goo

波として、海として

僕たちは海を見て、ある波を、ほかの波と分離して捉えることが出来ます。

「この波は、あそこに見える波と違う、別な波である」と。

確かに「波」はありますが、そこには「固定的実体」はありません。

動きとともに姿を変え続けながら存在するのが波ですから、それは「常に新しい」存在です。


波は、「その波自身」によって自らの動きをコントロールしているでしょうか。

いえ、それ以前に、「その波自身」とは、何を指しているのでしょうか。

広大な海の中で、どこからどこまでが、「その波」なのでしょうか。

「その波」の主体は、どこに、どのように存在しているでしょう。

そう。そこには主体なんてないですよね。

「その波」とする切り分けも、あくまで便宜的なものに過ぎません。


僕たち人間一人ひとりも、この「波」と同じようなものです。

肉体などの物質面だけにとどまらず、マインドの動きもまた、「波」のようなものです。

波は常に、互いに影響を与えあって存在します。

ある波の動きが、またとある波の動きを形作ります。


「波」の視点では、僕たちは、互いに影響を与えあう存在です。

誰かの存在が、またほかの誰かに影響を与えます。

影響を与えないようにと謙虚に振る舞おうと、引き籠もっていようと、それはそれで一つの「波」の動きであり、某かの影響を与えます。

ある波の動きを増幅する波もあれば、その動きを打ち消す波もあります。

そして僕たち人間という波は、他の波の影響を受けたかったり、受けたくなかったり。


波として生きるか。

海として生きるか。

起きていることは同じでも、その視点の違いで、世界の見え方は大きく変わります。

海にとっては、どの波も海であり、そこに「影響を与える側」も「影響を受ける側」も存在していませんから。



【トークライブ・インフォメーション】


久しぶりに札幌へ参ります!

今回は「黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?」の、質疑応答リアルタイムバージョンをお送りいたします。

黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?

10月31日(土) 14:00〜16:30(13:30開場)札幌市教育文化会館 301研修室[詳細・お申し込み]

主催・協力:株式会社UGL(古池さま) お問い合わせ:011-614-1319

※パソコンや携帯電話からのお申し込みが面倒、わからない、という方には、ファミリーマートさんの情報端末「ファミポート」でのお手続きをオススメしております。
 ご利用方法については【コチラ】をご参照ください。

*****

10月のお話会は、22日(木)東京・28日(水)神戸・29日(木)浜松を予定しております。
また、29日(木)午前、梅田 蔦屋書店さんにて、新企画を立ち上げ予定。
詳細は後日、用意ができましたら告知いたします。



←さざ波も、集まることで大きな波に。
コメント ( 38 ) | Trackback ( 0 )

禅問答



波が、海で溺れています。

自らが消えてなくなることを恐れ、藻掻いています。

どうすれば、この波を救うことが出来るでしょうか。




【トークライブ・インフォメーション】


久しぶりに札幌へ参ります!

今回は「黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?」の、質疑応答リアルタイムバージョンをお送りいたします。

黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?

10月31日(土) 14:00〜16:30(13:30開場)札幌市教育文化会館 301研修室[詳細・お申し込み]

主催・協力:株式会社UGL(古池さま) お問い合わせ:011-614-1319

※パソコンや携帯電話からのお申し込みが面倒、わからない、という方には、ファミリーマートさんの情報端末「ファミポート」でのお手続きをオススメしております。
 ご利用方法については【コチラ】をご参照ください。

*****

10月のお話会は、22日(木)東京・28日(水)神戸・29日(木)浜松を予定しております。
また、29日(木)午前、梅田 蔦屋書店さんにて、新企画を立ち上げ予定。
詳細は後日、用意ができましたら告知いたします。



←ボタンが、押されることを求めています。自身の存在理由を求め藻掻いています。どうすればこのボタンを救うことが出来るでしょうか。
コメント ( 86 ) | Trackback ( 0 )

目線



「常日頃から、他者の上から目線が気になる」ってことは、

相手の態度もさることながら、己の「下から目線」が定着しているのかも知れません。


(「これ、Twitterでも良くね?」という単文のみで構成する男気ある更新)




【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会、名古屋と大阪での開催は、いよいよ明日・明後日!

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋)

9月17日(木)19:30~21:30(19:00開場)愛知県産業労働センター ウインクあいち 9階 903会議室[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪)

9月18日(金)19:00~21:00(18:30開場)大阪産業創造館 6階 会議室E[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆」(東京)

9月30日(水)19:30~21:30(19:00開場)三鷹産業プラザ 7階 701会議室[詳細・お申し込み]

*****

久しぶりに札幌へ参ります!

今回は「黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?」の、質疑応答リアルタイムバージョンをお送りいたします。

黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?

10月31日(土) 14:00〜16:30(13:30開場)札幌市教育文化会館 301研修室[詳細・お申し込み]

主催・協力:株式会社UGL(古池さま) お問い合わせ:011-614-1319

*****

※パソコンや携帯電話からのお申し込みが面倒、わからない、という方には、ファミリーマートさんの情報端末「ファミポート」でのお手続きをオススメしております。
 ご利用方法については【コチラ】をご参照ください。



←どうか、どうか一つ、お慈悲をいただきたく。(下から目線で)
コメント ( 57 ) | Trackback ( 0 )

突然ですが。

「あなたが、いまこうしてこのブログを読んでいるという、このことも、あなたが生まれる前から決まっていた」なんて言われたら、どう思います?

でもって、「僕がこうしてブログを綴っていることも、決まっていた」だったら、どうします? 動じます?(韻を踏んでみた)

「ああ、また紋切り型のスピのお話ね」って鼻で笑っちゃいます?

僕もね、スピ系の本を初めて読んだときに、そんなようなことが書かれてたんで、それだけで「うっ、いかがわし…」ってなったんですけども、突き詰めれば突き詰めるほど、これは馬鹿にできないお話だと、そうなっていくんです。


仏教では、ありとあらゆる存在に対しての「固定的実体」を認めません。

だから、「わたし」に対しても、「あなた」に対しても、「何か」に対しても、『そのような、固定的実体などない』という姿勢を貫き通します。


この気づきと、「時間(過去・未来)は幻想」という気づきが同時に現れたとき、これまで当たり前に持っていた『因果(原因と結果)』という法則に対する観念が突如揺らぎます。




以前お話したとおり、「STAGE.1」における意識は、「原因と結果」に基づいた生き方です。

「わたし」という主体が原因となり、「世界(わたし以外)」に働きかけ、某かの結果を生む、という、当たり前の感覚です。


が、上記の気づきとともに、その当たり前が、当たり前じゃなくなってしまう。

「勘違い」だったことに気づいてしまうんです。

なにかの「答え」を見つけるわけではなく、「あれあれ?」ってなことになります。


まず第一に、「時間」。

事実、僕たちは「今」以外に存在できたことはありません。

これまでも何度もお話してきたとおり、いつだって「存在(体験)」は、今にしかないのです。

過去に実在することも、未来に実在することもできません。

だって、この文章をご覧になっているあなたも、やっぱり「今」にいますでしょう?

過去を思い出したり、未来を思い描いたりするのも、やっぱり「今」でしょう?

「思考」ではなく、「実在」のレベルには、「今」しかないんです。

こればっかりは、信じるとか、信じられないとか以前に、認めざるを得ない事実です。


こういう話をすると、

「ええ、頭ではわかるんです。でも、実体験として理解できないのです」とお話される方が大勢いらっしゃいます。

ですが、本当は逆です。

だって、「実体験」できるのは「今」しかありませんから、気づきがあろうがなかろうが、僕たちはいつだって「今」しか体験していないのです。

だから、「実体験はあるけども、それが頭(思考)では理解できない」というのが本当です。

「目から鱗が落ちる」とか「腑に落ちる」っていうのは、「思考(頭)」での理解を超えたときのものです。


で、話を戻して。

「今しかない」となると、今までの「原因と結果」という関係がおかしな感じになります。

「原因と結果」というこの解釈自体が「時間」の観念の中に含まれているからです。

原因(過去)と結果(未来)、だからこそ、僕たちは様々な「計画」や「プロセス(時間の経過)」を考え行動しています。

なのに、実際は「今」しかない。いってみれば、「原因(今)と結果(今)」。

「原因(過去)と結果(未来)」と、「原因(今)と結果(今)」は、決定的に何かが違う。

あれれれれ?

じゃ、いままで当たり前にあると思っていた、「原因」とか、「結果」って、いったい何なんだ?

そんな風に戸惑ってしまいます。


さらに、

仏教が示すように、「固定的実体」がないのもまた事実です。

いまこうして感じられる「わたし」すら、「固定的実体」ではありません。

また、主体でもありません。

仮に「わたし」が主体なら、「自分のことが手に負えない」なんてことはありえませんし、病気になったとしても、その「主体性」でコントロールすりゃいい話です。

先日お話したとおり、僕たちは「呼吸」や「鼓動」といった、生命活動における重要な機構ですら、「主体性」をもってコントロールできていません。

自分の脈をとるのにも、自分の手首なり首筋なりに手を当てて確認しなければ、わからない、というお粗末さです。

「好き嫌い」なんてのも、おかしな話です。

自分がそれを、なぜ好きで、なぜ嫌いなのか。

「主体」として、「よし、これを好きになろう」とか「これは嫌いってことにしよう」なんていう風に選んだ記憶もありません。

なぜか好きで、なぜか嫌いなのです。

もしも「わたし」が「主体」なら、嫌いなものも、好きになっちゃえばいい。

そしたら、「あーいやだいやだ」っていう、日々抱える諸問題からもおさらばです。


でも、そうじゃないもんね。

そういう主体がないんだもの。コントロールできないんだもの。実際。


だとしたらさ、「わたしが原因となって」という時の「主体」ってどこにあるの? ってことですよ。

どの主体が原因を作り出したのさ、ってことですよ。


で、ですよ。

以前投げかけたあの質問です。


あなたがいま、こうしてこのブログを読んでいるこのことを「結果」とした場合。

その「原因」は、なんでしょうか?



これはね、もう答えなんて出せないのよ。本当は。


「ブログが更新されたのを知って来ました」とか「知人の紹介で知りました」とか「スピリチュアルに興味があって」とか、そういう心的要因を挙げる人も多いんですけど、それだって実は「原因」と言うにはちょっと無理があるんです。

だって、「ブログが更新されたのを知って来ない」人もいるし、「知人の紹介で知ったけど興味ない」って人もいるし、「スピリチュアルに興味があって」も、このブログ知らないって人もいるし。

心理的要因以前の、「なぜ、その心理的要因が生まれたのか」、そして、それがなぜ行動にひも付けされたのか、が残されたままですから。


で。

この「結果」が現れているのは、そういった心的要因だけではありません。

たとえば環境。

こうしてこのブログを見ているということは、当然パソコンなりスマホなり、某かのデバイスがあって出来ることです。

そのデバイスを生み出した主体は「わたし」?

いやいやいや。

でもって、そのデバイスに電力を供給しているのは、供給設備を作り出したのは「わたし」?

いやいやいや。

もっと言えば、お父さんとお母さんのあの日の性交渉がなければ、いや、それ以前の出会いがなければ、この「結果」はあり得ない。

だとしたら、ですよ。

本当に不思議なことに、この「結果」は、僕たち一人一人がこの現象界に現れる前から、その流れがあったということになります。

なにそれウケル(笑)


あなたがいま、こうしてこのブログを読んでいるこのことを「結果」とした場合。その「原因」は?


そう聞かれても、「どこまで遡れば?」となってしまいますでしょ?

で、「これが原因です」と限定して言えるようなことは、何一つ見つけ出せないんですね。

何かを答えても、それは断片の一部でしかないし、その答えすらも、「その原因を作り出した原因は?」ってことを、延々繰り返しているだけになってしまう。

いままさに、なにか特定の「出来事」を「結果」として捉えた場合。

その結果を作り出した要因は、あまりにも広大無辺で、仮に「わたし」があったにせよ、そこに介入出来た割合は本当に微々たるもの。


なのでね、「原因」ってなんなんだ?「結果」ってなんなんだ?

「あれ? もしかして、これまで当たり前と思っていた、『原因と結果』って、勘違い?」ってことになるのです。


じゃあ、何がこの結果を生んだんだ?

それが、お釈迦さまが言った「因縁」「縁(えん・えにし)」ってやつで。

僕たちは「時間」という観念の縛りのなかでこの話を解釈しようとしちゃうから、どこか「因果」と結びつけて捉えちゃったりするんだけど、「因果」と「因縁」は全然ちがうんだよね。

「因果」は時間の中だけど、「因縁」は、時空を超えちゃってる。


とにもかくにも、今こうしてある、僕とあなたの縁もまた、時を超えた縁なのですね。



【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会、名古屋と大阪での開催は今週です!

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋)

9月17日(木)19:30~21:30(19:00開場)愛知県産業労働センター ウインクあいち 9階 903会議室[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪)

9月18日(金)19:00~21:00(18:30開場)大阪産業創造館 6階 会議室E[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆」(東京)

9月30日(水)19:30~21:30(19:00開場)三鷹産業プラザ 7階 701会議室[詳細・お申し込み]

*****

久しぶりに札幌へ参ります!

黒斎さん、いまさらながらスピリチュアルって何ですか?

10月31日(土) 14:00〜16:30(13:30開場)札幌市教育文化会館 301研修室[詳細・お申し込み]

主催・協力:株式会社UGL(古池さま) お問い合わせ:011-614-1319

*****

※パソコンや携帯電話からのお申し込みが面倒、わからない、という方には、ファミリーマートさんの情報端末「ファミポート」でのお手続きをオススメしております。
 ご利用方法については【コチラ】をご参照ください。



←これも何かのご縁ってことで、ひとつポチっと。
コメント ( 45 ) | Trackback ( 0 )

不在

「時間は幻想」というのも、「世界は幻想」というのも、「わたしは幻想」というのも、別のことではなく、同義語のようなものです。

その気づきにおいて明らかになるのは、「主体」の不在。

ずっとあると思っていた、主体が存在しないことに気づいたとき、それまで当たり前に持っていた価値観や常識が崩れ落ちます。

価値観や常識といわれる概念がそこにあっても、その概念を「持っていた」はずの主体がないのですから、落ちて当然です。


そして、「あった<わたし>」がなくなるのではなく、「元々なかった」ことに気づくのですから、

【無我】というのは、「我が無くなる」という「消失」ではありません。

元々「我が無かった」のですから、何も失っていません。

ただ、「<わたし>という主体がある」という感覚・概念が落ちるだけです。


以前もお話しましたが、僕たちが日々感じている「主観」。

これによって、「主体」があるような感覚が生まれます。

その「主観」を得ている<わたし>という「主体」が、世界(わたし以外)と関わり、出来事をコントロールしている(コントロールしよう)という気持ちが生まれます。


でも本当は、なんと、その主体は存在していません。

本当は無いのに、あると思っている。

つまりは「本当はコントロールできないのに、できると思っている」のです。

この勘違いが、様々な苦悩の発端になります。

どうして世界は、<わたし>の思い通りになってくれないんだ!

と。



ちょっと無理がありますが、こんなたとえ話をしてみましょう。


ふと気づくと、Aさんの目の前に、アンテナのようなものがついた1台のミニカーが走っていました。

そのミニカーには、Aさんの名前が刻まれています。

そして、なぜかAさんの手には、いつの間にかリモコンが。

周りを見渡すと、Aさんと同じようにリモコンを持ち、自分の名の刻まれたミニカーにそれぞれ視線を向けている人たちが大勢います。

その状況から、Aさんは「私の名の刻まれたあのミニカーは、いま私の手にある、このリモコンでコントロールしているラジコンカーでは?」と思うに至りました。

が、しかし。このラジコンカーは、なかなか思うように動いてはくれません。

止まろうと思っても走ってるし、走ろうと思っても止まってるし、右に曲がろうと思っているのにまっすぐ走るし、バックしようと思ってるのに左前に進む。

かといって、全部が全部うまくいかない訳でもなく、時には思った通りに動いてくれるときもある。

それどころか、思っている以上に軽快な走りを見せることもある。

「なんなんだ、これ?」

自分の思い通りに動いてくれない状況に、Aさんの頭には「なぜ、100%思い通りに動いてくれないのか」という疑問が浮かびます。

そしていくつかの仮説を立てました。


1.操作方法を誤っている。

2.操縦の才能・センスがない。

3.ラジコンカーが壊れている。

4.リモコンが壊れている。

5.両方壊れている。

6.私の知らない操作方法があるのかもしれない。

7.他人のリモコンの発する電波と混線している。

8.誰かが妨害電波を出しているのかもしれない。

9.リモコンの操作だけではなく、念力も必要なのかもしれない。

10.信心が足りないかもしれない。

11.前世の罰かもしれない。

12.何かの祟りかもしれない。

13.異常気象のせいだ。

14.ロスチャイルドの陰謀!?

etc...


と、いろいろと仮説を立て、改善や対策を進めますが、なかなかうまくいきません。

世界中で操作説明書を探しても見つかりません。

相変わらずラジコンカーは、思い通りに走ってくれないのです。


そう。

このミニカー、もとからラジコンではなかったのです。

手元のリモコンとはまったく関係のない、操縦者不在の自走式ミニカーだったのです。

でも、Aさんにはその可能性がまったく見えなくなっています。

なぜか?

それは、自走式ミニカーをラジコンカーだとすっかり思い込んでいるからです。

手元のリモコンで操作できると、確信しているからです。

そしてそれは、「思い通りに動くときもあるもん!」という経験に基づく確信です。

だからこそ、Aさんの探求は、常に「操作方法」へと向けられます。

「わたしの思い通りに走らせるには?」



さて、このAさんの探求が報われる日はくるでしょうか?




【トークライブ・インフォメーション】

黒澤一樹(雲 黒斎)ソロトークライブ in 福岡

いよいよ今週末の開催です!

◎9月6日(日)14:00〜 福岡国際会議場 504+505会議室 [詳細・お申し込み]

*****

平日のお話会、9月分の受付を開始しております!

平日のお話会「でら☆月イチ」(名古屋)

9月17日(木)19:30~21:30(19:00開場)愛知県産業労働センター ウインクあいち 9階 903会議室[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆WEST」(大阪)

9月18日(金)19:00~21:00(18:30開場)大阪産業創造館 6階 会議室E[詳細・お申し込み]

平日のお話会「月イチ☆」(東京)

9月30日(水)19:30~21:30(19:00開場)三鷹産業プラザ 7階 701会議室[詳細・お申し込み]


※パソコンや携帯電話からのお申し込みが面倒、わからない、という方には、ファミリーマートさんの情報端末「ファミポート」でのお手続きをオススメしております。
 ご利用方法については【コチラ】をご参照ください。



←新学期スタート記念。
コメント ( 86 ) | Trackback ( 0 )