goo

発信源と内容と

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


前回ご紹介した『運命よ、そこをどけ。俺が通る』の件。

お陰様で沢山のコメントをいただきました。

情報をご提供くださいましたみなさま、ありがとうございました!

で。

色々とお話を伺った結果、どうやらこの言葉は「マイケル・ジョーダンさんの名言」ってことではなさそうだぞ、って感じです。

なんでも、この言葉がこういうカタチで紹介されているのは日本国内だけらしく、アメリカなどでは、そういった発言の情報は見あたらないのだそうです。

英文に関しても様々なご指摘がありまして、おそらく、まず日本語ありきで、それを誤って英訳したのではないかと。


「your」には、「あなたの」といった意味以外に、高貴な方への敬称として使用される場合があり(陛下:Your Majesty など)、そういう感じで「運命様」として「your」を使ったのではないか、という意見もある一方、それでもやっぱり使い方に不自然さがあるのでは、とのことで。

実際のところ、「your」を入れずに、『Out of my way, fate. I'm going through.』でいいんでねぇの?

といったご意見が多かったです。


まぁ、いいよね、仮にマイケル・ジョーダンさんの言葉じゃなかったとしても。

これに限らず、「誰が言ったのか」よりも、「何が語られているのか」の方が、ずっと大切だもんね。


とにもかくにも。

今回も沢山の書き込み、ありがとうございました!



【トークライブ・インフォメーション】

前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

大阪・名古屋、両会場ともにまだ空席がございますので、この調子ですと、当日会場受付も可能かと思われます。
関心がおありでしたら是非ご参加ください。


平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←Out of my way, fate. I'm going through.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

英語は苦手なのですが…

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


先日、ある質問を受けました。

それは「黒斎さんの好きな言葉を教えてください」というものだったのですが、正直、普段からこれといった座右の銘を持っているわけではないので、特に思い当たるフレーズがなかったんですね。

でも、「いえ、特にないです」って答えるのも面白くないので、何かなかったかなぁと、少し記憶を辿りまして、で、ある名言をお答えしました。

『運命よ、そこをどけ。俺が通る』

かっこいいですよね、これ。


僕たちの人生のシナリオは、この先も全て決まっているのか、いないのか、なんてことをこのブログでも何度かお話したことがありますが、そんなのどうでもよくなるもんね。

( `Д´)y━・~~ 「未来が100%決まっている? 関係ねーよ。ツベコベ言わずに道を空けな、運命さんよ」

(≧∇≦)ノ彡  クーッ! かっこいい!


このフレーズ、ご存じだった方はいらっしゃいますかね。

たしか以前ネットか何かで見つけたものなんですが、その時、この言葉がマイケル・ジョーダンさんの名言として紹介されていたような記憶があったんです。

でも、その記憶もちょっと曖昧だったんで、上記の質問を受けた後、改めて調べ直してみたんですね。

そしたら、ですよ。

たしかにマイケル・ジョーダンさんの言葉として広まっていたのですが、そこからさらに調べてみると、原語がこれだったんです。


『Out of my way. your fate. I'm going through.』


あれ? となりまして。

これ、ホントに日本語に訳したら「運命よ、そこをどけ。俺が通る」になるんだろうかと。

だって、「my fate(わたしの運命)」じゃなくて、「your fate(あなたの運命)」なんですもの。


もしかしたら、このセリフは、「自分の運命」に対してじゃなくて、「他者」に向けたものだったんじゃないの?と。

マイケル・ジョーダンといえば、言わずと知れたバスケットボール界のスーパースター。

その彼の言葉だとしたら、ですよ。ある試合中、彼のドリブルを妨害しようとしていた対戦相手に向けたもので…

「Out of my way. your fate. I'm going through.(道をあけな。それがお前の運命だ。俺が通るんだからな)」ってなことだったんじゃないかと。

いや、僕、英語が苦手なので全然自信はないんですけど。


英語の得意なみなさま、教えていただけませんでしょうか。

「運命よ、そこをどけ。俺が通る」を英語に訳したら、どんな風になるんでしょう?


