goo

お化け屋敷徹底検証.4

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


殺人事件の被害者自らが自分の死体の場所を告げるという前代未聞のこのニュースは、アメリカ国内は勿論のこと、イギリス、ヨーロッパ全土にまで瞬く間に広がりました。


ですが、この出来事の結果に異を唱える声もありました。

「そんなモノはインチキに決まっている!!霊なんてモノがこの世に存在するなんて事を認めて良いモノか。今回の死体の発見も偶然にすぎない。頭蓋骨は発見されたというが、首から下の骨は出てこなかったじゃないか!!ラップ音だって少女達が関節を鳴らした音に違いない!我々は騙されないぞ!!」

こんな否定的な声を高らかに上げるのは、やはり世の科学者達。

「では、今回の事件が如何にデタラメなものであるか、我々科学者が徹底的に研究して実証しようではないか!」

当時、科学のメッカといえばイギリスでした。そこでイギリスの科学者たちがこぞってこの村の研究に入ったのです。

しかし、この検証の結果は…、


「く~~!!悔しい!!!! 何故だ。調べれば調べるほど否定できなくなっていくではないか!」

さらには、1904年11月23日、この家の当時の持ち主が、地下室の横穴から首の無い死体と被害者が使っていたであろう大きなブリキの荷物入れを発見したではありませんか。

実に事件発生から56年の歳月を経て、あの交信内容がほぼ実証されたことになります。

そして、その後もこの不思議な心霊現象はイギリスでさらなる研究を重ねることに。

その研究所は当時ケンブリッジ大学にあり、研究者としてタリウム元素の発見者である“ウィリアム・クックス”や、ノーベル賞を受賞した生理学者“シャル・リシェ”など世界最高峰の科学者が名を連ねていました。
そして彼らは、この頃誕生したミーディアム(霊媒)を使った実験で、さまざまな霊との交信に成功。
これらの研究によって彼らは「霊」、そして「あの世」の存在を確信するにいたったのです…。


といった以上の内容が、世界各地で心霊研究が始められるようになった、スピリチュアリズム発祥の記念すべきエピソードなのです。



オカルトを否定しようと始まった研究が、霊の世界を認める結果となってしまいました。

いまでも、信仰上の理由や、「やはり目に見えないから」といった理由で信じられないでいる人も多い事でしょう。

しかし、今や世界は科学的な根拠をひっさげて、霊の存在を認め出しました。

ハイデスビルの事件発生から約160年がすぎた現在。WHO(世界保健機構)はとうとう、“人間の健康の条件”の中に「spiritual(スピリチュアル)」という言葉を加えました。
(※心霊研究という分野において、日本は世界に約50年ほど、遅れをとっているそうです。そして今、日本ではこのWHOが加えた「spiritual」をどう訳すかが議論されています。なぜなら、一番的確と思われる「霊性」という言葉を用いれば「霊(たましい)」の存在を認めざるをえなくなるから…。)





さて、あなたはこの現実を、どう受け止めますか?




 ←これも、インチキではありません。
コメント ( 17 ) | Trackback ( 0 )

お化け屋敷徹底検証.3

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


大変長らくお待たせいたしました。「お化け屋敷徹底検証」続きです。



「自分は殺された。」

奇怪な音の主からのメッセージを受け取ったフォックス家の面々。


ママ「とても信じられない事だけど、これが本当だとしたら大変なことだわ!」


そこで、フォックス家は自分たちだけでの交信をいったん止め、村の警察官・医師・弁護士等、社会的に信用の高い人物を自宅に招き、公開交信を図ることにしたのです。


公開交信当日。

その日、噂を聞きつけフォックス家を訪れた見物人は480名余り。この村の人口が1,400人程度だったことを考えると、この事件への関心がいかに高かったかがうかがえます。


そして…。多くの村民が見守る中、いよいよ公開交信が始まります。


ママ「さて、交信はどのように進めたらいいのかしら?今までのようにYES or NOだけでは話がなかなか進まないでしょう?」

村民「う~む。確かに。なんとか話をする方法はないものだろうか?」


そこにグッドアイデアを提供したのが、その場にいたドゥラスという人物。


ドゥラス「それではこうしよう。私が今から早口でA・B・C…と、アルファベットを順に唱えて行く。霊には望みの箇所で音を鳴らしてもらい、それを繰り返すことで文章を完成させよう。」

繰り返し行われたこの作業。その末にメンバーはとうとう一つの通信文を獲得します。



『私は五年前にこの家で殺されたチャールス・ロスナーという31歳の行商人だ。その日、私は500ドルを盗まれ、この建物の東側寝室で肉切り包丁で首を切り落とされ殺された。犯人は当時この家に住んでいたJ・ベックだ。本心としては彼を裁いて欲しいのだが、今の法律ではそういうわけにもいかないだろう。すまないが、せめて私の死体を墓に葬ってくれないか。私の死体はこの建物の地下に埋められている…。』



ヘ(゜曲、゜;)ノ~ ヒィイイイイイ!!


ヾ(≧□≦*)ノ 「マジかよ?マジかよ!? やばくねぇ?それ、すごくやばくねぇ?」


2日後。
近所の人や警察と共に地下室を掘ってみると、確かに地下3メートルの場所から、人間の物と思われる歯・頭蓋骨・頭髪、血を受ける時に使ったと思われる容器などが発見されました。

また、村の人に聞いてみると、数年前に「また明日参ります」と言って去ったきり一度も来なかった行商人がいたということも発覚…。


はじめは誰もが半信半疑だった、この“幽霊との交信”。


どうやら本物のようです…。





さらに続く!ノシ




 ←すまないが、このボタンを押してくれないか。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

お化け屋敷徹底検証.2

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


さて、1847年11月にハイズビルの「ホーンテッド・マンション」へ引っ越ししてきたフォックス家…。


「なーんだ、何にも起こんないじゃ~ん。」ってな感じで新生活を始めたのですが…。
引越から4カ月が過ぎた1848年3月、怪奇現象は復活してしまったのです。


やはりこのときも眠れないほどのラップ音が続き、フォックス夫妻は二人の娘、マーガレットちゃん(11才)とケートちゃん(9才)を別な家へと緊急避難させますが、なんと、この時霊は、この娘たちを追いかけて来てしまうのです!

他の場所へ逃げてもついてきてしまうこの霊。どうやらどこへ逃げても逃げ切れそうにないので、娘たちは、しょうがなくハイズビルの貸家へ戻り一家揃って生活することになりました。


それから数日後の3月31日。フォックス家の末娘ケートはとんでもない大発見をするのです!!

なんとこのケートちゃん、霊を相手に遊びだしてしまいます。


ケート「お化けさん、お化けさん。そこにいるなら私の真似をしてみて!」

ケートはそう言うと、「パンッ、パンッ!」と手を叩きます。

するとどうでしょう、ラップ音はケートに真似て「ピシッ、ピシッ!」と同じ数だけ返すのです。


「パンッ、パンッ、パンッ!」「ピシッ、ピシッ、ピシッ!」

ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ 「キャーーー♪キャーーー♪」


「パンッ!」「ピシッ!」

ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ 「キャーーー♪キャーーー♪」




ξ; ̄Д ̄)ξ !? エェーッ!! ←※フォックス家ママさん

その様子を見ていたママさんもそりゃビックリですよ。
でも、このママさん、驚いているだけじゃなかったんですね。恐がりながらも娘達と同じように、この霊との交信をはかろうとします。


ママ「音をたてているのは人間ですか?そうなら音をたててください。」


「・・・・・。」シーン。。。。


ママ「あなたは幽霊ですか?そうなら音をたててください。」


「ビシッ!、ビシッ!、ビシッ!、ビシッ!、ビシッ!、ビシッ!」


|||||/ξ( ̄ロ ̄;ξ\||||||| 「うわ~、やっぱり!?」


こうして色々な質問を続けるママさん。そして、何度目かの質問の時、事件の真相を発見するのです。


ママ「あなたは誰かに殺されたのですか?そうなら音を2回たててください。」


「ドーーーーンッ、ドーーーーーンッ!!!」

霊は家が揺れるほど大きなラップ音で質問に答えました。



(; ゜ ロ゜)ナン!( ; ロ゜)゜ デス!!( ; ロ)゜ ゜トー!!!




そうして、いよいよ近所の人たちも集めての本格的な一大交信大会が始まったのです。



続きは次回!ノシ




 ←嘘のようなホントの話。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

お化け屋敷徹底検証.1

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。

********************************************


いや、もうね、猫も杓子も「スピリチュアル」ですよ。

日本中あっち向いても、こっち向いても「スピリチュアル」ですよ。

ママとパパ、お兄さん、お姉さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お隣さんも「スピリチュアル」ですよ。by慎吾ママ(微妙な古さが許せなかったので自主規制)


エステサロンの「スピリチュアルコース」? レストランの「スピリチュアルメニュー」?
「スピリチュアル占い」?



( ̄д ̄;)「ハァ?(まちゃ風)」


こないだなんか『スピリチュアルSEX~オーガの泉~』なんてAVまで発見ですよ奥さんっ!
スピリチュアルもいよいよAV業界進出ですよ!!
かわいい星野しずくちゃんが江ホラさんの為すがままに身を任せ、あんなことやこんなことされちゃって……
(*'Д`)ハァハァ(←これは自主規制しなくていいのか?)



とまあ、なんだか日本中へんなスピリチュアルブーム到来なんですよ。


上記の例はさすがにひどすぎますが、それでもまだまだ、このブームのせいで勘違いしている人が多すぎるように思うのです。

もともと「スピリチュアリズム」は、ただの思想でも精神論でも宗教でもなく、れっきとしたド真面目な“学問”なのですから…。



そういったわけで、今回は『スピリチュアリズム(超入門編)』をお送りいたします。
(すでに知ってる人はごめんなさい)






時は1843年、アメリカ合衆国ニューヨーク州ウィン・カウンティ郡ハイズビル(ハイズビュー)。

この小さな村のとある貸家に、J・ベック一家が引っ越してきました。

ある日のこと、ベック邸で住み込みの家政婦をしていたルクレチアは、この家の奇妙な現象に気付きます。

「ピシッ…、ピシッ…。」毎夜聞こえる指を鳴らすような音。


ルクレチア「旦那様、毎夜なんだか気持ちが悪いのです。この家には幽霊がいるのでは…。」

ベック「何を馬鹿な事を言ってるんだ。幽霊だって?そんなものこの世にいるワケがない。気のせいだよ。」


しかし、その音は日に日にエスカレートし、「バンバンバンバンッ!」「ドンドンドンドンッ!!」と壁を殴る音、床を踏みならす音になってゆき、幽霊の存在を否定していたベックも、さすがに気持ち悪くなっていきます。

結局、ベック一家は、日ごと激しさを増してゆくこの奇妙な音に悩まされ、入居からわずか3カ月後に引っ越してしまいました。


その後この貸家は「ホーンテッド・マンション(お化け屋敷)」と呼ばれ空き家状態が続いたのですが、3年後の1846年、もう大丈夫だろうという気持ちでM・ウォークマン一家が入居。


しかし、この一家も原因不明の奇妙な音に悩まされることに。さらに悲惨だったのは、今回の奇怪な現象はベック一家の時よりもパワーアップしており、音以外の現象まで現れ出した事。


ウォークマン家末っ子「おとうさ~ん。気持ち悪いよ~、誰かが僕の顔をネバネバした冷たい手で触るんだ…。」



奇怪な音を我慢して生活していたウォークマン一家も「ネバネバした手」にあえなく撃沈。1年半で転出します。


そして、このウォークマン家に続き1847年11月にこの貸家に引っ越してきたのがフォックス家。


実は、このフォックス家が巻き起こす一大お化け屋敷騒動が、スピリチュアリズムの起源なのです。






ごめん!中途半端だけど、続きは次回!ノシ




 ←冷たくてもネバネバしててもいいんで押してくらさい。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )