、各会場に出来たてホヤホヤを持参しますので、こちらの方もよろしくお願いいたします。

(※7月29日の「月イチ☆」のチケットは、完売となっております。ご了承ください)


え?

「忙しくて本を読む時間がない」、ですか。

ご心配なさらないでください。

読まなくとも、ご購入頂けさえすれば、それでいいんです(笑)


*****


さてさて、それではお話の続きと参りましょう。

僕がトークライブなどの場でお話しするテーマには、定番ネタみたいなものがいくつかあるのですが、その中でも特に「これをお話することで、余計に混乱しちゃうかな?」と思っているのが、『思考』に関する内容です。

ある時は、小池龍之介さんよろしく「考えない練習(考えないことの大切さ)」といった内容を話し、またある時は池田晶子さんを引き合いに出して「考えることの大切さ」を話す。

そうすると、「おいおい、考えない方がいいのか、考えた方がいいのか、結局どっちなんだよ」ってなツッコミを頂きかねないんですね。

でもこれ、僕の中では、まったく矛盾していないんですよ。

黄色い本の第10章「自我と真我」のお話みたいな感じ、といえば通じるでしょうか。

小池さんは「考えない」ということを通して、池田さんは「考える」ということを通して、同じところを指している。

その指しているものは何かというと、「思考に巻き込まれない」ということの大切さです。


それをご説明するために、前回までの図に、ちょっと書き足したいと思います。



これまでの人間の意識状態は、「Line-2」。

自分と思考が直接つながり、完全に一体化している、エックハルト・トールさんがよく『機能不全』と表現する状態です。



このラインが活用されている時は、「世界の中に自分がいる」という感覚があり、また、「外部環境(世論や常識など)」の影響を受けて自動的に思考が動く「条件反射的思考」が現れます。

「意図的に考えている(選択している)」のではなく、「状況に巻き込まれ、思考が自動的に流れている(反応している)」状態です。

イニシアチブを「外部環境」に握られているため、「被害者」としての立場に陥りがち。

あらゆる原因や責任は「自己」ではなく「外界」にある、というわけです。


この「Line2」がガチャッと抜けますと、Matrixから離れ、ハートと空(源)と繋がる「Line1」が活用され出します。



これがお釈迦様が「八正道」の中で説いていた「禅定(瞑想)」状態です。


思考と繋がっていた「Line2」が無くなっても、そこで「世界(スクリーン)」が消えて無くなるわけではありません。

「スクリーンの中にいるわたし」から、「“いま”からスクリーンを見るわたし」にシフトするんです。

『無思考(Line2のオフライン)』は、「思考(スクリーン)が無くなる」のではなく、「思考(スクリーン)が、よりよく見える」状態のことです。


僕たちは小さいころから「テレビは離れて見ましょうね」なんて注意されてきましたが、大人になっても同じ様なことをしていたわけです。


「思考は離れてみましょうね」

その状態に立って、初めて「思考(世界)を取り扱う」という主従逆転が起こるのです。

自分がどのように世界を捉えるか。

そこにおいて、「100%自己責任(選択の自由)」という感覚を見つけることができます。

その思考を持ち続けるか。その感情を引きずるか否か。

それを選ぶことができるようになります。

条件反射に気づき、意識的な選択を身につけていくこと。

「思考」に巻き込まれていることに気づき、「いま」に立ち返ること。

それが、「悟後の修行」と言われるものです。



【トークライブ・インフォメーション】


テラと黒斎の『言いたい放題』

開催は、いよいよ今週末!
みなさまのご参加をお待ちしております!!

【松山会場】2013年7月21日(日)14:00スタート 主催/わくわく実行委員会さま
 [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎 ソロライブ

【福岡会場】2013年7月27日(土)14:00スタート 主催/Be Here Nowさま
 [詳細・お申し込み]

【熊本会場】2013年7月28日(日)14:00スタート 主催/Be Here Nowさま
 [詳細・お申し込み]


*****


マッキーと黒斎の『ライフ・イズ・マジック』

ご好評を頂いております、マッキーとのコラボトークライブ。

突然ではございますが、北海道に続き、急遽、広島・名古屋での開催が決まりました!


【広島会場】9月21日(土) 主催/つばさプロジェクトさま

・第一部「Life is Magic ~僕らの奇跡の種明かし~」 14:00スタート
 [詳細・お申し込み]

・第二部「Soul of Money ~お金とあなたの新しい関係~」 17:30スタート
 [詳細・お申し込み]

※第一部・第二部の両方にご参加される方は、御手数ですが、各部それぞれの申し込みフォームからお申し込みください。


※旭川会場・名古屋会場開催分につきましては、受付の準備が整い次第、改めてお知らせいたします。



←こちらも、引き続き生あたたかいご支援をお願いいたします。
コメント ( 62 ) | Trackback ( 0 )

幼な子のように

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


新刊の制作が着々と進み、いよいよ完成間近となってきました。

このまま順調に進むことができれば、8月1日(木)が発売日となりそうです。

発売の折には、どうか皆様のお力添えをお願いいたします。

また、もしかしたら今月末、福岡・熊本で開催予定のソロライブと29日の「月イチ☆」にて、先行発売を行えるかもしれません。

……っていうか、今回は本当に自画自賛の出来なので、この段階まで来ると、もう、みなさんに早くお届けしたくてウズウズしてるんです。

どうか、ライブ開催までに完成が間に合いますように。


*****


さて、お待たせしました。

『時間』のお話の続きです。


「人はみな、さとって生まれてくる」といった趣旨の話を聞いたことはあるでしょうか?

ここで言う『さとり』とは、「マトリックス(思考の次元)に取り込まれていない」という意味です。

もっと言えば、取り込まれる以前に、「マトリックスそのものがない」状態。

つまり、人はみな、成長とともに、思考次元を拡大していくんです。


思いだしてみてください。

子供のころって、「世界」はとても狭くありませんでしたか?

「国」という概念どころか、「街」というカテゴライズもなく、「世界の裏側」について考えることもなく、「ニュース」とも「世論」とも無縁の世界。

本当に接触できる範囲、それだけが自分を取り巻く「世界のすべて」ではなかったでしょうか。


先日までにお話したこの図。




『マトリックス』という思考の次元は、「定義」という横糸と、「時間」という縦糸が編み込まれた一枚のスクリーンです。

幼いころは、あらゆる事象に対しての「定義」が、あまりありません。

物事のカテゴライズが明確・不明確、といった次元ではなく、「あれ」も「これ」も分かれていないのです。

さまざまな経験を重ね、言葉や定義を学ぶたびに、「ああ、これはこういうものなのか」「これはそういう価値なのか」という風に横軸が広がっていきます。


それらの記憶と同時に、「生きている」という実感が蓄積されていきます。

そこに「時間」という概念が重なると、縦軸が拡大されていきます。

自分が生きた軌跡が増え、また、様々な知識とともに、未来を想定する能力も培っていきます。

徐々に、「過去」と「未来」の間が伸びていく。

それによって、成長とともに認識できる「世界(スクリーン)」が大きくなるという。




プロジェクターとスクリーンの関係と同じだと思ってください。

意識が「いま(ゼロ・ポイント)」から離れれば離れるほどに、「世界」というスクリーンが拡大されていきます。

世界の拡大に圧倒されて、意識がスクリーン内に飲み込まれると、エックハルト・トールさんが言うところの「機能不全」「思考との自己同一化」が起こり始めます。

意識が思考次元と結びつき(その意識状態を「顕在意識」と言います)、そのまま世界が拡大されていく(知識が蓄積されていく)。


すると、世界の拡大に比例して、「いま」というゼロ・ポイントから離れていってしまいます。

自分を取り巻く世界が拡大している(自分が小さくなっていく)一方で、リアリティとの乖離が現れる。

そこに、明確な理由を伴わない、存在に対する根本的な「恐れ」というものが生じます。

その「恐れ」から、「ハートを閉ざす」という防衛反応が生まれ、それに合わせて「思考との自己同一化」が強化されるという悪循環にはまり込みます。


つまり、往々にして、子供よりも大人の方が「思考次元」との結びつきや「防衛反応」が強く、頑なになり、「いま(あるがまま)」との距離があります。

子供のころは、「世界」は小さくとも、その分「いま」とかけ離れていなかった。

意識が「ゼロ・ポイント」に近かった。




現実を描きだしている起点は「いま」というプロジェクターの側です。

「スクリーン」は『映し出された結果』の次元ですから、その次元内においての「現実の創造」はできません。

そのスクリーンに何を映し出すかを決められるのは、「投影元」の方です。

だからこそ、意識を「思考の世界」から「いま」にシフトすることが大切なんですね。


それが、ユーミンの名曲『やさしさに包まれたなら』の歌い出し。


小さい頃は神様がいて♪

不思議に夢を叶えてくれた♪



これは、言い換えるなら、

思考に囚われない時は、意識が「ゼロ・ポイント」に近いから、不思議と夢が叶えられる

なんです。



そして、マタイ福音書やルカ福音書によれば、イエス・キリストは様々な文脈で、こう話したそうです。

『幼な子のようにならなければ、神の国には決して入れない』


また、同じ事を雲さんは、僕にこう話します。


(ノ ̄Д ̄)ノ…~~ 『アブラカタブラ、アブラカタブラ、アホにな~れ、アホにな~れ~~』



(ノ ̄Д ̄)ノ…~~~  (((((ノjДj)ノ ママー!なんか恐いのキター!




【トークライブ・インフォメーション】


マッキーと黒斎の『ライフ・イズ・マジック』

開催はいよいよ今週末。

お陰様で東京会場分は、全席完売となりましたが、大阪会場分には若干の空席がございます。

お一人様も大歓迎。ご家族・お友達ともウンコクサイな話ができずにモヤモヤしている孤独な皆様も、ふるってご参加ください!


【東京会場】7月13日(土)

・第一部「Life is Magic ~僕らの奇跡の種明かし~」 14:00スタート
 [詳細・お申し込み](完売御礼)現在キャンセル待ち対応です

・第二部「Soul of Money ~お金とあなたの新しい関係~」 17:30スタート
 [詳細・お申し込み](完売御礼)現在キャンセル待ち対応です


【大阪会場】7月14日(日)

・第一部「Life is Magic ~僕らの奇跡の種明かし~」 14:00スタート
 [詳細・お申し込み]

・第二部「Soul of Money ~お金とあなたの新しい関係~」 17:30スタート
 [詳細・お申し込み]


【旭川会場】10月5日(土)

北海道、旭川での開催が決まりました!
こちらは、受付の準備が整い次第改めて告知致します。


*****


テラと黒斎の『言いたい放題』

こちらも開催が間近となってきました。お申し込みはお早めに!

【松山会場】2013年7月21日(日)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎 ソロライブ

【福岡会場】2013年7月27日(土)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]

【熊本会場】2013年7月28日(日)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]


*****


平日のお話会『月イチ☆』

【東京(三鷹)】7月29日(月)19:30スタート
 [詳細・お申し込み](携帯サイトは[コチラ](完売御礼)現在キャンセル待ち対応です




←幼な子のようにならなければ、ランキングサイトに入れない。(子供って、どうしてボタン押すのが好きなんですかね?)
コメント ( 47 ) | Trackback ( 0 )

結果はっぴょー

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


気がつけば 今年もすでに 折り返し


ということで。

いつの間にやら7月に突入しちゃったわけですが、みなさまいかがお過ごしですか。

いつも通りですか、そうですか。


さてさて、『7周年記念プレゼント』へのご応募、ありがとうございました!

今年は昨年にも増して、たくさんのご参加をいただきました。

また、ご応募に合わせていただきました、たくさんのメッセージにも感謝いたします。

ヾ(≧▽≦)ノヾ(≧▽≦)ノ 「ありがとうございました!」


そんなこんなでですね、さきほど早速、我が家にて抽選会が執り行われたのであります。ふっふっふっ。

今年も竹彩さんと智秀くんにお手伝いしてもらいました。




さぁ、あなたの運命やいかに!


気になる抽選の結果は、以下の通り。

ヾ(≧▽≦)ノ ご当選おめでとうございます!


『体外離脱するサラリーマン』(とみなが夢駆著)
 千葉県・かたさま

『誰でもヘミシンク』(まるの日圭著)
 静岡県・芦澤妙子さま

『魂と肉体のゆくえ』(矢作直樹著)
 大阪府・風魔の小次郎さま

『みんながブッダ』(阿部敏郎・向令孝著)
 静岡県・めいじんさま

『「いまここ」にさとりを選択する生き方』(やまがみてるお著)
 広島県・たっくんさま

『深・古事記 神ながらの道』(真名著)
 福岡県・アイスグリーンさま

『人生逆戻りツアー』(泉ウタマロ著)
 静岡県・さるすべりさま

『大好きなことをやって生きよう!』(本田健著)
 宮崎県・さくらんひめさま

『ソウル・オブ・マネー』(リン・トゥイスト著、牧野内大史訳)
 埼玉県・すみっちさま

『貯めなくたって、大丈夫!』(はづき虹映著)
 神奈川県・角田尚司さま

『スローセックスの教科書』(アダム徳永著)
 宮城県・すったたこったさま

『あん』(ドリアン助川著)
 兵庫県・なぎさま

『宇宙となかよし』(石田久二著)
 神奈川県・warieさま

『(増補)国の理想と憲法』(野村昇平著)
 福岡県・坂本知華子さま


(※ハンドルネームが重複している可能性もありますので、ぬか喜びにご注意ください)

上記の皆様に、プレゼントの梱包が出来次第お送りいたします!!

到着まで、いましばらくお待ちください。


当たって大喜びのアナタも、ハズレて悔しい思いをしているアナタも、ご参加されなかったアナタも、今後とも、どうぞご贔屓に!



*****



さて、前回は『これについては、キリスト教の教えを借りるとわかりやすくなるだろう』といった言葉でお話を閉じたわけですが、これがまぁ…

ぶっちゃけ、上手く書き換えができないでいるんでございます。

なんと言いますか、「これ書いちゃったら、思いっきり新刊のネタバレになっちゃうんだよなぁ…」という状態から抜け出せず。

僕だけのことならいざ知らず、書籍に関しては沢山の方が関わられているものですから…

大人の事情って、面倒臭いよねぇ(笑)


そんなこんなで、只今書籍と別ルートの表現を探しておりますゆえ、続きはもうちょっとご辛抱願います。(あまり期間は空けないつもりではおります)

m(_ _;)m




【トークライブ・インフォメーション】


マッキーと黒斎の『ライフ・イズ・マジック』

【東京会場】7月13日(土)

・第一部「Life is Magic ~僕らの奇跡の種明かし~」 14:00スタート
 [詳細・お申し込み](完売御礼)現在キャンセル待ち対応です

・第二部「Soul of Money ~お金とあなたの新しい関係~」 17:30スタート
 [詳細・お申し込み](完売御礼)現在キャンセル待ち対応です


【大阪会場】7月14日(日)

・第一部「Life is Magic ~僕らの奇跡の種明かし~」 14:00スタート
 [詳細・お申し込み]

・第二部「Soul of Money ~お金とあなたの新しい関係~」 17:30スタート
 [詳細・お申し込み]


【旭川会場】10月5日(土)

北海道、旭川での開催が決まりました!
こちらは、受付の準備が整い次第改めて告知致します。


*****


テラと黒斎の『言いたい放題』

【松山会場】2013年7月21日(日)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎 ソロライブ

【福岡会場】2013年7月27日(土)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]

【熊本会場】2013年7月28日(日)14:00スタート
 [詳細・お申し込み]


*****


平日のお話会『月イチ☆』

【東京(三鷹)】7月29日(月)19:30スタート
 [詳細・お申し込み](携帯サイトは[コチラ]

※ファミリーマートさんの情報端末(Famiポート)でもお申し込みいただけます。
 [詳しくはコチラ]



←抽選ボタンを奪い合う、竹彩さんと智秀くんに負けないぐらいアグレッシブにポチッと。
コメント ( 23 ) | Trackback ( 0 )