まぁ、何にせよ。

「運命よ、そこをどけ。俺が通る」

この言葉が大好きです。



【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。大阪・名古屋ともに開催間近です。
このところ、お問い合わせが増えておりますので、改めてご案内させていただきます。

『月イチ☆』は、各会場ともにお席数に限りがあるため、事前にチケットをご購入いただく、予約制とさせていただいています。
しかし、これはあくまで「席に限りがあるため」ですので、当日、お席が空いている場合には、当日受付いたします。(ちなみに、料金は前売り価格と同額です)
また、平日開催ということもあり、お仕事の状況等で、急に参加できなくなることもあるだろう、という想定のもと、後日、別な回へのチケット流用も受け付けております。(会場へお越し頂けるのであれば、以前ご購入された分の払戻しにも対応いたします)
ただ、このチケット流用も、お席に空きがある場合の対応となりますので、満席の際はご容赦ください。
※当日のお席の空き状況は、僕のツイッターおよびフェイスブックアカウントにてお知らせしています。

また、チケットのご購入に関しましては、電話受付は行っておりません。
「イープラス」でのご購入をお願いいたします。
パソコンや携帯電話での手続きが面倒、もしくは、手順がわからないという方には、お近くのファミリーマートさんでのご購入をおすすめしています。
店内の「ファミポート」という端末でご購入頂く場合には、会員登録等の面倒な手続きが必要ありません。
ファミポートでのご購入手順は、【コチラ】にご紹介しておりますので、ご参照ください。


さて、前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

両会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。



平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←伊勢白山道よ、そこをどけ。俺が通る。(なんてな)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

気分という名のBGM

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


さて、『気分は現実化する』という前回のお話。

まずは、「現実」という言葉を「個人的に解釈された世界」という意味として、もう少しお話を続けてみます。


僕たちは皆、目の前にある出来事に対応しながら、常に自分の人生物語を書き続けています。

この「物語」とは、起こった出来事(事実)に様々な解釈・意味付け・価値付け(演出)を加えたものです。

同じ出来事(事実)に遭遇しても、人によって捉え方が異なるのは、この「演出」の違いとも言えます。


そのときの「気分」によって世界の見え方がまるで違ってしまう、という経験は、皆さん思い当たるものがあると思います。

ここでちょっと、一つの動画をご紹介したいと思います。





同じ動画でも、BGMが変わるだけで印象が随分違ってきますよね。

日常生活には、映画やドラマのようにいちいちBGMが付くわけではありませんが、常に「気分」がこれに変わるものとしてついてまわります。

深刻な気分の時には深刻さを煽るBGMが。楽しい気分の時には軽快なBGMが。

この「気分」という演出が、自身の人生をより味わい深いものにしてくれているのですが、反面、この「演出」が意識的にではなく、無自覚的に現れ暴走し出すと、顕在意識と乖離した現実が動き出してしまいます。


「ついている」や「ありがとう」などといった言葉や、ポジティブなアファメーションが人生を好転させるというフレーズは、精神世界でよく出会うものですが、これは、「ついている」や「ありがとう」などといった『言葉』が大切なのではなく、その言葉の背景にある「ついている」や「ありがとう」などといった『気分』が人生を好転させているんだと、僕は思っています。

だから、浮かない気分のまま、ただ「ついてる、ついてる」と呟いても、「ありがとう、ありがとう」と連呼しても、虚しさが募るばかり。

逆に気分が良いときは、それを言葉にしなくても、様々な出来事のなかに「ついてるなぁ」という思いや、「ありがとう」という気持ちが発露されやすくなっています。


掃除や断捨離、片付けなども、それをすることで「気分がよくなる」、また、「気持ちのよい空間に身を置く」ということを通して、人生にトキメキを与えていると言えるかもしれません。


さて、「気分」が僕たちの現実の見え方を変えているのであれば、辛いとき、悲しいときに、この「演出」を逆手に取ってやることも可能になっていきます。

出来事に張り付いていた、もの悲しい、重々しいBGMを取り去ってしまえば、そこにはニュートラルな事実が姿を現してくれます。

このニュートラルな状態が、味気ない、と感じられるなら、別なBGMに入れ替えてしまうことだって可能です。

たとえば、こんな感じでね。





とにもかくにも、この「気分」という演出をコントロールしている、人生劇場の監督は自分自身。


【外界に、自分の気分をコントロールされている】という感覚から、【気分は、自分自身がコントロールしていた】という理解に辿り着くことも、『意識のシフト』の一面です。




【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。東京・大阪・名古屋ともに開催間近です。
このところ、お問い合わせが増えておりますので、改めてご案内させていただきます。

『月イチ☆』は、各会場ともにお席数に限りがあるため、事前にチケットをご購入いただく、予約制とさせていただいています。
しかし、これはあくまで「席に限りがあるため」ですので、当日、お席が空いている場合には、当日受付いたします。(ちなみに、料金は前売り価格と同額です)
また、平日開催ということもあり、お仕事の状況等で、急に参加できなくなることもあるだろう、という想定のもと、後日、別な回へのチケット流用も受け付けております。(会場へお越し頂けるのであれば、以前ご購入された分の払戻しにも対応いたします)
ただ、このチケット流用も、お席に空きがある場合の対応となりますので、満席の際はご容赦ください。
※当日のお席の空き状況は、僕のツイッターおよびフェイスブックアカウントにてお知らせしています。

また、チケットのご購入に関しましては、電話受付は行っておりません。
「イープラス」でのご購入をお願いいたします。
パソコンや携帯電話での手続きが面倒、もしくは、手順がわからないという方には、お近くのファミリーマートさんでのご購入をおすすめしています。
店内の「ファミポート」という端末でご購入頂く場合には、会員登録等の面倒な手続きが必要ありません。
ファミポートでのご購入手順は、【コチラ】にご紹介しておりますので、ご参照ください。


さて、前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

各会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←軽快なBGMとともに。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思考は現実化する

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************



『思考は現実化する』って言葉にあるニュアンスは、「人生は思い通りになっていく」であって、「人生は願い通りになっていく」ってことではないんだよね。


で、この「思い通り」ってのも、「何を考えているか」という、その思いのディテール・具体性よりも、「気分」や「機嫌」の比重が大きいんだ。


『気分は現実化する』


なんとなく、こっちの方がしっくりくるように思うのは、僕だけかな?




【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。
東京・大阪・名古屋ともに10月開催分のチケット販売中です。

前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

各会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←「願い」と「思い」って、違ったりするんだよね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モフモフさん

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


ひと月ほど前から、モフモフさんを飼い出しました。

2匹のネコさんが他界してから、「しばらくペットは飼わないでおこうね。家族旅行なんかで家を空けるのも大変になるし」なんて感じでいたのですが、モフモフさんと出会った途端に一目惚れしてしまいまして、妻子の帰省中にお迎えしてしまったのです。

で、これがモフモフさん。


↑モフモフさん1号。


↑モフモフさん2号。


モフモフさん1号は生後4ヶ月ちょっとの男の子。

でもって、モフモフさん2号は、その妹です。


2匹ともとにかく人懐っこく、我が家に来てすぐにリラックスしてくれました。

まだ家に来てから日が浅いですが、その懐きっぷりのお陰で、もうすっかり家族の一員です。



↑アンパンマンのぬいぐるみを抱きしめながら人形用ベッドで眠るモフモフさん1号。


↑ソファーの縁で溶けるモフモフさん2号。

もう、可愛いのなんのって。すっかりメロメロです。

ただいま、もうすぐ3歳になる智秀君とともにトイレトレーニング中。

まさか自分の人生の中で「あっ!こらーー!ウンコ食べるなーーー!」なんていうセリフが出るとは思いもしておりませんでした(笑)

2匹のお口から香る臭いが、時折わたくしのペンネーム状態です。


はてさて。

そんなモフモフさんを迎えてから、またひとつ、世界の見え方が変わりました。

「あれ?家の近所って、こんなに犬がいたっけ?」って。

思い返すと家の奥様が懐妊した時も同じようなことがありました。

「あれ?家の近所って、こんなに子供がいたっけ?」、と。

それまで全然子供というものに目が向いていなかった僕。

それが、自分の子がやってくるぞ、となった途端に、「今って、ほんとに少子化なの?」って思えるぐらい沢山の子供達が目に入るようになりました。

そう。

自分の意識が向いているものが「現実」として「僕の世界」に現れだしたんです。

もちろん、子供達にしたって、わんこさんにしたって、以前から近くにいたんですよ。

でも、全然意識が向いていなかったから、ほとんど知覚されることがなかったんです。

こういうことって、僕に限らず経験のある方も多いと思うんですよね。

例えば、「車を買おう」となってから、急にお目当ての車種が目に入ってくるようになる、とか。

ある仕事を始めてから、急にその職種に関連したものがやたら目に付くようになった、とか。


そこにあっても、意識が向いていないものは、ないも同然。

逆に言えば、僕たちはみな、意識が向いている範囲のみを「現実」として知覚しているわけで。

だからこそ、同じ場所に生きていても、「世界」や「現実」と言えるものは、人の数だけ存在しているんですよね。


暗いものに意識が向いていれば、暗い現実を生きる事になり、明るいものに意識が向いていれば、明るい現実を生きる事になる。

『思考は現実化する』という言葉は、幾通りもの解釈が可能ですが、こういった身近な現象もまた、そのうちのひとつだよなぁ、なんてことを改めて感じた昨今でありました。



【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。
東京・大阪・名古屋ともに10月開催分のチケット販売中です。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←これだって、あなたが意識を向けていなければ、ないも同然。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )